1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

NOREV '05 Chevrolet Corvette Conv.

Norev_c6_corvette_4


前回のZ06に続きコンバーチブルのC6コルベットです。今でこそアメリカンスポーツの代名詞ともいえるコルベットですが、53年にデビューしたC1の初期モデルは、欧州のスポーツカーを意識したどちらかと言うと瀟洒で軽快なロードスターでした。('55年MYまでV8エンジンの設定もなかった。)以来、安全性の問題でオープンカーが造れなかった時期を除き、一貫してコンバーチブルをラインナップして来ましたが、最新のC6にもしっかりコンバーチブルが用意されています。ボディカラーのパネルで仕切られたドライバー席と助手席が初代モデルのイメージを上手く再現しているように思えます。(↑のC1最初期モデルはマッチボックス製です。)


Norev_c6_corvette_conv_ft Norev_c6_corvette_conv_rr


ミニカーは最近当ブログ常連のノレブ製。今の所ノーマル版のクーペ/コンバーチブルと高性能版Z06クーペをラインナップしています。メタリック塗装の粒子感が画像では気になりますが実物ではそれ程でもありません。例によってインテリアの細部に至るまで非常に精密に作り込まれています。・・・インテリアと言えば、カタチを様々に変えながら代々受け継がれていた左右対称のインパネは、今回のC6では採用されませんでしたね。


Norev_c6_corvette_2  Norev_c6_corvette_3


アメリカ車とはいえ、さすがにコルベットは人気が高く1/43でも各世代のミニカーが比較的良く揃います。クーペ、コンバーチブル、そして1部の年式ではハードトップと、メーカや出来もバラバラながら当方も頑張って色々集めています。日本では見掛けませんが、かのダンバリーミントもコルベット50周年記念モデルとして1/43のレジン製モデルを年度毎に(つまり50種類!?)リリースしている程です。このモデルは時々海外のネットオークションで見掛けますが、出来にバラツキが有るのと他社でモデル化されていない年式は高値に競り上がってしまうので当方は入手出来ていません。C1なのにリアだけC2風になっている'61~'62あたりのモデルは、是非とも入手したいと思っているのですが・・・コレクターの考える事は世界中皆同じのようです(笑)。


スポンサーサイト

NOREV '06 Chevrolet Corvette Z06

Norev_c6_corvette_1


ホビーショーレポートを挟んでの最近のアメリカ車シリーズ、今回はC6のシボレー・コルベットをご紹介します。2シーターの本格的なスポーツカーとしてアメリカ車で最も歴史が長く、かつ最も成功したクルマですね。初代から現行まで、C1~C6と世代ごとに判り易い呼称があります。本当は初代モデルであるC1からご紹介したい所ですが、マイペース更新ゆえC6をご紹介する頃にはすっかり旧型になってしまう事は必至です。(笑)・・・なので今回、この機会に最新のC6からご紹介しようと思います。


因みに↑でZ06と並んでいるのはマッチボックスの'63年型でC2初年度のモデルになります。先代C5,現行C6共にリアガラスを後方で絞ったカタチをしていますが、デザインソースはこのC2の”ボートテール”なのだろうと思います。先代C5のダブルバブルルーフがFDのRX7に似ているとか、今回のC6のランプ周りがフェラーリに似ているとか色々言われますが、一貫してコルベットと判るアイデンティティは保ち続けていると思います。


Norev_c6_corvette_z06_ft Norev_c6_corvette_z06_rr


先ずご紹介するのはハイパフォーマンスバージョンのZ06です。このC6、シリーズとしてのデビューは'05MYですが、その時点でヨーロッパのスポーツカーを名指しでライバル視するGMの本気度が注目されていました。C4、C5あたりは1部のグレードを除けばグランドツアラー的な性格が色濃くスタイリングも前後オーバーハングの長い伸びやかなものでしたが、C6では運動性能の為にホイールベースを延長する一方で全長は短くコンパクト化されており、特にリアのオーバーハングはすっぱりと断ち落されてより実戦向きなレイアウトとなっています。


・・・そして高性能バージョンたるZ06の登場は06MY、オーバー500hp,V8 7リッターLS7ユニットを搭載した他、フレームをアルミに置き換えたり、サスペンションのマウント構造を変えるなど徹底したモディファイを受けての登場となりました。外観も各部にインテークが増設される等、よりマッチョでダイナミックなスタイリングになっています。・・・さらに'09MYからは、Z06よりさらにハイパフォーマンスなZR1(V8 6.2l + スーパーチャージャーのLS9, 638hp, 819Nm!)がデビューするらしく、経済の停滞やGM自体の存亡の危機などどこの話?って感じですね。


ミニカーはキャデラックと同じくノレブ製。最近のアメリカ車をたくさんモデル化してくれていて有難いですが、お値段が高目なのでちょっと大変。。。コルベットは見る角度によってはプロポーションがちょっと微妙な場合もありますが、実車のグラマラスでありながらマッチョな雰囲気が良く出ていると思います。巧みなパーツ構成でクーペとコンバチを作り分けていますが、クーペの場合はガラスと一体のルーフがやや透け気味なのがちょっと気になります。次回は続けてノレブのC6コンバーチブルをご紹介します。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08