1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

小さな体躯にデカい顔 ~ FIRST RESPONSE '83 DODGE DIPLOMAT

今回はちょっと渋めの1台をご紹介します。


First_respose_diplomat_1


↑インターミディエートで全長5mそこそこですが、エラそうな顔をしています。


本日ご紹介するのはダッジ・ディプロマット、'77年に登場したクライスラーのインターミディエートセダンです。ダッジ・アスペン/プリムス・ヴォラーレのシャシーを延長して誕生し、同じMボディとしてはプリムス・グランフューリー、クライスラー・ルバロン、ニューヨーカー/フィフスアベニュー等が存在ました。小さくなったとは言え、全長5mを超えるRWDとして、ポリスカーとしても活躍。シボレー・カプリースやクラウン・ビクトリアと並び、映画やドラマでもお馴染みの存在でした。


First_respose_diplomat_2


First_respose_diplomat_3_2


↑小柄(当時の米国基準です/笑)ながらがっしりしたボディといかめしいツラ構えが独特の個性を醸し出しています。


オイルショック以降、デトロイトにダウンサイジングの嵐が吹き荒れていた頃のクルマであり、慣れない小さな寸法に苦心の跡がありありと見られるようなスタイリングです。切り立ったリアウインドー、短いリアオーバーハング。何とか豪華さを保とうと、仰々しいグリルやクロームのモールディングで精一杯飾り立てた結果、なんとも賑やかな外観となっています。大きなアメリカ車が好きな当方は、当時は好きになれないクルマでした。・・・が、今見るとこれはこれでイイ(笑)。小さいけれどがっしりした体躯、威張っているようなデカいツラは何となくブルドックを連想させます。


First_respose_diplomat_4


↑基本的に以前、映画「ユージュアル・サスペクツ」の劇中車としてご紹介したモーターマックスの金型を使用していますが、各部ディテールはブラッシュアップされています。画像は有りませんが、基本的には床板まで共通です。


ミニカーはポリスカーミニカーを得意とする・・・というか、ほぼポリスカー専門のファースト・レスポンスの製品。同ブランドの例に漏れず多種多様なポリスカーのバリエーションが展開されていますが、今回ご紹介するグリーンメタリックやブルーメタリックのノーマル仕様や、嬉しい事にイエローキャブ仕様も発売されています。似ているな~とは思っていたのですが、どうやら基本的には過去にご紹介したモーターマックス製の金型を使用しているようです。しかし、エンジンフード先端のペンタスターエンブレムがエッチング製になっていたり、タイヤ&ホイールが精度の高いものに交換されていたり、アンテナやドアミラーなどのディテールが追加されていたりと、そこここがグレードアップされています。


First_respose_diplomat_5


↑ホイール、ライトバー、アンテナ、ブッシュバー・・・アンダカバーカーや郡警察仕様などの単色ボディの個体を製作出来るよう、多数のパーツが付属しています。


さて、先程ノーマル仕様と書きましたが、そこはファーストレスポンス製品。ただのセダンで済む筈はありません(笑)。このミニカーには各種ライトバーやホイール、アンテナ、ノーズに装着するブッシュバーやスポットランプ等々、その筋のパーツがこれでもか!とばかりにテンコ盛りで付属しており、アンダーカバーカー、或いはアンマークドカーと呼ばれる、いわゆる覆面パトカーに仕立てる事が出来るようになっています。彼の地(米国)でもポリスカーモデルの世界では1/43がメジャーな存在のようなので、今後もこうしたポリスカーに使用された車種の製品化を期待したい所であります。


First_respose_diplomat_6


First_respose_diplomat_7


↑プロトタイプはファーストレスポンスのサイトによると'85という事になっています。その年代では上級モデルは顔付きが変わっていた筈。ベーシックグレードのこの顔(旧型のまま)はポリスカーのベースとしては好適なチョイスでしょう。(因みにオリジナルのモーターマックス版は'83と表記されていました。


スポンサーサイト

FIRST RESPONSE '07 Ford Crown Victoria CHP

Fr_crown_vic_chp_1


ギアボックス・トイズに続いては、新進ブランド”ファースト・レスポンス”をご紹介しましょう。この新しいメーカーは現在までに'41Ford, '07 Crown Victoria, '07 Dodge Charger(+2タイプのヘリコプター)のポリスカーバリエーションを発売しており、今後'50 Ford や'07 Dodge Magnum等の発売も予定しています。古のホワイトローズやギアボックスと異なり、ノーマル仕様等も多数のカラーバリエーションで展開予定です。


クラウン・ヴィクトリアはほぼ最新の'07年型。CHP仕様は今の所通常タイプとホワイトボディのスリックトップタイプの2種類が発売されていますが、通常カラーのスリックトップ仕様や車両No.・アンテナ等の装備の微妙に異なるバリエーションも発売されるようです。また、ダッジ・チャージャーにもCHP仕様が予定されており、こちらも楽しみです。


Fr_crown_vic_chp_ft1 Fr_crown_vic_chp_rr1


Fr_crown_vic_chp_2 Fr_crown_vic_chp_3


※↑小さい画像はクリックでちょっと拡大します。


・・・まずは通常仕様から。このモデルもフロントドア、エンジンフード、トランクが開閉、前輪ステア機構を完備しています。エンジンルームはシルバーとブラック2色のパーツ構成でなかなか細密感があります。トランクルーム内には発煙筒他、何やら色々と警察の備品も搭載されています。室内も車載コンピュータや無線装置、後席の仕切り等細かく再現されています。


フロントのブッシュバーやスポットライト、ルーフ上にはベクター・タイプのライトバー、無線アンテナ、黒い円盤状の物体(GPS?)などが装備されなかなか物々しい雰囲気です。足元はブラックウォールタイヤ、ブラックのスチールホイールにメッキのハーフキャップというお馴染みの仕様。


Fr_crown_vic_chp_ft2 Fr_crown_vic_chp_rr2


一方のスリックトップ仕様の方はホワイト1色のボディーカラー。ハイウェイでの高速度追跡のため、空気抵抗となるライトバーをルーフ上から取り去って室内に設置した”より実戦向き”なスリックトップ仕様ですが、通常のブラック/ホワイト2トーンカラーの他にこうしたホワイト1色の個体も存在します。↓マスタングの時にも記しましたが、事情を知らなければ何となく物足りなく思える外観も、無駄を極力廃した戦うための姿だと知ると一種の凄味すら感じられますね。


室内のパーセル・トレイ上に移設されたライトバーやノーマル仕様と異なるフルホイールキャップ等細かな所まで拘った作り分けがなされています。・・・が色々頑張っているもののやはりボディのプロポーションはちょっと微妙ですね~。このあたりは次作であるダッジ・チャージャーは作風がこなれてきたのかずいぶん良くまとまっているように見えます。同社ホームページ上で公開されているダッジ・マグナムもなかなか良さそうですし、今後に期待できそうなメーカーです。


Fr_crown_vic_chp_4 Fr_crown_vic_chp_5


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08