1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

待望の1台 ~Franklin Mint '59 Ford Fairlane 500 Skyliner

長々(ダラダラ!?)続けて来たLate '40s & '50s特集、この1台でひとまず終了です。


Franklinmint_59_skyliner_01


何だかんだ言っても、当方はやはりフォードのクルマが好きなのですね。より先進的なデザインのGMや、ワルな魅力を放つクライスラーにも大好きな車種はたくさんあるのですが、子供の頃に「ブリット」と「バニシング in 60」でマスタングの魅力を強烈に刷り込まれてしまった事がその最大の要因であろうと思われます。今回ご紹介する’59フェアレーン/カスタム系も'50sのクルマの中ではかなり好きな1台。・・・いえ、百花繚乱の’50年代後半の中では比較的地味なデザインだと思いますし、GMのクルマの比べると、やや古く見えるかも知れません。・・・ですがそんな地味で野暮な風情もフォードらしい感じがして、好き者には好ましく感じられます(笑)。


Franklinmint_59_skyliner_02


Franklinmint_59_skyliner_03


↑デュアルヘッドライトの厳めしい顔付き、この頃のフォードのアイデンティティである丸いテールランプ、コンチネンタルキットもサマになってます。


Franklinmint_59_skyliner_04


Franklinmint_59_skyliner_05


↑数あるフランクリンミントの1/43モデルの中でも、傑作と呼べる1台ではないかと思います。


フェアレーンはこの時代においては、サンダーバードを除く全車種が同一コンポーネントを共有していた基幹車種、フォードシリーズの上級版にあたります。’59年型では上級のフェアレーン系とベーシックのカスタム系のホイールベースが118インチに統一され、最上級のギャラクシーが新たに追加されました。スカイライナーは’57年型から登場したモデルで、ハードトップのルーフが電動でトランクに格納される機構を採用していました。今日ではCC(クーペカブリオレ)等と呼ばれるものですが、’50年代にこの機構を実用化していたと言うのはなかなか凄い事なのではないかと思います。


Franklinmint_59_skyliner_06


↑フランクリンミントの1/43モデルの例に漏れず、ドアやエンジンフードが開閉しますが・・・。


Franklinmint_59_skyliner_07


↑このモデルで更に素晴らしいのは、特徴的なリトラクタブル・ルーフの機構が再現されている事。お約束の途中停止状態(笑)。


何を隠そう、今回'50年代以前のクルマを特集しようと思ったのは、念願だったこのモデルを入手出来た事もきっかけの1つでした。仕上がりはフランクリンミントらしく精密なもので、エンジンフードやドアの開閉機構を持ち、実車でも定番のツートンカラー、別パーツ化されたクロームパーツ、デュオトーンのインテリアなどが再現されていて嬉しくなってしまいます。・・・ですがこのモデルの本当に素晴らしい点は、実車の最大の特徴であるリトラクタブルルーフを再現している点にあります。(電動ではなく手動ですが。/笑)床下にあるボタンを押すとトランクリッドが僅かにポップアップし、中に格納されたハードトップを引き出す事が出来ます。(機構的には過去にご紹介したノレブのキャデラックXLRと似ています。)


Franklinmint_59_skyliner_08 Franklinmint_59_skyliner_09


Franklinmint_59_skyliner_10 Franklinmint_59_skyliner_11


↑その動作は手動になりますが、ルーフをトランクルームに格納する事が出来、ハードトップとオープンの2種類の姿を楽しむ事が出来ます。(画像はクリックで少し拡大します。)


ミニカーとしての名称は”1959 FORD SKYLINER"となっており、1/43の”The Classic Cars of the Fiftys"シリーズの第2弾として発売された内の1台となります。フランクリンの1/43モデルの中ではレア度が高く、海外ネットオクでも高価に競り上がる場合が多いモデルです。当方も何度も涙を飲みました。。。この個体はオークションではなくアメリカの某ショップで販売されていた物。箱、パンフレット無しのルース品でエンジンフード後端に1箇所チップがありますが、塗装の荒れもなく、ルーフの動作も完全な上々のコンディション。好きな車種でもあり、またフランクリンミントの1/43モデルでも屈指の傑作モデルなので入手出来た嬉しさはひとしおのものがありました。一口に精密モデルと言っても、やはりフランクリンミントには独特の魅力やオーラが感じられるように思います。


Franklinmint_59_skyliner_12


Franklinmint_59_skyliner_13


↑御覧の通りHT状態もしっかり再現。どちらも姿もそれぞれに魅力的です。


・・・と言う事で、’50s特集はひとまず終了。はて、次回からは何をご紹介しましょうか・・・。


スポンサーサイト

Late '40s & '50s ~特集 '40年代末~'50年代のクルマたち

久しぶりに’50年代以前のクルマをご紹介してみようと思います。


Late_40s_50s


↑画像はフランクリンミントの’59 FORD Skyliner。お気に入りの1台です。


当方は’60年代中盤の生まれ。そして子供の頃から大のクルマ好き。ずっと街中のクルマを眺めながら育ったせいか、やっぱり今でも’60年代中盤~’80年代のクルマたちが馴染み深く一番好きです。しかし次第に知識が増してくると、興味の対象は古い方、新しい方へとどんどん拡がってしまうもので・・・。やっぱり、’50年代以前のアメリカ車も良いな~と思うのです。第2次大戦後、本格的な新型車の登場した’40年代末~’50年台前半、テールフィンが屹立する’50年代後半、それぞれ異なった魅力があって興味は尽きません。(最近はそれ以前のクルマにも興味が湧きつつある。。。)


ミニカーコレクションも”マスタング後”が主戦場の当方、それ以前のクルマ達にはあまり予算が廻らないのですが、気になる車種やモケイとして味わい深い物など少しずつですが増殖しています。’50sのクルマ達はブログ開設後間もない頃に1度特集を組みましたが、そろそろ第2弾をお送りしてみようかなと思います。正直、あまり体系だったコレクションにはなっていないのですが、次回からご紹介して行きたいと思います。尚、キャデラックやサンダーバード、トライシェビーなどは別途特集を考えているので、今回はそれ以外の車種を中心にお送りします。しばしお付き合い頂ければ幸いです。


Franklin Mint '63 Corvette Stingray

C2コルベット特集、最初にご紹介するのはこのモデルです。


Franklin_mint_63_corvette_1


およそ60年に渡るコルベットの歴史の中で、2代目にあたるC2コルベットは'63モデルイヤーにデビューしました。初代C1コルベットはその初期にはなかなか商業ベースに乗れず、市販の継続が危ぶまれる場面もあったようです。C2へのモデルチェンジには10年の歳月を要した事になります。C1途中の’55年から搭載されたV8は徐々に大排気量/ハイパワー化され、C2末期の’66年には427cu.in.(7リッター)、'67には435hpに到達しています。こうしたハイパワーを受け止めるべく足回りも大幅に見直され、リアサスを車両進行方向に対して横向きに配置されたリーフとしたユニークな4輪独立サスペンションを採用。材質などは変わっていますが基本的な考え方は現状最新のC6にも受け継がれています。


Franklin_mint_63_corvette_2


Franklin_mint_63_corvette_3


↑一時期はダイキャストのC2コルベットと言うと、このモデル位しかない時期がありました。プロポーションや、ややリアが沈み込んだような佇まいはなかなか良い雰囲気です。


スタイリングキューは’59年に発表されたコンセプトカーのスティングレーであるとされていますが、基本的にオープンボディだった先代C1に対し、完全なクローズドボディのクーペが設定されたのも目新しい点でしょう。ダイナミックにうねる曲面とシャープなエッジが巧みに融合されたボディは力強さと美しさに溢れ、ファストバックのルーフが後方に行くに従い細く絞られてゆくボートテールのクーペのデザインは、個性的かつ完成度も非常に高いように思います。当方が実質的にリアルタイムで知っているコルベットはC3以降ですが、歴代コルベットでどの世代が好きかというとこのC2かなと思います。(どの世代もカッコ良いのですが・・・/笑)


Franklin_mint_63_corvette_4


各部開閉機構や作り込まれたエンジンルームなどが他にはない魅力です。


ミニカーはフランクリンミントの1/43モデル。登場初年度の’63年型、リアウインドーが左右分割タイプのいわゆるスプリットウインドーのモデルです。正直言って高額ながら出来の良し悪しにはバラツキのあったフランクリンミントの1/43モデルの中では、このコルベットはかなり良い出来だったのではないかと思います。シルバーのボディのプロポーションも上々ですが、エンジンフードやドアが開くのも(オートアート等1部の製品を除けば)最近のプロポーション重視のモデルとは一線を画する所でしょうか。エンジンも単体で組み込まれるなど、ハンドメイドの精密さを売りにしている同ブランドらしい仕上がりとなっています。その後色々と新製品が発売になりましたが、このモデルには独特の魅力があり今も色褪せていないように思います。


Franklin_mint_63_corvette_5


Franklin_mint_63_corvette_6



↑ネットショッピングやオークションがなかった当時、お世話になっていたショップさんが単品輸入してくれなかったら、このモデルは入手出来なかったと思います。


当方がこのモデルを入手したのは90年代の初頭ぐらいだったかと記憶していますが、当時入手出来た1/43のC2コルベットは、このモデルとモノグラムの'67コンバーチブルのプラキットぐらいではなかったかと思います。この頃フランクリンミントの1/43は通販のセット売りという形態がとられていて当方には手出しの出来ない高額商品だったのですが、お世話になっていたショップさんが単品輸入・販売して下さったお陰で、当方はこのコルベットやダッジ・チャージャーなどを入手する事が出来たのでした。当時はネットオークションなどもなく、個人で海外から商品を輸入すると言った事も一般的ではなかったので、珍しいモデルを入手する為にはミニカーショップに足繁く通うのが最良の方法でありました。古いミニカーを引っ張り出してその入手方法などを思い出すにつけ、今日とは隔世の感があるな~と、しみじみ思ってしまいました・・・。


やっぱり、行ってしまいました・・・。第80回ワンダーランドマーケット

当方の勤め先は只今木・金休業を実施中ですが・・・。


801


↑開場の10時前に到着すると、既にたくさんの人々が列を作って待っていました。


やっぱり行ってしまいました・・・去る8月7日(日)の第80回ワンダーランドマーケット。勤め先には私事都合で有給休暇を申請して・・・。体内時計が平日モード(笑)だったので早くに目が覚めてしまい、初めて10時の開場前に現地入り。・・・既に熱心なファンの方々が列を作って待っていました。並んだ当方の後ろにも長い列が出来ました。やはり早い時間は熱気が違います。


802_2


803_3


会場の雰囲気はいつもの通りで壮観ですが、やはり早い時間は一段と人が多いですね。当方のお目当てはダイキャストの1/43モデルが中心ですが、古(いにしえ)のティントーイなど、やはり味わい深くて買い物そっちのけで見入ってしまいます。


804


最近始まったフリマ出店もだんだん増えてきました。個人コレクションの放出やジャンクコンディションのミニカーなど、一味違った出品はこちらもなかなかに興味深く楽しいものがあります。


805


806


毎回数台の実車が展示されますが、第80回の今回はゴージャス。最初はフェラーリ2台が並びましたが途中で車両入れ替え。なんとランボのミウラさんが・・・流石にこのクルマが爆音と共に会場に入って来た時は人だかりが出来ていました。


そして今回の収穫は・・・


Dinky_65_mustang_01


Dinky_65_mustang_02


ディンキーの'65マスタングファストバック。同じアイボリーホワイトは1台所有していますが、ルーフに目立つチップがあったりしてコンディションは今一つだったのです。今回入手のモデルは紙シールのグリルやドアトリムもしっかりしたベターなコンディション。ニアミント位かな。


F_mint_60_corvair_01


F_mint_60_corvair_02


もう1台はフランクリンミントの'63コルベア。4枚のドアとリアのエンジンフードが開閉します。新製品時の1/10位のお値段で譲って頂きました。思わず「えっ、ホントですか?」と聞き直してしまいました(笑)。有難うございました。


・・・と言う事で、行けば何かしら欲しかった物が見つかるワンダーランドマーケット。次回は年末2011年12月18日(日)開催予定。今から楽しみです。(今からすっかり行く気満々/笑)


今年最後の第78回ワンダーランドマーケット

本日12月19日(日)は今年最後のワンダーランドマーケットの開催日でした。


781_2 782_2


↑出品はミニカーのみならず、ティントーイ、プラキット、キャラクターものまで様々。


とうとう今年は年3回行われるこのアンティークトイの一大ノミの市に皆勤してしまいました。場所はいつもと同じ横浜産貿ホール。今年は少し早く会場入りしたせいか、いつにもまして人が多いのにビックリ。会場には有名ショップのオーナーさんをはじめ、北原照久さんや門内文明さんの姿も・・・。毎回の通り実車の展示や、更にはイベントとしてアニメ鉄腕アトムのウランちゃん他の声優である水垣洋子さんのトークショーやサイン会もあってノミの市以外の面でも充実した内容となっていました。個人的にはブログ関連でお会いしたいと思っていた方とお話し出来たのも大きな収穫 でした。


783_2 784_2


さて、今回気になっていたのはショップ系ではない一般参加のフリーマーケットが併設された点でした。今回が初という事でまだ参加があまり多くなかったですが、結構にぎわっているように見えました。来年はこの企画が更に発展すると掘り出し物をゲットするチャンスが増えそうな予感・・・ちょっと楽しみです。


Franklin_mint_63_avanti_ft1


Franklin_mint_63_avanti_rr1


↑ミニカーのコンディションは至って良好、1/43では貴重なモデル化です。


・・・で、今回の当方の収穫物は、フランクリンミントの'63スチュードベーカー・アヴァンティ。かのレイモンド・ロウイの手になる流麗な4シータークーペ。その個性的なボディラインはFRPによって製作されていました。このモデルは以前から入手したいと思っていたのですが、コンディションや価格の面で中々良い出会いがなかったのでした。今回晴れて入手した品は箱は有りませんでしたが(フランクリンの箱はそもそも余り魅力的な物ではありませんが・・・。)コンディションは上々、価格も新製品当時の定価の半分以下でゲットしました。その他HW等も数点入手。


Franklin_mint_63_avanti_ft2 Franklin_mint_63_avanti_rr2


↑細密な作り込みながら各部が開閉するのはフランクリンの1/43モデルの特徴です。


と言う事で当方の気になる2010年の模型関連イベントは全て終了。(後は普段お世話になっているショップの年末セールのみ!?/笑)来年はどんな出会いがあるのか・・・今から楽しみです。


ミニカーも高級!?~Franklin Mint '63 Buick Riviera

・・・と言う事でビュイック・リビエラ、早速'63年型の初代モデルからご紹介です。


Franklin_63_riviera_ft1 Franklin_63_riviera_rr1


↑鋭い逆スラントのノーズ、シャープでダイナミックなプロポーション。'63モデルイヤーのデビューとは思えないデザインです。


ビュイック・リビエラは、当時2シーターのスポーツカーから4シーターのラグジュアリーカーに転身して販売が好調だったフォード・サンダーバードに対抗すべく、GMが送り出した高級パーソナルクーペです。リビエラという名称そのものは50年代からビュイックの高級グレードを示すものとして存在していましたが、単独車種の名称として使われたのはこのクルマが初でした。鋭い逆スラントのノーズなどシャープな線と面で構成されたダイナミックな造形のスタイリング、豪華な装備とインテリアはこのクルマの最大の特徴であり、プレミアム性を強調するため年間の生産台数は敢えて4万台に制限されていたと言われています。


Franklin_63_riviera_1


↑ライバルのサンダーバードは'61モデルイヤーのデビュー。こちらも衝撃的なデザインでしたが、2年の歳月はスタイリングトレンドに大きな変化をもたらしたようです。ロケットサンダーはちょっと旧めのソリド製。ディテールからすると'61のボディに'62のキャノピーを被せたように見えますが・・・。


今日的な目で見ると典型的な大型アメリカンクーペに見えるかもしれませんが、登場が'63モデルイヤーだった事を考えるとそのスタイリングは極めてモダーンな物でした。因みにライバルであったサンダーバードは'61に登場したモデルの末期だったとは言え、同じ'63モデルイヤーでは上の画像のような何処となく'50sの名残りを感じさせるスタイリングでした。(比較するとリビエラの斬新さがお分かり頂けるかと思います。)この'61~の通称”ロケットサンダー”も極めて印象的なデザインであり、登場時はそのスタイリングが大きな話題になったクルマだったのですから、'60年代はアメリカ車のスタイリングが大きな変貌を遂げた時期だったと言えるのではないかと思います。


Franklin_63_riviera_ft2 Franklin_63_riviera_rr2


ミニカーはフランクリンミント製で”Classic Cars of the '60s”シリーズの一台。日本では20年程前に毎月1台づつミニカーが手元に届く通販方式で販売された物でした。このシリーズは当時1台が1万円位したと思いますし、正直モデルの出来にバラツキがあったので当方はシリーズを通しては買わなかった(買えなかった。。。)のですが、このリビエラはその中では出来が良い方に属するのではないかと思います。実車のダイナミックなスタイリングを良く再現していると思いますし、シャシー周りもX型のフレームやサスペンション、エンジン、排気系等が別パーツで精密に再現されています。ドアやエンジンフードが開閉するのも最近のモデルと異なる魅力と言えるかもしれません。当時ハンドメイドを売り物にしていただけにその作り込みはなかなか見応えがあります。


Franklin_63_riviera_2 Franklin_63_riviera_3


↑各部の開閉機構、作り込まれたエンジンルームやシャシーはフランクリンミントシリーズの特徴です。


'65年型ではカバーが上下にスライドしてヘッドランプが露出するコンシールドヘッドランプを採用し、個性的なスタイリングに更に磨きを掛けていましたが、'66モデルイヤーに2世代目へと移行しました。


ファースト・イヤー ~Franklin Mint '64 Pontiac GTO Conv.

Franklin_mint_64_gto_ft1_4 Franklin_mint_64_gto_rr1_2


・・・と言う事で先ずは記念すべき登場初年度の'64ポンティアックGTOコンバーチブルです。先回記したようにGTOは元々独立グレードではなく、インターミディエートに成長した2代目テンペスト/ルマンズのパッケージオプションでした。(実際にはルマンズにのみ選択出来たようです。)'60年代前半らしいシンプルでスクエアなHT/Conv.ボディに、ポンティアックのアイデンティティである2分割のグリルを備えています。GTOと言えば次回以降ご紹介予定の'65~'67のタテ目4灯ヘッドランプを連想する方も多いと思いますが、'64では一般的なヨコ並びのデュアルヘッドライトでした。エンジンフードに突き出た1対のスクープは、高性能版たるGTOのアイコンとして形を変えながら後年まで引き継がれています。389cu.in.エンジンによる動力性能向上により、インターミディエートマッスルカーの元祖の1台に数えられるクルマですね。


Franklin_mint_64_gto_1


ミニカーは1/24等大きいスケールのダイキャストモデルで有名なフランクリンミント製。'50sと'60s、それぞれシリーズで1/43ミニカーを展開していた時期があり、このモデルもその中の1台です。購入したのは15年程前で、当時日本では通販中心にシリーズまとめて契約し、毎月1台づつ手元に届くという、昨今の冊子付きミニカー的な販売方法が採られていました。・・・当方にはそれらを全て揃えるような資力は無く、幸いにも車種ごとに個別で輸入、販売してくれたショップで数台を購入したのみでした。・・・当時はこうした高価なモデルに手を出さないとアメリカ車の1/43ミニカーはなかなかバリエーションが増えなかったんですよね~。


Franklin_mint_64_gto_2


正直、フランクリンの1/43モデルは出来の良し悪しの差が大きいと思うのですが、このGTOは・・・何となく微妙、と言うか手放しで素晴らしいと言えるモデルではないような気がします。プロポーション的には前後がタラーンと垂れ下がってしまっているように見えるんですよね・・・。(同じ1/43でも、'63スティングレーや'66リビエラ等は素晴らしいと思うのですが・・・。)しかしながらドアやエンジンフード等の開閉、細かく造り込まれた389エンジンや独立したフレーム、排気系等の床下廻りなど、ハンドメイドを謳い文句にしていただけに手の込んだ仕上がりになっています。


・・・当方はほぼリアルタイムに定価で入手したこのモデルですが、出来栄えのせいもあるのかネットオークションなどでは安価に出品される事も多いようです。そうした出品を見るたびに胸が痛みます(笑)。後年、デルプラドから発売された同じ'64GTOも中々良い出来だったのですが、同じコンバチで同じダークブルーにアイボリーの内装。。。どう見てもコレを参考にしたとしか思えない仕上がりでした。こちらも安価に出回っていた時期もありましたが、15年以上前にフランクリンを大枚はたいて買った身としては、並べると悲しい気持ちになりそうなので未入手であります。。。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08