1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

特集:ジープの系譜 ~軍用車としての誕生 Shuco Junior Line JEEP CJ-2A(商品名まま)

さて、特集の始まりはルーツとも言うべきこのモデルのご紹介です。

Schuco_MB_Jeep_01.jpg

クロスカントリータイプの本格的4輪駆動車を指して”ジープタイプ車”などと呼称するように、JEEPという単語は固有名詞を超えたオフロード4WDの代名詞といった感がありますが、その誕生はいわずもがなの軍用車としてでした。1940年、アメリカ陸軍はキューベル・ワーゲンなどドイツの軍用車両群に対抗する小型軍用車両の入札を行いました。これに唯一応える事が出来たのは弱小メーカーであるバンタム社のみ。しかし、極めて短期間で製作されたプロトタイプ車の性能は優秀で、アメリカ陸軍はその設計をフォードとウイリス・オーバーランド社に公開して再度3社に開発を推進させました。結果的に生産能力に優れるフォード社からGPW、ウイリスオーバーランド社からMBとして大量生産され、続々と戦地に送り込まれる事になりました。一方、機動力に優れたジープの原型を造り上げたバンタム社は戦後倒産。戦時で大量供給が必要だったとは言え、何とも酷い話にも思えます。

Schuco_MB_Jeep_03.jpg

Schuco_MB_Jeep_04.jpg
↑シンプルで実用的なデザインは軍用車という生い立ちからすれば当然とも言えるもの。機能を突き詰めたその姿からは、道具としての機能美と共にメカ的カッコ良さも感じられます。

日本でもおなじみのTVシリーズ、”コンバット”や”ラットパトロール”をはじめ幾多の戦争映画でも大活躍しているジープ。車両の基本構成は、独立したラダーフレームにリーフスプリングでリジッドアクスルを懸架。トランスファーを介して前後の車輪を駆動する4輪駆動方式は、その後のオフロード車の基礎とも言えるレイアウトです。ドアすらないシンプル極まりないオープンタイプの小型・軽量ボディで取り回しに優れ、戦場でも大いに威力を発揮しますが、戦後はCJ型(シビリアン・ジープ)として民生用に転用されレジャービークルとして発展してゆく事になります。

Schuco_MB_Jeep_05.jpg

Schuco_MB_Jeep_06.jpg
↑外径の小さなヘッドランプ、縦スリットのラジエターグリルが9本あるのが後の民生版CJシリーズとの大きな相違点でしょうか。CJは3-Bでのエンジン変更に伴い、エンジンフードも高くなります。

今回ご紹介するミニカーはシュコー・ジュニアライン名義の製品ですが、このシリーズの他のモデルに照らし合わせると、ホンウェル製のOEMであろうと思われます。(当方ホンウェル版を未入手のため推測です)低いエンジンフードに小さなヘッドランプ、9本の縦スリットラジエターグリル、アメリカ陸軍の表記も入り、スコップやら無線アンテナなども装備したミリタリールックでどう見ても軍用のMB型にしか見えないのですが、ボックスの表記は民生用を示すCJ-2Aとなっています。ホンウェル、シュコージュニアラインのモデルを画像検索してみても、あからさまな民生仕様のバリエーションは見当たらないようでしたので、単純に考証の間違いという気もするのですが・・・或いは当方の認識が間違っているでしょうか?

Schuco_MB_Jeep_07.jpg
↑ラダーフレームや4輪駆動システムなどメカニズムも手際良く立体的に再現されています。価格を考えるとなかなかに頑張っている感じがします。

Schuco_MB_Jeep_08.jpg
↑シンプルな紙製のウインドウボックスに収まって、お値打ちの¥1,100-也。その仕上がりからすれば十二分の製品と思います。

さて、そうは言ってもこのモデル、なかなか良い仕上がりを見せています。フロントウインドウスクリーンは実車同様に前方に倒す事が出来ますし、先述の通りスコップやら無線アンテナを装備。定番のスペアタイヤとジェリ缶もしっかり背負ってます。そして素晴らしいのが床下の表現。独立式のラダーフレームやリーフスプリング、エンジンやデフ、排気系などが少ないパーツ構成ながら立体的に再現されています。紙製の外箱には当方が購入した時の値札がついたままになっていますが、そのお値段¥1,100-也。・・・正直このお値段でこの仕上がりなら立派。昨今のミニカー価格の高騰を考えると、頑張ってるな~という感じがします。最近日本ではあまり見掛けない気がするホンウェル/カララマのミニカーですが、果たして新製品はリリースされているのでしょうか?

Schuco_MB_Jeep_02.jpg
スポンサーサイト

特集:ジープの系譜 ~ウィリスジープからラングラーまで。

年始のダッジ・チャレンジャー・プチ特集に続き、今は同じFCA(フィアット・クライスラー・オートモビルの製品となっているジープ・ラングラー。その系譜を軍用車であるジープまで遡ってご紹介してみようと思います。

JEEP_01.jpg

2017年末のLAオートショーでジープ・ラングラーの新型モデル”JL"型が発表になりました。独立したフレーム構造やリジットサスペンションを継承し、外観的には「フェイスリフト?」とさえ思えるくらいキープコンセプトな新型ですが、アルミやマグネシウムを使用して軽量化されたボディ、フルタイム4WD仕様の設定やダウンサイズターボエンジンの採用など、その中身は大幅な進歩を遂げているようです。今回は軍用車として誕生したウィリス・ジープから、民生用に生まれ変わったCJシリーズ、直系の子孫というべきラングラーの先代モデルまでを、1/43モデルカーで辿ってみたいと思います。当方の手持ちではその全てを網羅することは出来ませんが、新旧モデルを活用して次回からお送りしたいと思います。

クリスマス恒例 2017年入手品 私的ベスト3モデル 前編

当ブログのクリスマス恒例ネタ、今年も行きます。前編は3位と2位のモデルをご紹介。

2017_Christmas_01.jpg

ミニカーの世界にはクリスマスに因んだ製品が多々あり、当方も過去にそうしたモデルをご紹介した事があります。・・・ですがミニカーの価格も高騰している昨今、ブログのネタのためにそれらを購入する事はままならないし、そもそもの当ブログの趣旨とも合いません。なので数年前から、その年に入手したモデルの中から完全なる個人的主観で選ぶベストモデルをご紹介するようになりました。今年も同じパターンで行ってみたいと思います。前編の今回は3位と2位の発表です。

●第3位 NEO '70 PONTIAC GTO THE JUDGE

NEO_70_GTO_01.jpg

NEO_70_GTO_02.jpg
↑車種選定、プロポーション、フィニッシュ、全てにネオらしい良さが出ています。ウインドウ周りの品質も比較的安定しているように思います。

第3位はネオの'70ポンティアックGTO”ザ・ジャッジ”です。チョイスした車種の年式やトリムレベル、プロポーション&フィニッシュ共に素晴らしいと思います。アイボリーホワイトのボディカラーやストライプも実車の雰囲気を盛り上げていて非常に見応えのあるモデルです。ネオの製品も車種によってはプロポーションが微妙だったりしますが、このモデルは文句なし。難点は以前に比べて価格が高額になってしまった事。絞りに絞った車種しか買えなくなってしまいました。。。

●第2位 SOLIDO DE TOMASO MANGUSTA

Solido_Mangusta_01.jpg

Solido_Mangusta_02.jpg

Solido_Mangusta_03.jpg
↑かっちりとしたシャープなライン、優美かつセクシーな曲面、そして破綻のない各部開閉機構。往年のソリドらしい名作と思います。入手出来て良かった!!

第2位は往年のソリド製の名作、アメリカ系イタリアン、デ・トマソ マングスタです。このモデルは以前からずっと入手したいと思っていたのですが、ようやく念願が叶いました。美しい塗装や造りこまれたディテールも大切ですが、個人的にはミニカーの本質はそこではないと気付かせてくれる逸品だと思います。かっちりとしたシャープなラインとセクシーな曲面はミニチャンプス以上かも・・・。また旧い製品でありながら、エンジンカウルやドア開閉を破綻なくまとめている点も素晴らしいです。シャシーが分離できるコーギー製など、マングスタの1/43は傑作が多いです。

2017_Christmas_02.jpg


↑クリスマスの美しき名曲、”Have Yourself A Merry Little Christmas、今年はサム・スミスバージョンでどうぞ・・・。

・・・という事で2017年入手品 私的ベスト3モデル 前編、3位はネオのポンティアックGTO”ザ・ジャッジ”、2位はソリド製デ・トマソ マングスタに決定。ちなみに当ブログの画像ではマングスタの表記をイタリア語の”Mangusta”としましたが、ミニカーの表記はフランス語の”Mangouste”です。英語だと”Mongoose”=マングースとなりますが、流石にこれはピンと来ませんね・・・。と、言う事で次回は今年最後の更新、輝ける(!?)2017年入手品 私的ベストワンの発表です。

ミニカー・コラム・シフトVol.17; 来年は午年、マスタング50周年、そして新型は・・・!?

ハロウィーンも終わったので、次の記事までの間にホットな話題を・・・。


Mustang_01


↑初代マスタングのデビューは’64年の4月17日。年間50万台を超える大ヒット作となりました。


Mustang_08


↑オリジナルから少しマッチョになった’67~'68。この世代はやっぱり”ブリット”によって、そのカッコ良さを強烈に印象付けられました。


早いもので今年も残す所2カ月となってしまいました。そろそろ年賀状の絵柄なぞ考えなければならない時期ですが、来年は午年(うまどし)、そしてマスタングがめでたく誕生50周年を迎えます。いや~、マスタングのアニバーサリーがイヤー・オブ・ホースとは本当に喜ばしい。来年のデトロイトショーではこの記念すべき年に、2015年モデルとして次期マスタングが発表される可能性が高いと言われてます。


Mustang_03


↑’69~’70には独特な魅力があります。この年代が最も好きという人も多いですね。


Mustang_04


↑日本では人気の高い'71~'73、本国では当時はあまり売れなかったのだとか・・・。でもやっぱりカッコ良いです。


当方も次期マスタングのスタイリング動向を期待と不安を抱きながら見守っています。ここに来て米本国のCAR AND DRIVER誌のウエブサイト上に、「まあ、概ねこんな感じだよ」という見出しと共にスクープ画像が掲載されました。3D CADデータのCGレンダリングのようですが、ご丁寧な事に360°ビューになっています。うまく機能しない場合もありますが、興味がおあり方はコチラへどうぞ。静止画像はコチラあたりが良いかと思います。


Mustang_05


↑'74MYにデビューしたマスタングⅡ、小さいけれどマスタングらしいカタチで好きでした。


Mustang_06


↑’79年、この世代がデビューした時は正直、「終わった」と思ったものでした。・・・でも今となってはこの世代も捨て難い。いいんです、マスタングだから。


Mustang_07


↑この世代も最初は余り好きになれなかったのですが・・・コブラが登場してから良いな~と思ったのです。マスタングファンだから・・・。


画像を見た当方の正直な感想は「・・・う~ん、、微妙。」という感じでした。全体的にはやはりコンセプトカーEVOSの影響が強く感じられ、顔付きなどはマスタングらしさを残しつつ最近のフォード車に共通のアイデンティティが表現されています。・・・無難にまとまっているとも言えますが、アメリカ車臭さはちょっと薄れてしまったような・・・問題はカー・アンド・ドライバーの画像がどの位正確なのかと言う事です。実車はCGよりも更にカッコ良い仕上がりになっている事を期待したいです。


Mustang_02_2


↑最初は後ろ向きなコンセプトだな~と好きになれなかった'05~モデル、でも、大好きになるのに大して時間は掛かりませんでした。マスタング以外の何物でもないですねこのカタチは。


Mustang_09


↑現行車となる’10~モデル。現在のフォード乗用車のなかではアメリカ車らしさを一番感じさせるクルマだと思います。次世代は果たしてどうなるのか・・・。


などと言っていますが現行世代のマスタングがデビューした時も当方は割と冷ややかに見ていました。でも今は・・・。きっと、次世代のマスタングもそれほど時間を置かずに大好きになってしまうに違いありません。それで良いのです。マスタングファンはマスタングという名前と、走る馬のマークがある限りそれを支持し続けるのだ!!


・・・あ、ついでですが当方は午年生まれ、来年は年男です。歳がバレますね・・・36歳です。(大ウソ/笑)


願いは叶う!! ~Schuco ProR '13 Mustang Boss 302

@△@!@△@!@△@!></></></♪♪♪###!!!!!!!!!・・・・・


Schuco_13_boss_302_01


↑冒頭部分、文字化けしている訳ではありません。言葉にならない当方の歓喜の雄叫びであります(笑)。少し前にスパークの'11マスタングFR500 GT-3スパ24時間仕様をご紹介した際、ノーマルの現行マスタングも是非にと願ったのですが・・・。「求めよ、されば与えられん。」いつもの如く海外オクを徘徊していた当方、それを見つけた瞬間は思わず我が目を疑いました。「Schuco ProR Ford Mustang Boss302 2013 1:43」・・・「ウソッ!!」・・・ 「マジで!?」・・・「@△@!@△@!@△@!></></></♪♪♪###!!!!!!!!!


Schuco_13_boss_302_02


Schuco_13_boss_302_03

↑コチラはSchool Bus Yellowのボディカラー、BOSSらしい感じです。


Schuco_13_boss_302_04


Schuco_13_boss_302_05

↑コチラはGotta Have It Greenと言うボディカラー。昔とはちょっと違いますが、やはり”らしい”カラーです。


当方の願っていた物は思ったよりも早く、そして思いがけずドイツからもたらされる事となりました。見紛う事なき現状最新の2013モデル!それもある意味特別な存在であるシェルビーGTの名を冠さない生粋のフォード・マスタング!!そしてその中でも最高峰とも言うべき、ボス302であります!!!


Schuco_13_boss_302_06

↑’70年型BOSS 302を彷彿とさせるストライプもカッコ良い。


いや~~~~~~~~~もう、最高!!感動の嵐です。現行マスタングは初代のDNAを色濃く受け継いで’05モデルイヤーにデビュー。10MYにボディ外板の大部分を刷新するフェイスリフトを受けて今日に至ります。そして’69年からTrans Amレースを闘い、’70年にシリーズチャンピオンとなった伝説のグレード、ボス302が復活したのは’12MYから。


Schuco_13_boss_302_07

↑黄色というかオレンジ色というかの2台。パーネリー・ジョーンズのドライブでSCCA Trans-Amレースのシリーズチャンピオンに輝いた’70(スパーク)と'13モデル。


Schuco_13_boss_302_08

↑グリーンメタリックの2台。’70の方は往年のマテル ホットホイール グラントロス。


エンジンはGTの302cu.in.(5リッター)V8 32バルブDOHCをベースに、吸排気系などメカニカルチューンのみで440hpを発生。スーパーチャージャーなど過給機に頼らない所がストイックでまた良し!です。そしてこの伝統のカラーリングと’70年型を彷彿とさせるストライプには・・・もう、言葉は必要ありません。(嘆息)


Schuco_13_boss_302_09


Schuco_13_boss_302_10


Schuco_13_boss_302_11


Schuco_13_boss_302_12

↑う~~ん、カッコ良い。嬉しいので画像多めです(笑)。


モデルはシュコーのレジン完成品ライン、ProRシリーズの製品です。現行マスタングのフォルムをシャープかつダイナミックに再現、ホイールやインテリアなどディテールもファインで嬉しくなってしまいます。一見した作風はスパークなどMINIMAX製品に似ているように思いますが、ケースには製造元の表記はありませんでした。嗚呼、夢にまで見た現行マスタングの1/43モデル!!シュコー様、お有難うございます~。


Schuco_13_boss_302_13
 

・・・すみません、、余りの嬉しさに今週末は壊れ気味の当方であります。。。


残暑にぴったり!?~Schuco Junior Line Peterbilt Model 377

さて、再びピータービルトのクラス8ですが、今回はちょっとだけ古め、'80s~'90sの香りのする車種をご紹介します。


Schuco_peterbilt_377_1


↑Roads on Fire!う~ん熱い!(暑苦しい/笑)フレームス塗装のピータービルト377と'59エルカミーノ。アイスクリームトラックと打って変わって、色も暑苦しくしてみました。


相変わらず厳しい暑さが続いていますね。さて、今回ご紹介するのはそんな残暑にうってつけ(?)のフレイムスカラーに身を包んだ1台。・・・ピータービルトなので、かのオプティマス・プライムではありません(笑)。ピータービルト377は'80年代の後半から2000年代初頭位まで製造されていたモデルのようです。全幅に対して狭幅のキャブ、平面ガラス2枚構成のフロントウインドーシールド、切り立ったラジエターグリルに水平なエンジンフード等基本骨格はそれ以前の古いモデルと似ており、僅かにスラントした異型角型のヘッドランプやスリーパーと一体化した派手なエアデフレクター等、最新モデルとクラシックなモデルの中間的なスタイルをしています。


Schuco_peterbilt_377_2


Schuco_peterbilt_377_3


↑”燃える道路”(笑)トレーラーが長すぎて曲げないと拡張した撮影ブースにも収まりませんでした。。。フレームス仲間の'59エルカミーノはロードチャンプス製。


キャビン部分を車体幅一杯まで拡大し、居住性を改善した最新設計モデルに対し、パッケージレイアウト的には従来モデルと大きく変わらず、外観はノーズやデフレクター部分を最新トレンドに合わせたような車種は、現在でもピータービルトのモデル386/384、ケンワースT660、フレートライナーCenturyColumbia、インターナショナルProStar、マックPinnacie等々、各社がラインナップしています。ひょっとしたら最新のモデルより価格設定が低いなど廉価版的な位置付けなのかもしれませんね。


Schuco_peterbilt_377_4_2


Schuco_peterbilt_377_5_2


↑トラクターヘッドはラダ―フレームシャシーまでダイキャストでずっしりとした重さ。やっぱり手にした時の嬉しさが違います(笑)。


ミニカーはシュコーの廉価版シリーズ、ジュニアラインの製品ですが、ひょっとしたら製造はホンウェルかもしれません。ニューレイほどの爆安ではありませんが、コチラも価格的にはさほど高いものではなかったと思います。ニューレイ製品と異なり、トラクターヘッドはシャシーまでダイキャスト製でずっしりと重い仕上がり。エンジンフードもチルトします。中々良い出来で、クラシックでもなく最新のエアロデザインでもない'80~'90年代のトラクターヘッドを製品化してくれた事はとても有難いです。


Schuco_peterbilt_377_6


↑エンジンフードがチルトするのも嬉しい所。内部のエンジンの作り込みもなかなかの物で、この辺りは高価なエリゴール製以上かも・・・。


Schuco_peterbilt_377_7


↑反面、トレーラーはプラ製で軽~いです。エリゴール製もプラですが内部にウエイトが仕込んであって重いのです。この辺りは各社一長一短です。


全身フレームス塗装に身を包んだトラクターヘッド、トランスフォーマーのオプティマス・プライムならずともこうしたカラーリングの車両は多々存在するようです。・・・が、コレはコレとして、やはりもう少し働くクルマ然としたカラーリングのモデルも欲しくなります。作り込みはがんばっていますので、もう少し地味でも十分見栄えが良いのではないでしょうか。カラーバリエーションがこれだけだったと言う事はまずあり得ないと思うので、いつの日か別バリエーションも入手したいなあと思っています。


Rc_59_el_camino_ft


Rc_59_el_camino_rr_2


↑同じクルマでもカラーリングで大きく雰囲気が変わる物ですね。


・・・ついでと言っては何ですが、もう1台のフレームス'59エルカミーノもご紹介しておきましょう。コチラは当ブログ開設当初に1度ご紹介しているロードチャンプス製の別カラーバリエーションで、少し前にご紹介したアイスクリームトラックと同じ”クラッシックシーンズ”シリーズの製品です。・・・と言っても今回はケースに特別なオマケが付属している訳ではなく、荷台に荷物を積んだ事をもって、”シーン”と銘打っているようです。カリフォルニア辺りのチューニングショップの営業車風?派手なボディカラーだけでなく、ノーマル仕様に対してタイヤもレッドラインに換えてある等、なかなか芸の細かい所を見せていて良い雰囲気です。


・・・残暑厳しき折、暑苦しいネタで大変失礼致しました。。。


シュコー時々ウェリー??? '05 Mustang GT

さて、ixo Junior に続いてお手頃価格のマスタングをもう1台。こちらもジュニア、Schuco JUNIOR LINEシリーズの1台です。なかなかに良い出来で、さすがはドイツの老舗ブランド・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、思いきや!?


Schuco_05_mustang_ft Schuco_05_mustang_rr


どうです?このモデル、1/43スケールでお値段は¥1,500-そこそこ。ランプ類にはメッキやクリアパーツが奢られ、ドアミラーにはメタリックシールまで貼り込まれています。プロポーションも上々、フロント廻りの印象把握も悪くありません。そこはかとなくチープな雰囲気が漂ってしまいますが、ミニチャンプスやオートアートの半分以下のお値段では文句なんか言えません。他社で製品化されていない鮮やかなイエローのボディカラーも良いですし、何より往年のアメリカンレーシング製のそれを思わせるデザインのアルミホイールは、個人的にはこのマスタングにベストマッチだと思います。


「う~むシュコーも高いミニカーを販売する傍ら、低価格モデルも頑張ってるな~。」などとミニカーを愛でつつ、ヒョイと裏返してみると・・・。床板に"WELLY"  Made in Chinaの文字が躍っているではありませんか! よくよく箱を見返してみると、"MANUFACTURED BY WELLY DIE CASTING FACTORY LTD."とあります。以前同じシュコージュニアラインの初代マスタングをご紹介した時は、同シリーズの多くのモデルがホンウェル製だったのでマスタングもそうじゃないかと推測したのですが・・・その後供給元がウェリーに代わっていたのですね。。。ここまであからさまにOEM供給元が明示されていると、かえって楽しくなって来ちゃいます。(笑)


Schuco_05_mustang_2_2 Schuco_05_mustang_1_3   


それにつけても恐るべしはウェリーの実力。この低価格でこの出来は'05マスタングに限って言えばixoのそれを凌駕していると言えるのではないでしょうか?。パーツ構成もなかなか独創的で、フロント廻りはバンパー、ヘッドランプレンズ部を透明樹脂で一体成型しておいて、ヘッドランプ部を残して塗装するという手法を採っています。メッキのヘッドランプパーツのベゼル部分を黒塗装して組み合わせる事で、少ない部品点数でリアルな顔周りを実現しています。ちょっと前にご紹介したクラウン・ヴィクトリアのポリスカーといい、近頃すっかりウェリーファンな私です(笑)。 この調子で1/43アメリカ車を、低価格でどんどん製品化して欲しいものです。


Schuco_05_mustang_3


Schuco '65 Mustang Conv.

Schuco_65conv_ft


Schuco_65conv_rr


シュコーの低価格シリーズ”ジュニアライン”の'65コンバチです。1500円でおつりが来るぐらいの廉価モデルですが、出来はどうして中々です。同シリーズの多くのモデルがホンウェルからのOEM(相手先ブランド供給)のため、或いはこのモデルもそうなのかもしれません。箱には年式が表記されていませんが、床板に"FORD MUSTANG CABRIO 1965"とありました。

写真では判りにくいと思いますが、インテリア、別パーツの排気管等結構頑張った造りになっています。マスタング独特のヘッドランプベゼルの造形が浅いのと、フロントウインドウの上辺がやたら直線的なのがちょっと残念な所です。トレッドも古いクルマにしては広すぎるかもしれません。とはいえ価格を考えれば上々な内容の製品だと思います。
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728 02