1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

'69~'70 マスタング特集; 締めはマテル・グラントロス '70 Boss 302

長々続けて来た'69~'70 マスタング特集、往年のモデルをご紹介してひとまず終了です。

GranToros_70_Boss302_01.jpg

SS(スーパースポーツ)、GS(グランドスポーツ)、トランザム、マッハ1、エリミネーター、R/T(ロード・アンド・トラック)、コブラジェット、マグナム440・・・etc. アメリカ車のスポーツバージョンや高性能エンジンに与えられた呼称は、ハッタリが効いていて実にカッコ良いものが多いですね(笑)。302と429、2台の特別なマスタングに与えられた「ボス」の名前も、何やら凄味や迫力といった物が感じられますが、これはボスマスタング開発時期にシーモン・E・ヌードセン副社長と共にGMからフォードに移籍した日系人デザイナー、ラリー・シノダがヌードセンの事を敬意を込めてこう呼んだ所から来ているのだと言われています。ヌードセン、シノダがフォードに在籍した期間は僅かであり、それがなかったらマスタングのコンペティショングレードのカタチや名称は、全く違った物になっていたかも知れないのです。

GranToros_70_Boss302_02.jpg

GranToros_70_Boss302_03.jpg
↑当方が所有するグリーンメタリックの個体の1台は、前オーナーが手を加えたと思われ、ラジエターグリルにスミ入れがなされ、ボディサイドのストライプは1度剥がして不要部分を切除してから貼り直してあるようです。また、どう処理したのか分かりませんが、ファストホイールのトレッドを詰めて、本来ボディからはみ出していたタイヤ&ホイールをツライチに調整してあります。これがまたカッコ良かったりします。センスの良いカスタマイズだと思います。

GranToros_70_Boss302_04.jpg

GranToros_70_Boss302_05.jpg
↑先週ご紹介した童友社の1/43プラキットはこのマテル・グラントロスのミニカーにボディのフォルムが良く似ています。その上、エンジンフードの黒塗り部分を別パーツ化してある点もよく似た処理となっています。

GranToros_70_Boss302_06.jpg
↑床板には”MATTEL”や”HOT WHEELS”と共に、”MEBETOYS”や”MADE IN ITALY”の文字が刻印されています。

・・・さて、先週のクイズ(?)の答え、童友社の1/43プラキットの参照元と思われるモデルは・・・マテルから発売されていたグラントロスシリーズのMUSTANG BOSS302であると当方は思っています。パッケージには見慣れたHotWheelsのロゴも確認出来ますが、ミニカー自体は当時マテルの傘下(?)にあったメーベトイの製造になるもので、床板にはメイド・イン・イタリーの刻印も見られます。エンジンフード、トランク、ドアが一通り開閉し、シートバックが倒れるのも昔のミニカーっぽいです(笑)。ボディカラーのバリエーションは当方の知り得る限りではグリーンメタリックとブルーメタリックの2種(更にインテリアの成型色にバリエーションがあるようです。)で、Boss 302の特徴的なストライプは透明フィルムに印刷した粘着式のステッカーによっています。尚、このモデルには旧ソビエト製のOEMまたはコピー製品も存在するようです。

GranToros_70_Boss302_07.jpg

GranToros_70_Boss302_08.jpg
↑淡いブルーメタリックの個体はグリーンメタリックに比べて見掛ける機会が少ないように思います。このモデルで問題なのはステッカーで再現されたストライプ。経年劣化で剥がれたり汚れたりしてしまう事が多いようです。

GranToros_70_Boss302_09.jpg
↑エンジンフード、トランク、ドアなどが一通り開閉し、シートバックが倒れたりするのは古い1/43では定番です。子供の頃はそういう部分に高級感を抱いたものでした・・・。

今日的な目で見れば、ボディのプロポーションは実車を正確にスケールダウンしたという感じではありませんし、ホイールも実車と異なる物を履いていたり、テールランプなど細部のディテールも大雑把だったりします。・・・ですがこのモデルにダイキャストミニカーとしての価値がないかと言うと、そんな事は断じてないと当方は思います。このボス302は何とも言えない独特の魅力や説得力に溢れたモデルです。実車とは異なるフォルムなのに'69~'70マスタングの持つダイナミックな躍動感やマッチョな迫力が非常に良く捉えられてように思います。粒子の細かい美しいメタリック塗装や、ステッカーによるストライプも雰囲気を大いに盛り上げています。大雑把なディテールも、却ってアメリカ車らしいおおらかさが感じられるような気も・・・(笑)。

GranToros_70_Boss302_10.jpg

GranToros_70_Boss302_11.jpg
↑当方が所有する2台目のグリーンメタリックの個体は、前オーナーによってサイドのストライプが剥がされ、緩くてすぐ半開きになるドアが閉じた状態で固定されています。前オーナーの嗜好により異なるカスタマイズがなされている事も絶版ミニカーの面白い部分かも!?

ミニカーの魅力って不思議なものです。実車を忠実にスケールダウンすれば、それが最高の”自動車模型”になるかと言うと、必ずしもそうとは言い切れないのではないでしょうか。近年はレーザースキャン等で実車を測定し、そこから3DのCADデータを作成、そのデータを基にダイレクトに金型切削を行うといった事が可能になっています。しかしそうした技術の無かった時代の旧いミニカーには、データに捉われない、原型師の感性による造形の魅力があるように思います。(そうしたセンスは、嬉しい事に現代のホットホイールにも引き継がれていますよね。)・・・ひょっとしたら、それはもはやスケールモデルではなく、アートの領域にある存在と言えるのかも知れません。

GranToros_70_Boss302_12.jpg
↑このミニカーは本当に不思議な魅力を持っています。それは原型を創り出した原型師の感性がダイレクトに反映されているゆえかも知れません。
スポンサーサイト

'69~'70 マスタング特集; 1/43 プラキットの'70マスタング ”童友社 ボスムスタング”

本日はちょっと珍しいプラキットをご紹介したいと思います。・・・プラキットと言うよりは、懐かしさを込めて”プラモデル”と呼びたい一品であります(笑)。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_1.jpg

先回も記しましたが、Boss302はマスタングそのもののイメージアップ・販売増を目的としたコンペティションベースであると同時に、スモールブロックによるハイパフォーマンスバージョンという意味でマスタング本来のポニーカー的な魅力をも持ち合わせているように思えます。(同じスポーツバージョンでも、マッハ1には428CJなど大排気量エンジンが用意されていた)この特別なマスタングは当時も今も様々な縮尺・マテリアルでモデル化されていますが、今回ご紹介するのは日本製、しかも実車とリアルタイムに近いタイミングで販売されたと思われる製品です。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_4.jpg
↑箱の大きさはタテ13.3cm、ヨコ23cm、高さ3.6cm程の小さい物。ちょっとパースが怪しいですが、ボックスアートはなかなかカッコ良いのではないでしょうか。D・Y・Sの3文字を人型にあしらった童友社のマークが懐かしい感じです。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_2.jpg

DYS_70_BOSS_MUSTANG_3.jpg
↑未組立でのご紹介で申し訳ありません。2個あるから1方を組んでしまっても良いような気もしますが・・・何分旧い物なので組むなら中途半端は許されないような気がして(汗)。。。ボディのプロポーションは日本製の旧いプラモデル、それも珍しい1/43スケールのキットにしては上々ではないかと思えます。が、そこにはある秘密が隠されているような気が・・・。

それは古(いにしえ)のプラモデルで、童友社が製品化していた物です。縮尺は珍しい&嬉しい事に1/43!”MAGIC MOTOR CAR SERIES(マジックモーターカーシリーズ)”と謳われており、同社パテントのマジックモーター(今でいう所のプルバックモーターのようなもの)を装備、小さいながらエンジンフード開閉機構をも備えていました。箱の側面の記載によると、ボス・ムスタングの他に初代セリカ1600GT、S30フェアレディZ、ポルシェ912がラインナップされていたようです。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_5.jpg
↑マジックモーター装備・エンジンフード開閉、Boss302特有のストライプもデカールでしっかり再現。箱の中は全面に渡る仕切りでパーツがきちんと整理されています。小さいながら、いわゆる駄菓子屋系キットとは一線を画する存在だったのかも知れません。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_6.jpg
↑レッドのモールディングの方はボディの袋も未開封のコンディション。こちらはグリルやホイールのモールドされたランナーがメッキされており、イエローの方は同じランナーがグレー色でモールドされています。クリアパーツのブルーの濃さも異なっており、製造時期によるバリエーションと思われます。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_7.jpg
↑箱にはしっかり1/43のスケール表記が♪ ”●車を後にこするだけでつっ走ります。”とあります。シリーズには少なくとも4車種がラインアップされていた模様です。

当方はこのキットを子供の頃に1度だけ組み立てた事があります。その当時は「小さいけどエンジンフードも開いて凄くカッコいいプラモデルだなあ」と、思った記憶があります。今日の目で見ても、プロポーションやディテール等々、小さいサイズのプラモデルとしてはなかなか頑張っているように見えます。子供の目には非常に精巧なモデルと写ったのではないでしょうか。・・・ですがこのキット、ボディのプロポーションや各部のディテール、エンジンフードのブラックアウト部が別パーツになっている構成等々、某ダイキャストミニカーに非常に良く似ているのです。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_8.jpg
↑先にご紹介したamtの'69マスタングのキットと・・・この世代は、奇しくも'69、'70が共にプラキットでも揃う事となりました。

そのミニカーが何なのか・・・既にお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、次回このプラキットの参照元になったと思われるダイキャストミニカーをご紹介して、年越しになってしまった''69~'70マスタング特集を締めくくりたいと思います。

'69~'70 マスタング特集; MATCHBOX '70 Ford Mustang Boss302

さて'70マスタングのご紹介、今回からBoss302であります。

Matchbox_70_Boss302_1.jpg

先回までご紹介して来たBoss429は、NASCARでトリノやサイクロンに搭載するための429cu.inエンジンのホモロゲーション取得=エンジンの年間量産規定数500基以上をクリアするための、マスタングとしてはある意味突然変異的なモデルでした。対するBoss302はマスタング自身がSCCA Trans-Amレースで強力なライバルに対抗するために誕生したグレード。トランザムレースのレギュレーション上限に近い302キュービックインチ=5リッターエンジン(ウインザーブロックにGT40と同じクリーブランドのシリンダーヘッドを組み合わせたもの)を搭載、市販バージョンの最大出力は290HPと発表されていましたが、実際は350HP前後であったと言われています。

Matchbox_70_Boss302_2.jpg

Matchbox_70_Boss302_3.jpg
↑前後の大型スポイラーやストライプなど、アメリカンスペシャリティらしい派手なアピアランスが特徴的なBoss302、しかしそれらは決してコケおどしではなく、コンペティションベースの高いポテンシャルを秘めていました。

レースでの活躍がダイレクトに量産車の販売台数に直結するという性格上、量産バージョンの商品力にも意が払われ、M/Tのみの設定や強化サスペンション、クーラーの設定なしなどスパルタンなスペックを訴求すると共に、大型の前後スポイラー、リアウインドールーバー等々を装備、特徴的なストライプは量産車とレーシングマシンで同じイメージで統一するなど、429と較べると、外観のアピアランスも華やかな物となっていたのが特徴的です。コンペティションベースとしての性格を帯びていたため、スポーツグレードとして設定されたマッハ1と較べてもより特別なマスタングというイメージがあります。

Matchbox_70_Boss302_4.jpg

Matchbox_70_Boss302_5.jpg
↑ベースとなる金型は前回、前々回のBoss429と同一かと思われますが、シャシー周りなどディテールが簡素化され、同時に安価になったマッチボックスのBoss302。

ミニカーは基本的に先回のマテル製・前々回のマッチボックス製Boss429と同一金型ベースと思われます。429の特徴である巨大なエンジンフードスクープを廃し、代わりに302独特のストライプやエンジンフード・トランクリッドのブラックアウトなどが再現されています。ホワイトとレッドの2台は先の429のようなイエスタイヤ―シリーズの一環としてではなく、 '65コンバーチブル'67ファストバックと共にマスタング40周年シリーズとして、なんとブリスターパック入りで発売されました。ブルーメタリックの個体はそれとは別のシリーズで、紙の台紙+塩ビ製の折り畳みケース入りで発売された物です。

Matchbox_70_Boss302_6.jpg

Matchbox_70_Boss302_7.jpg
↑こちらのブルーの個体は上のホワイト、レッドとは別シリーズとして発売された物。ホワイトとブルーのボディーカラーは往年のシリーズの復刻版、スーパーキングスシリーズでも発売されています。

発売にあたっては低価格化の為か、細部の作り込まれたBoss429に対して部品の簡略化が図られ、サスペンションや排気系のディテールは床板一体のシンプルな構造に改められました。429と較べてしまうとやや物足りなさを感じてしまいますが、裏返して見なければまあ、それほど気にはなりません。基本が同じ金型で価格は1/4程度だったので、余り贅沢を言うのは可哀そうかも知れませんね(笑)。一方でタイヤはホワイトレターが印刷でキレイに入っており、この点に関してはBoss429よりもマッチョな雰囲気が盛り上がって嬉しい感じです。何にしても大好きな車種が1/43で、しかも価格的には安価に入手出来た事は嬉しい事でありました・・・。

Matchbox_70_Boss302_08.jpg
↑カラーバリエーションを揃えた結果ではありますが、アメリカ国旗と同じトリコロールカラーとなりました。

'69~'70 マスタング特集; HOTWHEEL CLASSICS '70 Boss429

'69~'70 マスタング特集、今回も'70 Boss429、今回はもう、実車の記述はナシです(笑)。

HW_70_Boss429_01.jpg

往年のスペクトラフレーム風の塗装、シャシーまで金属製でずっしりとした仕上がり、これまた昔風のパッケージグラフィック・・・。ホットホイールのクラシックシリーズが好評を博したのは2000年代の初頭だったでしょうか?マテルはレギュラーサイズの成功を他のスケールでも・・・と考えたのか、数車種のマッスルカー/ポニーカーを1/43スケールで"HOTWHEELS American Classics"シリーズとしてリリースしました。このシリーズに今回ご紹介する'70 Boss429が含まれていたのですが、ご覧いただければ一目瞭然、金型は先回ご紹介したマッチボックス・コレクティブルと同一の物です。

HW_70_Boss429_02.jpg

HW_70_Boss429_03.jpg
↑真面目なマッチボックスブランドの金型も、ホットホイールのマジックに掛かるとこのような仕上がりに・・・。

過去記事からの転載ですが、ラインナップは当方が知る限りは以下の6車種で、内'66シェルビーGT350と'71プリマスGTXはマテルのホットホイールコレクティブル、その他の車種はマッチボックスのコレクティブルとしてそれぞれ一般的な塗装仕上げで発売された物の仕様変えです。モデルはボディにクロームメッキを施した上からカラークリアを吹いたと思われ、ホットホイールのスペクトラフレーム的なテイストです。パッケージはこれまたマテルがその昔発売していた1/43モデル、ホットホイール・グラントロス風の背の高い紙製の台座と透明プラ製のカバーという体裁で、まあ、それらを知る世代にとっては郷愁を誘う物となっていたと言えましょうか・・・。

●Hot Wheels American Classics (1/43 Scale) 車種リスト
・#1 1970 Chevelle SS454 (MB)
・#2 1971 Cuda 440 (MB)
・#3 1970 Mustang Boss 429 (MB)
・#4 1968 Camaro SS (MB)
・#5 1966 Shelby GT 350 (HW)
・#6 1971 Plymouth GTX (HW)
(カッコ内;MB=元マッチボックス金型、HW=ホットホイール金型)


HW_70_Boss429_04.jpg

HW_70_Boss429_05.jpg
↑429特有のエンジンフードスクープがオミットされているのは残念な点。これはマッチボックス版でフードバルジの無いBoss302を製品化した際に金型改修したからかも知れません・・・。

ただ、当時1/43のアメリカ車と言うのはポピュラーな存在ではありませんでしたし、HW的なノリはリアル志向の強い1/43コレクターの嗜好には合っていなかったように思います。その上このシリーズはかなり高額だったので、(少なくとも日本では)あまり売れなかったようです。最終的にはミニカーショップの店頭でも特売の棚に置かれて投げ売り状態、ネットオークションでもしかりで、何を隠そう当方も定価で買ったモデルは1台もありません。概ね500円~1000円/台の範疇でゲット出来ました(♪)。

HW_70_Boss429_06.jpg
↑アメリカン・クラシックスのパッケージは、往年のホットホイール・グラントロスシリーズのイメージでまとめられているのだと思います(グラントロスのミニカーは、当時マテルの傘下にあったメーベトイ製)

・・・海外のオークション等では日本に入っていないカラーバリエーションも見掛けますが、他の車種が追加発売された気配は見られません。世界的に見てもあまり成功しなかった言う事かも知れませんが、ではこのシリーズに魅力がないかというと、当方はそんな事はないと思います。流用元のキャストはどれも良い雰囲気ですし、独特の仕上げもシリーズを通してみると独特の味わいがあって個人的にはアリだなと思います。このBoss429は何故かエンジンフードのスクープがオミットされているのが残念ですが・・・。

HW_70_Boss429_08.jpg
↑全体がクロームメッキという仕様は他のブランドでも見られますが、たまには同じ金型をベースに、こうしたバリエーションがあっても面白いと思うのですが・・・。

'69~'70 マスタング特集; MATCHBOX '70 Ford Mustang Boss429 2バージョン

さて、前回に引き続き、今回もBoss429のご紹介です。

Matchbox_70_Boss429_01.jpg

過去に都度ご紹介しているので、Boss429に関して記すべき知識がネタ切れ気味になって来ました。。。先回も記したように、Boss429はNASCARでの429エンジンのホモロゲート取得条件である車両、エンジンそれぞれ500台の生産を早急にクリアすべく、高性能バージョンには目がないユーザーの多いマスタングに搭載して販売された物でした。目的が目的だけに生産台数は非常に少なく、'69が859台、'70が499台となっており、数あるクラシックマスタングの中でも希少性の非常に高い1台となってます。登場時に比べ大きくなったとは言え、当時のインターミディエートよりコンパクトなマスタングのボディに429キュービックインチ=7リッター超のエンジンはさぞかし強烈なパフォーマンスを発揮した事でしょう。

Matchbox_70_Boss429_02.jpg

Matchbox_70_Boss429_03.jpg

Matchbox_70_Boss429_04.jpg

Matchbox_70_Boss429_05.jpg
↑鮮やかなグラバーオレンジ単色のボディにマットブラックのスポイラーやフードバルジが渋カッコ良いBoss302。ダイキャストのモデルにはレジンとはまた違った魅力があるように思います。

今回ご紹介するのはマッチボックス・コレクティブルのモデルです。グラバー・オレンジの個体は同ブランドのモデル・オブ・イエスタイヤ―シリーズとして発売されました。発売当時1/43のアメリカ車、特に'60~'70年代のマッスルカー・ポニーカーの製品はまだまだ少なく、GMやクライスラー系を含めそうした車種を多数製品化してくれたこのシリーズはとても嬉しい存在でした。シリーズ全体を通じてシャシー周りの再現が凝っており、排気系やサスペンションなどの足回りが別パーツで構成されていて非常に見応えがあります。当方は有名ショップさんが独自で仕入れたと思われる物をリアルタイムで購入しました。当時としては造り込みが凝っていた事もあり、高価なのを頑張って購入した記憶があります。

Matchbox_70_Boss429_06.jpg

Matchbox_70_Boss429_07.jpg

Matchbox_70_Boss429_08.jpg

Matchbox_70_Boss429_09.jpg
↑コチラのグラバーブルーの個体はマッチボックス・コレクティブル・プラチナシリーズの1台。白いインテリアとのコントラストが素敵です。

グラバーブルーの個体の方はマッチボックス・コレクティブル・プラチナシリーズとして発売された物で、上記のシリーズと異なるカラーバリエーションとした上で、金属製の缶ケースに収められていたのが特徴です。ミニカー自体はボディカラー以外は大きな違いはないようです。このシリーズが日本に入って来ていたか当方は良く知りません。手持ちの個体は海外ネットオークションで入手しました。久々に引っ張り出して改めて眺めてみると、プロポーションやディテールのシャープさは最新の製品とは比べられませんが、ずっしりとしたダイキャストのボディや凝った作り込みは独特の魅力を感じさせます。シリーズ全体を通して、今なお輝きを失っていないと改めて思いました。

Matchbox_70_Boss429_10.jpg
↑別パーツで再現されたシャシー周り、フォードのブルーに塗られたオイルパンなどが良い感じ。アメリカ車好きにはこういう所が嬉しかったりします。

Matchbox_70_Boss429_11.jpg
↑プラチナシリーズはこのような缶ケースに収められているのが特徴。・・・これが結構場所を喰うのですが。。。

'69~'70 マスタング特集; カラバリで再度のご紹介 POST Hobby '70 Ford Mustang Boss429

'69のご紹介の最後がTrans-Amマシンだったので、'70はTrans-Amマシンで幕を明けましたが、今回からはロードバージョンのご紹介です。

POST_Hobby_BOSS_429_01.jpg

・・・このモデル、グラバーブルーのみ過去にご紹介済していますが、今回は別カラーを中心に再登場です。過去記事で記した事の繰り返しになってしまいますが、Boss302 がマスタング自体のTrans-Amレースでの戦闘力アップのために企画されたのに対し、Boss429はNASCARでの429エンジンホモロゲーション獲得のために生まれました。当時NASCARで戦っていたのはトリノやマーキュリー・サイクロンでしたが、そのレギュレーションでは車両とエンジンの製造数が500台以上と定められていたものの、それぞれ別で構わないという規定だったため、エンジンの方は高性能モデルが手っ取り早く捌けそうなマスタングに搭載される事となったのでした。

POST_Hobby_BOSS_429_02.jpg

POST_Hobby_BOSS_429_03.jpg
↑シンプルな単色ボディにエアロパーツや巨大なエンジンフードバルジ、太いタイヤが一種独特の凄味を感じさせます。

そうした特殊な生い立ちゆえか、Boss429はフォードの生産ラインで428エンジンを搭載して生産された後、カークラフト社に運ばれてエンジンを429に換装していたのだそうです。同じ年式でもマッハ1やBoss302が派手なストライプや豪華な装備で華々しい雰囲気だったのに対し、Boss429は至ってシンプルな出で立ちでありながら、エンジンフード上の巨大なインテークやスポイラーなど走るための装備はしっかりと装着されています。その姿からは、得も言われぬ凄味のような物が感じられ、他のグレードとはまた一味違った強烈な魅力を放っているように思います。

POST_Hobby_BOSS_429_04.jpg

POST_Hobby_BOSS_429_05.jpg
↑レッド・ブルー・ブラックそれぞれにカッコ良いですが、個人的にはグラバー・オレンジも見てみたかった気がします。

モデルはポストホビーブランドで登場したレジン完成品ですが、製造はスパークやビザールでお馴染みのミニマックスが行っており、仕上がりもそれらと近い感じです。プロポーション、ディテール共に上々で'70マスタング、Boss429の魅力をしっかり捉えているように思います。・・・いや~、このモデルが発売された時はホントに嬉しかったです。当方の個人的な感想ですが、1/43の'70マスタングとしては最良の1台と言ってよいのではないかと思います。

POST_Hobby_BOSS_429_06.jpg

POST_Hobby_BOSS_429_07.jpg
↑プロポーション、各部の表情共に1/43の'70マスタングのモデルとしては最良の1台と言えそうです。・・・が、最近のレジン完成モデルのウインドウ周りの不安定さは何とかして頂きたい所。浮いたりハネたり色々と大変です。。。

本来、高価なレジン完成品でカラーバリエーションを追いかけるべきではない事は重々承知しているつもりなのですが、本当に好きな車種の良質なモデルともなれば話は別。このBoss429の場合はそうした分別はどこかへ吹っ飛んでしまいました(笑)。残念ながらその後POST Hobbyブランドでの1/43アメリカ車の発売はありません。やっぱり日本ではこのスケールでアメリカ車をコレクションしようという人はまだ少ないのでしょうか・・・。もっともっと盛り上がってくれると嬉しいのですが。

POST_Hobby_BOSS_429_08.jpg

POST_Hobby_BOSS_429_09.jpg
↑ご紹介済みのグラバー・ブルーも改めて撮り直して再アップ。個人的にはこの色が1番のお気に入りです。・・・リアウインドウのモール、浮いてるなあ。。。

'69~'70マスタング特集 Spark '70 Ford Mustang #15 Trans-Am

昨年中に終わらせられなかった50周年記念企画の'69~'70マスタング特集、年を跨いでようやく'70年型に突入です。

70_SCCA_Trans_Am_1.jpg

'69年にボディ外板の大部分を変更するスタイルチェンジを行ったマスタング、'70年型での変更はそれに比べると範囲は狭かったのですが、スタイリング的には結構大きな変化を見せていました。何より大きく変わったのはフロントマスクで、最初期型以来、独特のベゼルに収まっていたヘッドランプ('69型は4灯ランプでしたが・・・)がラジエターグリル内に収まり、その外側には'70年型独特なインテーク風のスリットが設けられていました。翌71年にデビューしたビッグ・マスタングへの過渡期的なデザインともいえそうですが、この年式だけの個性的なルックスで個人的にはかなり好きだったりします。

Spark_70_Boss_Trans_Am_1.jpg

Spark_70_Boss_Trans_Am_2.jpg
↑市販モデルを彷彿とさせるボディカラーが特徴的な'70 BOSS 302のワークスマシン。カーNo.15はこの年、ドライバーズ・チャンピオンに輝いたパーネリー・ジョーンズのマシン。

昨年末’69年型の最後をTrans-Amマシンで飾ったので、今年’70年型もTrans-Amマシンでスタートしたいと思います。'70年シーズンのSCCAトランザムは各メーカーのワークス体制が大きく変化し、'69, '69とカマロをシリーズチャンピオンに導いたロジャー・ペンスキーはAMCワークスとなり、シボレーは変わってシャパラルへとスイッチ、フォードはシェルビーが去り、ワークスはバド・ムーア・エンジニアリングのみという布陣に。カマロはこの年から第2世代にスイッチ、ペンスキーもジャベリンでの参戦初年という状況に対し、熟成の進んでいたマスタングは確実にポイントを稼ぎ、この年ついに念願のシリーズチャンピオン、パーネーリー・ジョーンズのドライバーズチャンピオンの2冠を達成、前年の雪辱を果たしたのでした。

Spark_70_Boss_Trans_Am_3.jpg

Spark_70_Boss_Trans_Am_4.jpg
↑前後スポイラーや低い車高、ミニライトのマグホイール、サイド出しのエキゾーストがただならぬ雰囲気を漂わせます。
エンジンフードのクイックオープナーのワイヤーがとても良いアクセントになっています。


モデルは昨年末にご紹介した'69年型のマシンと同じスパークのレジン完成品。ドライバーズ・チャンピオンを獲得したパーネリー・ジョーンズ仕様の#15号車です。発売はこちらの'70の方が先だったように記憶しています。市販モデルと同じグラバー・オレンジにブラックのストライプ、ウイングタイプのリアスポイラー(レースに投入されていたと言う事は、このスポイラーは単なる”こけおどし”ではなく、空力的に実効性のあるパーツだったと言う事です)、ミニライトのマグホイールなどトランザムレーサーらしい出で立ちは観ているだけでワクワクします。

Spark_70_Boss_Trans_Am_5.jpg

Spark_70_Boss_Trans_Am_6.jpg
↑一見派手なリアスポイラーはダテじゃない。フォードに移籍した日系人デザイナー、ラリー・シノダ肝煎りの空力パーツでした。

ミニマックスは今回ご紹介したBOSS 302 Trans-Am仕様に先立って、日本のMARKブランドでBOSS429を製作しています。429は429で独特の凄味があるのですが、派手なストライプやエアロパーツを纏ったBOSS 302やマッハ1のアピアランスもまた魅力的。小回りの利くレジン製品の特性を活かして、是非それらのグレードやコンバーチブル・HTなども製品化して欲しいな~と思います。(無理かな/笑)

70_SCCA_Trans_Am_2.jpg
↑ライバル、カマロは'70モデルイヤーからモデルチェンジして第2世代へバトンタッチ。ワークスはロジャー・ペンスキーからあのシャパラルにスイッチしていました。(こちらのモデルもスパーク製。いずれ別途ご紹介したいと思います。)

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 Spark '69 Mustang Boss 302 SCCA Trans-Amレース仕様

越年確定の'69~'70マスタング特集ですが・・・午年(うまどし)の最後はやっぱりマスタングで締めくくりたいと思います。

Spark_69_Mustang_TA_01.jpg

― レースでの勝利は市販車の販売増に直結する。―
'60年代、NASCARでの戦績が市販車の販売に大きく影響するようになり、その流れはマスタングの爆発的ヒットによって切り開かれたポニーカー市場にも波及する事となりました。'66年にスタートしたSCCA Trans-Amレースを舞台に、60年代後半~70年代初頭にかけて、カマロ/ファイアバードのGM勢、マスタング/クーガーのフォード、チャレンジャー/クーダのクライスラー、そしてジャベリンを擁するAMCによる熾烈な闘いが繰り広げられたのです。


Spark_69_Mustang_TA_02.jpg

Spark_69_Mustang_TA_03.jpg
↑ベースモデルからのボディ幅やトレッドの拡大、コンペティションモデルとしての徹底した軽量化等々、ひたすら戦闘力を高めた'69ボス302。

'68年、強敵ペンスキー・スノコ・カマロの後塵を配したマスタングは、'69年の必勝を期して秘密兵器とも言えるBoss302を開発・投入します。ワークスもそれまでのシェルビーに加えバド・ムーアが合流して万全の体制でレースに臨んだのですが・・・。善戦するも結果はこの年もカマロの勝利に終わり、市販車の販売台数においても逆転を許してしまう結果となってしまったのでした。マスタングが雪辱を果たすのは翌'70年のシーズンになります。

Spark_69_Mustang_TA_04.jpg

Spark_69_Mustang_TA_05.jpg
↑トランザムレース仕様はノーマルボディをベースとしながら迫力満点の佇まい。こうしたマシン達がしのぎを削ったレースはエキサイティングだったに違いありません。

モデルはスパークブランドで発売になった'69マスタングのTrans-Amレース仕様。第9戦ラグナセカと第10戦シアトル・ケント250でステアリングを握ったダン・ガーニーのマシンをモデル化。濃いブルーのボディにBoss302の特徴的なストライプを纏った姿はなかなかに渋いいでたちで、落とされた車高や大きく張り出したフロントスポイラー、ロールケージが張り巡らされた剥き出しのインテリア等々、レーシングマシンらしい迫力が感じられます。特徴的な8本スポークのミニライト製マグホイールも抜かりなく再現されていて嬉しくなります。

Spark_69_Mustang_TA_06.jpg

Spark_69_Mustang_TA_07.jpg
↑他のブランドのミニカーがどんどん高価になってゆく中、スパークの価格はあまり上昇していません。クオリティと価格のバランスは素晴らしいと思います。

個人的な印象ですが、ボディのプロポーションは1/43の'69マスタングとしては最良の1台ではないかと思います。低くワイドなボディ、彫りの深いフロントマスク。スパークでは今後ホワイト/レッド/ブラックに塗られたパーネリー・ジョーンズ仕様のマシンも発売予定との事でこちらも楽しみです。出来る事なら小回りの利くレジン製品の特性を活かして、ロードバージョンのBoss302やMach1等もリリースしてくれると嬉しいのですが・・・。

Spark_69_Mustang_TA_08.jpg
↑宿敵マーク・ダナヒューの駆るペンスキー・スノコ・カマロと・・・。コチラもいずれきちんとご紹介したいと思います。

・・・と言う事で、ブログの引っ越しなど色々あった1年でしたが、2015年の更新は今回が最後になると思います。マスタング50周年企画の'69~'70マスタング特集は年内で終わらせる事は出来ませんでしたが、来年も継続して行きたいと思っています。1年間お付き合い下さった皆さま有難うございました。来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さいませ!!

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 ~1/43プラキットの'69マスタング

先回の予告通り、ナコラル製ミニカーの元ネタと思われる1/43プラキットをご紹介します。

amt_69_Mustang_01.jpg
↑1/43プラキットの箱を、一般的な1/25キットの箱と比較。・・・ミニチュアのミニチュアみたいで可愛いです(笑)。

amtやレベル、モノグラム等々、米国のクルマ・プラキットと言うと1/25~1/24がポピュラーな存在で、1部1/32のモデルが存在する事をご存じの方も多いかと思います。しかし、当ブログのユーザータグにamtプラキットという欄を設定してある通り、種類は限られていますが1/43スケールのキットも存在しました。そのラインナップには今日に至るも1/43でも製品化されていない車種や年式のモデルが含まれており、当方にとっては非常に有難い存在となっています。

amt_69_Mustang_02.jpg

amt_69_Mustang_03.jpg
↑未塗装の仮組状態ですみません。。。プロポーションはサイドビューは上々、個人的な好みで言うと、実車の幅広感がやや不足しているように思います。

amt_69_Mustang_04.jpg

amt_69_Mustang_05.jpg
↑amtのプラキットとナコラル製ダイキャストミニカーの比較。プロポーション、パーツの構成、各部ディテールなどとても良く似ています。

製品仕様は接着剤不要のスナップキットで、インテリアはバスタブタイプとパーツ構成はミニマムですが、ボディのプロポーションは秀逸でプラ製らしいシャープな切れ味が非常に魅力的です。また、シャシー周りの再現度の高さも米国製クルマキットの良き伝統をしっかり受け継いでいて嬉しくなります。そして、このシリーズに'69マスタングが含まれており、それが先回ご紹介したナコラル製のミニカーの参照元になっていると思われます。

●amt 1/43 '69マスタング・プラキットのバリエーション

このシリーズは長年に渡って何度か再販されているため、パッケージなどにいくつかバリエーションがあります。先ずはアメリカの1/25~1/24プラキットをそのまま縮小したような比率の箱に納められた初期モデル。小さい方の箱はクルマのキットのみ、少し大きい方の箱は完成後ディスプレイ出来る透明ケースが付属しています。どちらが古いものなのかは当方はよく分かりません。バンパーやホイールなどはメッキが施されています。

amt_69_Mustang_06.jpg

amt_69_Mustang_07.jpg
↑一番小さなこの箱はディスプレイ用の透明ケースは付属していません。キットの完成写真をベースにしたシンプルなグラフィックです。パーツの成型色は鮮やかなイエローで、バンパー等はメッキされています。

amt_69_Mustang_08.jpg
↑こちらは少し大きな箱にディスプレイ用の透明プラケースとパーツがセットされています。外箱のグラフィックデザインは同時期の1/25キットと似ていてなかなか味わい深いです。パーツの成型色はレジンキットのようなベージュ。やはりバンパー等はメッキパーツです。デカールも付属し歴代で最も豪華な仕様です。

amt_69_Mustang_09.jpg
↑コチラはamtと共にMATCHBOXのロゴが入った平たい箱に納められたモデル。成型色は濃いめのオレンジか赤といった色調。上のタイプとは異なるグラフィックのデカールが付属。

2番目は箱にマッチボックスの銘が入ったタイプ。”STREET MAGIC”というタイトルが冠されており、箱の形は平たいタイプに変わって、上蓋と下箱に分かれたタイプとなりました。この時のモデルはバンパーやグリル、ホイールなどのメッキがオミットされ、ウインドウとタイヤ以外は全て同色でモールドされています。その代りといってはなんですが、上の物とは異なるストライプなどのデカールが追加されています。

amt_69_Mustang_10.jpg
↑'80年代末~'90年代頃に日本でも流通したこちらのタイプ。成型色は水色でバンパー等はメッキ、ただしデカールは付属しません。

こちらは'80年代末~'90年代に日本でも比較的多く流通したタイプ。バンパーやホイールはメッキされていますがデカールは付属しません。箱の比率は上のamt MATCHBOXの物に近いですが、フタは上面が開くタイプになり、組み立て説明のインストラクション図は裏面に印刷されています。パーツの成型色は、コルベット以外は全車種ライトブルーに統一されていました。

・・・最後にこのamt製1/43プラキットのラインナップを、当方が知り得る限りですがリスト化しておこうと思います。乗用車の他にクラス8の大型トラックも数点ありますのでリストに入れておきました。トレーラーの運送会社違いなどはフォローしていません。(ひょっとしたら他にも製品があるかも知れませんが悪しからず・・・)

●amt 1/43プラキットリスト(知り得る限り)
・'36 FORD COUPE (3 WINDOW)
・'48 FORD (2 DOOR COUPE)
・'57 CHEVY BEL AIR (2 DOOR HT)
・'64~ VETTE SHOWROD (非スプリットウインドウ C2 CORVETTE COUPE カスタマイズ仕様)
・'66 FORD MARKⅡ (FORD GT40 Mk-2 ルマン優勝車仕様)
・'49~'66? VOLKSWAGEN MINIBUG (TYPE-Ⅰビートル・プチカスタム仕様
・61~'67? JAGUAR XKE (恐らくSERIES-Ⅰと思われます。)
・'68 CHEVRORET CAMARO (カスタマイズ仕様
・'67 PONTIAC GTO (カスタマイズ仕様
・'68 PONTIAC FIREBIRD (マッチボックス時代にはFIREBIRD 400と表記)
・'68 FORD MUSTANG (ファストバック)
・'68 FORD MUSTANG CUSTOM (カスタマイズ仕様
・'67~'68 MERCURY COUGAR CUSTOM (カスタマイズ仕様)
・'68 FORD THUNDERBIRD
・'67~'69 CUSTOM 'CUDA (PLYMOUTH BARRACUDA 2DOOR COUPE カスタマイズ仕様
・'69 CHEVROLET CHEVELLE SS 396
・'69 CHEVROLET CAMARO SS (コンシールドヘッドランプ仕様)
・'69 CHEVROLET CORVETTE (C3 クーペ)
・'69 FORD MUSTANG (マッチボックス時代はMACH 1と表記)
・'69 FORD TORINO
・'69 FORD THUNDERBIRD
・'69 MERCURY COUGAR
・'69 AMC AMX
・PETERBILT 359 (ボンネットタイプ トラクターヘッド単体 又はトレーラーとのセット)
・PETERBILT 359 WRECKER (ボンネットタイプ 大型レッカー車)
・KENWORTH K-123 (キャブオーバータイプ トラクターヘッド単体 又はトレーラーとのセット)
・KENWORTH K-123 AERODYNE (上記の寝室ルーフが高いタイプ トラクターヘッド単体)
・FRUEHAUF 40 FOOT REEFER(40フィート冷蔵トレーラー単品)
・FRUEHAUF 40 FOOT PANEL VAN (40フィートパネルバントレーラー単品)

エアロダインを除く大型トラックのキットは、後年何故かエレールから再販されました。

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 ~ダイヤペット、時々ナコラル。 NACORAL INTER-CARS '69 MUSTANG

ホビーフォーラムにブログの引っ越しと、色々あって'69~'70マスタングがすっかり滞っておりました。。。


NACORAL_69_MUSTANG_1.jpg

過去記事の再アップはまだ完了していませんが、引っ越しもようやく落ち着いて来ました。ブログ人のほうは本日でサービス終了との事・・・7年間お世話になって来たのでやっぱりちょっと淋しいですが・・・気を取り直して、今年がマスタング誕生50周年と言う事で始めた'69~'70マスタング特集を続けたいと思います。年内に終わらせたいと思っていましたが、この先ワンダーランドマーケットもあるし、クリスマスの恒例行事も考えねばなりません。ほぼ越年確定な感じになってしまいましたが・・・めげずに頑張りたいと思います(笑)。


NACORAL_69_MUSTANG_2.jpg

NACORAL_69_MUSTANG_3.jpg

↑エンジンフードにキャッチピンが装着されているものの、スタンダードなスポーツルーフの'69マスタング。ホットバージョンばかりでなく、こういう仕様のモデルもまた魅力的です。


これまでご紹介して来たように、この世代のマスタングの1/43モデルは圧倒的にボス仕様が多いのですが、本日ご紹介するのはスペインのナコラル製ダイキャストモデル。スポーツルーフのスタンダードなマスタングです。エンジンフードにバルジが無く、リアフェンダー上部のダミーインテークやクオーターピラーに丸いオーナメントが装着された姿は、ボスでもなくマッハ1でもないベーシックなスポーツルーフのクーペで、こうした仕様のミニカーというのも悪くはないものです。レジンやホワイトメタルのキットが登場するまでは、'69の1/43モデルとして貴重な存在でありました。


NACORAL_69_MUSTANG_4.jpg

NACORAL_69_MUSTANG_5.jpg

↑実車と同時代の旧いミニカーですが、プロポーションなどはなかなかのモノです。どうも製品化に際してamtの1/43プラキットを参考にしているようです。参照出来なかったエンジンルームは・・・想像の産物となっております(笑)。


当方が入手した個体は米澤玩具が輸入、自社の箱に詰めて販売した物で、ダイヤペット・インターと称していました。日本でインターネットが一般に普及し始めたのは'90年代の中盤以降、それ以前はミニカーに関する情報はミニカーショップで直接仕入れるか、雑誌・書籍に頼らざるを得ない状況でした。なので当方がこのミニカーを入手した時も、ダイヤペットの箱に入っているのにスペイン製、スケールも1/40ではなく1/43で不思議なモデルだなあと思った物でした。このモデル、床板にはインターカーと言うシリーズ名は刻印されているものの、ブランドの銘は何処にも記載されておらず、それがナコラル製と知ったのは随分後になってからです。


NACORAL_CORVETTE_6.jpg

↑当方はこれまでに、'69 AMX、'69マスタング、'69コルベットと”ダイヤペット・インター”物のナコラルを3台捕獲しています。他にもまだあるかも知れません。


床板やホイールまで金属製でずっしりと重く、プロポーションもなかなか優れています。以前同じ「ダイヤペット、時々ナコラル。」のコピーでご紹介したC3コルベットの時にも記したのですが、ナコラルのアメリカ車のラインアップやそのプロポーションはamtの1/43プラキットに良く似ています。この'69マスタングも双方にラインアップされており、全体的なプロポーションやエンジンフードにバルジが無く、リアフェンダーにダミーインテークを備えたスタンダードなスポーツルーフながら、エンジンフードにはキャッチピンが装着されているといった仕様が非常に良く似ています。どうも、ナコラルが米国車をラインナップに加える際に、amtのキットを参考にしたようです。・・・と言う事で、次回はそのamtの1/43キットをご紹介したいと思います。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11