1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ブランクカーって???

Welly_blank1


前回チラっと前振りしましたが、今回はCHP(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)特集からのスピンアウトでブランクカーをご紹介しようと思います。ブランク、ブランクカー、ブランクモデルなどと呼ばれるミニカー、一言でいうならカスタム・ポリスカー作製用ベース車両であります。上の写真は前回ご紹介したのと同じウェリー製クラウン・ヴィックですが、こちらはプルバック・モーターは内蔵しておらず、ちゃんとしたインテリアが装備されています。白一色や白黒ツートンまで塗装済みのボディに2種類のライトバー、フロントのブッシュバー等が付属し、立派なクリアケース入りで販売されています。


Welly_blank2 Welly_blank3Welly_blank4 Welly_blank5_2


アメリカのポリスカーは実物にそれこそ物凄いバリエーションがあるので、完成品ではとてもその全てをフォローしきれません。そのため”我が街のパトロールカー”を手に入れようと思ったらカスタムする事になるのです。こうした用途でデカールが別売りされています。下の写真のデカールは1/24~1/25スケール用ですが、1/43,1/18等各種スケールで様々なデカールが発売されています。この他専門のショップ(!)ではレジン製の各種ライトバー(コレがまたバラエティーに富んでいる。)やスポットランプ、はては車内に装備するショットガンなどまで売られています。ベースとなるブランクカーは1/43なら10ドル前後から買えますが、パーツやデカールを買い足して行くと、結構なお値段になるんじゃないかと思います。


Policed


パトカーのミニカーを発売しているメーカーはブランクカーを発売している場合が多く、付属しているパーツ類もメーカーによって異なり色々使い回しも出来そうです。上のクラウン・ヴィックの他に何台か所有していますのでご紹介します。


Welly_cevrolet_subrban_ft Welly_cevrolet_subrban_rr


↑ こちらは同じウェリー製のシボレー・サバーバン、フルサイズピックアップをベースとしたGM製SUVの中で最もホイールベース&全長が長く、テキサス・キャデラック等と呼ばれる事もあります。1/43と言う事になっていますが、全長がちょっと短いようで実車の迫力にやや欠けるのが惜しい所です。この手の車種はK-9ユニット(警察犬チーム)や爆発物処理班用のクルマとして配備されているようです。


Gbt_expedition_ft Gbt_expedition_rr Gbt_expedition_1 Gbt_expedition_2


↑ こちらはギアボックストイズのフォードエクスペディション。正規の1/43サイズのようで迫力満点。ライトバーが5種類も付属していてなかなかオイシイです。(・・・何が?)同社のクラウン・ヴィックと同様、各部がオープンし、前輪がステアします。


Welly_blank6 Welly_blank7


ブランク・ミニカーは元々がカスタム用のベースなので、オリジナルコンディションに拘らずに付属のブッシュバーを装着したり、ランプやウインドウ・モールディング部へメタリック・テープを貼り込んでみたり、真鍮線などでアンテナを生やしたりと言った事をすると、どんどんカッコ良くなります。また、屋根のライトバー取り付け穴を埋めてノーマル仕様やアンダーカバー仕様、或いはTAXIなんかにするのも面白いかもしれません。・・・早くデカールを入手しないと。。。


スポンサーサイト

WELLY '99 Ford Crown Victoria CHP & LAPD

    さて、CHP(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)特集のトリを務めるのは・・・。


・・・プルバック・モーター内蔵のトイカーであります。。。(笑)


Welly_crown_vic_chp_lapd_2


↑ポリスカーのミニカーがたくさん有ると、映画のシーンみたいで嬉しくなっちゃいます。・・・私って変?


・・・と言ってもこれがなかなか侮れないのですよ。100円ショップの1/64ミニカーでお馴染みウェリー製の安価な製品ですが、結構、というかかなり良い出来です。実は現行クラウン・ヴィクトリアの1/43ミニカーは意外とたくさんあって、先にご紹介したギアボックス・トイズ、ファースト・レスポンスの他、ロードチャンプス、モーターマックス、マイスト、リアルトイといった錚々たる(?)顔ぶれの他、かのIXOからもノーマル、ポリスカー、タクシーのバリエーションが発売されています。


アメリカ本国でポリスカーのミニカー・コレクションが単独のホビーとして成立しており、珍しく1/43スケールがポピュラーな事や、現代米国ポリスカーに於けるクラウン・ヴィックのシェアの高さとも関係しているのでしょうが、残念ながら数はともかく出来の良いモデルは少ないのです。IXO製は流石にディテールやフィニッシュも綺麗なのですが、個人的な好みで言うとルーフのラインが少々硬く、実車のおおらかさがやや欠けているように感じられます。


Welly_crown_vic_chp_ft_2 Welly_crown_vic_chp_rr_2


・・・で、このウェリー製プルバックカーであります。私的にはコレが一番のお気に入り。さすがに細かいディテールはキビシイ面もあるのですが、ボディのプロポーションは結構イイ線いってると思いますし、室内も車載コンピューターや後席の仕切り等、安価ながら頑張っています。今回友情出演(笑)でLAPD(ロス市警)仕様を一緒にご紹介しますが、ライトバーや細部のカラーリング、車体表記まで細かく作り分けられているのがお判り頂けると思います。床板に”FORD 1999 CROWN VICTORIA”という表記が有りますが、ラジグリやホイールキャップ等からすると実車の初期タイプをプロトタイプとしている事が判ります。(…という事が語れる位ちゃんと作られている。)


Welly_crown_vic_lapd_ft Welly_crown_vic_lapd_rr


↑LAPD(ロス市警)はそれこそ映画やTVでも最も馴染み深い存在ではないでしょうか?この黒と白のカラーリングはアメリカン・ポリスカーの基本中の基本ですよね。ですがLAPDは以外にも1/43ではモデル化が少ないのです。このミニカーはベストな車種でのモデル化でとても嬉しい存在です。ドアのスローガン、" to protect and to serve "やリアフェンダーの" emergency 911 "リアバンパーの" DARE"The Drug Abuse Resistance Education program、子供たちをドラッグから守ろうという活動)の標記など細部まで実に良く再現されています。


Welly_crown_vic_chp_lapd_2


↑1/43がプルバックモーター付きでルース販売、1/64は100円ショップアイテムとはいえちゃんと箱に納まっての販売、う~~~む。。。。(1/64 CHP仕様はマイスト製)


実はこのウェリー製のクラウン・ヴィクトリア、プルバックモーターをオミットしてちゃんとした内装を装備したコレクティブル・バージョンもあるのです。ブランクカーとして販売されているのですが・・・はて、ブランクカーって???・・・それは次回詳しくご紹介しようと思います。(・・・まだ続くのか!?)


FIRST RESPONSE '07 Ford Crown Victoria CHP

Fr_crown_vic_chp_1


ギアボックス・トイズに続いては、新進ブランド”ファースト・レスポンス”をご紹介しましょう。この新しいメーカーは現在までに'41Ford, '07 Crown Victoria, '07 Dodge Charger(+2タイプのヘリコプター)のポリスカーバリエーションを発売しており、今後'50 Ford や'07 Dodge Magnum等の発売も予定しています。古のホワイトローズやギアボックスと異なり、ノーマル仕様等も多数のカラーバリエーションで展開予定です。


クラウン・ヴィクトリアはほぼ最新の'07年型。CHP仕様は今の所通常タイプとホワイトボディのスリックトップタイプの2種類が発売されていますが、通常カラーのスリックトップ仕様や車両No.・アンテナ等の装備の微妙に異なるバリエーションも発売されるようです。また、ダッジ・チャージャーにもCHP仕様が予定されており、こちらも楽しみです。


Fr_crown_vic_chp_ft1 Fr_crown_vic_chp_rr1


Fr_crown_vic_chp_2 Fr_crown_vic_chp_3


※↑小さい画像はクリックでちょっと拡大します。


・・・まずは通常仕様から。このモデルもフロントドア、エンジンフード、トランクが開閉、前輪ステア機構を完備しています。エンジンルームはシルバーとブラック2色のパーツ構成でなかなか細密感があります。トランクルーム内には発煙筒他、何やら色々と警察の備品も搭載されています。室内も車載コンピュータや無線装置、後席の仕切り等細かく再現されています。


フロントのブッシュバーやスポットライト、ルーフ上にはベクター・タイプのライトバー、無線アンテナ、黒い円盤状の物体(GPS?)などが装備されなかなか物々しい雰囲気です。足元はブラックウォールタイヤ、ブラックのスチールホイールにメッキのハーフキャップというお馴染みの仕様。


Fr_crown_vic_chp_ft2 Fr_crown_vic_chp_rr2


一方のスリックトップ仕様の方はホワイト1色のボディーカラー。ハイウェイでの高速度追跡のため、空気抵抗となるライトバーをルーフ上から取り去って室内に設置した”より実戦向き”なスリックトップ仕様ですが、通常のブラック/ホワイト2トーンカラーの他にこうしたホワイト1色の個体も存在します。↓マスタングの時にも記しましたが、事情を知らなければ何となく物足りなく思える外観も、無駄を極力廃した戦うための姿だと知ると一種の凄味すら感じられますね。


室内のパーセル・トレイ上に移設されたライトバーやノーマル仕様と異なるフルホイールキャップ等細かな所まで拘った作り分けがなされています。・・・が色々頑張っているもののやはりボディのプロポーションはちょっと微妙ですね~。このあたりは次作であるダッジ・チャージャーは作風がこなれてきたのかずいぶん良くまとまっているように見えます。同社ホームページ上で公開されているダッジ・マグナムもなかなか良さそうですし、今後に期待できそうなメーカーです。


Fr_crown_vic_chp_4 Fr_crown_vic_chp_5


GEARBOX TOYS '99 Ford Crown Victoria CHP

Gbt_crown_vic_chp_ft0 Gbt_crown_vic_chp_rr1


さて、ご紹介して来たCHPポリスカーですが、最後に現行のクラウン・ヴィクトリアを幾つかご紹介してひとまず終わりにしたいと思います。


シボレーのカプリース/インパラ亡きあと、旧き佳きアメリカン・フルサイズセダンの伝統を今に伝えるのがフォードのクラウン・ヴィクトリアとその姉妹車マーキュリー・グランドマーキス、同じシャシーをベースにしたリンカーン・タウンカーといえます。残念ながらクラウン・ビクトリアは'08年からフリートユース向けの販売のみになってしまい、一般向けの販売は無くなってしまったようです。未だポリスカー・タクシーでは圧倒的なシェアを誇っていますが、NYではイエローキャブを全車ハイブリットカーにするそうですし、ポリスカーでもダッジ・チャージャー等の新たな競合車種が現われ、その前途は風前の灯なのかもしれません・・・。


現行モデルは'98年に登場。パンサーと称する独立したフレームを持ち、リアサスペンションを変更したり、追突対策でリアバンパーを大型化する等の改良は行われましたが、基本的に同じボディのまま10年間造り続けられている事になります。今や映画でポリスカーが登場するとほとんどがこのクルマ、少し前の映画"TAXI NY”で堂々と主役を張った事は(少なくとも当方には)記憶に新しい所です。このおおらかなセダン、何とも言えず好きなのですよね~。私みたいな日本人から見るとこれぞアメリカ車ってカンジがします。1年でも多く生きながらえて欲しいものです。


Gbt_crown_vic_chp_ft2 Gbt_crown_vic_chp_rr2


↑各部が可動し、スペアタイヤ等アクセサリーも盛り沢山です。最近のミニカーでは珍しい?


モデルはギアボックス・トイズ製でエンジンフード、フロントドア、トランクが開閉し、前輪もステアします。エンジンフードは実車のようにステーで支える構造になってるのが面白い。室内も前席と後席の仕切りや車載コンピュータ等細かく作り込まれています。・・・が、プロポーションが何となくユル~いのですよね~。カラーリングも以前紹介した先代モデルの頃からピラーはブラックになってると思うのですが・・・。このメーカー、クラウン・ヴィクトリアの他、FFになったシボレーインパラやSUVのフォード・エクスペディション等のポリスカーを販売していましたが、現在は製造を止めてしまっている模様です。


Road Champs '99 Chevrolet Camaro CHP

Rc_99_camaro_chp_ft Rc_99_camaro_chp_rr


ブログをリンクして頂いている覆面えるさん、当方のシボレー・カプリースの記事↓に連動して下さいました。いつも有難うございます♪♪。カプリスからインパラSSに型改修されたキットをカプリスに戻すと言う逆転の発想(で、見事キットで存在しない年式のカプリス・ポリスカーを製作されています。えるさんのコチラコチラの記事にも併せて、連動返し発動しますぅ~。


・・・と、言う事でカプリスと同じシボレーのカマロであります(笑)。オプションコードB4Cと呼ばれるポリス・インターセプター用”スペシャル・サービス・パッケージ”、4thカマロの後期型です。この世代のカマロは'93年にデビュー、当初は3rdカマロのイメージを受け継ぐ奥まった角型4灯ヘッドランプでしたが、'98年のフェイスリフトで異型ヘッドランプの新しい顔に生まれ変わりました。しかし時のアメリカはピックアップ・トラックやSUVの全盛時代、ポリスカーとしてだけではなく'02年にはカマロ/ファイアバードそのものがGMのラインナップから消えてしまったのでした・・・。


ミニカーは当ブログではお馴染みのロードチャンプス製。CHPのポリスカー仕様もさる事ながら、4thカマロの1/43ミニカーとしても非常に貴重な存在。各種ポリスカーの他、ノーマルZ28仕様のバリエーションも存在します。(ノーマル版は別の機会にご紹介したいと思います。)ナンバープレート部分に"1999"とプリントされていたので'99年型としましたが、昔と違い最近のアメリカ車は、外観で年式を特定出来る程頻繁なモデルチェンジはしなくなりましたね。


Rc_99_camaro_chp_ft1 Rc_99_camaro_chp_rr1


カマロ、ファイアバードが生産中止に追い込まれた時は「これほどのビッグネームも消え去る運命なのか・・・。」と、大きな衝撃を受けたものでした。時は流れ'09年型としてカマロが復活しようとしています。ダッジ・チャレンジャーも見事復活しましたし、当方のようなポニーカー/マッスルカー好きには感慨深いモノがあります。ミニカーの世界では次期カマロのポリスカー仕様も続々発売されているようですが、果たして実車の世界ではどうなるでしょうか?期待して待ちたいものですね。


Rc_99_camaro_chp_1


「・・・412号車異常なし、と。」(笑)


HONGWELL '95~'97 Ford Crown Victoria CHP

Hongwell_crownvic_chp_ft1_2 Hongwell_crownvic_chp_rr1


GMのカプリースに続いては、ライバルのフォード・クラウン・ヴィクトリアをご紹介します。この世代のクラウン・ヴィクトリアはカプリースとほぼ同時期の'92年にモデルチェンジしました。当時のフォードは大ヒット作のトーラス/セーブルを中心に独特なエアロダイナミックデザインを売り物にしており、クラウン・ヴィクトリアも角張った先代モデルから丸いルーフやグリルレスのエアロボディに生まれ変わりました・・・が、さすがにこのクラスでグリルレスは不評だったのか、翌'93年にメッキのグリルを与えらえれ、'95年にはテールランプが横長のデザインに変更されました。メカニズムは古き良きアメリカン・フルサイズの伝統、独立したフレームの後輪駆動レイアウトでしたが、エンジンは新開発のSOHC 4.6L V8エンジンを搭載していました。


ミニカーはホンウェル製で、後期型にあたる'95~'97をモデル化しています。安価な製品ながらなかなか良い出来で、ややオーバースケールながらベクタータイプと呼ばれる独特のライトバーや、フロントドアとルーフの上面のみをホワイトに塗り分けるCHPの最新カラーリングをしっかり再現しています。ラジエーターグリルやホイールキャップのフォードのブルー・オーバル・エンブレムも鮮やかに表現されています。この金型はCHPの他、NYPD(ニューヨーク市警察)をはじめ何種類かのバリエーションが発売されていますが、CHP内でも何種類かのバリエーションが見られます。当方の知る限り上のモデルを含め4種類ほど仕様違いが有りますので簡単にご紹介します。


Hongwell_crownvic_chp_ft2 Hongwell_crownvic_chp_rr2 


先ずは上のモデルとおなじCHP最新カラーリングながら、インテリアカラーがブラックのモデル。CHPの場合、内装はベージュというイメージがあるのですが・・・。


Hongwell_crownvic_chp_ft4_2 Hongwell_crownvic_chp_rr4


続いてはルーフがピラーまでホワイトに塗られたモデル。この時代でこのカラーリングが有ったのかどうかはよく判りません。インテリアは”らしい”ベージュ


Hongwell_crownvic_chp_ft3 Hongwell_crownvic_chp_rr3


最後は同じくピラーまでホワイトながらエンジンフード中央にブルーのサークルが描かれたモデル。リアフェンダーの"Safety and Service"の標記がなく、後部の"HIGHWAY PATROL"の標記もトランクリッドではなくバンパーに描かれています。こういう仕様が実在したのかは謎です。こちらもインテリアはベージュです。


Hongwell_crownvic_chp1


この世代のクラウン・ヴィクトリア、前期型('92)、中期型('93~'94)がCHP,LAPD仕様で大挙して映画”60セカンズ”(原題;GONE IN 60 SECONDS)に出演していました。上の画像のシェルビーGTは'68年型で劇中の'67年型モディファイ版GT500E(エレノア)ではない”なんちゃって”仕様ですが、それっぽい雰囲気にしてみました。エレノア、1/43のモデルが欲しいです。。。


Road Champs '91 or '92 Chevrolet Caprice CHP

Rc_caprice_1


CHP特集、今回は'91年にモデルチェンジを行ったカプリースをご紹介します。直線的なスタイルの先代モデルから一転、曲線的で流れるようなボディラインになりました。'91&'92は初期モデルにあたり、後方へ流れるサイドウインドウグラフィックとリアタイヤをスパッツ状に覆ったホイルアーチにより、ボディが実際の寸法以上に長く見えるように感じられます。'93年からリアホイールアーチが通常の半円形でタイヤが露出したタイプとなり、'95年からサイドウインドウグラフィックが変更されて'94年に登場したインパラSSと同じデザインになったようです。


このクルマも映画やTVでお馴染みの存在、当方も先代共々大好きな1台です。(いったい大好きな米車が何台有るんだか。。。)因みに'94~インパラSSはカプリースのポリス・インターセプターのみに設定されていた高性能LT1 V8ユニット搭載車をベースに、一般向けに発売したスポーツモデル。伝統の名に負けずこれがまたクールでカッコ良いんですよね~。


Rc_caprice_ft1_2 Rc_caprice_rr1_2


さて、画像のモデルはロードチャンプス製、造りは素朴ですがプロポーションは結構良いのではないかと思います。この金型はそれこそどれ位のカラーバリエーションが有るのやら・・・。'90年代初頭、CHPのカラーリングがピラーまで白く塗っていたのかどうかはよく判りませんが、リアドアまで白く塗ってしまったのはエラーなんじゃないかと思います。このカラーリング&ライトバーだと、どちらかと言うとCHPと言うよりLAPD(ロス市警)等の雰囲気ですね。プルバックモーターを装着している訳ではないのですが、リアドア以降のウインドウはブラックアウトされていて内装は省略されています。ロードチャンプスのカプリースはホイールアーチを変更した後期タイプも存在します。この他、この世代のカプリースの1/43モデルは高価なホワイトメタルや、キンスマート製の最後期タイプ(プルバックモーター付きのポリスカー/タクシー)等が有りますが、決定版と言えるモデルは残念ながら無いように思います。



Rc_caprice_2


↑ちょっと手を加えるだけでぐっと見え方が良くなります。フロント周りの印象把握は悪くないと思います。


Rc_caprice_3_2


↑車高が落ちてるのがお判り頂けるかどうか・・・。リアホイールの隠れ具合が結構違うと思いますが・・・。実物で見ると結構良い雰囲気になってます。


実は今回のミニカーは完全なオリジナル状態ではありません。ヘッドランプはクリアレンズのなのですが、レンズの後ろはボディカラーの黒のままだったので1度分解してヘッドランプを外し、アルミテープを貼ってあります。左側のランプレンズの形状が良くなかったので、上辺をヤスリがけで整えました。また、車高(最低地上高)が高すぎたので、樹脂の板バネにプラ板を挟んで車高を落としてあります。全くのお手軽加工ですが、上の写真の通りオリジナルに比べてだいぶ雰囲気が良くなりました。車高が落ちた事でどっしりと落ち着いた感じになり、フルサイズらしい貫禄が出たように思います。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08