1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

White Rose '91 Mustang CHP

Wr_91_mustang_chp_ft2

Wr_91_mustang_chp_rr2


'88カプリースに続いて'91マスタングをご紹介します。マスタングでは4代目となるこの世代は'79年にデビュー。サブコンパクトのフォード・ピント/マーキュリー・ボブキャットをベースにした3世代目マスタングⅡが小さ過ぎ、性能的にも見るべき点が少なかった為人気も尻すぼまりとなった事を反省し若干大型化されていました。”フォックス”と呼ばれる新世代シャーシーをフォード・フェアモント/マーキュリー・ゼファーから流用し、スタイリングもそれまでの伝統を潔く捨て去った新世代のモデルとなっていました。また、マーキュリー・カプリというボディの基本部分まで共通の姉妹車が存在していたのも他の世代と異なる特徴です。


'79年のデビューから'93年まで、実に14年の永きに亘って製造され続けた4代目マスタング。当初は何と2.3リッターのターボチャージャーエンジンを搭載したモデルが高性能バージョンの”コブラ”としてラインナップされていましたが、後半はV8エンジンのパワーアップで高性能化を果たしていました。初めてこのマスタングを目にした時、「スラントノーズのマスタングなんてマスタングじゃない!」と拒否反応を示したコンサバ少年な私でしたが、時を経るにつれ目に馴染んだのか、やはり三つ子の魂百までもなのか、だんだんこの世代のマスタングも好きになり、今では結構お気に入りだったりします(笑)。思えばオイルショックやCAFE(燃費規制)、排ガス対策など厳しい時代を3代目・4代目が乗り切ってくれたからこそ今日のマスタングがあるのですよね・・・。


Wr_91_mustang_chp_ft1  Wr_91_mustang_chp_rr1


さてマスタングの語りが長くなってしまいましたがCHPのハナシでした(笑)。カリフォルニア・ハイウェイ・パトロールでのマスタング採用は'82年からで、ベーシックなLXグレードの2ドアノッチバックボディに高性能GT系モデルのエンジンやサスペンションを組み合わせた”スペシャル・サービス・パッケージ”と呼ばれるモデルが用意されていました。”ハイウェイでポルシェを追撃する”ために導入されたらしいのですが、いかに5リッターV8を搭載していたとはいえ、果たして本当にポルシェを追撃出来たんでしょうか?


モデルはこちらもホワイトローズ製。例によって様々な警察仕様のバリエーションがありました。スリック・トップと呼ばれるライトバーが屋根に装着されていないタイプで、これは高速走行時の空気抵抗等を考慮したハイウェイパトロールならではの実戦向き仕様。何となく物足りないように思えた外観も、背景を知ると凄味を感じさせるから不思議な物です。CHPである事も嬉しいのですが、4代目マスタングの、しかもノッチバックのモデル化は1/43では非常に貴重ではないかと思います。ただ、プロポーションがちょっと・・・コロンとして実車よりもずいぶんカワイイカタチになっちゃってます。。。惜しいなぁ・・・。


Wr3

↑或る日・何処かの分署の車両置き場・・・ってカンジの雰囲気でしょうか・・・。


スポンサーサイト
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08