FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

2020年、コルベットは何処に向かうのか?

個人的にはいろんな意味で衝撃的なニュースでした・・・。

2020_Corvette_01.jpg

今週はF1もないし、久しぶりに'71~'73マスタング特集に戻れると思っていたのですが・・・いやはや、またしても触れずにはいられない新たなニュースが舞い込みました。。。それは選挙の情勢・・・ではなく(ちゃんと投票には行ってきましたが・・・)、2020年型のシボレー・コルベット・スティングレイの発表でした。かつてアメリカで新型車の発表というと9月か10月頃に次年度の新型車が発表になるのが通例でしたが、最近はそれがどんどん早まっているようです。今回は'19年7月19日でした。


https://www.youtube.com/watch?v=9k8e0hso8Zo
↑見られない場合はコチラから直接どうぞ。

次期モデルは予測されていた通りコルベット史上初のミッドシップレイアウトを採用、スポーツカーの成り立ちとしては一大転機を迎えたと言っても過言ではないでしょう。今の所6.2リッターNAエンジンで495hpとのことですが、ま、いずれGSとかZRシリーズとかよりハイフォーマンスなモデルが登場するであろう事は想像に難くありません。なにしろカマロやマスタング、チャージャーにもこれを上回る高出力エンジンを搭載したモデルがあるのですから・・・。

TSM_Corvette_ZR1_01.jpg

TSM_Corvette_ZR1_02.jpg
TSM製'19コルベットZR1の1/43レジン完成モデル。ひとまずFR最後の世代となるC7コルベット。まだまだ新型と思っていたのですがデビューは'14年でした。・・・'14~'19の6年で世代交代というのはコルベットの歴史の中では短命なように思います。このモデルに関してはいずれ改めてちゃんとご紹介したいと思います。

最近のアメリカ車はかつてのような直線番長ではなく、コルベットやカマロ、シェルビーGTもニュルのラップタイムでヨーロッパのスーパースポーツカーと覇をを競うまでになって来たのですが、今回のミッドシップ化はFRではもはやパフォーマンスの限界という判断がGM内であった模様です。GMでミッドシップというと、量産車ではポンティアック・フィエロ位しか思い浮かばないのですが、このような超ド級のハイパフォーマンスモデルをどれだけきちんとまとめ上げられているのか興味は尽きません。

Motor_Max_Corvette_Indy_01.jpg

Motor_Max_Corvette_Indy_02.jpg
↑以前ご紹介した事のあるモーターマックス製'86コルベット・インディ。過去にはコンセプトカーとしてミッドシップのコルベットが発表された事もありますが、2020年を迎えようやく量産モデルがミッドシップ化される事となりました。アメリカのコアなファンは果たして受け入れてくれるのでしょうか?

・・・が、コンサバなアメリカ車ファンである当方なぞは「コルベットといえばやっぱり長大なエンジンフードのFRだよな・・・」と思ってしまいます。実の所、C6以降はスタイリングもどことなくフェラーリに似て来たような気もしていたのですが、ミッドシップとなってキャビンが前進した事により、基本的なプロポーションも欧州製のスーパースポーツカーのようになりました。・・・やっぱりすぐには馴染めそうもありません。個人的には絶対的な性能より、そのクルマらしさや楽しさを追求して欲しかった気もするのですが・・・。2020年以降、GMとC8コルベットがどのような軌跡を辿るのか、注目してゆきたいと思います。
スポンサーサイト



最新コメント
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11