FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

発表、2018年私的購入品ベストワン!!

いよいよ今年ラストのアップです。

THUNDERBIRD_00.jpg

・・・という事で2018年ラストを飾るのは、今年購入したモデルから世の中の評価やトレンドとは全く無関係に選ぶ”私的購入品ベストワン”の発表であります。先週ネタバラシしたように”車種”はサンダーバードです。それでは出し惜しみで各部のディテールからご紹介して行きましょう。下の方の全体像を見ずにどのブランドのモデルか当ててみて下さい。

THUNDERBIRD_01.jpg

旧いアメリカ車らしい派手なグリーンのツートーンボディに、50年代から60年代に掛けてフォードのアイデンティティであった丸いテールランプ。色は何故か白で成型されています。ここはやっぱり赤く色差しして欲しかった部分。

THUNDERBIRD_02.jpg

エンジンフードには黒い紙シールが貼られています。旧いミニカーにはよくある処理ですが、そこには謎のグラフィックが!?
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???

 
 
・・・すみません。1年の最後に大ウソをつきました。。。
 
 

今年の私的購入モデルベストワン、実はクルマじゃないのです。

 





 
上の画像で既にお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが・・・。
サンダーバードはサンダーバードでも、米国のフォードではなく英国の国際救助隊の方であります。。。しかもモデルは日本製。


THUNDERBIRD_3.jpg

THUNDERBIRD_4.jpg

ポピニカ サンダーバード基地!!

いや~~~これ、子供の頃に所有していた唯一の合金系の玩具で超超超級のお気に入りだったのですが、引越しをした際に紛失してしまったままになっていたのです。以来、50を過ぎてもこのモデルへの想いは熾火の如く心の奥底に残っていたのですが、なにしろキャラクタートイの場合、良コンディションの箱付き完品だととんでもないお値段になっちゃうんで、入手は絶対に無理だな・・・と、そこは変な大人の分別というか(金銭的な)諦めがあったのでした。

THUNDERBIRD_5.jpg

THUNDERBIRD_6.jpg
↑基地には岩山の左右1箇所づつに隠し扉があって、メカを格納する事が出来ます。またメカは2箇所のカタパルトから発進させる事もできます。この辺りの秘密基地っぽさが子供心をワクワクさせます(笑)。

それがこの2018年、良い出会いに恵まれました。残念ながら箱はないのですが、基地本体は非常に良いコンディション。付属する各メカは1号~4号+ジェットモグラ(あえて昔流の表現にします)が各2機づつ、5号は折り曲げた金属棒と共に1機付属しており、モデルとしてはほぼパーフェクト、価格は箱付き完品相場からすれば半額以下かと思います。・・・それでも十二分に高価で逡巡したのですが、これを逃したら入手は永遠に不可能かも知れないと思い、意を決して清水の舞台から飛び降りてしまいました・・・。

THUNDERBIRD_08.jpg

THUNDERBIRD_09.jpg
↑指先に乗るくらいの小さな小さなサンダーバードメカ、カタパルト射出による紛失を考慮してか、5号以外はそれぞれ2機づつ付属していました。1号・5号のメッキはまあ良いとして、青い2号やメッキの4号は子供心に納得出来ませんでした。当時は各1機づつはプラカラーで筆塗りをしていたものでした・・・。

もうね、待ち焦がれた荷物を開封する際には手が震えましたよ。そして現れたのは子供の頃の記憶のままの、ずっしりと重い金属の塊。本来島であるはずのサンダーバード基地は、子ども向けの玩具として移動要塞の如き姿へとアレンジされています。全体のレイアウトも本来のものとは異なりますが、岩山が開いて格納庫が現れるなど秘密基地感が横溢で子供心を熱くしてくれたものでした。(垂直離着陸するサンダーバードメカにカタパルトは不要だろ!というツッコミはなしで/笑)何より手のひら程のサイズの中に憧れのトレーシーアイランドが凝縮された姿は、イマイ/アオシマ製プラモデルのサンダーバード秘密基地とはまた違った、ミニチュア好きの心をくすぐる魅力があります。

少年時代の宝物との数十年ぶりの邂逅。モデルコレクターとして、今年1年これに勝る喜びはありませんでした。アメリカ車ミニカー主体の当ブログ、そういう事で今年のナンバーワンはSFメカですがお許し下さい・・・。

THUNDERBIRD_07.jpg
↑入手品は残念ながら箱が失われていましたが、モデルのコンディションは非常に良く、付属メカも欠品なしという素晴らしいものでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

AutoCult_Mustang_Milano_01.jpg

AutoCult_Mustang_Milano_02.jpg

・・・という事で、意外な形で2018年のブログを終えようと思っていたのですが、最後の最後に凄いモデルが届いちゃいました。オートカルトの製品としてはJEEP FC150に続く2台目の購入品、'70 FORD MASTANG MILANO CONCEPTであります。本来であれば文句なしに第1位級の嬉しいモデルなのですが、既にサンダーバード基地の1位が確定した後だったので。。。う~ん・・・こちらは特別賞という事にして来年じっくりご紹介したいと思います。今年後半はすっかりサボり気味だった当ブログですが、最後はアメリカ車ミニカーブログらしい形で締めて(無理あり/笑)年内の更新はこれにて終了とさせて頂きます。1年間お付き合い頂きまして有難うございました。皆様、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

バニシングin60、トリロジー・コンプリートBOX Blu-Ray届く!!

すみません。'60年代のステーションワゴン特集、いきなり1回お休みです。。。


H_b_halicki_1


以前ご紹介したバニシングin60単品DVD/Blu-Ray、更にジャンクマン、バニシングin60デッドライン、及び撮影中の事故によりH・Bハリッキー自身が他界してしまった事から幻の作品となってしまったバニシングin60 Ⅱの撮影済みシーンを収めたBlu-Rayコンプリート・トリロジーBOX が無事発売され、当方の手元にも届きました。


H_b_halicki_2 H_b_halicki_3


↑バニシングin60単品はBlu-Ray, DVDで発売、コンプリートボックスはBlu-Rayのみ、数量限定発売だそうです。どちらもジャケットは日本劇場公開時のパンフレットの絵柄が使用されています(感涙。。。)・・・そう、当方は単品・セット両方を買ったバカ者です。H. B.ハリッキーファンとしてはこれぐらいの事は・・・DVDも欲しいかも(←大バカ)


パッケージジャケットは嬉しい事に、日本劇場公開時のパンフレットやポスターで使用されたイラストが使用されています。いや~もう、最高です。ファンの心理しっかり掴んだマーケティング、素晴らしいと思います。映像の画質は元が元だけに、DVDでも充分だったのでは・・・という気もしますが、ともあれ再び新品ソフトが買えるようになった事は喜ばしいです。いやはや(株)ハピネット様、本当にお有難うございました~。


H_b_halicki_4 H_b_halicki_5


↑トリロジー・コンプリートボックスの方は1巻ずつ別ケースになっているのではなく、ご覧のようなアウターケース&インナーケースに4枚のディスクが収まっている仕様。アウターボックスはアメリカ本国版に似ていますが、インナーはご覧の通り!ディスクもピクチャー仕様でバニシングin60とジャンクマンは同じテイストで仕上げられています。


・・・そして、気になっていたバニシングin60とジャンクマンのTV放送版日本語吹き替えは・・・バニシングin60は最後の最後のシーン編集が差し替わってしまっているのがちょっぴり残念ですが、いや~嬉しいです。感涙モノです。あのセリフやあの曲、そしてこの曲も!!個人的には買って損のない物だったとだけ申し上げておきましょう!!


H_b_halicki_6


↑ダメ押しでボックスセットにはバニシングin60とジャンクマンの国内劇場版パンフレットの縮小版が同梱されています。いやはや、ファンには堪らない内容であります。


スクリーンを駆け抜けたクルマ達 ~ 祝!!バニシングin60 Blu-ray ソフト発売!!

今回は1/64cu.in.な当ブログであります(笑)。


Eleanor_01


●伝説の男H・Bハリッキー作品、DVD&ブルーレイ化!!


ミニカーと共にB級カーチェイスムービーが大好物な当方、新たなカーアクションムービーのDVD発売はないかとネットを徘徊していたら・・・なんと、バニシングin60のDVD & ブルーレイ、及びバニシングin60とジャンクマン、デッドライン、バニシングin60 2(撮影済カーチェイスシーンのみ)のブルーレイ4巻ボックスセットが発売されると言うではありませんか!!ハリッキー作品のDVDは当方も過去にご紹介した通り発売済ですが、既に絶版となっているようです。今回の発売元は(株)ハピネットさんで8月発売予定、これが単なる再販・ブルーレイ化だったら当方はスルーだったのですが・・・そこには更なる驚きが!!


Gone_in_60_seconds The_junkman_2



↑公開当時のパンフレット表紙より。この際なんで、ブルーレイのジャケもこの絵柄にしてくれると嬉しいのですが・・・。(画像処理で1部汚れやシワなどを修正しています。)


●TV放送版日本語吹き替え収録!!


バニシングin60については驚いた事に、TV放映時の日本語吹き替えが収録されているとの事。主演のH・Bハリッキー=メイドリアン・ペース役はあの中尾彬氏。ヒロイン、パンプキン役は北島マヤさん・・・etc.モノラルでの収録との事ですが、ここで物凄~く気になるのは、既発売のDVDでは版権等の関係で差し替えられていたサウンドトラックや、5.1chサラウンド化の為?に差し替えられていたエンジン音やパトカーのサイレン音などの効果音がどうなっているのかという点。こればかりは手元に届いてみないと分かりませんが、吹き替え版だけでも良いので是非ともオリジナル音源での収録をお願いしたい所です。尚、ボックスセットの「ジャンクマン」も日本語吹き替えを収録。こちらのハリッキーは佐々木功氏(現ささきいさお氏)となっていますが、わざわざ昔の名前で表記されているのは、やはり当時の吹き替えなのでしょうか!?ご存じの方がおられましたらご教授下さい。


Ixo_81_corvette_6 Automodello_briclin_sv1_01


↑ジャンクマン、デッドラインに登場したのと同型のC3コルベットとブルックリンSV1。共に当ブログで過去にご紹介済です。(本文中の赤文字・下線部のリンクからどうぞ)


ハリッキー作品絡みのクルマは当ブログでも過去に「ジャンクマン」でC3コルベット、「デッドライン」でブルックリンSV1をご紹介しています。バニシングin60の主役エレノア(当方は昔風にエレナーと呼びたい/笑)こと'73年型マスタング('71を'73風に改装した物だと言われています。このクルマをマッハ1とするか単なるスポーツルーフのクーペとするかは議論の分かれる所でしょう)の1/43モデルは、60セカンズの新エレノア共々劇中車仕様での製品化をグリーンライトがアナウンスしているようです。現状では「そういう計画もある」程度に捉えておくべきでしょうが、無事発売の暁には当方も絶対入手したいと思っているので、バニシングin60 & 60セカンズ特集はその折に・・・。本日は過去に発売された3インチサイズのジョニーライトニング、シェルビー・コレクティブルの新旧エレノアをご紹介しておきましょう。


Eleanor_02


Eleanor_03


H・Bハリッキーの快作、「バニシングin60」に登場した初代「エレナー」はジョニーライトニングの小スケールモデル。実車は351cu.in.ユニットを搭載した'71年型をベースに、ラジエターグリルを交換して'73風に改装されたらしいです・・・。


ハリッキー版・元祖「エレナー」はジョニーライトニングのHollywood on Wheelsシリーズの1台、同ブランドの'73年型マッハ1をベースに劇中車仕様に仕立てたもので、イエローとブラックの2トーンカラーやホイールなどを忠実に再現しています。マッハ1をベースにした事によるエンジンフードの違いが残念な所で、形状の違いを塗装&印刷で強引に誤魔化しているのが微笑ましいです(笑)。この辺りをより忠実に再現したモデルがレーシング・チャンピオンから発売されていましたが、残念ながら当方は未入手です。


Eleanor_04


Eleanor_05


↑シェルビーコレクティブルから発売された小スケールモデル、2代目「エレノア」こと'67シェルビーGT500E。


対するニコラス・ケイジ、60セカンズ版新エレノアはシェルビー・コレクティブル製。ドア・エンジンフードが開閉しエンジンの作り込みも精密な仕上がりの1台です。このシェルビーGT500-E仕様はヤトミンからも3インチスケールのモデルが発売され日本でも流通していましたが、仕上がりの割に価格が意外と高かったので残念ながら当方は未入手です。ヤトミンからは同じGT500-E仕様が1/431/24でも発売されています。


Hw_goodyear_blimp_1


Hw_goodyear_blimp_2


↑左側面は回転式で、尾翼をひねるとお馴染みのグッドイヤーロゴとホットホイールロゴが現れます。


さて、ハリッキー作品につきものと言えばグッドイヤーのブリンプ(飛行船)。バニシングin60にも登場しましたし、ジャンクマンのラストでは重要な役割を担っていました。作品にパーネリー・ジョーンズやジョージ・バリスが出演する等、ハリッキーと言う人は自動車業界に色々と顔が広かったようなのですが、映画の撮影に当たっては、グッドイヤーとも何らかのタイアップがあったのではないでしょうか・・・なので今回はホットホイールの"GOODYEAR BLIMP"を合わせてご紹介(笑)。本体のほとんどはプラ製でキャビン部分がかろうじてダイキャストのようです。左側面は回転式で、尾翼を回転するとホットホイールのロゴとグッドイヤーのロゴが交互に現れる楽しい仕様。右側面はグッドイヤーの定番カラーです。


Hw_goodyear_blimp_3


Hw_goodyear_blimp_4


↑右側面はグッドイヤー飛行船の定番カラー。左右で2つ(3つ?)の表情が楽しめます。


その他1/18では旧エレノアがアーテルから、新エレノアがシェルビー・コレクティブルから発売されています。この辺りはやはりGLの1/43モデルが発売になったら合わせてご紹介したいと思います。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03