1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ミニカー・コラム・シフト Vol.11 推薦図書・・・と、来年の予告!? ~フォード vs フェラーリ 伝説のル・マン

今年最後のアップはミニカーコラムシフト、そして当方の大好きなブランドのミニカーで締めたいと思います。前回の推薦図書は今では発見困難な大古書でしたが、今回は書店やネットで普通に買える本です(笑)。


Ford_vs_ferrari_01

↑ルマンにおけるフォードとフェラーリの死闘を描いた本作、400ページ近い大作ながら一気に読んでしまいました。


・・・一人で勝手にアツくなっている訳です(笑)。何にかと言いますと、今年の9月頃、出先の本屋さんで偶然手に取った1冊の本、「フォード vs フェラーリ 伝説のル・マン」にであります。内容は主に'64年から'66年までのルマン24時間レースにおけるフォードGTとフェラーリのプロトタイプレーシングカーの熾烈な闘いを描いている訳ですが、同時にそこで対峙するヘンリー・フォード2世とエンツォ・フェラーリ、そしてその戦いに関わった多くの人々の骨太な人間ドラマでもあるのです。(むしろこちらがストーリーの中心と言えるかと思います。)日本版の本書は昨年の9月に発売になっていたようなのですが、当方は全く知りませんでした。。。(ちょうど1年後に見つけた事になります・・・。)


Ford_vs_ferrari_02

↑基本的に読み物の本なので写真は少ないですが、在りし日のエンツォ・フェラーリやヘンリーフォード2世など貴重な物が掲載されています。


著者はA・J・ベイムという人で、プレイボーイ誌の編集責任者で自動車関連の記事も執筆しているのだそうです。関係者へのインタビューや膨大な文献・資料の調査を基にした内容は、当方のようなクルマバカには堪えられない読み応えたっぷりな物。登場人物もヘンリー・フォード2世とエンツォ・フェラーリをはじめ多士済々で、ジョン・ワイヤー、ロイ・ラン、エリック・ブロードレイ、キャロル・シェルビー、リー・アイアコッカ、ドン・フレイ、ルイジ・キネッティ、そしてレーシングドライバーもフィル・ヒル、ブルース・マクラーレン、ダン・ガーニー、マリオ・アンドレッティ・・・と、挙げ始めたらきりがありません。レーシングドライバーとしてはフェラーリ陣営のジョン・サーティースと、フォード側のケン・マイルズの2人により多くのページが割かれてるように思います。


Ford_vs_ferrari_04


で、この本なのですが、オビにこんな↑事が書いてあるのです。ブラピ主演で映画化?そんなハナシ、本の存在と同様に当方は全く知らなかったです。。。調べてみるとマイアミバイスTV版のプロデューサーであり、映画版の監督を務めたマイケル・マンの監督で映画化という企画があるらしいです。まあ、映画という物も企画段階で立ち消えになってしまう事が多いので予断は許しませんが、全く無い話でもないようです。それでもこの作品をを映像化するとなったらクルマ(多分、大部分はレプリカになるでしょう。)を集めるだけでも気が遠くなりそうですが・・・。見事完成した暁には是非とも劇場で観たいものです。


Gamdakoor_ford_gt_1


Gamdakoor_ford_gt_2

↑ガムダクールの中でも特に素朴な味わいを感じさせるフォードGT。


そういう訳で9月以降「血中GT40濃度」がぐぐっと高まってしまい、ずっとフォードGTの特集がやりたかったのです。なので来年は「(出来る範囲で)総力特集、FORD GT40」をお送りしようと思っています。’64年から’69年までのルマンに於けるフォードGTの熱い闘いを、少しずつ買い集めた当方の手持ちのミニカーを総動員してご紹介したいと思っています。今回はその先行版として、当方の大好きなガムダクールのフォードGTをご紹介します。


Gamdakoor_ford_gt_3


Gamdakoor_ford_gt_4

↑ガムダクールシリーズ唯一のレーシングカーとして貴重な存在!?


ガムダクールのフォードGTは最初期の’64年型、リアにスポイラー形状が追加されている事から4月のニューヨークモーターショー発表時やルマンテストデーではなく、デビュー戦となった5月のニュルブルクリング1000kmレース以降の姿だと思われます。(フロントフェンダーのディテールからするとルマン出場時の姿か・・・)まあ旧いミニカーなので細部に至る考証は正確なものではありませんし、プロポーションの良さを旨とするガムダクールの中では、残念ながら最も素朴な仕上がりとなっています。しかし前述の通り'64年型の特徴はそこそこ押さえていますし、量産乗用車がラインナップの殆どだったガムダクールにあって、唯一のレーシングカーであるフォードGTの存在は貴重と言えるのではないかと思います。


Gamdakoor_ford_gt_5

↑夥しい数のカラーバリエーションのあったモデルですが、その多くがボディとドアを塗り分けた独特なカラーリングとなっていました。


・・・と言う事で2011年の更新は今回にて終了です。ご覧頂いた皆様、コメントで遊びに来て下さった方々、1年間お付き合い頂き有難うございました。来年もよろしくお願い致します。良いお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト

クリスマスはミニカーではなく!? ~ '65 CORVETTE CONV. CHRISTMAS ORNAMENTS

今年もあっという間にクリスマスのシーズンです。・・・年賀状、出せてない(汗)。。


Enesco_65_corvette_1


↑今回ご紹介するモデルはミニカーではありません。室内から伸びた金色の紐は・・・?


毎年この時期になるとクリスマスネタをどうしようかと頭を悩ませるのですが、今年は困らずに済みました。今回ご紹介するのは’65年型C2コルベットのコンバーチブルです。・・・え?いつものアメリカ車ミニカーじゃないかって?・・・いえいえ、今回ご紹介するモデルはさにあらず。車体の中央部から伸びた金色の紐にご注目。実はこれ、クリスマスツリーに飾り付けるためのオーナメントなのです。


Enesco_65_corvette_2


Enesco_65_corvette_3


↑スポーティーな筈のC2コルベットがなんともほのぼのした味わいに仕上がっています。


実はこうしたツリーに飾るクルマ型オーナメントの存在は、eBayで何度か見かけて知っていました。しかも出品の表記が1/43となっている物もあったりして何気に興味はあったのですが・・・eBayの1/43表記はあてにならない事も経験的に(笑)知っていたので手を出さずにいたのでした。このコルベットは勤め先の別部署の方から頂いた物で、ようやくこのクリスマスオーナメントなる物の実態を知ることが出来たのでした。


Enesco_65_corvette_4


↑縮尺は1/43よりやや小さ目なようです。(車両は後端で位置を合わせています。)


箱によると製造元はENESCO社という会社、材質はプラスチック製でクロームのバンパーやクリアパーツのウインドー、僅かに彩色されたインテリアなどそこそこの作り込みがなされています。タイヤは床板に固定されていて回転しません。この辺りはツリーに吊り下げる事を考えて軽量化を優先したのでしょう。縮尺は残念ながら1/43より一回り小さ目。ミニチャンプス製の'63年型と比べるとおおよそのサイズがお分かり頂けるのではないかと思います。


Enesco_65_corvette_5_2


それにしても、こんな大きなクルマの模型をツリーに飾るなんて、何ともアメリカらしいな~という感じがします。オークションで見かけた物は他に’66トロナードや'64 1/2 マスタングなどがあったように思います。残念ながら当家にはそんな大きなクリスマスツリーは有りませんが、小さな小さなツリーと並べてちょっとだけクリスマスの雰囲気を盛り上げてみました・・・。


第81回ワンダーランドマーケットに行ってきました。

・・・と言う訳で第81回ワンダーランドマーケットに行ってきました。


811
↑会場にはクリスマスツリーとクリスマスソング・・・季節を感じます。


今回のワンダーランドマーケットにはターミネーター1作目やエイリアン2等でお馴染みのマイケルビーンさんはじめハリウッド方面からもゲストが来場するなどいつもとは一味違う盛り上がりをみせていました。スーパーカーの好きな方にはたまらないであろうランボルギーニ・ミウラやディノ246等を横目で見つつ当方はいそいそと出店の方へ・・・。


812


813


↑会場には怪し気な人影も・・・(笑)。


いつも通り、ダイキャストやティントーイ、プラキット等々、新旧入り混じったコレクションアイテムの数々がズラリと並ぶ様はなかなかに壮観です。当方の収集アイテムはダイキャスト中心ですが、大きなティントーイ等を眺めているのは何とも楽しい物です。大きなトイカーのマスタングなどを目にすると連れて帰りたくなる衝動に駆られますが(笑)、自分の懐具合と住居の狭さに思いが至ると現実に引き戻されます。。。今回もブレることなく1/43近辺のモデルを購入して返ってきました・・・。


Pilen_astro1_01


Pilen_astro1_02


↑ボディカラーの質感に独特の美しさのあるピレンのミニカー。アストロの流麗なボディが引き立ちます。


さて、今回の当方の収穫はまず、シボレー・アストロⅡ。'67年のGMのコンセプトカーで、デザインはあのラリー・シノダ氏の手になる流麗なミドシップクーペです。ミニカーはスペインのピレン製で、グラマラスなプロポーションをシャープに再現したなかなか美しいミニカーです。実車の特徴的なエンジンカウルとドアの一体化した構造体が可動します。元キャストのコーギー製のようにシートがせり上がるギミックまでは搭載されていませんし、フィギュアも乗っていませんが、ピレンの質感は独特の魅力があって結構好きだったりします。


Sabra_riviera_01


Sabra_riviera_02


↑わが愛しのガムダクールサブラ。よりコンディションの良い個体を入手出来ました。


そしてもう1台はわが愛しのガムダクール製’66ビュイック・リビエラです。このゴールドのリビエラは既に所有していますし過去にご紹介もしていますが、当方の手持ち品よりも良いコンディションだったので迷った末に購入しました。ケースはバリバリに割れていたのでだいぶ値引きして頂きました。有難うございました。帰宅後入念なクリーンアップを行った所、かなり綺麗になって嬉しい1台となりました。


814


↑こうした玩具には手が出せませんが、眺めているだけでも楽しいです。


・・・と言う事で、数ある商品の中からまたしてもスペインとイスラエルのミニカーをチョイスした変わり者の当方であります。。。


日曜日は今年最後のワンダーランドマーケット

801_2


↑画像は前回、8月7日のワンダーランドマーケットの様子。開場前は長い人の列が出来ていました。


来る日曜日は2011年最後のワンダーランドマーケット開催です。日本最大級のアンティーク・トーイのノミの市、有名ショップや個人コレクターの方々の出店で、今回はどんなトイカーとの出会いが待っているのか・・・当方は温存していたお小遣いを握りしめて横浜産貿ホールに駆け付けようと思っています(笑)。


●第81回ワンダーランドマーケット


開催日時; 2011年12月18日(日) AM10:00~PM4:00


会場; 横浜産貿ホール


入場料; ¥1,000-


主催; サンセットさん


803


↑ダイキャストミニカー、プラキット、ティントーイ、キャラクターグッズ、カタログ類など様々な物が揃います。


POST Hobby '70 Mustang Boss 429

いや~、良い時代になった物です。こういう製品が1/43で発売されるとは・・・。


Post_hobby_70_boss429_01


↑こういうビューもかなりカッコ良いです♪。


当方が心待ちにしていた製品が発売になりました。ポストホビーさんの'70 マスタング・ボス429であります。BOSS429は’69~’70年型のマスタングに設定された特別なグレード。同じBOSSでも302がマスタング自体のSCCAトランザムレース出場ホモロゲーション取得のために製作されたのに対し、こちらは429cu.in.エンジンそのものを500機量産し、NASCARのストックカー用ホモロゲーションを得るために企画された物でした。


Post_hobby_70_boss429_02


Post_hobby_70_boss429_03


↑レジン製ですがシャシーも一通り再現されているので低いアングルでのシルエットもなかなか良いです。(排気管は別パーツ)


NASCARで実際にこの429cu.in.エンジンを搭載して活躍したのはフォード・トリノやマーキュリー・サイクロンでしたが、NASCARのレギュレーションではエンジン・車両のそれぞれ500台という量産台数が課せられていたものの必ずしもその両方がセットである必要なかった事から、手っ取り早く500基のエンジンを捌くため、こうした高性能バージョンにお金を払うユーザー層が多そうなマスタングに白羽の矢が立ったのでした。


Post_hobby_70_boss429_04


Post_hobby_70_boss429_05


↑飾り気のないシンプルなボディは却って不気味な迫力を予感させます。


ベースのマスタングは’69年に大幅なスタイルチェンジを行い、より低く長く彫りの深いダイナミックなデザインとなり、'70型ではデビュー以来の独特なヘッドランプベゼルを廃し、ランプをグリル内に収めた独特な顔付きとなっていました。BOSS429はリバールージュ工場で製造されたボディ(出荷時には428エンジンを搭載していた)に、リマ工場で製造された429エンジンをフォードGT40の開発にも携わったカークラフト社で搭載・調整して完成させるという方法で生産された正に特別なマスタングでした。


Post_hobby_70_boss429_06


Post_hobby_70_boss429_07


↑オリジナルと'71~ビッグマスタングの過渡期のような独特のスタイリングが'70の魅力だと思います。


巨大なエンジンをカバーするフードバルジとフロントスポイラー以外はスタンダードなスポーツルーフのマスタングとほぼ同じシンプルなボディである事も、却ってスパルタンでスペシャルな雰囲気を醸し出しています。この辺りは大胆なカラーリングや各種アクセサリーで派手に装ったマッハ1やボス302とは、また一味違った存在感・魅力があるように思います。


Post_hobby_70_boss429_09_2


↑車高は実車よりも低めにセットされているような感じがしますが、同様に車高が低めのミニチャンプス製マスタング達と並べた時の相性は良いようです。


モデルはレジン製完成品。製造を担当したのはスパークでお馴染みのミニマックス社で、パッケージの裏面にもSPARKとMINIMAXの銘が印刷されています。マスタング歴代で最もマッチョでワルな感じのする実車の雰囲気を良く捉えているように思います。車高は実際よりもやや低めにセットされているようにも感じますが、これはこれでカッコ良いです。ミニチャンプスの’68や’71マッハ1と並べた時の違和感は少ないかもしれません(笑)。


Post_hobby_70_boss429_08


↑グラバーブルーの'70 BOSS 429はマッチボックスからも発売されていました。同じ色でも模型的解釈は随分異なります。個人的なイメージでは明度は2台の中間くらいかな~という気もするのですが・・・。


ボディカラーはブラック・レッド・ブルーの3色が発売されており、どれもそれぞれに良いのですが、当方が個人的にお気に入りなのは今回ご紹介しているグラバーブルー。'69~'72頃まで設定されていた色なので、やはり一番決まっている感じがします。同様に設定されていたグラバー・オレンジも欲しくなりますが、そちらはスパークの方でトランザムレース仕様が発売予定になっているようです。(・・・という事はBOSS302として製品化されるという訳です!!)


Amt_69_mustang_01


Amt_69_mustang_02


↑'69マスタングの1/43はベストと言える物がないので、AMTの1/43プラキットをベースにBOSS 429に仕立てつつ自分好みにモディファイ中。


'69~'70マスタングの1/43モデルは色々と面白い物もあるのですが、仕掛かり中のAMTプラキットが一向に完成しないのでご紹介出来ずにいます。今回のモデルの発売を機に製作を加速させたいな~とは思っているのですが・・・・(汗)


20th YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW レポート

本日はパシフィコ横浜で行われたこちらのイベントを楽しんで来ました。


Hotrod_custom_show_01


Hotrod_custom_show_02


詳しい事はここには記しませんが、本日はご縁があって横浜ホッドロッドカスタムショーを訪れました。昨日土曜日は休日出勤で、東京モーターショーの某ブース(笑)で説明員として丸1日会場に立っていましたが、同じクルマ系イベントでもその雰囲気は全く異なる物でした。


Hotrod_custom_show_03


Hotrod_custom_show_04_2


数年ぶりに訪れましたが、とにかく会場を埋め尽くすカスタムカーの量と質には圧倒されました。もう、凄すぎてすべてを撮影しようという気は起きず(単に先日の疲れ?)カメラではなく自分の目にしっかり焼き付けてきました。

Hotrod_custom_show_07


Hotrod_custom_show_08


Hotrod_custom_show_09


Hotrod_custom_show_10


↑会場では出展中の知り合いの方ともお会いすることが出来、楽しい時を過ごしました。みなさんそれぞれにショーを楽しまれていたご様子でした。


Hotrod_custom_show_05


Hotrod_custom_show_06


仕事の疲れが残っていなければ当方ももっともっと楽しめたかなとも思いましたが、後ろ髪をひかれつつ少し早目に会場を後にしました。。。


Mattel_71_gtx_01


Mattel_71_gtx_02


・・・しかしここでもしっかりと収穫物が(苦笑)。1台目はマテル・ホットホイールの1/43 '71プリマスGTX。オレンジメタとグラントロス版のクロームグリーンは所有していましたが、このグリーンメタは未入手でした。出店していたのはこちらも知り合いの方で、思わぬ再会にビックリしてしまいました。


Newray_f250_01


Newray_f250_02


そしてもう1台(3台?)はニューレイのフォードF250スーパーデューティー&トレーラー&ホンダSPOTRAX 400E。ホンダは残念ながら1/32で縮尺が違いますが、F250は1/43スケール。シンプルな作りですがその大きさでなかなかの迫力であります。


・・・元気な状態で来年また訪れたいな~と思いました。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12