1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

本当のオモチャ!?~REALTOY FORD CROWN VICTORIA NYC TAXI

さて、タクシー特集第2段は前回に引き続きクラウンビクトリアのイエローキャブです。尚、先回の記事にお友達の覆面えるさんから”ニッポンのタクシー”のミニカーで勝手連を頂きましたので、コチラ記事で無理やり勝手連返しであります(笑)。


Realtoy_crown_vic_nyc1


↑タクシー乗り場の標識が付属しているのが当方的にはポイント高し(笑)。フロントドアとトランクが開閉します。リアドアが開くともっと楽しいんですけどね・・・。


今回ご紹介するのは日本ではトイザらスオリジナルブランド、”ファストレーン”シリーズの製造元としてお馴染みのリアルトイ製クラウンヴィック・イエローキャブです。ファストレーンブランドで売られているリアルトイのミニカーは3インチサイズですが、このクラウンヴィックは概ね1/43スケール。海外調達したものですがご覧のようなブリスターパックに入っており、そこはかとなくトイカーライクな雰囲気を醸し出しております。先回のイクソ製はバンパーがシルバーに塗られていましたが、コチラはボディ同色のイエローで最近の多数派カラースキームではないかと思います。また、最近はドアの表記等がこのモデルのようになっている物もあるようです。以前よりちょっと可愛い感じがしますね(笑)。


Realtoy_crown_vic_nyc2


↑言わなければ画像では1/43と判らないブリスターパック入り・・・イエローキャブ意外にもFDNYの消防司令車やNYPDのポリスカー仕様もあります。タクシーはズバリ"N.Y.C. TAXI CAB & SIGN SET”。


ボディのプロポーションはまずまず。各部の肉が厚いきらいはありますが、変なディフォルメやクセはありません。強いて言うなら実車の伸びやかさがちょぴり足りないと言うか、ボディが少しだけ上下に厚い(車高が高い)ように思います。ドアとトランクが開閉しますが、これはやはりどちらかと言えば子供達が「タクシーごっこ」をして遊ぶ事を考慮してのように思われます。パッケージの雰囲気的にはちょっとしたNY観光土産的なノリも有るのかもしれません。開いたドアからは作りこまれた室内が・・・・・・・・・


Realtoy_crown_vic_nyc_ft1_3 Realtoy_crown_vic_nyc_rr1_2


↑スケールモデルとトイカーの境界線上にあるような微妙なモデル。各部の表記はNYのイエローキャブとしては最新のタイプではないかと思います。


・・・・・普段の当ブログなら、ここで後席部分を占拠するプルバックモーターを発見する所なのですが、残念ながら(笑)今回はさにあらず。プルバックモーターは装備されず、ちゃんとリアシートがモールドされているのでした。当然床板にも無粋な出っ張りはなく、排気管やドライブシャフト等がくっきりモールドされています”出来の良いトイカー”か?と問われると、そうであるような無いような、トイカーとスケールモデルカーの中間のような微妙な線を行っているように思います。


Realtoy_crown_vic_nyc3


●徹底検証!アメリカ車は本当にデカイのか?


さて、アメリカ車好きな当方が気になるアメ車批判として”馬鹿デカイ”とか”ガス喰い虫”といったフレーズがいまだによく使われる事があります。が、ホントにそうなんでしょうか!?アバウトとは言え一応統一スケールである1/43ミニカーを使って、ちょっと日本のタクシーと比べてみましょう(笑)。


Realtoy_crown_vic_nyc4


先ずはコチラもデビュー10年を超えるベテラン。グッドデザイン賞のロングライフデザイン賞も受賞し、今や”ニッポンのタクシー”を代表する存在のクラウンコンフォートと比較。・・・・・・う~ん。やっぱりだいぶ大きいですね。。。(笑)   ※位置は車両後端で合わせています。


Realtoy_crown_vic_nyc5


じゃあ、ちょっと反則技で日産シーマの個人タクシーと較べたらどうだっ!・・・・・・・・・・・・・・・・・・う~~~ん。。。やっぱりちょっと大きいですね(笑)。


とは言えその昔からすれば随分小型化されているし、燃費にしてもCAFE燃費規制(メーカ全車種の平均燃費が一定基準を割った場合罰金が科される)があるため昔のようにガソリンを垂れ流すようなクルマは少なくなっています。クライスラー300等、低負荷走行時の気筒休止システムを採用して同クラスの日本車や欧州車と同等、もしくはそれ以上の低燃費を実現しているクルマもあるのです。このクラウンビクトリアでさえ先回記したようにE85対応のエンジンを搭載して環境負荷を減らす努力をしているのですから、古の”アメ車”の概念とは随分変わって来ているとのだという事を知って頂けたらな~と思います。


Ixo_crown_comfort_taxi_ft Ixo_crown_comfort_taxi_rr Kyosho_nissan_cima_taxi_ft Kyosho_nissan_cima_taxi_rr


↑クラウン・コンフォート大和交通仕様はディアゴスティーニの書店アイテム、”世界のタクシーコレクション”の1台で製造元はイクソ。シーマの東京都個人タクシー協同組合(通称デンデンムシ)仕様は京商Jコレクション。実際個人タクシーにはこう言うゴージャスなクルマも存在しますよね。(画像はクリックでちょっと拡大します。)


スポンサーサイト
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06