FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

特集:ジープの系譜 ~ FCはフットボールクラブ・・・でもなく。 Corgi JEEP FC-150 WITH DETACHABLE HOOD

長々お送りして来た特集:ジープの系譜、最後にお気に入りのモデルをご紹介してひとまず終了です。

CORGI_FC150_01.jpg

いやいや、サボリが多かったという事もあり、2月にジープの1/43モデルのご紹介を始めて早や8月に突入であります。。。手持ちのジープ直系車種の1/43モデルもそろそろネタが尽きて来ました。先回オートカルトのレジン完成品でご紹介たFC150、FCはフットボール・クラブの略・・・ではなく、フォワード・コントロールの意で、いわゆるキャブオーバータイプのトラックである事は先回も記しました。こんな愛らしいカタチをしていますが、ベースがジープだけにそのタフネスや多用途性は折り紙付き。M676, 677, 678, 679といった軍用バージョンも存在します。

CORGI_FC150_02.jpg

CORGI_FC150_04.jpg
↑コーギー製品もショートホイールベースのFC150がプロトタイプに選ばれています。当方の手持ちは着脱可能なプラ製の幌が付属する品番470です。

このジープFC(またはウイリスFC)の1/43モデルは、先回ご紹介したオートカルトの最新レジン完成品の他、英国のコーギーが実車とリアルタイムに近い形で製品化していました。オートカルトと同じショートホイールベースのFC150が選ばれており、当方のご紹介する着脱式の幌が付属するタイプの他、幌なしでホイールの異なる初期タイプ、高所作業車、コンベア作業車など、大技を繰り出すバリエーションも存在しました。往年のコーギー製米国車は縮尺が小さ目なモデルも多いのですが、このFCは正しく1/43スケールです。

CORGI_FC150_06.jpg

CORGI_FC150_07.jpg

CORGI_FC150_08.jpg

CORGI_FC150_09.jpg
↑往年のコーギーらしい味わいが車両のキャラクターにマッチしてなかなか魅力的です。

当方の手持ちは品番470、”FORWARD CONTROL JEEP FC-150 WITH DETACHABLE HOOD”で、文字通り樹脂製の幌が着脱出来る仕様となっています。往年のコーギーらしい暖か味のある造形が、実車のキャラクターとマッチしてほのぼのとした味わいを感じさせる仕上がりになっています。独特のジープ顔は赤系の色で塗り分けられています。黄色と青のお馴染みの紙箱も良い味わいで魅力たっぷり。こういうのを見てしまうと、絶版ミニカーは箱付きでコレクションしたくなってしまうのですよね・・・。

CORGI_FC150_10.jpg

CORGI_FC150_11.jpg

CORGI_FC150_12.jpg

CORGI_FC150_13.jpg

CORGI_FC150_14.jpg
↑同じ車種を新旧の製品で味わうのも愉しいものです。

CORGI_FC150_15.jpg
↑様々なブランドの旧製品で実車のバリエーションを並べるのもまた一興。

CORGI_FC150_16.jpg
↑旧いミニカーは紙箱の味わいも大きな魅力。プラ製のケースが主体の近年の製品とは雰囲気が大きく異なります。

個人的にこのジープFCというクルマが大好きなのですが、レジン製で精密なオートカルトの最新製品と素朴な味わいのある往年のコーギー製ダイキャストモデルのそれぞれに魅力があり、眺めていて思わず笑みがこぼれてしまいます。また、往年の製品で様々なタイプのジープを並べるのもまた一興です。改めてそうしたミニカーコレクションの魅力を再認識しつつ、長くなってしまった「特集:ジープの系譜」そろそろお開きにしたいと思います。・・・ジープスターやパネルバンなど課題もまだの残っていますので、良い出会いがあったら改めてご紹介したいな~と思います。

CORGI_FC150_03.jpg

CORGI_FC150_05.jpg
スポンサーサイト

特集:ジープの系譜 ~ FCはファンクラブ・・・ではなく。 autocult '56 Willys FC-150 Pick-Up

ねこざかな様が「マッチボックスのジープの系譜」で連動下さっている「特集:ジープの系譜」、当方はそろそろネタが尽きて来ました・・・。今回はジープ派生車の中でも随一のお気に入り車種をご紹介したいと思います。

AutoCult_FC150_01.jpg

皆さんはジープFCをご存知でしょうか?FCはジープの公式ファンクラブ・・・の事ではなく、フォワード・コントロール(Foward Control)つまり運転席が前方にある、アメリカ流に言うとCOE(Cab Over Engine)、日本ではキャブオーバー型と称されるトラックの事です。当時の民生用ジープCJ-5の4輪駆動シャシーを基に、コンパクトなキャブオーバー型のトラックボディを構築したもので、市販バージョンとしてはショートホイールベースのFC150とロングホイールベースのFC170が存在しました。FC150が'56年、FC170が'57年に誕生、'65年まで生産されたようです。

AutoCult_FC150_02.jpg

AutoCult_FC150_03.jpg
↑ジープのシャシーをベースにキャブオーバーのボディを構築するというユニークな発想から誕生したジープFC。独特のな佇まいが個性的ですが、同時に優れた実用性を備えていました。

ジープの4輪駆動シャシーをベースにキャブオーバートラックの車体を搭載するという発想は、当時としては非常にユニークな物だったのではないかと思われます。その多用途性から軍用、公官庁向け、消防車等の他、民生向けも農業用など幅広く活用されました。全体としてのカタチはキャブオーバー型のトラックながら地上高が高く、リアボディは短く、スペアタイヤも特異な位置に装着されています。何より民生ジープのアイデンティティである7本スリットグリルの独特な顔が、半ば強引に丸っこいトラックボディに張り付いている姿が愛らしく(笑)、当方はジープの派生車の中でも最も好きな1台であります。

AutoCult_FC150_04.jpg

AutoCult_FC150_05.jpg
↑クラシカルな丸っこいキャブオーバーボディにジープのアイデンティティである7本スリットグリルの顔。なんとも愛嬌のあるカタチをしています。

9年間でおよそ3万台が生産されたというジープFCシリーズですが、1/43のモデルって果たしてあるのかしらん・・・と思っていた矢先、お世話になっているショップさんの予約製品欄に愛らしいFCの姿が!!・・・。その後今年の春にめでたく発売となりました。それは超絶変態的ラインナップ(最大級の賛辞です/笑)を誇るオートカルトのレジン製完成品で、同ブランドの中ではむしろ一般的な車種と言えるかも知れません。車種的には非常に嬉しい一方で価格も当方的には超絶高く、これを購入したために春のワンダーランドマーケットは金欠で諦めざるを得ませんでした。。。(そういえば今日は夏のワンダーですが、当方は今回も金欠・不参加です・・・)

AutoCult_FC150_06.jpg

AutoCult_FC150_07.jpg

↑レジン完成品でありながら足回りなども別パーツで立体的に再現。精密でありながら無機質な冷たさが感じられないのは作風か?実車のキャラクターゆえか!?

レジン製のボディはブルーメタリックとホワイトの2トーンカラーで、コーディネートされたスチールホイールやジープ顔が良い感じです。ウインドウ類の平滑性やフィッティングも良いですし、レジン製モデルとしては珍しく、ドライブシャフトやデフなどシャシー部も別パーツで立体的に再現されています。実車のほのぼのしたキャラのお陰もあるのかも知れませんが、精密モデルにありがちな無機質で冷たい感じがしないのも好ましいです。価格に見合うだけの価値がある製品と思います。・・・さて、このジープFCの1/43モデル、最新のレジン完成品以外にも、有名老舗ブランドがリアルタイムに近い形で発売していたミニカーが存在します。次回そちらをご紹介して、ちょっと長くなり過ぎたジープの系譜特集を終えたいと思います。

特集:ジープの系譜 ~ 勝手連返し!? Mebeyoys JEEP WILLYS CARABINIERI

ここの所、大きな地震や豪雨など自然災害が立て続けに発生しています。追い討ちを掛けるような猛暑で現地の復興は大変な苦労をされているとも聞き及んでおります。遠隔の地に住み、自身の生活もある当方に出来る事は限られていますが、1日も早い復興と皆様のご健康をお祈りしております。

Mebe_Jeep_Willys_01.jpg

・・・と言う事で、何とはなしにブログの更新を2週間ほどサボっていたのですが、ねこざかな様が「マッチボックスのジープの系譜」企画で連動して下さっています。マッチボックス製MBジープの金型改修による流転の様など、グッドコンディションの貴重なモデルで楽しく解説されていますので、是非合わせてご覧下さい。そのねこざかな様の7月21日のアップはCJ-5をベースとしたロングホイールベース版のCJ-6(!)マッチボックスも随分とマニアックな車種を製品化したものだと驚かされます。後述しますが、折り良くロングホイールベースジープの1/43モデルが入手出来たので、今回はねこざかな様への勝手連返しであります。(エイッ!)

Mebe_Jeep_Willys_03.jpg

Mebe_Jeep_Willys_04.jpg
↑長いホイールベースと短いリアオーバーハングが独特の佇まいを見せるCJ-6/M170系列。民生用のCJ-6はアメリカ本国ではあまりポピュラーな存在ではなかったようです。

民生用ジープには、TJ型、JC型、JL型のラングラーに設定されたアンリミテッド以前から、ワゴンやピックアップなどの派生モデルを除く標準仕様のオープンボディにもロングホイールベース版が存在しています。CJ5(ホイールベース:前期型2,057mm,後期型2,121mm)をベースとしたCJ6(同、前期型2,565mm,後期型2,629mm)、CJ-7(2,370mm)をベースとしたCJ-8(2,629mm)がそれで、CJ6は前期型が'55年~'71年、後期型が'72~'81年、CJ-8は'81年~'86年までの間生産されたようです。CJ6に先立つ'53年には、軍用バージョンのM170が誕生、アンビュランスなど用途に応じてショートホイールベースのM38A1を補完していたようです。

Mebe_Jeep_Willys_05.jpg

Mebe_Jeep_Willys_06.jpg
↑往年のメーベトイ製ジープ・ウイリス、カラビニエリ仕様。まさかロングホイールベースジープの1/43モデルが存在したとは・・・。勉強不足でした。。。

ジープもアメリカ車の偉大なレジェンドの1台と捉えている当方、以前からミニカーの蒐集を行っていたのですが、甚だ勉強不足な事にロングホイールベースのCJ-6やCJ-8系列の1/43モデルは存在していると思っていませんでした。・・・ところが昨日所用で東京に出た折に老舗ミニカーショップさんに詣でると、なんとロングホイールベースJEEPのモデルがあるではありませんか!往年のイタリア・メーベトイ製、品番A95”JEEP WILLYS”がそれで、イタリアのミニカーらしくカラビニエリ(イタリア国家憲兵)仕様となっています。CJ-5をベースとしたCJ-6かなと思ったのですが、フロントウインドーが2分割な点や、右フロントフェンダーの円形の窪み(フューエルリッドは左リアにあるし何だろう?)からすると軍用バージョンのM170かと思われます。

Mebe_Jeep_Willys_07.jpg
↑ポリスティルのCJ-5とメーベのM170のツーショット。奇しくも往年のイタリア系ブランドの1/43ミニカーでCJ-5系のショート&ロングが揃いました(喜)。

Mebe_Jeep_Willys_08.jpg
↑床板にはmebetoysの表記と共に、マテルのマークが刻印されています。車種名はJEEP WILLYS、品番はA95となっています。

床板にマテルのシンボルマークも刻印されているので、メーベがマテル傘下にあった時代の製品と思われ、ランプ類は全て色差しのシンプルな造りながら、ロングホイールベースジープの独特なプロポーションを良く捉えているように思います。カラビニエリ仕様のためか右フロントフェンダーにアンテナ(ちょっと後傾しているのがイキな感じです/笑)、幌製のルーフの上にパトライト(ちょと無理があるのでは?)が装備されています。幌を外せば民生用のCJ-6風に見えるかな~とも思うのですが、破損が怖くて外す事はしていません。いずれにしても貴重なロングホイールベースの1/43ジープモデル。ネット検索するとなんと民生仕様っぽいバリエーションも存在するではありませんか・・・(汗)。こうしてまた、新たな蒐集目標が1台増えたのでありました。。。

Mebe_Jeep_Willys_02.jpg

特集:ジープの系譜 ~ 独自架装ボディ? GAMDA WILLYS ESTATE POLICE

ジープの系譜、今回は少しレアなモデルをご紹介。コンディションが良くないのはご容赦下さい。。。

Gamda_Willys_Police_01.jpg

お送りしている特集ジープの系譜、お友達のねこざかな様マッチボックスのジープの系譜を辿る連動企画をスタートしてくださいました。グッドコンディションのマッチボックス製ジープたち、是非合わせてご覧下さい。当方が今回ご紹介するのは、ジープのエステートによる警察車両・・・なのですが、前々回ご紹介したイクソのステーションワゴンとはボディ後半の形状が異なっています。思うに、これは前回ご紹介したピックアップ、というかその派生モデルであるキャブシャシーに独自のリアボディ架装したものではないかと推察します。キャブシャシーであればそれこそトラックと同じですから、様々なバリエーションが存在しても不思議はありません。

Gamda_Willys_Police_03.jpg

Gamda_Willys_Police_04.jpg
↑ご覧の通りワゴンボディですが、通常のウイリス・ステーションワゴンとはボディ後半のスタイルや窓割りが異なります。これはピックアップ系統のロングホイルベースのキャブシャシーに独自のリアボディを架装したものと思われます。

さて、そんなレアな存在をミニカー化したのは、クラグスタン・デトロイトシニア/ガムダクール・サブラシリーズで60年代のアメリカ車をたくさん製品化してくれている、当方にとっては最重要ブランドの1つであるイスラエルのガムダ製品。前述のシリーズをリリースする以前の古い時代のラインアップからの1台です。元々英国Jordan & Lewden Ltd.(ジョーダン&ルーデン社?)のRiver Series(リバーシリーズ)の金型を使用してミニカー製造に着手したガムダ社が、その後独自に金型を起して製品化した内の1台と思われます。シンプルな構成ながらロングホイールベース系ジープの特徴をしっかり捉えていると思います。

Gamda_Willys_Police_05.jpg

Gamda_Willys_Police_06.jpg
↑モデルは当方にとって最重要ブランドの1つ、ガムダ社の初期製品。当方が以前からご紹介しているクラグスタン・デトロイトシニア/ガムダクール・サブラシリーズより古い時代のモデルです。

商品名はシンプルに"WILLYS"となっており、仕様としてはイスラエルの警察車両でしょうか?本来はルーフの前端にサイレンのスピーカーが装着されているのですが、残念ながら当方の所有する個体は折損しています。当方未入手ですが、ガムダにはルーフにスピーカーの付かないパネルバン仕様、更にはピックアップトラックもラインアップされていたようです。ボディは前半分が各車共通と思われ、ルーフからボディ後半部を差し替える事で仕様違いを造り分けていたようです。モデルを見ると床板も前後で分割されています。

Gamda_Army_Ambulance_01.jpg

Gamda_Army_Ambulance_02.jpg
↑当方が唯一所有しているガムダ最初期製品。イギリスのジョーダン&ルーデン社のリバーシリーズの金型を使用した製品群の1台です。文献によると商品名はアーミー・アンビュランス。トラック系モデルらしく荷台違いや軍用・民生用など多くのバリエーションが存在します。

Gamda_Army_Ambulance_03.jpg

Gamda_Army_Ambulance_04.jpg
↑内装もオミットされた素朴なモデルですが、軍用車ながらなんとも言えない愛らしさの感じられる造形です。当方が入手出来るのはこの様なコンディションのモデルで精一杯。箱付きミント品は雲の上の存在です・・・。

せっかくなので当方が唯一所有しているガムダの最初期製品、リバーシリーズの金型を使用したアーミー・アンビュランスを合わせてご紹介しておきます。もはや当方には車種の特定も出来ないくらい素朴な仕上がりですが、トイカーとしてこれはこれで非常に魅力的に感じられます。こんなコンディションでも海外オクでは結構な高額で、それも今や当方が入手したお値段では入手出来なくなって来ています。よりコンディションの良い個体も機会があれば入手したいですが、箱付きミントコンディションなんて夢のまた夢といった感じなのであります。。。

Gamda_Willys_Police_07.jpg

Gamda_Willys_Police_02.jpg

特集:ジープの系譜 ~ NEO '54 Willys Jeep Pickup Truck

特集:ジープの系譜、前回に続きロングホイールベースの派生車をご紹介します。

Neo_Jeep_Pickup_01.jpg

ジープをベースとしたピックアップトラックが誕生したのは'47モデルイヤー。ホイールベースを延長して118インチ(2,997mm)とし、ピックアップ荷台を架装したものです。このホイールベースは前年に登場したワゴン系の104インチ(2,642mm)より更に長い物となっており、同系列にはステーキベッド(平台)、荷台のないキャブシャシー、単純なシャシーのみなどのバリエーションが存在したようです。元々はCJ系ジープに似た平たい顔をしていましたが、'50モデルイヤーにワゴン系のような中央が尖った顔に改められました。

Neo_Jeep_Pickup_03.jpg

Neo_Jeep_Pickup_02.jpg
↑ステーションワゴンとは異なる、働くクルマ然としたスタイルも魅力的なジープ・トラック。中央が突き出たフロントノーズは'50年型以降の特徴です。

この愛すべきジープ・ピックアップトラックは残念ながら'65モデルイヤーで消滅。その後はワゴニアをベースとしたグラディエーター、チェロキーをベースとしたコマンチが市場を引き継いだ形になりましたが、それらも80年代で終了となってしまいました。以降、クライスラー傘下ではピックアップはダッジと被るためか、ジープ系車種には存在しませんでしたが、ラングラーがJL系にスイッチした現在、ピックアップの復活も検討されているようです。ピックアップが広く市民権を得ている米国では好評を博するのではないかと思われ、ちょっと楽しみであります。

Neo_Jeep_Pickup_05.jpg

Neo_Jeep_Pickup_06.jpg
↑モデルはネオのレジン完成品。実車がシンプルゆえエッチングパーツなどは少ないですが、リーフサスなど足回りは簡単に表現されています。

モデルはNEOのレジン製完成品です。前述した尖った顔付きは'50モデルイヤー以降の特徴であり、モデルの表記は'54年型となっています。エンジンフードのマスコットやラジエターグリル、ドアミラーなどはメッキされた別パーツで再現されています。側面に装着されたスペアタイヤを含め、スチールホイールがボディと同色に塗られたその姿は働くクルマ然とた魅力に溢れており、前回ご紹介したステーションワゴンの2トーンボディの華やかさとは好対照を成しているように思います。・・・今回撮影して改めて思いましたが、何だかんだ言ってもやっぱり精密なモデルは写真映えがしますね。

Neo_Jeep_Pickup_07.jpg
↑ステーションワゴンとのツーショット。乗用タイプのオープンモデルであるジープスターや、パネルデリバリーなども並べたい所ではありますが・・・予算が中々捻出出来ません。。。

さて、ジープのロングホイールベース派生車としては、この他にオープンボディのレジャービークルであるジープスターや商用バンであるパネルデリバリーが存在し、ジープスターはNEO、パネルデリバリーはブルックリンモデルで製品化されているのですが、どちらも高価で予算が廻らず、未だ入手出来ていません。。。最近の1/43モデルは高価な物が多いので、ジープ系列以外でも入手出来ていないモデルが多数。これらに予算が廻るようになるのはいつの頃とやら・・・買えない内にモデルが市場から消えてしまうかも知れません。。。

Neo_Jeep_Pickup_02.jpg

特集:ジープの系譜 ~ ロングホイールベース派生車 ixo '60 Willys Jeep Station Wagon

ジープの系譜特集、ちょっと長くなり過ぎました・・・。

ixo_JEEP_ST_WAGON_01.jpg

更新ペースの遅さや安定の月イチサボリ(笑)もあって、ジープの特集を始めてから早や半年が過ぎてしまいました。。。軍用MBに始まり先代JKラングラーまで、ショートホイールベースを中心に一通りご紹介して来ましたが、ジープには古くからロングホイール版を中心に様々な派生モデルが存在しました。それらを1/43モデルを全てフォロー出来ている訳ではないので完全版とは言えませんが、今後数回で派生モデルの幾つかをご紹介をして、長くなったジープの系譜特集を終えたいと思います。その第1回目はステーションワゴンです。

ixo_JEEP_ST_WAGON_03.jpg

ixo_JEEP_ST_WAGON_04.jpg
↑ジープのホイールベースを延長して誕生したステーションワゴン。2WD、前論独立サスなど、その用途はリアルオフロダーのCJシリーズとは異なる物だったと思われます。

今回ご紹介するステーションワゴンは民生用のジープがCJ-2Aとしてスタートした後、'45モデルイヤーに誕生しています。ベースとなるジープからホールベース/全長を拡大、アメリカの量産車では初となる全金属製の2/4ドアワゴンボディを構築しました。ジープからの変更は機構面にも及び、フロントのサスペンションはリーフによるリジッド式からコイルによる独立式に変更、ワゴンらしく快適性を高めたと言う事でしょうか。この時点でのステーションワゴンはFRの2WDであり、4WDバージョンはユーティリティワゴンとして'49年に誕生しています。今日のラングラー・アンリミテッドのご先祖様と言えるのではないかと思います。

ixo_JEEP_ST_WAGON_05.jpg

ixo_JEEP_ST_WAGON_06.jpg
↑イクソのモデルは今日の1/43モデルとしては比較的安価で有り難い存在。精密・美麗なモデルでも、高過ぎたらおいそれとは買えませんし、仕上がりとのバランスなどこれぐらいが丁度良いかもと思ってしまいます。

モデルはイクソブランドで発売になった1/43モデルで、2ドアボディをモデル化しており、メーカー表記によると60年型となっています。中央が突き出た独特なラジエターグリルやオーバーライダーの付いた立派なメッキバンパー、複雑なプレスラインを持つボディパネルなどステーションワゴンの特徴をブルーメタリックの2トーンボディカラーと共に上手くまとめていると思います。金型そのものは書店系アイテムで起したものを転用しているのではないかと思われ、最近の1/43としては比較的安価な設定なのが有り難い1台です。

First43_Jeep_J30_01.jpg

First43_Jeep_J30_02.jpg
↑ファースト43の三菱ジープJ30。そのボディデザインは本国版ウイリスとは異なる物になりました。こちらも1/43としては安価な製品ですが、実車のイメージをバッチリ再現したボディカラーが好印象な1台と思います。

ixo_JEEP_ST_WAGON_07.jpg
↑ほぼ同時期の日米ジープワゴンを並べて眺めるのもまた1興です。

一方、ウィリスジープのライセンス生産からスタートした三菱ジープにもワゴンボディが存在しており、そのデザインは本国版とは異なる物となっています。こちらはファースト43でJ30として製品化されており、同様に書店系の国産名車シリーズの金型ベースと思われます。しかしながらボディカラーが実車に見られたマルーン系の2トーンとなっているため、国産名車版よりも良い雰囲気。実車のイメージに合ったボディカラーがモデルの仕上がりに与える影響は非常に大きいと言えそうです。こうして日米ジープワゴンの並べるのもなかなかオツなもので、モデルカーらしい楽しみ方ではないかと思います。

ixo_JEEP_ST_WAGON_02.jpg

特集:ジープの系譜 ~ ちょっと寄り道。 かつてはジープがベース、Deagostini '80 Jeepney

先週は更新をサボりましたが、今週も気合が入りません・・・。当方自身もちょっと飽きて来たかもしれない(!?)特集:ジープの系譜、今回はちょっと脇道にそれてみようと思います。。。

Deagostini_JEEPNEY_01.jpg

・・・と言う事で、今回ご紹介するのはジプニーであります。有名なフィリピンの乗り合い自動車。不特定多数の人々が利用すると言う点ではバスとタクシーの中間的な乗り物と言った感じでしょうか?元々は米軍払い下げのジープをベースとしてスタートしましたが、現在はピックアップトラックや2トンクラスのキャブオーバートラックのシャシーをベースとしているようです。同じような乗合自動車でも、タイのソンテウなどはピックアップトラックの荷台部分のみを改造していますが、ジプニーの場合は独自の車体を架装しており、ベースが変わった現在もジープ風のフロントノーズを持ったボンネット型車体が多いようです。

Deagostini_JEEPNEY_03.jpg

Deagostini_JEEPNEY_04.jpg
↑元々はジープベースで誕生したジプニー、現在はピックアップやキャブオーバートラックのシャシーをベースにしていますが、ジープ風の外観は大きく変わっていません。

ベースとするシャーシが変わっても、フィリピンの人々がこのジープ風のカタチに拘るのは何故なんだろうなと思います。やはり長年見慣れた物に対する愛着や郷愁か、或いは歴史的・文化的な側面があるのか・・・。日本では最近、NV200やジャパンタクシーを見掛ける事が多くなって来ました。長年セダン系車両がタクシーとして使われて来たアメリカや日本は、近い内に大きく様変わりする事になりそうです。そういう観点で改めてジプニーを眺めると、ある種ロンドンタクシーにも似た伝統の重みが感じられるような気もします。近年の日本はスクラップ・アンド・ビルドを良しとする風潮が強いですが、変わらない良さとという価値にももっと目を向けるべきなのではないかと思ってみたりする今日この頃です。

Deagostini_JEEPNEY_05.jpg

Deagostini_JEEPNEY_06.jpg
↑モデルは分冊百科系アイテム"TAXI OF THE WORLD"シリーズの1台。このジプニーやタイのトゥクトゥク、インドネシアのバジャイなどをきちんと1/43スケールでモデル化した例は余りないのではないかと思います。

さて、今回ご紹介するミニカーは海外で展開された書店系アイテム、"TAXI OF THE WORLD"シリーズの1台。同シリーズは日本ではディアゴスティーニが「世界のタクシーコレクション」として書店で販売を開始したものの、比較的短期間で打ち切りになってしまい、このジプニーは未発売だったのではないかと思います。(当方は海外ネットオクで調達)このシリーズには一般的なタクシー車両はもちろん、タイのトゥクトゥクやインドネシアのバジャイなど色々と興味深い製品が揃っており、返す返すも日本で打ち切りになってしまった事が残念です。日本語の冊子を読んでみたかった気がします。

Deagostini_JEEPNEY_07.jpg
↑イクソのジープCJ-3Bと並べると車体が一回り大きいで事が分かります。カタチは似ていますが、ベースシャシーは別物であると思われます。

モデルは台座にJEEPNY Manila 1980とあり、形こそ似ているものの並べるとジープより車体が大きいので、前述のピックアップトラックや2トントラックのシャシーをベースとした車両をモデル化した物ではないかと思われます。コスト的な制約もあり物凄く精密と言う訳ではありませんが、派手なカラーリングやルーフのキャリア、後部の梯子などが賑やかで楽しい仕上がりです。よくある土産物のプラスチック製品とは異なり、立派にスケールモデルと言える水準だと思います。元々は払い下げジープの改造で誕生したジプニー、今回の特集内でご紹介しても良いかなと思った次第であります。

Deagostini_JEEPNEY_02.jpg

特集:ジープの系譜 ~ ロングバージョン GREENLIGHT Jeep Wrangler Unlimited

間に静岡ホビーショーを挟みましたが、Jeepのご紹介を続けたいと思います。

GL_UNLIMITED_01.jpg

GL_UNLIMITED_02.jpg

先回ご紹介したJK型ラングラーには、先代TJ型と同様にロングホイールベースのアンリミテッドが存在します。TJ型と大きく異なるのはJK型になってからドアの数が増やされ、4ドア(テールゲートを合わせれば5ドア)化された点です。エンジンラインアップなどは基本的にショートホイールベースの3ドアと共通ですが、ホイールベースは523mm延長されて2950mmとなり、居住空間の拡大と4ドア化による乗降性の改善など実用性が大幅にアップしています。

GL_UNLIMITED_05.jpg

GL_UNLIMITED_06.jpg
↑3世代目JK型では4ドア(5ドア)となってより実用性が高くなったアンリミテッド。全ラングラー販売台数に占める比率も高くなっています。グリーンライトの1/43モデルはハードトップの着脱が可能。

当然ながらロングホイールベース化はランプブレークアングルなどの悪化によりオフロード性能の低下を招きますが、ショートホイールベースとは用途が違うと言う事なのでしょう。実際、JK型のアンリミテッドは販売も好調で、ラングラーシリーズ全体の70~75%を占めるに至っているのだとか・・・。TJ型のアンリミテッドの後継というよりは、40年代から60年代に設定されていたステーションワゴンの復活といえるかもしれません。個人的にもこのカタチは大好きで、もう少しコンパクトで安かったら実車が欲しいと思うくらい好きです(笑)。

GL_UNLIMITED_09.jpg

GL_UNLIMITED_10.jpg
↑イエローの個体は'14年型のMOABエディション。ブラックアウトのフェンダーとブラックのホイールが精悍です。

モデルはホビーショー前にご紹介したショートホイールベースと同じグリーンライトの1/43モデルです。1/43モデルが全般的に高額化している昨今では、相対的に安いと感じられる価格帯の製品ですが、仕上がりは悪くないと思います。正直、同ブランドの1/43モデルには仕上がりがややオモチャっぽい物も散見されますが、このラングラーにはそういった感じは余りありません。年式違いや仕様違いなどかなりのバリエーションがあり、当方未入手ですがアンリミテッドでもソフトトップ仕様があります。ソフト・ハード共に、トップを外してオープン状態にする事が出来るのも楽しいポイントです。

GL_UNLIMITED_07.jpg

GL_UNLIMITED_08.jpg
↑ブルーメタリックのモデルは同じく'14年型のPOLARエディションです。

GL_UNLIMITED_11.jpg

GL_UNLIMITED_12.jpg
↑コチラもトップを外してみました。比較的安価なモデルですが、ロールバーなど室内もがんばって再現しています。当方未入手ですが、アンリミテッドでルーフが幌のバリエーションもあります。

今や先代となったJK型ラングラーは幸いな事に同一ブランドでショートとロングの両方が1/43モデル化されました。最新型となるJL型は果たしてどうなるのか?ピックアップが復活すると言われているので、それも含めて製品化されると嬉しいのですが・・・期待したいと思います。新型の1/43モデル登場を願いつつジープ特集を終了・・・と言いたい所ですが、ジープには色々と派生モデルがあります。次回からそれらをご紹介したいと思っていますのでもう少しお付き合い下さいませ。

GL_UNLIMITED_03.jpg

GL_UNLIMITED_04.jpg

静岡ホビーショー2018調査報告 Vol.2 モデラーズクラブ合同作品展編

先回のメーカー展示編に続きモデラーズクラブ合同作品展編をお送りします。

静岡HS2018_029
↑自衛隊車両の展示も恒例行事。今年も大小さまざまな車両が展示されていました。

静岡HS2018_030

静岡HS2018_031
↑展示作品は今年も非常に多く、とても全てをフォロー出来ません。個人的に印象的だった作品をご紹介したいと思います。まずはやはりクルマ作品に目が行ってしまいます。本当にレベルの高い美しい仕上がりの作品が多かったです。

静岡HS2018_032
↑キットの発売前に別の車種をベースにスクラッチした作品と、製品登場後に別仕様に改造したFFジェミニ。強い拘りと熱意が感じられます。

静岡HS2018_033

静岡HS2018_034

静岡HS2018_035
↑自動車業界関係者の方々も多数展示をされていました。モーター等を使用してアクションを再現したり、自分の愛車を再現したり、長い年月を掛けてじっくり取り組まれる方等々・・・皆さんやっぱりクルマと模型がお好きなんだなと嬉しくなります

静岡HS2018_036

静岡HS2018_037
↑1/43スケールによる超絶作品群。素材の使い分けによる質感表現が素晴らしい。美しい作品でした。

静岡HS2018_038
↑見慣れた情景を模型で見ると何だか嬉しくなります。ここのハンバーガー、最高に美味しいんです(笑)。

静岡HS2018_039
↑シャープなプラキットのディテールを甘くして、ティントーイ風の塗装を施し、更にサビなど古びた表現や紙箱まで・・・遊び心と手を抜かない作業が素晴らしいです。

静岡HS2018_040

静岡HS2018_041

静岡HS2018_042
↑TVや映画に登場した劇中車作品もやはり気になってしまいます。必ずしもキットのある物ばかりとも思えないのですが・・・スクラッチされたんでしょうか?

静岡HS2018_043

静岡HS2018_044
↑ここ数年、LEDなど照明を作品に取り入れる方が増えていますが、その使い方もどんどん効果的・印象的になっているように思います。まさに一瞬を切り抜いて固定したような魅力が感じられます。

静岡HS2018_045

静岡HS2018_046
↑もはや静岡ホビーショーには欠くべからざる存在。その独自の世界観に思わず引き込まれます。

静岡HS2018_047

静岡HS2018_048

静岡HS2018_049

静岡HS2018_050
↑そしてこちらも強く引き込まれるのがジオラマ作品の数々・・・。構図の切り取り方、鋭い観察眼とそれを再現するための素材や技巧の数々。見応えがあって本当に素晴らしいです。

・・・と言う事でモデラーズクラブ合同作品展を駆け足でご紹介しました。同行した面々も口にしていたのですが、本当に半日レベルの調査行では全てを見きれない充実振り。一泊での調査を企画したくなってしまいます。

静岡ホビーショー2018調査報告 Vol.1 メーカー展示編

静岡HS2018_001

今年も同好の士数名と静岡ホビーショーを見に行きました。例年通り、先ずはメーカー展示から当方の趣味・嗜好で選んだ気になる製品をご紹介したいと思います。・・・正直、今年は心ときめく製品は少なかったかなと言う印象です。ラインナップもさることながら、製品の価格が全般に高騰している事も一因かも知れません。

静岡HS2018_002
↑TSMのシボレーコルベットZR-1。FRコルベットもこの世代で見納めになってしまうのでしょうか?

静岡HS2018_003
↑同じくTSMのフォードGT2017年のルマン出場車とデイトナ24時間ウイナー仕様。

静岡HS2018_004
↑これもアメリカ車ということで・・・。テスラモデルSのR-Zentricエアロ仕様。ブランドはDORLOP?最近、新しいブランドが多くて付いて行けない。。。

静岡HS2018_005
アオシマは1/24プラキットでスタリオン、ランサーターボと往年の三菱製スポーツモデルをキット化。世代的に反応してしまう製品群です(笑)。

静岡HS2018_006
↑アオシマはイマイから引き継いだサンダーバードやロボダッチなどもしっかり再生産・再販してくれています。素晴らしい事だと思います。

静岡HS2018_007
↑最近、スズ菌に感染してしまった当方、トミーテックのキャリーのキットも気になります。・・・1/35というスケールは定着するんでしょうか?

静岡HS2018_008
↑最近、オジサン世代直撃な国産旧車を次々とキット化しているハセガワ、次回はギャランGTO。カッチリとした造形が素晴らしいです。

静岡HS2018_009
↑キットと共にハセガワで毎年気になるのが素材やツール。今年はフロントウインドウ用のシェードのデカールが展示されていました。

静岡HS2018_010

静岡HS2018_011
↑メビウスモデル、2001年宇宙の旅のディスカバリー号1/144キット。現物は初めて見ましたがとにかく大きい!そしてエッチングのディテールアップパーツを使うと更に精密に。照明を仕込んだりすると凄い事になりそうです。

静岡HS2018_013

静岡HS2018_012
↑ペーパー製の1/24植物や照明のモデル。ジオラマを作ろうと考えた場合には面白いアイテムなのではないでしょうか?

静岡HS2018_014
↑木製のお城のキット。昨年も見ましたが、素材感を生かした作風には魅力を感じます。

静岡HS2018_015
↑マイクロエースNゲージの小田急ロマンスカー3000系。当方はデビュー時の姿より、更新後の愛嬌のあるこちらの方が馴染みがあります。

静岡HS2018_016
↑メーカーは失念しましたが、ガリバーのブースで見かけたグッドイヤーの飛行船。H・Bハリッキーがらみでちょっと欲しくなってしまいました(笑)。

静岡HS2018_017

静岡HS2018_018
↑再びクルマに戻ってENIFはルーチェ・ロータリークーペ、クジラクラウンのH/T & セダン、B110サニーなどを開発中。やはり日本で売れるのは国産旧車が中心でしょうか。

静岡HS2018_019
↑ケースに収まっているソリドのモデル群は往年の金型がベース?元々プロポーションは素晴らしい物が多いソリドだけに、今日でも通用する感じがします。

静岡HS2018_020
↑こちらは近年新規に製作された金型によるモデル。作り込みを程々にして価格を下げています。キャデラック・エスカレードがちょっと気になる・・・。

・・・と言う事で駆け足&偏った内容のメーカー展示編は終了。次回はモデラーズクラブの合同作品展編をお送りします。
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08