1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

'70年代のタクシーは・・・Dinky Toys '75~'77 Plymouth Gran Fury

比較的新し目のクルマ&ミニカーでご紹介しているタクシー特集ですが、少しだけ古い物をご紹介したいと思います。


Dinky_plymouth_taxi_1


このミニカーはイエローキャブの他にポリスカー、ストックカーのバリエーションがありました。ストックカーは未入手ですがポリスカーは入手済み。いずれ別途ご紹介したいと思います。(出し惜しみ/笑。)


今回ご紹介するイエローキャブはクライスラー製フルサイズセダンであるプリムス・グラン・フューリー、年式までは特定出来ませんが'75~'77モデルイヤーのクルマです。以前 '58ベルベディアをご紹介した時にも記したのですが、プリムスのフルサイズはかつてトリムレベルの違いにより下からプラザ、サヴォイ、ベルベディア、フューリーと呼ばれていました。その後'74年まではフューリーを名乗っていましたが、'75年からフューリーの名前はインターミディエートクラスに取られてしまい、フルサイズは頭にグランを付けてグラン・フューリーと呼ばれるようになりました。以前ブルースモビルでご紹介したダッジ・モナコとは兄弟車にあたると思います。丸いシングルヘッドライトと縦長矩形のクリアランスランプ(?)をベゼルに収めた独特な顔つきをしていますが、丸4灯のオーソドックスなデザインのモデルも存在しました。


Dinky_plymouth_taxi_ft1 Dinky_plymouth_taxi_rr1


↑'60年代の輝ける製品群に比べ、各部のコストダウンによりトイライクになってしまった'70年代後半~のミニカー達。しかし、今日の細密なモデルを見慣れた目には、却って新鮮に映る・・・と、思いませんか?


ミニカーは古の(と言っても'70年代後半ですが・・・。)ディンキー製。左ドアの紙シールが褪色してしまっている以外はなかなか良好なコンディションだと思います。このキャストのバリエーションとしてはポリスカーやストックカー仕様もありました。前後バンパーやランプ類まで一体成形で床板はプラ、タイヤ&ホイールもプラ一体成型というミニマムな部品構成ですが、ボディのプロポーションはなかなか良く、実車で全長5.6m、全幅2mを超える大柄なボディは1/43でも迫力があります。そのシンプルな出で立ちは、昨今のフルディテールのミニカーを見慣れた目には却って新鮮(!?)に映ります。ガムダクールのシボレーもそうなのですが、往年のアメリカン・フルサイズの堂々たるフォルムは、シンプルなミニカーでこそ際立つのでは?などと思ったりもします


Dinky_plymouth_taxi_ft2 Dinky_plymouth_taxi_rr2 Dinky_plymouth_yellow_cab_2 Dinky_plymouth_yellow_cab_3


↑究極の部品点数削減ミニカー(笑)ですが、往年のアメリカン・フルサイズセダンの貫禄・魅力を余すところなく伝えていると思うのですが・・・贔屓目過ぎるでしょうか?


このミニカーはアメリカンフルサイズの魅力が良く引き出されていてお気に入りの1台なのですが、そもそも当方はフルサイズのセダンボディが鮮やかな黄色に塗られているだけで幸せな気分になる特異体質なので、自ずと評価も甘くなっているかもしれません(笑)。


スポンサーサイト

愛しのトイカー達~さて、どちらが似ていると思いますか?KiNSMART '95~'96 Chevrolet Caprice NYC Taxi

・・・と言う事でロードチャンプスとの比較の為、予告通りキンスマート製のシボレーカプリスをご紹介します。


Kinsmart_caprice_taxi_1


前回も記した通り、この世代のカプリスはモデルライフの中で2回、比較的大きなデザイン変更を行っており、'93モデルイヤーでリアのホイールアーチが、'95でリアクオーターウインドウの形が変わっています。今回ご紹介するキンスマートのカプリスは'95以降の後期型タイプとなります。お見せしているタクシー仕様の他、ブルー/ホワイトの2トーンの旧NYPD風塗装と、ブラック/ホワイトでLAPDとCHPが入り混じっちゃった風の2種類のポリスカー仕様がありました。室内も再現されていますが、後席には巨大なスーツケースが2個置かれていて人は座れそうもありません・・・お察しの通りココにはプルバックモーターが仕込まれておりマス(笑)。わざわざ色も塗り分けられており、このあたりはなかなか面白い処理だと思います。



Kinsmart_caprice_taxi_ft1 Kinsmart_caprice_taxi_rr1


後期型の特徴であるクオーターウインドウの形はロードチャンプスよりもコチラのキンスマート製の方が実車に近いイメージです。前後のウインドウの周囲の黒いセラミック塗装が再現されている等ディテールもなかなか頑張っていますが、このミニカーの残念な所はフロントマスク。ラジエターグリルがペタンと平面的でしかも上を向いちゃっているので、実車の鷹揚にラウンドした感じが不足しています。「人形は顔が命。」ではないですが、ミニカーにとってもお顔が似ている似ていないは重要な要素のような気がします。・・・フロント廻りの印象が良かったら、多分キンスマートの印象は格段に良くなっていたと思われます。全体としてなんとなく線がきつく、実車の伸びやかさが感じられないのが残念な感じ。伸びやか過ぎる(!?)ロードチャンプスと足して2で割った位が丁度良いかも!?


Kinsmart_caprice_taxi_3 Kinsmart_caprice_taxi_4rc


↑2台のサイドビュー。どちらも一長一短・・・と言うか帯に短し襷に流しといった所かな。。。


それとこのミニカーには太い針金2本によるサスペンション機構が組み込まれているのですが、コレがえらく強情で(笑)どれだけ押しても車体はピクリとも下に沈みません。。。車高は少々高過ぎるように感じますので、ちょっと落としてやると良さそうです。それとホイールキャップは何故か同時期のライバルであるクラウンヴィクトリア風のが付いています。お顔同様、タイヤ&ホイールの出来の良し悪しもミニカーの印象を大きく左右します。黒いスチールホイール+メッキのハーフキャップだったらずっと良い印象になったと思うのですが・・・。


Kinsmart_caprice_taxi_2


↑個人的に顔周りはロードチャンプスの方が好み。特に前期型の方がらしい感じです。


当方は元々ロードチャンプス贔屓なので、この2台ではロードチャンプスの方が好きだったのですが、今回久々に引っ張り出して改めて見てみると、キンスマートも悪くないなあと思い直した次第。何より後期型カプリスの1/43ミニカーは少ないので有難い存在であります。コレをベースにインパラSSに改造するのも悪くないかもしれません。


・・・次回は少しだけ古い車種・ミニカーをご紹介したいと思います。


さて、どこが違うでしょう!?Road Champs '91~'92 & '96 Chevrolet Caprice NYC TAXI

長年待ったMAD MAX2台セットのご紹介も済んだので、TAXI祭り(笑)に戻りたいと思います。今回は以前ご紹介したインパラの先代にあたるクルマをご紹介しましょう。


Rc_caprice_nyc_taxi_1


↑このボディのカプリースもポリスカーやタクシーでお馴染みの存在ですね。


と言う事で今回はカプリスです。前回のインパラと同じロードチャンプス製で'91~'96モデルイヤーまで生産された曲線的なボディラインのモデルです。('97年にも少数が生産されたとの情報もあります。)この世代のカプリスに関しては、過去に同じロードチャンプス製のCHPポリスカーをご紹介した事が有りますが、このタクシー仕様に関しては実車の初期タイプにあたる'91~'92年型と、後期型にあたる'96年型の2タイプのミニカーを所有していますのでまとめてご紹介しましょう。先ずは間違い探し(笑)。・・・さて、どこが違うかお分かりでしょうか?


Rc_caprice_nyc_taxi_2


↑間違い探しの答えはリアのホイールアーチとクオーターウインドウのグラフィック。ミニカーとしては何故かラジエターグリルも平板な形に改悪されてしまっています。ウインドウグラフィックもバリが出た程度にしか変わっていませんね。。。


CHP仕様のご紹介の時にも記したのですが、'91~'92の初期型はサイドのウインドウグラフィックが後方に流れるような処理になっていて、リアのホイールアーチはタイヤを少し覆うようなスパッツ状の処理となっていました。その後 '93年型からリアのホイールアーチがごく一般的なタイプとなりタイヤが完全に露出しました。そして '95年、リアクオーターウインドウのカタチが変わり、カプリスをベースに'94年にデビューしたインパラSSと同じデザインに変わっています。


Rc_91_92_caprice_taxi_ft1 Rc_91_92_caprice_taxi_rr1 Rc_91_92_caprice_taxi_ft2 Rc_91_92_caprice_taxi_rr2


↑初期型はリアタイヤが半分か隠れていて、流れるよなサイドビューのため実際以上に大きく見えるクルマでした。実は上のミニカーは車高をちょっと落としてあって、ランプも1度外して後ろにメタリックテープを貼り込んであります。


さて、ロードチャンプスのミニカーであります。'91~'92タイプの方は以前ご紹介したCHP仕様と基本的に同じキャスト。ルーフはライトバー付きのまま・・・と言う事はなく、ちゃんとタクシー用の標識灯に変えられています。各部のプリントも正しきNYC仕様で再現されていますが、黄色のボディカラーが実車のイメージより軽めな感じがします。後期型に較べるとサイドウインドーやリアホイールアーチの処理によりクルマが長く見える感じがします。なかなか流麗で魅力的なスタイリングだと思うのですが、保守的なフルサイズセダンの購買層には過剰なデザインだったのか、特徴的なホイールアーチの処理は2年で消えてしまいました。


Rc_96_caprice_taxi_ft1 Rc_96_caprice_taxi_rr1 Rc_96_caprice_taxi_ft2 Rc_96_caprice_taxi_rr2


↑金型改修の影響か、'91~'92モデルより品質が低下しているように見える'96モデル。型の合わせ等も悪くなってしまっています。


対する'96仕様(何故'96かと言うと、リアのナンバープレートの部分にそう書いてある。/笑)は'91~'92仕様を金型改修した物と思われ、リアのホイールアーチやサイドウインドウのグラフィックが変更されています。・・・と、言ってもサイドウインドウの変更はとっても微妙。言われなかったら変わったとは気付かないかも?それと、何故かラジエターグリルが少し平板な物に改悪されてしまっています。コチラも微妙な差ですが、'91~'92タイプの方が実車の印象に近い感じがします。'95~'96カプリスの1/43ミニカーは別途ご紹介予定のキンスマート製もあり、ディテールはそちらの方がきっちりしていて”らしい”のですが、プロポーションは個人的にはこのロードチャンプス製の方が好みで一長一短であります。


Rc_caprice_nyc_taxi_3


↑表面的なカタチは全然違いますが、カプリスの伸びやかスタイリングを見ていると、当方は'65~シボレーフルサイズを連想してしまうのですが・・・ミニカーは過去にご紹介しているガムダクール製'66シボレータクシー。1/43より少し小さ目です。


・・・と言う事で次回は比較の意味も込めてキンスマート製のカプリスタクシーをご紹介します。


スクリーンを駆け抜けたクルマ達(番外編)AUTO art Intersepter and enemy car from

・・・昨年末よりタクシー特集の最中ではありますが、2010年2回目の今日は早速の割り込み記事、しかも番外編でオーストラリアのクルマ達をご紹介します。。。


Mad_max2_01


●荒廃した近未来社会を強烈なイメージで視覚化したマッド・マックスシリーズ


・・・と言う事でマッドマックスであります。静岡ホビーショーで2008年2009年と2年に渡りサンプルを見せつけられていたオートアートの1/43ミニカーが、昨年末ギリギリにようやく発売されました。アナウンス通りマッドマックス2の仕様、劇中激しいカーチェイスを演じた敵車(エネミーカー)との2台セットでの発売となりました。当方は個人的には映画もインターセプターの仕様も1作目の方が好きなのですが、先ずは劇中車のモデルが1/43で発売された事を素直に喜ぶべきなのでしょうね。


Mad_max2_02


↑ケースも良い雰囲気ですが・・・デカイ!保管場所が。。。。


映画の方は近未来バイオレンスアクションとしてオーストラリア映画としては異例の大ヒット作となり、主演のメル・ギブソンを一躍トップスターへと押し上げ、第3作まで製作された事は皆さん良くご存じの事と思います。荒廃しつつもまだ警察組織も残っており、秩序と無秩序のギリギリのバランスの上でストーリーが展開した1作目に対し、2作目では荒廃がさらに進展し、完全な無政府状態になった世界が背景となっていました。1作目で主役級の活躍を見せた黒いV8インターセプターは、2作目ではそうした背景に合わせてやや荒んだ仕様となっていて、物語の途中で爆破されてしまいます。インターセプター他クルマらしいクルマが登場せず、ストーリーも殆どSFかファンタジーの領域になってしまった3作目は、クルマ好きの当方には個人的にはあまり思い入れの抱けない作品となってしまいました。。。長い年月の後に第4作の製作も噂されていますが、果たしてどうなる事やら・・・。


●インターセプターのベース車両は???


Aa_mad_max2_interceptor_ft1 Aa_mad_max2_interceptor_rr1


↑やっぱりPart1仕様も欲しいけど、2仕様はコレはコレでカッコ良いですよね・・・。


第1作の公開当時、日本では「インターセプターのベースは”ムスタング・マッハ1”である。」と誠しやかに囁かれたものですが、コレが誤りである事は作品ファンの方なら良くご存じですよね。エンジンフードのラムエアスクープが良く似ていたり、下の画像(ドライバー誌 昭和55年2月5日号より)の通り映画の劇場公開当時にマスタング・マッハ1('73年型のD車っぽい/笑)ベースのキャンペーンカーが作られたりしたのでこうした認識が広まったのかもしれませんが、黒いインターセプターのベースになったのはオーストラリアフォードが'70年代に製造していたファルコン、そのスポーツグレードであるXB GTと言われています。コレはほぼ間違いないと思われますが、ではオーストラリアフォード製のファルコンのベースは?と聞かれると問題は難しくなって来ます。


Mad_max2_03 Mad_max2_04_ford_falcon


↑記事の詳細まではお見せできませんが、画像はクリックで少し拡大します。


当方の手持ち資料、カーグラフィック別冊1979年の乗用車 外国車編によると、豪フォードファルコンは「'70年頃の米フォード、ホイールベース111インチのコンパクト/インターミディエートのボディシェルをベースにしている。」と記述されています。(上の画像は同誌から引用した'79年頃のファルコンGS。)しかし、'70頃のフォード車で111インチのホイールベースのクルマって?因みに同誌の諸元表による豪ファルコンのホイールベースは2,818mm、他の資料によると'70マスタングのホイールベースは2,745ミリ、インターミディエートのトリノ/フェアレーン/ファルコン系は2,970mmとなっています。


Ertl_ford_trino_cobra_ft Ertl_ford_trino_cobra_rr


↑ルーフ周りのカタチが似ている本家アメリカフォードの'70トリノ・コブラ。ミニカーはアーテルの1/43モデル。CLASS OF 1970というオールズ・カトラスCONV,シェビー・ノバとの3台セット物の中の1台。別色の単品売りもありました。


ボディデザイン、ルーフのラインやサイドウインドウのグラフィックは'70~'71のトリノによく似ています。しかし全長はともかくホイールベースが100ミリ以上も違っているのはちょっと説明がつきません。或いはトリノ系をベースにフロント周りを大改修して全長&ホイールベースを短縮したのが豪フォードのファルコンなのかもしれませんが、豪州のクルマに関する情報は少ないので当方にはコレ以上の事は判りません。。。詳しくご存じの方がいらしたらご教授をお願いしたい所であります。


Aa_mad_max2_enemy_car_ft Aa_mad_max2_enemy_car_rr


↑エネミーカーのベースはオーストラリアフォードのランドウと言う車種のようです。


因みに敵車(エネミーカー)のベースは何か?と言うと、コチラは同じ豪フォード製のランドウというクルマのようです。(FORD LANDAUで画像検索するとヒットして来ます。)・・・では、豪フォードランドウのベースは?と聞かれると???う~ん難しいです。'72~'73のマーキュリーモンテゴ・ファストバッククーペに似ている気もするのですが、それだと製造年次が米本国と被ってしまいますし・・・やっぱり'70~'71トリノ系がベースか!?・・・邪推はこの位にしておきたいと思います(笑)。


●肝心のミニカーの出来は?


Aa_mad_max2_interceptor_ft2 Aa_mad_max2_interceptor_rr2


話を肝心のオートアート製ミニカーに戻すと、その出来はなかなか素晴らしいと言えそうです。インターセプターの方は既に1/18で製品化済みの為手慣れた感じの仕上がり。ケースの裏面にスペアタイヤやジェリ缶、木箱等の小道具も添付されています。エネミーカーの方もかなりの作り込みで、フロントフェンダーから直出しの排気管、意味なくダブルになっているリアタイヤ等なかなかにクレイジーでアナーキーな仕上がりです。只、両車共にキレイ過ぎる・・・。ショップでモデルを見た時、思わず「美し過ぎる・・・。」と、呟いてしまいました(笑)。後々ウエザリング仕様なんて別バリが発売されたら当方は泣いてしまうカモ(笑)。それよりは1作目仕様、黄色いインターセプターとの2台セットなんかを期待したい所であります。


フォードに続いてシボレーを・・・Road Champs '00 Chevrolet Impala NYC Taxi

お正月も3が日を過ぎてしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。昨年末に開始したタクシー特集、旧年中は”フォード・クラウンヴィック祭り”に終始した感があるので、今年は心機一転(笑)シボレーのタクシーからご紹介して行きたいと思います。


Rc_00_impala_taxi_1


新年一回目にご紹介するのは'00年型シボレーインパラのイエローキャブ仕様です。インパラという名前は元々は58年型ベルエアのパッケージオプションとして登場し、'59年型で独立した車種名称となりました。その後更に上級のカプリースが設定され、ある時期からそれがベーシックグレードとなる等、シボレーフルサイズの名称は複雑な経緯を辿っています。先代の古き良きアメリカンフルサイズ、フルフレーム+FRレイアウトのカプリス/インパラSSが生産中止された後、しばらくの空白を置いて登場したのがこの'00年型インパラでした。歴史ある名前を引き継ぐクルマでしたが、歴代のインパラと大きく異なるのはモノコック構造のボディとFF(前輪駆動)であるという点、そしてV8エンジンの設定が無かったという事でしょうか。その後'06モデルイヤーでボディ外板の多くを一新するモデルチェンジを行い、V8エンジンの搭載を復活させて今日に至っています。個人的には古き良きFRの先代モデルが好きだったので、FFになったこの世代はそれほど好きではないのですが、ポリスカーやタクシーになった姿はなかなか好ましい感じです。



Rc_00_impala_taxi_ft1_2 Rc_00_impala_taxi_rr1_3


このFFのインパラが継続する一方で、ポンティアックG8やカマロのベースとなったゼータアーキテクチャーを用いて、FRのカプリスが'11年型ポリスカー専用車種として復活すると言われています。実質的にはオーストラリアのホールデンが製造しているクルマにシボレーのバッジを付けた物のようなのですが、かつて同じシボレーフルサイズの名前であったインパラとカプリスがこの先どのように共存して行くのか?それとも一方が消え去る運命なのか?興味のある所ではあります。


Rc_00_impala_taxi_ft2_2 Rc_00_impala_taxi_rr2_2


↑プロポーション、各部のディテールは先代にあたるカプリスより向上しているロードチャンプスのインパラ。特徴的な丸いテールランプも何とか表現しています。


ミニカーは先代カプリースやクラウンビクトリア等のポリスカーで膨大なバリエーションを誇るロードチャンプス製。このモデルも本来はポリスカー用として製造されたものと思われます。実車もNYPDをはじめ各警察で採用されており、このロードチャンプスの他、ギアボックストイズでも多数のポリスカーが製品化されています。同じロードチャンプス製でも、先代にあたるカプリースに較べるとプロポーション、各部のフィニッシュ等格段に向上しています。ドアとトランクが開閉するのも何だか嬉しい(笑)。残念ながら同ブランドは近年ミニカーを生産していないようなのですが、1/43アメリカ車ミニカーファンとしては是非復活して欲しいなあと思います。


Rc_00_impala_taxi_2


↑モデルはフロントドアとトランクが開閉可能・・・毎回同じパターンですいません。。。


と言う事で新しいモデルから始まった2010年のタクシー特集、少しずつ古い方へ戻って行きたいと思います。・・・と言っても古い車種は余り持ってないのですが。。。(尚、次回は新年早々飛び入り記事が入るかもしれません!?)


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01