1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

オリジナルは軽快に!? ~ Matchbox '53 Chevrolet Corvette

・・・と言う事でさっそくオリジナルの'53からご紹介です。


Matchbox_53_corvette_1


↑前回と同じく'55年に登場したライバルのサンダーバード(ミニチャンプス製)と・・・。


初代コルベットの誕生は'53年。1月にプロトタイプがモトラマで発表された後、この年の内に300台ほどが生産されたようです。この点に関しては、書籍やネット上で量産開始を'53年とするものと、'54年からとする2種類の記述が見られます。多くのミニカーやプラキットが'53年型として発売されているので、当方は初年度は'53年なのかなあと思っています。最大の特徴は量産車初となるFRP製のボディで、同じC1でも'56以降のモデルとはスタイリングが大きく異なっています。どちらかと言うと瀟洒で上品なイメージなのはハリー・アールのセンスのなせる業か、コンペチターがヨーロッパ製のスポーツカーだったからでしょうか・・・。


Matchbox_53_corvette_2


Matchbox_53_corvette_3


↑後のコルベットと較べると瀟洒で女性的なデザインだと思うのですが・・・如何でしょうか?


搭載エンジンはブルーフレームと呼ばれる直6、3,859cc/150psで、スポーツカーとしての動力性能には実はさほど見るべき所はありませんでした。'60年代にはC2やC3で6.9~7リッター超のエンジンを搭載。最新のC6でも最強モデルのZR-1では600hp超えでニュルでも欧州製スーパースポーツカーと堂々渡り合えるコルベット。今や名実共にアメリカン・リアルスポーツの最高峰といった感がありますが、この最初期モデルはV8エンジンの設定すらなく、どちらかと言えば軽快なロードースターといった趣きだったようです。こうした初期コルベットのキャラクターは、'55年に登場したフォードサンダーバードがV8エンジンを搭載して好評を博した事などもあって変化していったようです。


Matchbox_53_corvette_4


Matchbox_53_corvette_5


↑マッチボックスのミニカーは幅が広目でがっちりした印象です。


ミニカーはマッチボックス製で、当方が所有しているのはイエスタイヤーシリーズの一環として発売されたコレクタブル版です。後年、同じキャストで仕様を簡略化した物がバレットジャクソンシリーズとしてブリスターパック入りの白・黒の2色のバリエーションで発売されました。(当方未所有。)コレクティブル版は床板までダイキャストでずっしりと重く、インテリアも細かく彩色されていて旧い製品としては良い出来ではないかと思います。アイボリーホワイトのボディにやや彩度を抑えた赤の内装が良い雰囲気です。


Matchbox_53_corvette_6


Matchbox_53_corvette_7


↑古い製品ですが、当時としてはとても良く造り込まれたモデルだったという印象があります。


このモデル、ミニカーとしての味わいは良い雰囲気ですが、実車に対する当方の個人的なイメージよりは車幅が広くてややがっちりした印象です。次回ご紹介予定の別のモデルと比べると、全長・ホイールベースは概ね同じですが車幅はかなり異なっています。どちらのモデルが正確な1/43なのかは敢えて確認していません。こういう事は突き詰めてもあまり幸せにはなれないので・・・(笑)。


・・・引き続き次回は'55年型をご紹介します。何故'55かはお好きな方ならピンと来るかと思いますが、その辺りは次の週末(?)のお楽しみです。


スポンサーサイト
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06