FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

意義深き'55、意義深きハードトップ? ~Road Champs '55 Chevrolet Corvette

・・・と言う事で'53に続いて'55年型C1コルベットのご紹介です。


Rc_55_corvette_1


↑ChevroletのVが大文字なのは間違いではありません。V8搭載のシンボルとして実車がこのようになっていたのです。


C1コルベットは前回ご紹介した'53年型が初年度モデルですが、今回ご紹介する'55モデルは外観の変化は少ないものの、コルベットの歴史上初めてV8エンジンがオプション設定された記念すべきモデルです。'55時点で搭載されたのは265cu.in.(4.3リッター)195hpで、合わせて3速MTも選択出来るようになりました。こうしたリアルスポーツ化の動きにはエンジニア謙テストドライバーであるゾーラ・アンカス・ダントフの存在が大きかったと言われています。


Rc_55_corvette_2


Rc_55_corvette_3


↑外観は'53と大きく変わる所はありませんが、その心臓部には初のV8エンジンが搭載されています。


翌'56年型からはV8エンジン搭載モデルが標準化され、ボディスタイルもより男性的でスポーティな方向にシフトされてゆく事になります。この'55年型では外観の変化は殆どありませんでしたが、そういう意味では今日に続くリアルアメリカンスポーツとしてのコルベットの方向性が顕在化した重要な転換点だったと言えるのかもしれません。V8エンジン搭載の証として、フロントフェンダーのChvroletロゴのVが他の文字より大きな金文字になっていました。


Rc_55_corvette_4


Rc_55_corvette_5


↑ロードチャンプスの作風は、こうした'50年代のクルマだと良い味わいに感じられます。


ミニカーは1/43アメリカ車中心の当ブログでは重要ブランドであるロードチャンプス製。同ブランドの他のミニカー同様、素朴な出来ながらご当地ブランドらしい拘りが随所に見られ(・・・る場合とそうでない場合がある/笑)愛すべき存在であります。先回のマッチボックス製よりかなり車幅が狭く再現されていますが、どちらが正しいのかは判断しかねます。個人的な感覚では、2台の中間ぐらいが良い感じなのではないかと思われます(笑)。V8エンジン搭載の証であるVの字が大きくなった”CheVrolet”バッジもプリントでしっかり再現されています。


Rc_55_corvette_6


↑1/43でも比較的各年式が揃うコルベット。当方は主要年式をオープン&クローズドボディで揃えたいという野望を密かにいだいています(笑)。


このロードチャンプス製の'55コルベット、画像でご覧頂いている通りハードトップ仕様でモデル化されています。'56年型以降ならともかく、~'55の最初期型でハードトップでの1/43ミニカー化は余り多くないのではないかと思われます。実車の記述としては’56のマイナーチェンジでハードトップが設定されたとされる事が多いのですが、画像検索するとHT付きの実車の画像も僅かながらヒットします(コチラコチラコチラ)。この辺りはファクトリーメイドなのかアフターマーケット製品なのか当方には詳細な事は分かりません。。。ともあれ、実車の歴史上重要な'55のV8搭載モデル、マッチボックスの'53と異なるハードトップ付きでの製品化と言う事で、「コルベットのヒストリーを1/43でアーカイブする上では何気に意義深いミニカーである。」と、勝手な贔屓目で見ております(笑)。


スポンサーサイト
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06