1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

奴にとってはクルマも武器だ! スクリーンを駆け抜けたクルマ達(番外編) ~ GAZ3110 VOLGA from THE BOURNE SUPREMACY

本来アメリカ車を1/43モデルでアーカイブするというのが当ブログの主旨ですが(本当か!?)、ここの所すっかり劇中車専門と化しております。。。絶妙なタイミングで素敵なタクシーのミニカーを入手しましたので、こちらのネタで ねこざかなさんとTAXIムービー連動です。但し、アメリカ車は登場しないので当ブログでは番外編であります(笑)。


Bourne_supremacy_1


↑このクルマがこの仕様でミニカー化されるなんて・・・。劇中車そのものなミニカーを見つけるとホントに嬉しくなってしまいます。


映画「ボーンシリーズ」は現在までに3作が制作されている人気シリーズです。記憶を失い、海上を漂流している所を漁船に救出された一人の男。体に埋め込まれたチップを頼りに訪れたスイス銀行の貸し金庫には複数の国籍のパスポートや銃が預けられており、そこから警察や暗殺者による執拗な追跡を受ける事になります。自分は一体何者なのか?何故命を狙われるのか?トレッドストーンとは一体何なのか?・・・主人公、ジェイソン・ボーンの苦悩と自分探しの逃避行が激烈なアクションと共に描かれます。今回採り上げる“ボーン・スプレマシー(原題THE BOURN SUPREMACY)”はシリーズの2作目にあたりますが、元々ロバート・ラドラムの小説をベースにしているだけに3部作の中編にありがちな中だるみもなく、しっかりしたストーリーを緊迫感溢れるアクションで一気に見せてくれます。


Bourne_supremacy_2


↑2台共、細部の仕様は劇中車と異なりますが、並べるだけで映画の雰囲気が甦ります。


そしてストーリーの後半、ロシアの市街地を舞台に主人公ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の駆るGAZ3110ヴォルガのタクシーと、ロシアシークレットサービスのキリル(カール・アーバン)のメルセデス・ベンツ・Gクラスによる激しいカーチェイスがあります。超高級車やバリバリにチューンしたスポーツカーが登場したり、CGによる有り得ないようなド派手なアクションが展開するカーチェイスを見慣れていると地味に感じるかも知れませんが、どちらも一般市民から徴発したフツーのクルマでテクニックを駆使し、限界ギリギリの走行を繰り広げる様はリアルな迫力・緊迫感に溢れています。後半はカーチェイスと言うよりはクルマを使った1対1の肉弾戦の様相を呈しており、クルマは移動の為の道具ではなく武器と化しています。個人的にはこうしたリアリティのあるカーチェイス、大好きです。


Deago_gaz3110_taxi_1


Deago_gaz3110_taxi_2


↑GAZ3110ヴォルガ。スタイリング、メカニズム共に微妙なバランスが魅力!?


さて、ボーンが可哀そうなタクシードライバーから徴発したクルマはロシアのGAZ3110ヴォルガ。エンジンフードとトランクリッドが同じ長さなんじゃないかと思えるような愚直なまでの3ボックスセダンボディ、そのくせ異型ヘッドランプやクロームのグリル、樹脂バンパーなどディテールはモダーンな印象で、その微妙なバランスが醸し出す魅力はプジョー504やアルファロメオ・ジュリアスーパーに通じると言ったら誉めすぎでしょうか?(笑)。アンバランスぶりはメカニズム面にも遺憾なく発揮されていて、劇中、やたら吹けの良いサウンドを発していたエンジンはインジェクションの16バルブDOHC、2.3リッター150PSというなかなかに侮れない物ながら、リアサスはリーフリジットという驚愕のスペック・・・。劇中での熱い走りを観てしまうと、ひょっとしたらこのクルマは物凄くカッコ良いのではないか?と思ってしまうので、映画という物の影響は計り知れません(笑)。


Deago_gaz3110_taxi_3


Deago_gaz3110_taxi_4


↑床板にはディアゴスティーニの銘しかありませんが、モデルはiSTと同一=イクソ製と思われます。


ミニカーは海外ネットオクを徘徊中に発見した物で、金型はどう見てもiSTシリーズのGAZ3110ヴォルガと同じですが、タクシー仕様となっています。劇中車とは年式が異なるのでバンパーの形状が少々違っていたり、カラーリングも細部は若干異なりますが、黄色いボディにチェッカー柄のストライプは映画のイメージそのもので嬉しくなってしまいます。床板を見るとディアゴスティーニの銘がありましたので、いわゆる書店系のアイテムではないかと思います。海外手配ながらかなり安価に入手したモデルですが、出来は良好で実車の雰囲気を良く捉えています。ミニカーはイクソ製と見て間違いなさそうです。


Hongwell_g_class_1


Hongwell_g_class_2


↑ホンウェルのGクラス。お値段を考えるとホントに良い出来です。


対するキリルのクルマはお金持ちな感じのご婦人から徴発したメルセデスのGクラス。元々軍用車だった物を民生用の高級SUVに仕立て直したのですから、こんなクルマに体当たりされたらモノコックの乗用車はひとたまりも有りませんよね。コチラのミニカーはホンウェル製。安価ながらそこそこ良い出来で、こうした目的で集めるにはなかなか有難い存在です。サンルーフ付なのが劇中車と大きく異なる点ですが、ボディが黒なので余り目立ちません。どちらのミニカーも劇中車仕様により近付けるならひと手間掛ける必要がありますが、このまま2台並べるだけでも映画の雰囲気が甦って来て嬉しくなります。自分のイージーな性格が有難く感じられる瞬間でもあります(笑)・・・ラーダのポリスカーも欲しいなあ。。。


Ist_gaz3110_1



Ist_gaz3110_2



↑コチラはイスト版のノーマル仕様GAZ3110ヴォルガ。実は上のモデルを入手前に、密かにタクシーに改造しようと思って入手していたモノ。・・・モタモタしている間に改造の必要が無くなってしまいました。。。トップの画像に晴れてゲスト出演(笑)。






YouTube: The Bourne Supremacy (Teaser)


スポンサーサイト

残暑にぴったり!?~Schuco Junior Line Peterbilt Model 377

さて、再びピータービルトのクラス8ですが、今回はちょっとだけ古め、'80s~'90sの香りのする車種をご紹介します。


Schuco_peterbilt_377_1


↑Roads on Fire!う~ん熱い!(暑苦しい/笑)フレームス塗装のピータービルト377と'59エルカミーノ。アイスクリームトラックと打って変わって、色も暑苦しくしてみました。


相変わらず厳しい暑さが続いていますね。さて、今回ご紹介するのはそんな残暑にうってつけ(?)のフレイムスカラーに身を包んだ1台。・・・ピータービルトなので、かのオプティマス・プライムではありません(笑)。ピータービルト377は'80年代の後半から2000年代初頭位まで製造されていたモデルのようです。全幅に対して狭幅のキャブ、平面ガラス2枚構成のフロントウインドーシールド、切り立ったラジエターグリルに水平なエンジンフード等基本骨格はそれ以前の古いモデルと似ており、僅かにスラントした異型角型のヘッドランプやスリーパーと一体化した派手なエアデフレクター等、最新モデルとクラシックなモデルの中間的なスタイルをしています。


Schuco_peterbilt_377_2


Schuco_peterbilt_377_3


↑”燃える道路”(笑)トレーラーが長すぎて曲げないと拡張した撮影ブースにも収まりませんでした。。。フレームス仲間の'59エルカミーノはロードチャンプス製。


キャビン部分を車体幅一杯まで拡大し、居住性を改善した最新設計モデルに対し、パッケージレイアウト的には従来モデルと大きく変わらず、外観はノーズやデフレクター部分を最新トレンドに合わせたような車種は、現在でもピータービルトのモデル386/384、ケンワースT660、フレートライナーCenturyColumbia、インターナショナルProStar、マックPinnacie等々、各社がラインナップしています。ひょっとしたら最新のモデルより価格設定が低いなど廉価版的な位置付けなのかもしれませんね。


Schuco_peterbilt_377_4_2


Schuco_peterbilt_377_5_2


↑トラクターヘッドはラダ―フレームシャシーまでダイキャストでずっしりとした重さ。やっぱり手にした時の嬉しさが違います(笑)。


ミニカーはシュコーの廉価版シリーズ、ジュニアラインの製品ですが、ひょっとしたら製造はホンウェルかもしれません。ニューレイほどの爆安ではありませんが、コチラも価格的にはさほど高いものではなかったと思います。ニューレイ製品と異なり、トラクターヘッドはシャシーまでダイキャスト製でずっしりと重い仕上がり。エンジンフードもチルトします。中々良い出来で、クラシックでもなく最新のエアロデザインでもない'80~'90年代のトラクターヘッドを製品化してくれた事はとても有難いです。


Schuco_peterbilt_377_6


↑エンジンフードがチルトするのも嬉しい所。内部のエンジンの作り込みもなかなかの物で、この辺りは高価なエリゴール製以上かも・・・。


Schuco_peterbilt_377_7


↑反面、トレーラーはプラ製で軽~いです。エリゴール製もプラですが内部にウエイトが仕込んであって重いのです。この辺りは各社一長一短です。


全身フレームス塗装に身を包んだトラクターヘッド、トランスフォーマーのオプティマス・プライムならずともこうしたカラーリングの車両は多々存在するようです。・・・が、コレはコレとして、やはりもう少し働くクルマ然としたカラーリングのモデルも欲しくなります。作り込みはがんばっていますので、もう少し地味でも十分見栄えが良いのではないでしょうか。カラーバリエーションがこれだけだったと言う事はまずあり得ないと思うので、いつの日か別バリエーションも入手したいなあと思っています。


Rc_59_el_camino_ft


Rc_59_el_camino_rr_2


↑同じクルマでもカラーリングで大きく雰囲気が変わる物ですね。


・・・ついでと言っては何ですが、もう1台のフレームス'59エルカミーノもご紹介しておきましょう。コチラは当ブログ開設当初に1度ご紹介しているロードチャンプス製の別カラーバリエーションで、少し前にご紹介したアイスクリームトラックと同じ”クラッシックシーンズ”シリーズの製品です。・・・と言っても今回はケースに特別なオマケが付属している訳ではなく、荷台に荷物を積んだ事をもって、”シーン”と銘打っているようです。カリフォルニア辺りのチューニングショップの営業車風?派手なボディカラーだけでなく、ノーマル仕様に対してタイヤもレッドラインに換えてある等、なかなか芸の細かい所を見せていて良い雰囲気です。


・・・残暑厳しき折、暑苦しいネタで大変失礼致しました。。。


NOREV CHRYSLER 300

”最近のアメリカ車・クライスラー編”前回のノレブ製クライスラー300の別バリエーションと関連車種をご紹介します。


Norev_chrysler_300cls_1


↑前回のノーマル版との比較。グリルやタイヤ/ホイールに違いがお判り頂けると思います。


先ずご紹介するのは先回のノレブ製クライスラー300の別バリエーションで"cruise life style"とネーミングされた製品です。ノーマルと異なるE&G製と思しきメッシュタイプのラジエターグリルや22インチ(?)の大径ホイール&ロープロファイルタイヤを装着しています。なかなかクールでスタイリッシュですしネットや雑誌でこう言う仕様の実車写真を見た事もありますが、正直このミニカーが実車のどういう仕様をモデル化した物なのかは良く判りません。クライスラーのオプション装着車か、或いはアフターマーケットのパーツを装着したカスタム仕様でしょうか? ミニカーはラジエターグリルに金属製のメッシュを使用するなど凝った作りで、ノーマル版同様非常に精密で完成度の高いモデルだと思います。


Norev_chrysler_300cls_ft1 Norev_chrysler_300cls_rr1 Norev_chrysler_300cls_ft2 Norev_chrysler_300cls_rr2


そしてもう1台は1世代前のモデルとなるダッジ・イントレピッド。このクルマと同じシャシーコンポーネントを使用したクライスラー版が先代クライスラー300Mとなります。(ホントは同じ300の世代違いをご紹介したかったのですが、1/43ミニカーではなかなか製品が揃わないのでご勘弁を。。。)現行クライスラー300/ダッジ・マグナムとは異なり、前輪駆動で搭載エンジンも2.5~3.5リッターV6でした。前輪駆動方式を活かし、アメリカ車としては異例のショートノーズ、キャビンフォワードルックで、当時は非常に斬新なスタイリングだと感じた物でした。'99モデルイヤーの登場ですが、モデルの床板に2000の表記が有りましたので'00年型としておきました。


Hongwell_dodge_intrepid_ft1 Hongwell_dodge_intrepid_rr1 Hongwell_dodge_intrepid_ft2 Hongwell_dodge_intrepid_rr2


↑現行300/マグナムとは全く異なる、しかしそれはそれで斬新なスタイリングだったイントレピッド/300M。


ミニカーはホンウェル製で、廉価な製品ながらドアが開閉し前輪ステア機構も備えています。'90~'00年代初頭のアメリカ車、しかも4ドアセダンの1/43ミニカー化は貴重で、出来もなかなか良いので嬉しい存在です。ノーマルバージョンにご覧頂いているゴールドメタの他、グリーンメタ、レッド等のバリエーションが有り、海外の雑誌アイテム(?)でポリスカーバージョンも存在しています。ホンウェルではこの他、クラウンビクトリアのポリスカーハマーH2、シボレー・シルバラードやタホ、フォードFシリーズ等のピックアップやSUVを1/43で製品化しています。


2世代に渡るクライスラーセダンをご紹介しましたが、こうして見ると製品としては頑張って魅力的なクルマを作っていると思うのですが・・・。昨今の世界的な自動車販売の不振、原因は一体何処にあるのでしょうか?


ブランド売却の危機 Hongwell Hummer H2


Hongwell_h2_ft_2 Hongwell_h2_rr_2


↑細かい色差しや、もっちりとしたハイトの高いタイヤもなかなかグット。


今回は現代アメリカンSUVの雄、Hummer H2をご紹介したいと思います。・・・・・のっけから不景気なお話になってしまいますが、アメリカの自動車メーカー3社の経営不振は相当深刻なようで、フォードは欧州の高級ブランドをあらかた売却、GMはハマーを、クライスラーはバイパーを切り売りしようと考えているようです。果てはGMとクライスラーの合併話も現実味を帯びている昨今。(今日時点の最新ニュースでは交渉は暗礁に乗り上げた模様ですが・・・。)ハマーブランドにはインドのマヒンドラやロシアの資産家が興味を示しているとも伝えられており、自動車製造業界の栄枯盛衰を感じずには居られません。日本のメーカーも軒並み大幅減収減益で、他山の石と言っていられない状況になりつつあります。


Hongwell_h2_ft4_2 Hongwell_h2_rr4_2


↑別カラーを別の角度で・・・イエロー、シルバーの他、レッド・メタ、グレー・メタも有りました。


さて、AMゼネラル社からハマーブランドの使用権を取得したGMが、軍用車ハンヴィーの民生版であるオリジナルハマー=H1のイメージを取り込みつつ、自社のフルサイズピックアップ/SUVのコンポーネンツを活用して誕生させたのがH2です。したがってハブリダクションギア等、元々が軍用車であるH1の複雑な機構は用いていません。H1譲りのタフな外観に一般的なSUVの実用性・快適性を兼ね備え、リーズナブル(あくまでH1比)になった事で大ブレークしたのでした。販売開始は'02年の6月ですがモデルイヤーは'03からになるようです。SUV(スポーツ・ユーティリティー・ヴィークル)のH2に加え、SUT(スポーツ・ユーティリティー・トラック)のH2Tもラインナップされ、ミディアムクラスのピックアップ、シボレー・コロラド/GMCキャニオンをベースに更に一回り小さいH3シリーズも誕生しています。


Hongwell_h2_1 Hongwell_h2_2


↑サスがストロークしないのでリアルではありませんが・・・やっぱりこういうの似合います。


ミニカーはノレブからとても出来の良いモデルが発売されていますが、価格が高いので当方はお値打ち価格なホンウェル/カララマでガマン・・・・ガマン?・・・・・とんでもない・・・・・。コレはコレでとても良い出来です。手元に岩が有ったので派手に乗り上げさせてみましたが、下回りも中々頑張って作り込まれています。黄色のH2は映画”バッドボーイズ2”でジャッキー・チェンの”ポリス・ストーリー”ばり(パクリ?)のカーチェイスを見せていたのでその括りでご紹介しようかとも思いましたが、追いかけるランドローバーも持ってないし、あのシーンの再現は難しそうなので止めました。。。


今回、改めて箱に貼られた値札を見てのけぞってしまいました・・・・・¥840-。・・・・・¥840-でこの出来は驚愕に値すると思います。コレを見てしまうと1流ブランドの高額なミニカーって一体何?とフト思ってしまったり・・・。ミニカーの製造原価っていったい幾らぐらいのモノなんでしょうかね・・・。


Hongwell_h2_3


↑C6コルベットと大きさ比較・・・コルベットのルーフはH2のウエストラインの下・・・。この2台のミニカーの間には、5倍以上の価格差があるのです。。。


HONGWELL '95~'97 Ford Crown Victoria CHP

Hongwell_crownvic_chp_ft1_2 Hongwell_crownvic_chp_rr1


GMのカプリースに続いては、ライバルのフォード・クラウン・ヴィクトリアをご紹介します。この世代のクラウン・ヴィクトリアはカプリースとほぼ同時期の'92年にモデルチェンジしました。当時のフォードは大ヒット作のトーラス/セーブルを中心に独特なエアロダイナミックデザインを売り物にしており、クラウン・ヴィクトリアも角張った先代モデルから丸いルーフやグリルレスのエアロボディに生まれ変わりました・・・が、さすがにこのクラスでグリルレスは不評だったのか、翌'93年にメッキのグリルを与えらえれ、'95年にはテールランプが横長のデザインに変更されました。メカニズムは古き良きアメリカン・フルサイズの伝統、独立したフレームの後輪駆動レイアウトでしたが、エンジンは新開発のSOHC 4.6L V8エンジンを搭載していました。


ミニカーはホンウェル製で、後期型にあたる'95~'97をモデル化しています。安価な製品ながらなかなか良い出来で、ややオーバースケールながらベクタータイプと呼ばれる独特のライトバーや、フロントドアとルーフの上面のみをホワイトに塗り分けるCHPの最新カラーリングをしっかり再現しています。ラジエーターグリルやホイールキャップのフォードのブルー・オーバル・エンブレムも鮮やかに表現されています。この金型はCHPの他、NYPD(ニューヨーク市警察)をはじめ何種類かのバリエーションが発売されていますが、CHP内でも何種類かのバリエーションが見られます。当方の知る限り上のモデルを含め4種類ほど仕様違いが有りますので簡単にご紹介します。


Hongwell_crownvic_chp_ft2 Hongwell_crownvic_chp_rr2 


先ずは上のモデルとおなじCHP最新カラーリングながら、インテリアカラーがブラックのモデル。CHPの場合、内装はベージュというイメージがあるのですが・・・。


Hongwell_crownvic_chp_ft4_2 Hongwell_crownvic_chp_rr4


続いてはルーフがピラーまでホワイトに塗られたモデル。この時代でこのカラーリングが有ったのかどうかはよく判りません。インテリアは”らしい”ベージュ


Hongwell_crownvic_chp_ft3 Hongwell_crownvic_chp_rr3


最後は同じくピラーまでホワイトながらエンジンフード中央にブルーのサークルが描かれたモデル。リアフェンダーの"Safety and Service"の標記がなく、後部の"HIGHWAY PATROL"の標記もトランクリッドではなくバンパーに描かれています。こういう仕様が実在したのかは謎です。こちらもインテリアはベージュです。


Hongwell_crownvic_chp1


この世代のクラウン・ヴィクトリア、前期型('92)、中期型('93~'94)がCHP,LAPD仕様で大挙して映画”60セカンズ”(原題;GONE IN 60 SECONDS)に出演していました。上の画像のシェルビーGTは'68年型で劇中の'67年型モディファイ版GT500E(エレノア)ではない”なんちゃって”仕様ですが、それっぽい雰囲気にしてみました。エレノア、1/43のモデルが欲しいです。。。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06