1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ミニカー・コラム・シフト Vol.12 ~ご冥福をお祈り致します。

Shelby_1


↑今回はトップ画像に入れるべき言葉が見つかりませんでした・・・。


人間は永遠に生き続ける事は出来ません。いつかこういう日が来る事が分かっていても・・・やっぱりこの日は来て欲しくなかった―。2012年5月10日、テキサス州ダラスにてキャロル・シェルビー氏が亡くなりました。享年89歳。


Ixo_aston_martin_dbr1_1


Ixo_aston_martin_dbr1_2


↑キャロルシェルビーは’59年のルマンでロイ・サルバドーリと組んでカーNo.5のDBR1/300をドライブ。見事アストンマーチンに初の総合優勝をもたらしました。この時のアストンマーチンのチームマネージャーが後にフォードGTプロジェクト初期に活躍し、更にJWAでガルフカラーのGT40を'68, '69年と連続優勝に導いたジョン・ワイヤーでした。モデルはイクソ製。


レーシングドライバーとしてルマン24時間レースの優勝経験もあり(’59年DBR-1をドライブし、アストンマーチンに初の総合優勝をもたらした。)レーシングドライバーを引退した後はコンストラクターとしてコブラやGT350/GT500などの名車を世に送り出したキャロル・シェルビー。中断の後にビジネスを再開し、近年もシェルビーGT500などをプロデュースしていたのはご存じの通りです。


Ixo_66_ford_gt_mk2_02


↑’66年のルマンで活躍したフォードGT Mk-2。敢えて2位となったケンマイルズのマシンをチョイスしました。今頃再会して昔の事を語り合っているかも知れません。モデルはイクソ製。


Ixo_67_ford_gt_mk4_03


↑'67年の優勝マシン。カーNo.1のMk-4。'65年からフォードワークスの指揮を執ったキャロル・シェルビーは'66年、'67年と、2年連続でフォードGTを勝利へと導きました。モデルはイクソ製。


先のフォードGT40特集でも記した通り、’65年からフォードワークス活動を指揮し、’66年、’67年のフォードGT Mk-2, Mk-4によるルマン制覇にも大きな貢献を果たしました。フォードGTプロジェクト始動に際し、フォードにジョン・ワイヤーを紹介したのも、アストンマーチン時代からの知り合いであるキャロル・シェルビーであったと言われています。


Gs_cobra_427_sc_ft


↑言うまでもなく彼の生み出した最高傑作とも言うべきシェルビーコブラ。モデルはグッドスマイルレーシングの427S/C。


Kyosho_daytona_coupe_01


↑コブラをベースに誕生したデイトナクーペ。'65年にはルマンでGTクラス1位、総合4位を獲得。モデルは京商製。ルマン仕様ではありません。


元々、レーシングドライバーを引退しなければならなくなったのも狭心症が原因であり、’90年には心臓移植手術を受けていたと言う事ですから、89歳と言う年齢は大往生とも言えますが・・・。やはりアメリカの自動車史に偉大な足跡を記した人物の訃報は悲しいです。ご冥福をお祈りしたいと思います。


スポンサーサイト

今日はチャージャー・・・ではなくチャレンジャー ~GOODSMILE RACING '70 Dodge Challenger R/T SE + Shelby Cobra 427SC

チャージャーをご紹介している最中ですが、ここの所嬉しい新製品が立て続けなのでちょっと割り込み企画です。


Gs_challenger_1


↑2色発売されたチャレンジャー、ストライプやエンジンフードなど、実車のバラエティーに倣ったバリエーション展開が嬉しい所。


かねてよりアナウンスされていたグッドスマイルレーシングのダッジ・チャレンジャー、シェルビー・コブラ427SCがいよいよ発売されました!!最初の製品である'67シェルビーGT500でその完成度の高さを見せつけられていただけに今回も大いに期待していましたが、ホビーフォーラム会場で目にした現物はネットや雑誌の写真より更に好印象でした。プロポーションも良好で樹脂製ボディーのシャープさはやはりダイキャストとは一味違うキレの良さを感じます。何よりチャレンジャー独特のツラ構え、彫りの深いラジエターグリル、内側のランプが外側より引っ込んで配されたデュアルヘッドランプ等、マスタングやカマロにガンくれてるみたいなワルな表情の再現がたまりません。ボディサイドのプレスラインはちょっぴりつまみ過ぎな気もしますが・・・。


Gs_challenger_ft1


Gs_challenger_rr1


Gs_challenger_ft2 Gs_challenger_rr2


↑プラムクレイジー(パープルメタ)はボディサイドを前後に走るストライプにエンジンフードはボディ同色の仕様。


グッドスマイルレーシングのチャレンジャーは登場初年の'70年型R/T、レザーシートなど豪華装備が奢られたSE仕様で製品化されました。SEの特徴の一つであるリアウインドゥが一回り小さいバイナルトップもしっかり再現されています。(・・・と言う事は密かに期待していた白一色仕様はこのままでは造れませんね。。。/笑)ボディカラーはどちらもクライスラーのハイインパクトカラーであるプラムクレイジーとパンサーピンクの2色。プラムクレイジーはラリーフードがボディ同色でボディサイドのプレスラインに沿って長いストライプが入ったタイプ、パンサーピンクの方はラリーフードがブラックアウトされ、ストライプはテールのバンブルビータイプと実車同様バラエティー豊かに作り分けられているのが嬉しい所。やっぱりアメリカ車のモデルはこういう所まで徹底的に拘らないとコアなファンは納得しないんじゃないかと思います。


Gs_challenger_ft3


Gs_challenger_rr3


Gs_challenger_ft4 Gs_challenger_rr4


↑パンサーピンクの方はバンブルビーストライプとブラックアウトされたエンジンフード。どちらもカッコ良いです。


さて、同時発売のシェルビー・コブラ427SCは・・・これまた素晴らしい仕上がり。コブラの1/43というと、プロポーションが良いとディテールが粗雑だったり、逆に造り込みは素晴らしいけどプロポーションが・・・だったりと高価なホワイトメタル製品を除くとなかなか決定版がない感じでしたが、この製品は両方を兼ね備えた数少ない製品と言えそうです。ホビーフォーラムの会場では289の製品化も検討しているとのお話も聞けました。シェルビーはいずれじっくりご紹介しようと思っていますので、今日の所はチラ見せでご勘弁を・・・。


Gs_cobra_427_sc_ft


Gs_cobra_427_sc_rr


↑コブラも素晴らしい出来。プロポーションの良さと、ディテールの繊細さを兼ね備えていると思います。


グッドスマイルの新製品、当方がお世話になっているショップではパープルのチャレンジャーが発売早々に完売したとの事。ネットではコブラの方も在庫切れになっているショップがちらほら・・・。不景気の折ミニカーの販売も今一つ元気がない中、1/43アメリカ車コレクターとしては嬉しい限り。やっぱり的確な車種選定と見応えのある仕上がりなら売れるモノは売れるという事ではないでしょうか。願わくば以前アナウンスされた'68コルベットや'71マスタング等、このシリーズが更に充実してくれる事を期待したい所であります。


遂に発売!!Part2 GOODSMILE RACING '67 Shelby GT500

え~と、どうにも嬉しくてしょうがないのでこちらもご紹介しちゃいます。


Gsr_shelby_gt500_1


待ちに待ったグッドスマイルレーシングの'67シェルビーGT、金曜日のサークルKサンクス限定版スーパースネークに続き、昨日通常版のシェルビーGT500の方を入手しました。今回は速報と言う事で、細かい事を言わずにとりあえず画像のみアップしておきます。スーパースネークとの並びはやはり見応えがあります(笑)。


Gsr_shelby_gt500_ft1 Gsr_shelby_gt500_rr1


モデルは独特のブルーメタリックに太いホワイトのレーシングストライプが2本走ったお馴染みのカラースキーム。模型化の貴重さはさておいて、やはり見慣れたこのカラーリングの方が落ち着きます。ブルーの色調もとても良い雰囲気で、メタリックと言う事もあって正直ミニカーとしての見栄えはスーパースネークより上な気がします。スーパースネークと異なるラジエターグリル廻りやホイール等の再現度も素晴らしく、とても美しいモデルだと思います。


Gsr_shelby_gt500_ft2 Gsr_shelby_gt500_rr2 Gsr_shelby_gt500_2


↑トップの写真と逆の並び・・・白いクルマと暗い色のクルマを一緒に撮るのって難しいです。。。


・・・ところでグッドスマイルレーシング様、カスタマー登録が出来ないのですが・・・。


遂に発売!!GOODSMILE RACING '67 Shelby SUPERSNAKE

え~、本当は別の記事をいくつか仕込中だったのですが、今日はめでたくこちらが発売になったので急遽予定変更させて頂きます。


Gsr_shelby_supersnake_1 Gsr_shelby_supersnake_2


↑ケースは背後にミラーを配し、床は白黒のビニールタイル風。凝っていてなかなか良い感じです。


・・・と言う事で、過去にコチラコチラで動向をウオッチしていたグッドスマイルレーシングのシェルビーGTが遂に発売になりました。いや~~~待ちました!・・・しかし待った甲斐もありました!!。今日は会社帰りにサークルK/サンクス限定予約のスーパースネークの方を買って来ましたが、懇意にして頂いているミニカーショップの方には通常版のシェルビーGT500も入荷している筈です。・・・明日買いに行かないと。。。いずれ通常版も合わせてしっかりご紹介したいと思うので、今日はとりあえず画像による速報版としてお送りします(笑)。


Gsr_shelby_supersnake_ft2 Gsr_shelby_supersnake_rr2


ノーズを延長した事による独特の長細いプロポーション、各部のディテールやアイボリーホワイトのボディカラー等々。お好きな方々が拘って作っているなあと言う感じがひしひしと伝わって来ます。バンパーやホイールの質感も、しっとりと落ち着いた上質な仕上がりだと思います。


さて、当初は製品化がアナウンスされていなかったスーパースネーク版、実車はフォードGT直系の427cu.in.サイドオイラーを搭載し、製作は1台のみに留まったウルトラレアマシン。通常のGT500/350とは構成の異なるラジエターグリルはしっかり再現されています。特徴的なエンジンフードのルーバー('68モデルにちょっと似ている)は残念ながらプリントで処理されました。このあたりは少量生産のレジンやホワイトメタルのような訳には行かなかったのかもしれません。ABS製のボディはシャープで、やはりダイキャストとはまた一味違った魅力があります。・・・でも、手に持った感じはやぱりちょっと軽いかな・・・。


Gsr_shelby_supersnake_ft1 Gsr_shelby_supersnake_rr1


と言う事で明日は通常版を買いに走らねば。。。早く並べてみたい!今後の予定品も全部並べたい!!・・・ついでに最新版のスーパースネークとも並べてみたい!!!・・・だけどお財布はスーパースネークならぬスーパー火の車です。。。


遂に発売決定!!GOODSMILE RACING '67 Shelby GT500

ここ数回のヤトミン製品と言い、今月は色々と'67シェルビーGTに縁のある月になりました・・・。


Goodsmile_racing_gt500_1


↑昨年のホビーフォーラムで撮影した画像。この時はまだ試作品でした・・・。


その知らせは会社の同僚であり同好の士でもあるH.I.君からもたらされました。昨年のホビーフォーラムのレポートの中でご紹介したグッドスマイルレーシングの'67 シェルビーGT500発売が決定した模様です。そしてそこには予想以上の嬉しい驚きが・・・。(H.I.君情報有難う~。)


              Goodsmile_racing_gt500_2


↑上はH.I.君がサークルK・サンクスのコンビニで入手したチラシ兼予約申込書。・・・そこにはサークルKサンクス限定モデルの文字が・・・。通常のGT500に加え、何とスーパースネークまでもがラインナップされていたのです。・・・スーパースネークは'67年型のシェルビーGT500をベースに誕生したスペシャルモデル。通常のGT500が428cu.in.ポリスインターセプターユニットを搭載したグランドツアラー的性格だったの対し、よりコンペティティブな427cu.in.サイドオイラーユニットを搭載するスーパーマシンでしたが、余りの高価さにたった1台のみの製作に終わったというウルトラレアモデル。そんな幻のクルマが1/43でモデル化されるなんて・・・。ラジエターグリルやエンジンフード、ホイール等も作り分けられているようです。尚、この由緒ある名前は'08年、最高ではメーカー保障なしの725hpという怪物マシンとして復活しています。


当方は取り敢えずスーパースネークの方だけ予約して来ました。発売は10月30日という事なので、今からしっかり貯金をしておかないと・・・。尚、スーパースネークもサークルKサンクス以外の入手ルートが有るかもですよ・・・。


http://goodsmileracing.com/mt/2009/08/gt401967.html  


↑スーパースネーク詳細はコチラ。(画像多数。)


http://goodsmileracing.com/mt/2009/07/gsr-1967gt500-1967.html 


↑GT500詳細はコチラ。(画像多数。)


チラシによると今後の予定として'70チャレンジャー、'69コルベット、'65コブラ427、'71マスタング・マッハ1、'69カマロZ28と、当方のストライクゾーン直撃のラインナップが!!・・・。今からしっかり貯金をしておかねばなりませぬ・・・。


'08ホビーフォーラムからもう1つのニュース、アメリカンマッスル・ミニカー、日本の新ブランドから発売!

またまた割り込み記事です。昨年の話で恐縮ですが、11月23日に開催されたホビーフォーラム2008にて、先にご紹介したイタリアンデザインのマスタング達の他に、もう1つ素晴らしい情報を入手していましたのでご紹介しておきたいと思います。


Gsr_1 Gsr_2 Gsr_3


↑会場はこんな感じ。メーカーの新製品展示よりはショップの販売が主体で、会場限定品やレアモノ、特売品が目白押しなため物凄い人、人、人。


2008年11月23日(日)、横浜大さん橋ホールで行われた"ホビーフォーラム2008”実は初めて訪れたこのイベント、枻出版ブースでイタルデザインのマスタング・コンセプトの発売情報を入手、ポリトーイのマスタング2+2ベルトーネ他数台の米車のミニカーをゲットしたのですが、もう1つビッグなニュースがありましたのでご紹介しましょう。新しい日本のブランドから古き良きアメリカン・マッスルカーの1/43ミニカーシリーズが発売されるようなのです。


そのブランドとはGOODSMILE RACING。ミニカーの世界では聞きなれないブランドですが、今の所プラモデルやミニカー用の痛車デカール等を発売しているようです。このブランドがスケールモデルへ参入するにあたってチョイスしたのがなんとアメリカン・マッスルカー!ホビーフォーラム会場で第1弾予定品がやや控ええ目に展示されていたのですが・・・。


Gsr_4 Gsr_5


↑う~ん、素晴らしい!リアウインドウは成型品になればきっと改善されるでしょう。


60セカンズのエレノアのベースになったとされる'67シェルビーGT500、しかも1/43ですよ!!。今まで'67シェルビーGTの1/43と言えばアーテル製350GT位しかなかったですからね~。(ソレはソレで素晴らしい出来なのですが・・・。)試作品を見る限りプロポーションやディテールも上々、このまま製品になれば素晴らしいクオリティが期待出来そうです。撮影のためにお願いしてターンテーブルを止めて頂いちゃいました。(その節はお世話になりました。)ブースの方に色々伺ったのですが、ボディをプラ製にして精密感を、シャシーを金属製にして重量感を出す予定との事でした。今後の予定は?と尋ねると「'70チャレンジャーやコルベット(年式は判らず)などを検討しています。」との嬉しいお言葉。(あくまで検討なので実際の発売は当方は保障出来ません。)新しいブランドの新しい製法のスケールモデル、今から期待大です。どうかたくさんのマッスルカーを発売して下さい。お小遣いが続く限り最大限の応援を致しますよ!!


Gsr_8


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10