FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

One horsepower for every cubic inch. ~Matchbox '57 Chevrolet Corvette

C1コルベット特集、今回は'57年型ですが・・・果たしてそのトピックとは!?


Matchbox_57_corvette_1


↑基本的には同じ金型と思われるマッチボックスの'56&'57コルベット。コレクティブル版の'57はオープン状態を再現するため、シート後方部分が金型改修されたのではないかと思います。


今回ご紹介する'57年型C1コルベット、外観は前年のモデルと大きく変わる所はありませんが、アメリカンリアルスポーツとしてメカニズム的には更なる進化を遂げていました。最も大きく変わったのは搭載されるV8エンジンで、前年の265cu.in.(4.3リッター)から283cu.in.(4.6リッター)に排気量アップ。様々なチューンがありましたが、この年のトピックとしてラムジェット・フューエルインジェクションの採用があり、最大283bhpを絞り出し”One horsepower for every cubic inch"つまり1キュービックインチあたり1hpと宣伝されました。


Matchbox_57_corvette_2


Matchbox_57_corvette_3


↑マッチボックス・ディンキー版では問題だったピラー周りもメッキになって良い雰囲気。・・・後ろから見るとちょっと太すぎますが。。。


こうした動力性能アップにより、この年のコルベットの生産台数は前年比ほぼ2倍の6,339台にのぼりました。前年大きくイメージを変えたボディスタイルはこの年は殆ど変っていなかったのですから、コルベットというクルマに対して性能への期待が如何に大きかったかと言う事が覗えるるような気がします。こうして年々パワーアップを図りスポーツ色を強めていった結果、生産台数は徐々に増加してゆき、'60年型では10,000台の大台を超えることになります。


Matchbox_57_corvette_4


Matchbox_57_corvette_5


↑このミニカーはルーフがまさにコンバーチブル(笑)。3タイプの姿を楽しむ事が出来ます。


ミニカーは前回ご紹介した'56と同じマッチボックス製ですが、こちらはイエスタイヤーシリーズに属するコレクティブル版です。先回のマッチボックスディンキー版よりも細かく作り込まれており、パーツの付け替えによりオープン、幌クローズド、ハードトップの3種類の姿を楽しむ事が出来ます。近年では効率よく金型費を回収するため、色々と手を変え品を変えバリエーションモデルが展開される傾向にありますが、このミニカーは1台で3度オイシイなかなか気前の良いモデルといえるかもしれません(笑)。・・・まあそのための犠牲もあって、幌なしの時はトランク部分に幌やハードトップを取り付ける為の穴が見えてしまうのですが。。。


Matchbox_57_corvette_6


Matchbox_57_corvette_7


↑この'56からのコルベット、オープンはもちろんカッコ良いのですが、ハードトップもなかなかサマになっていると思います。


C1コルベット、翌年の'59年型からヘッドランプが4灯式のデュアルタイプになりますが、そちらは次週、別のモデルでご紹介したいと思います。


スポンサーサイト



1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06