1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

愛しのトイカー達、ユルいけどマニアックで貴重!?~Zylmex Mustang CobraⅡ

”愛しのトイカー達”と言うフレーズは、以前ティンズ・トイのフォード・エコノラインをご紹介した時に使いましたが、1/43でアメリカ車のミニカーを収集していると、他にも色々とこうしたモデルが手元に集まって来ます。なので当ブログの一カテゴリーとして昇格させちゃいました(笑)。


Zylmex_mustang_1_4


今回ご紹介するのはユルいけどとってもマニアックで、ある意味非常に貴重なジルメックスのマスタングⅡです。本来なら'69~'70,'71~'73のマスタングの後にご紹介すべきですが、今回はブログをリンクさせて頂いているHIRO620さんのコチラの記事に勝手連であります。


マスタングⅡは'74年型としてデビューしたモデルで、'64年4月にデビューしたマスタングが年々大型化してポニーカーとしての当初の魅力を失い、販売の面でも苦戦したため、当時のサブコンパクトであるピントをベースに一気に小型化して登場したのでした。登場初年度はオイルショックの影響もあって小型化が歓迎され38万台以上の販売を記録しましたがその後は再び低迷、残念ながらマスタングファンの間では今一つ人気のない世代となってしまっています。・・・しかし実車が現役の頃当方はまだ小学生。この世代はカタチがマスタングらしかったので結構好きでした。当時はカッコが全てで、動力性能や生い立ち等については興味も知識も無かったのかもしれません。


Zylmex_mustang_ft2_2 Zylmex_mustang_rr2_2


画像でご紹介しているのはジルメックス製の"FORD MUSTANG"品番R756(?)です。どう見てもマスタングⅡ、しかも寸法はほぼぴったり1/43なのです。実車の人気が今一つのためか、殊に1/43のミニカーには恵まれていないマスタングⅡ、我らがトミカダンディも1/45と言うやや半端なスケールであり、私の知る限りでは唯一の存在がこのジルメックス製ではないかと思います。ユルイ造りですが、そう言う意味では非常に貴重なミニカーなのです。


・・・で、その貴重な1/43ミニカー、問題はその仕様が一体何なのか?と言う事であります。ご覧のように派手なエアロパーツで武装していますが、MPCのプラモデルでこんなカタチのマスタグⅡが"KING COBRA”として販売されていた事もあり、当方はいつの間にかこれがキングコブラだと思い込んでいました。。。しかし、実際フォードが'78年に販売していたキングコブラは下の画像のような外観で、ジルのミニカー程ド派手なアピアランスではありません。


King_cobra_ft King_cobra_rr


シボレー・モンザのイメージが有ったのでIMSA仕様かとも思ったのですが、手持ち資料やネット検索でヒットして来るIMSA仕様のコブラⅡは、下の画像のJL製1/64ミニカーのタイプばかり・・・。チャーリー・ケンプという人物が開発したレーシングマシンで、キャビン周りやテールランプが量産マスタングⅡに近いイメージなものの、その中身は全く別物でした。当方は子供の頃にグンゼ製のプラモデルでお馴染みでしたが、当時は「一体この変なマスタングは何だろう?実在するのかしらん?」と思っていました。(笑)


Jl_cobra_imsa_ft1_2 Jl_cobra_imsa_rr1_2


因みに本来のマスタング・コブラⅡは下のJL製1/64ミニカーのような外観です。Mach1を除くファストバックのマスタングにパッケージオプションで設定されていました。あのシェルビーマスタングGT350を彷彿とさせますが、動力性能的にはノーマルのマスタングⅡと変わらず、アピアランス・パッケージ的なものだったようです。


Jl_mustang_cobra_ft1_3 Jl_mustang_cobra_rr1_3


・・・と言う事で捜査は振り出しに戻り(笑)、手持ちの洋書を調べていて目に留まったのが下の写真。"Mustang ⅡMonroe Handler"と言うチューニングカー(?)です。元々はホッドロッドマガジンの為にカリフォルニアのクリエイティブ・カー・クラフト社のデーヴ・ケントと言う人物が製作し、その後同じ仕様で7台のショーカーが追加製作されたようです。このクルマの写真が箱絵に使われたプラキットがレベルから"COBRA STREET RACER"として発売されていました。


Mustang_monroe_handler_ft Mustang_monroe_handler_rr


同じようなチューニングカーとしてはカナダのPython社製の"Mutsang Ⅱ python”がamtのプラキットに存在します。(果たして実車が存在するのかどうかは確認出来ませんでした。。。)・・・どうでしょう?バンパーやエンジンフード等細部が異なりますが、全体としてはジルメックスのミニカーに良く似ていると思いませんか?・・・こうしたチューニングカーのスタイルをミニカー化したのではないか?と言うのが当方の浅はかな調査の結果であります。・・・どなたか事実をご存じの方がいらしたらご教授の程、よろしくお願い致します。。。



Zylmex_mustang_ft1_3 Zylmex_mustang_rr1_3


・・・と言う事で、一見ユルいミニカーに見えるジルメックスのマスタングが非常に貴重でマニアック(と、当方が勝手に思っているだけ。)と言う事がお判り頂けたでしょうか(笑)。それにしても、ノーマル仕様のマスタングⅡの1/43ミニカーが欲しいものです。HIROさんが紹介されているモーターマックスのフレッシュチェリーシリーズ、出来も車種選択も”絶妙”なので是非1/43でも展開してくれないかな~と思っている次第です。


スポンサーサイト
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10