1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

2010年型マスタング来た~!!・・・良い出来なのに。。。Maisto '10 Mustang GT Conv.

'05年型としてデビュー後、日本導入迄に時間の掛った現行マスタングですが、スタイリングを大幅にリフレッシュした2010型は早々に日本市場に導入されるようです。そんな2010年型マスタングのミニカーを入手!!・・・でも手放しでは喜べない当方なのです。。。今回は2010年型マスタングネタと言う事で、お友達のHIRO620さんのコチラの記事に勝手連であります。


Maisto_10_mustang_conv_ft1 Maisto_10_mustang_conv_rr1


標準スケール”近辺”では貴重な最新2010年型、しかもコンバーチブルののミニカー。”近辺”じゃなければなぁ。。。どうしてこう言うビミュ~なスケールなんだろう・・・。


●良い出来なのに・・・。(以下画像はクリックでちょっと拡大。)


2005年型でデビューした現行マスタング、2010年型としてボディ外板の大部分を一新する大幅なフェイスリフトを行った事は以前もお伝えしましたが、ようやく標準スケール”近辺”のモデルを入手しました。ミニカーは意外な事にマイスト製。しかもクーペばかりだった現行マスタングのミニカーとしては貴重なコンバーチブルでのモデル化です。プロポーションは中々良いのではないかと思います。ティンティッド・クリアの派手なレッドメタリックもなかなか実車の雰囲気を捉えています。コンバーチブルなのでインテリアも良く見えま・・・アレ??マスタングなのに2シーター???


Maisto_10_mustang_conv_ft2 Maisto_10_mustang_conv_rr2


↑ミニカーの名誉のために言うと、メタリックレッドのボディカラーは当方のつたない写真よりはずっと綺麗なイメージです。


勘の良い方はお気付きもしれませんが・・・そうです。このミニカーは例によってプルバックモーターで爆走しちゃうトイカーなのであります。そして残念な事にスケールは1/43よりも一回り大き目。ホイールベースで換算すると概ね1/39~1/40スケール。せっかく2010年型マスタングのミニカー、しかも珍しいコンバーチブルなのに・・・。一応立派なプラケースに収まっていて、台座には”マスタング・アニバーサリー・セレブレーション”なんて書いてあるのですが、ややオーバースケールでプルバックモーター付きだと、おめでた気分もちょっぴりマイナスだったりして・・・(笑)。


Maisto_99_mustang_conv_ft Maisto_99_mustang_conv_rr


↑コチラは国内の観光地土産物店で捕獲の先代マスタング。ボディのデフォルメもなく、ホイールもきっちり純製品が再現されています。後期型コンバチのミニカーはとても貴重なのですが。。。コチラは床板に1/39の表記が・・・。


と言う事で中々良い出来なのに残念なマイストの2010年型マスタングのミニカー、海外オクで入手した物で表示は1/43となっていましたが、実はそれより大きいんじゃないかという予想はしていました。というのも、マイストにガッカリさせられた経験は過去にもあったからなのです。ご覧頂いている先代マスタングのコンバチは国内某観光地の土産物売り場で捕獲したのですが、プロポーションも良いしこの世代の後期型のダイキャストミニカーは少ないので貴重だったのですが・・・やっぱりプルバック付きでスケールもちょっと大きいのです。価格が安かったから良いようなものの、ニューエッジデザインの先代後期型、しかもコンバーチブルのミニカーを見つけた喜びと、それを手に取って生じた「ちょっと大きいんじゃないか?」と言う疑念は、まさに天国と地獄の如しでした。。。(大袈裟)


●マイストだけじゃない”惜しい”ミニカー達。


さて、こうしたちょっと大きくて”惜しい”ミニカーはマイストだけでは有りません。同じ様なモデルはウェリーにもあって、コチラもプロポーション等出来は中々良かったりします。


Welly_70_mustang_ft Welly_70_mustang_rr


↑この'70マスタングなんて、下手するとマッチボックスの1/43よりグッドプロポーションだったりします。


Welly_96_camaro_ft Welly_96_camaro_rr


↑4thカマロの前期型、しかもコンバチなんて、1/43だったら物凄く有難いのに・・・・。


Welly_95_corvette_ft_2 Welly_95_corvette_rr


↑プルバックモーターは内蔵していないものの、内装パーツにはそのための出っ張りが。。。


ご覧頂いている'70マスタング、4thカマロのコンバチ、C4コルベットのコンバチは、海外オクに手を出し始めた頃、出品者のスケール表示を信じて痛い目を見たのでした。出品者氏はやりとりの対応も親切で悪意はなかったようですが、1/43というスケールが彼の地でメジャーではない事を痛感させられる部分です。こうした”おおらかな”スケール表記の出品は海外オクでは結構多いので要注意です。ミニカーは安価だったとは言え、高い送料を払って届いた商品を見たときのショックは大きかった・・・(笑)。入札の前に素姓のハッキリしないモデルについては良くリサーチをするべきでした・・・。まあ、良い勉強をさせてもらいました。。。


スポンサーサイト

遂に発売!!Part2 GOODSMILE RACING '67 Shelby GT500

え~と、どうにも嬉しくてしょうがないのでこちらもご紹介しちゃいます。


Gsr_shelby_gt500_1


待ちに待ったグッドスマイルレーシングの'67シェルビーGT、金曜日のサークルKサンクス限定版スーパースネークに続き、昨日通常版のシェルビーGT500の方を入手しました。今回は速報と言う事で、細かい事を言わずにとりあえず画像のみアップしておきます。スーパースネークとの並びはやはり見応えがあります(笑)。


Gsr_shelby_gt500_ft1 Gsr_shelby_gt500_rr1


モデルは独特のブルーメタリックに太いホワイトのレーシングストライプが2本走ったお馴染みのカラースキーム。模型化の貴重さはさておいて、やはり見慣れたこのカラーリングの方が落ち着きます。ブルーの色調もとても良い雰囲気で、メタリックと言う事もあって正直ミニカーとしての見栄えはスーパースネークより上な気がします。スーパースネークと異なるラジエターグリル廻りやホイール等の再現度も素晴らしく、とても美しいモデルだと思います。


Gsr_shelby_gt500_ft2 Gsr_shelby_gt500_rr2 Gsr_shelby_gt500_2


↑トップの写真と逆の並び・・・白いクルマと暗い色のクルマを一緒に撮るのって難しいです。。。


・・・ところでグッドスマイルレーシング様、カスタマー登録が出来ないのですが・・・。


遂に発売!!GOODSMILE RACING '67 Shelby SUPERSNAKE

え~、本当は別の記事をいくつか仕込中だったのですが、今日はめでたくこちらが発売になったので急遽予定変更させて頂きます。


Gsr_shelby_supersnake_1 Gsr_shelby_supersnake_2


↑ケースは背後にミラーを配し、床は白黒のビニールタイル風。凝っていてなかなか良い感じです。


・・・と言う事で、過去にコチラコチラで動向をウオッチしていたグッドスマイルレーシングのシェルビーGTが遂に発売になりました。いや~~~待ちました!・・・しかし待った甲斐もありました!!。今日は会社帰りにサークルK/サンクス限定予約のスーパースネークの方を買って来ましたが、懇意にして頂いているミニカーショップの方には通常版のシェルビーGT500も入荷している筈です。・・・明日買いに行かないと。。。いずれ通常版も合わせてしっかりご紹介したいと思うので、今日はとりあえず画像による速報版としてお送りします(笑)。


Gsr_shelby_supersnake_ft2 Gsr_shelby_supersnake_rr2


ノーズを延長した事による独特の長細いプロポーション、各部のディテールやアイボリーホワイトのボディカラー等々。お好きな方々が拘って作っているなあと言う感じがひしひしと伝わって来ます。バンパーやホイールの質感も、しっとりと落ち着いた上質な仕上がりだと思います。


さて、当初は製品化がアナウンスされていなかったスーパースネーク版、実車はフォードGT直系の427cu.in.サイドオイラーを搭載し、製作は1台のみに留まったウルトラレアマシン。通常のGT500/350とは構成の異なるラジエターグリルはしっかり再現されています。特徴的なエンジンフードのルーバー('68モデルにちょっと似ている)は残念ながらプリントで処理されました。このあたりは少量生産のレジンやホワイトメタルのような訳には行かなかったのかもしれません。ABS製のボディはシャープで、やはりダイキャストとはまた一味違った魅力があります。・・・でも、手に持った感じはやぱりちょっと軽いかな・・・。


Gsr_shelby_supersnake_ft1 Gsr_shelby_supersnake_rr1


と言う事で明日は通常版を買いに走らねば。。。早く並べてみたい!今後の予定品も全部並べたい!!・・・ついでに最新版のスーパースネークとも並べてみたい!!!・・・だけどお財布はスーパースネークならぬスーパー火の車です。。。


散財の季節がやって来た!!~ホビーフォーラム2009レポート

散財の季節到来!?・・・今年もホビーフォーラムが開催されました。昨年の記事からもう1年が経過してしまったのかという感じですが、とにかく行ってきましたのでレポートします。


09_1 09_2


↑照明が暗めで手ブレた写真が多かったのですが、会場の空気はまさにこんな感じでした(笑)。ホビーショーとは違って販売が主体のイベントです。


今年は昨年の会場である大桟橋ホールから、お隣の横浜赤レンガ倉庫に会場を戻しての開催。照明を落としたシックで落ち着いた空間に、何やら全くそぐわぬ熱気が充満・・・プラモデル等、クラブ作品の展示を眺める気もそぞろ。心は物欲の鬼と化し販売ブースを物色。何しろこの日の為に今月のお小遣いはすべて温存していたのですから・・・(笑)。結果、なかなかのお宝をお手頃価格でゲットしてきました。いずれ1台づつご紹介するとは思いますが、本日の成果として簡単にご紹介します。


09_5


↑先ずは密かに最大のお目当てだった古(いにしえ)系のミニカー達。今回は奇しくもシボレーコンパクトを2台捕獲。前回もご紹介したイスラエル製ガムダクールのシボレーコルベアはケースも付いてとても良いコンディション。朱色のノバは南米、アルゼンチンからやってきたブービー製。4ドアセダンでちょっとリアの持ちあがった車両姿勢や草レース風のカラーリングセンスが素敵。当方ブービーは初入手ですが、このモデルは1/43よりやや大き目。タイヤ&ホイールには残念ながら例の奇病の兆候が見られます。


09_6


↑少し前の製品はかなりお買い得な値付けで販売されています。マッチボックスのフォード・ブロンコは定価の1/3位、ネオのレジン製シボレー・エキスプレス・アンビュランスは勿論”ワケ有り”ながら何と定価の1/5以下。以前から気になっていましたが、定価だったら当方にはちょっと手出し出来ないお値段でした。細かいパーツがバラバラと外れていましたが、軽作業で概ね修復しました。


09_7


↑スターターのレジンキットのストックカー、'68マーキュリー・サイクロンと'90サンダーバードは2台で1台分の2/3位の価格でゲット。サイクロンは同年代のフォードトリノと同系のボディですが、より豪華なエンジンフードや顔周りが魅力。例によっていつ完成するかは全く不明です・・・。


09_3 09_4


↑プロの方を含めレベルの高い作品も展示されていたのですが、”物欲の鬼”と化してじっくり拝見する心理的余裕ゼロ。ごめんなさい。。。


と言う事で今日は真っ白に燃えつきて灰になりました(笑)。今年は土曜・日曜と2日間の開催。恒例の会場限定ミニカーは明日15日の販売です。(当方の守備範囲外で良かった。。。)今日より天気も良いみたいだし、興味のある方は是非行かれては如何でしょうか?


ホビーフォーラムのサイトはコチラ。


会場の横浜赤レンガ倉庫の案内はコチラ。


海外では人気者!?Gamdakoor Sabra '68 Pontiac Firebird 400

今回は久しぶりにガムダクール サブラをご紹介したいと思います。このイスラエル製のミニカーに関しては、過去の記事で当方なりの考察を述べて来ましたので興味のある方は下記のリンクからご笑覧下さい。


Après longtemps, j'aimerais introduire une voiture modèle de Gamdakoor Sabra. J'ai écrit plusieurs articles au sujet de ces voitures modèle avant. Si vous aviez intéressé dans, veuillez vérifier comme suit le lien.


After a long time, I would like to introduce a model car of Gamdakoor Sabra. I have written several articles about these model cars before. If you interested in, please check it out as follows link.


http://1-43cu-in.blog.ocn.ne.jp/blog/gamda_koor_sabra/index.html


Gamdakoor_firbird_1


さて、今回ご紹介するのは初代モデルのポンティアック ファイアバードです。プラスチック製ケースの大きさにより、車種によっては1/43よりもかなり小柄になってしまうこのシリーズのミニカーにあって、過去にご紹介したプリマス・バラクーダフォード・マスタング、未紹介ですが、フォードGTやC2コルベット、シボレー・コルベア、シボレーカマロSS、VWビートルと共に概ね1/43スケールとなっています。シルバーのボディにマットブラックのエンジンフードとトランクリッドがなかなかカッコ良い1台。複雑な塗り分けはシンプルを旨とする(?)ガムダクールでは珍しい事かもしれません。


Ce temps, j'aimerais présenter 1ère génération Pontiac Firebird. La plupart des voitures du modèle de Gamda sont plus petit que 1/43 échelle, mais ce Firebird est presque 1/43 échelle. Aussi Plymouth Barracuda, Ford Mustang, Ford GT, Chevrolet Corvair,  Corvette Stingray, Camaro SS et Volkswagen sont 1/43 échelle. Argent et natte la couleur du corps noire semble si frais. Je ne pense pas que tant de Gamda a deux peinture des couleurs.


This time, I would like to introduce 1st generation Pontiac Firebird. Most of Gamda's model cars are smaller than 1/43 scale, but this Firebird is just about 1/43 scale. Also Plymouth Barracuda, Ford Mustang, Ford GT, Chevrolet Corvair, Corvette Stingray, Camaro SS and Volkswagen are 1/43 scale. Silver and mat black body color looks so cool. I think not so many Gamda cars has two colors paint.


Gamdakoor_firbird_ft1 Gamdakoor_firbird_rr1


床板に刻印されたネーミングはシンプルにポンティアック・ファイアバードですが、エンジンフードのバルジ部分に400の文字がレリーフされています。また、ドアに三角窓が無い事と、フロントフェンダーのサイドマーカー、及びリアフェンダー後端のポンティアックマークの彫刻から、年式は'68年型と思われます。アーテル&デルプラドの'67ロードチャンプスの'69と合わせて初代ファイアーバードが年次毎に揃ってしまいました。


Le nom de voiture a écrit simplement comme "Pontiac Firebird" sur son châssis. Mais vous serez capable de voir "400" logo sur son capuchon du moteur. La voiture modèle n'a pas fenêtre de la ventilation sur sa porte et a lampe du marqueur latérale et insigne "PONTIAC" sur pare-chocs. Donc je pense que c'est un 68MY Firebird 400.


The car name has simply written as "Pontiac Firebird" on its chassis. But you will be able to see "400" logo on its engine hood. The model car has not ventilation window on its door, and has side marker lamp and "PONTIAC" badge on fender. So I think this is a '68MY Firebird 400.


Gamdakoor_firbird_ft2 Gamdakoor_firbird_rr2


以前私のガムダクールの記事がフランスのミニカーフォーラムで紹介された事が縁で、何人かのフランスの同好の士と知り合う事が出来ました。そうした友人の1人であるjacquespierrelouisさんから氏の素晴らしいガムダクールコレクションの画像をたくさん送って頂いたので、その幾つかご紹介したいと思います。


J'ai obtenu occasion de connaître l'un l'autre avec quelques personnes françaises sur forum de la voiture du modèle français avant. Mes jacquespierrelouis de l'ami ont envoyé à moi un beaucoup de belles photos au sujet de ses grandes collections. J'aimerais en introduire quelques-uns de sa collection Gamdakoor. Merci tant de jacquespierrelouis!!


I got opportunity to know each other with some French persons on French model car forum before. My friend jacquespierrelouis sent to me a lots of beautiful photos about his great collections. I would like to introduce some of his Gamdakoor collection. Thank you so much jacquespierrelouis!!


Fordtorinopict0079copie Fordtorinopict0082copie


↑当方は未だ出会った事のない幻の逸品。'68フォードトリノ。素晴らしいプロポーション!


Je n'ai jamais vu ce 68 Ford Torino rare. Quelle belle forme!


I have never seen this rare '68 Ford Torino. What a beautiful shape!


Pontiacfirebirdpict0069copi Pontiacfirebirdpict0073copi


↑当方の手持ちとは異なるカラーバリエーションの'68ファイアバード400。


Couleur différente avec ma propre collection. 68 Firebird 400.


Different color with my own collection. '68 Firebird 400.


Chevroletcamarosspict0093co Chevroletcamarosspict0094co


↑ファイアバードの兄弟車である'68カマロSS、


'68 Chevrolet Camaro SS, frère de 68 Firebird 400.


'68 Chevrolet Camaro SS, brother of '68 Firebird 400.


Fordmustangpict0100copie Fordmustangpict0104copie


これも私の手持ちの赤とは異なる'66マスタングHT。ブルーメタリックも美しいです。


Aussi, couleur différente avec mon rouge. Beau LT. couleur métallique bleue.


Also, different color with my red one. Beautiful LT. blue metallic color.


Fordthunderbirdpict0132copi Fordthunderbirdpict0135copi


'68のフォードサンダーバード。こちらも美しいブルー・メタリック


'68 Ford Thunderbird, aussi beau bleu couleur métallique.


'68 Ford Thunderbird, also beautiful blue metallic color.


Plymouthbarracudapict0086co Plymouthbarracudapict0089co


↑こちらも私の手持ちのイエローとは異なるパープルメタリックの'66バラクーダ。


Aussi, différent avec mon jaune un. '66 Plymouth Barracuda.


Also, different with my yellow one. '66 Plymouth Barracuda.


当方もまだご紹介していないガムダクールのコレクションがあるので、今後も少しづつご紹介してゆこうと思います。


J'ai aussi quelques-uns plus de Gamda Koor voitures modèle, j'aimerais introduire ces voitures modèle dans un autre jour.


I also have some more Gamda Koor model cars, I would like to introduce those model cars in another day.


愛しのトイカー達 UPSに続いては・・・ ~Golden Wheel Step Van

少し前にUPS(United Parcel Service)茶色い配送車のトイカーをご紹介しましたが、今度はFedExのウォークインバンのミニカーが手に入りましたのでご紹介します。尚、今回はパネルバン繋がりと言う事で、覆面えるさんのコチラの記事に勝手連であります。


Utilimaster_van_fedex_0


↑安価とは言え、先のUPSに比べるとちょっと高かったので配備は2台に留まりました。これまた以前ご紹介済みのダッジ・スプリンターと合わせてFedExの営業所風(笑)。


FedExについては日本でもお馴染みなので今更ご紹介するまでもないですよね。当方は以前、会社で1度だけジッパーのついたボール紙の封筒を受け取った事があり、「おぉ~。アメリカみたいでカッコイイ!」とか、バカな考えが頭をよぎったりしたものです(笑)。今回ご紹介するのはFedExカラーのウォークインバン、実車を製造しているのはUtilimaster(ユーティリマスターとでも読むんでしょうか?)という会社で、フォードやフレートライナーのラダーフレームシャシーにアルミ製の四角四面のボディを架装したものです。UPSの時にご紹介したグラマン・オルソン(現在は所有者が変わって社名がモーガン・オルソンに変わっています。)と共にウォークインーバンの大手製造メーカーです。


Utilimaster_fedex_ft1 Utilimaster_fedex_rr1


↑各部の角R以外はほとんど直線と平面で構成されるシンプルなボディ。でも何処か憎めない愛嬌があります。


ユーザーニーズに合わせ、ホールベースや全長・全幅に色々とバリエーションが有るのですが、こうした平面主体のボディならそうした作り分けにも対応しやすそうです。本来の配送業務の他、食糧の移動販売車からSWATの人員輸送車まで硬軟様々な用途に活躍していますが、古くから小口配送が普及していた米国だからこそこうした配送バンにも大きな需要があるのでしょう。ドライバーが配送先で運転席から直接荷台の配送物を取り顧客へ届ける・・・効率的に仕事をするために必要な機能を考え、それに対して無駄を極限まで削ぎ落としたような実用一点張りの機能美を感じます。それでいて定規で図面を引いただけみたいな単純極まりない顔周りなど、どことなく愛嬌もあるから不思議です。(子供の頃、東京タワーで握手したハリボテのロボットを想い出してしまう。/笑)


Utilimaster_fedex_ft2 Utilimaster_fedex_rr2


↑ご覧のようにテールゲートは開閉可能です。ホントはロールシャッター式のような気もしますが・・・気にしない気にしない・・・。


Logolow_res  実車メーカーサイト→ http://www.utilimaster.com/utilimaster/


さて、ミニカーのブランドはゴールデン・ホイール。聞いた事あるような無いような感じですが中国のメーカーみたいです。商品名はステップバンとなっていました。シャシーはプラ製ですが大柄なボディはダイキャスト製で手に持つと案外ずっしりとした重みがあります。・・・残念ながら???プルバックモータは装備されていませんでした(笑)。国内調達ですが2000円でお釣りが来る位のお値段なのが有難い一品。スケールは1/48という事になっていますが、実車の寸法をちゃんと調べたりしなければ1/43の乗用車と並べても殆ど違和感は有りません・・・って言うか実車を見た事ないのでスケール感が良く判らない(笑)。


Utilimaster_van_fedex_2 Utilimaster_van_fedex_3


↑スケールは1/48との事ですが、1/43のモデルパワー製ダッジ・スプリンター、イクソのフォード・クラウン・ビクトリアと並べても違和感は無い・・・ような気がします。。。


箱には「ハイディテールなダイキャストボディ」とか「クロームパーツ」なんてコピーがプリントされていますが、実体はなかなか良い味わいのトイカーであります。実車のどことなくユーモラスな姿が、その作風と相まってより強調されているようでとても好ましい仕上がり。パキパキのシンプル極まりないカタチなのでミニカーでもその存在感はなかなかの物です。個人的には入手出来た嬉しさ、満足度は価格に比べて非常に高かった1台(2台)。・・・それにしても、UPSの時もそうだったのですが最近どーしてこういう素朴なモデルに心惹かれてしまうのだろう・・・!?。


Utilimaster_van_fedex_4


↑UPS vs FedEx (笑)。以前ご紹介したUPSのP600パッケージカーと並べるとこんな感じ。


●”働くクルマ”カテゴリーを新設しました。


Wv1 Wv2


元々、マッスルカーやフルサイズセダン等アメリカの車が大好きな当方ですが、アメリカの働くクルマにも何とも言えない魅力を感じてしまいます。とにかく大きさも造形もダイナミックで迫力満点だったり、↑のバンみたいに実用一点張りの機能美を感じたり。今迄乗用車のご紹介の合間にこうした働くクルマ達をご紹介して来てきましたが、そこそこ数も増えて来ましたし今後もネタは色々とあるので、まとめてご覧頂けるよう”働くクルマ”カテゴリーを新設しました。対象はトラック、バン、バス、ピックアップ等。ポリスカーとタクシーは別途カテゴリーを作ってありますので除外しています。よろしかったら覗いて見て下さい。


→サイドバーにも有りますが・・・働くクルマはコチラから。


   


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11