1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

スクリーンを駆け抜けたクルマ達 '74~'76 Bricklin SV1 from DEADLINE AUTO THEFT

・・・先週末はバタバタで更新が遅くなりました。。。


Deadline_auto_theft_01


映画のシーンを再現(笑)。ホントは主人公はガルウイングドアを開けて、ジャンプ前にブルックリンからヘリへ脱出しているのですが・・・。


最近、1/43スケールモデルカーの世界ではスパークやNEOをはじめとするレジン製完成品が増え、当方のような米車好きが狂喜乱舞するような製品も発売されるようになりました。しかし、まさかこのようなマイナーな車種までフォローされるとは・・・。と言う事で今回ご紹介するのはブルックリンSV1であります。・・・え?そんなクルマ知らない?・・・そうですよね。。。この車は'74年から'76年までの僅か3年間のみカナダで製造されたスポーツカーで、カーチェイスムービー好きな方ならバニシングIN60を撮ったH・Bハリッキーの監督第2作、ジャンクマンの冒頭で派手なカーチェイスを演じていた事をご記憶かも知れません。


Automodello_briclin_sv1_01


Automodello_briclin_sv1_02


↑巨大な5マイルバンパーが印象的なブルックリンSV-1。何だか押すと引っ込みそうなフロントバンパーです(笑)。ドアは電動式のガルウイング。


ブルックリンSV1はアメリカの富豪、マルコム・ブルックリンなる人物(スバル・オブ・アメリカの設立に携わった人なのだそうです。)によって製作された電動式のガルウイングドアを持つスポーツカーで、SV-1はセーフティー・ビークル・ワンの略。サイドビームやロールケージによる乗員の保護や衝撃吸収のための巨大な5マイルバンパーを装備しており、70年代にスポーツカーと安全を結び付け、少量ながら製造・販売した事実は思想的にはある意味画期的だったと言えるのではないかと思います。


エンジンは当初AMC製の360cu.in.(5.9リッター)を搭載、その後フォード351cu.in.(5.7リッター)ウインザーユニットにスイッチ。残念ながら売り物のガルウイングドアやリトラクタブルヘッドライト、ガラス繊維とアクリルの複合ボディのひび割れなどトラブルが多発、製造コストの高さから経営的にも行き詰って3年の間に2854台が製造されたに留まったと言われています。


Automodello_briclin_sv1_03


Automodello_briclin_sv1_04


↑長いノーズから更に突き出た5マイルバンパーがユニークなブルックリンSV-1。モデルはAutomodelloと言うブランドのレジン完成品。中々に細かく作り込まれています。


さて、冒頭でも触れた通り、このクルマはH・Bハリッキーの監督第2作である”ジャンクマン(原題THE JUNKMAN)”で派手なカーチェイスを演じ、最後はポリスカーのバリケードをジャンプ一閃飛び越えた後、水路に飛び込んで華々しい(!?)最期を遂げていましたが、実はH・Bハリッキーの監督第3作とされる映画”バニシングin60デッドライン(原題;DEADLINE AUTO THEFT)”でこのカーチェイスシーンがより長バージョンで収録されています。


       Deadline_auto_theft_02_2


↑BOXセットのDVDを買った後、どうしてもオリジナル音源で観たくて中古のVHSを購入しました。バニシングin60やジャンクマン同様、やはりオリジナルの音源の方が観ていて楽しいです。


このハリッキー第3作は1作目のバニシングin60と2作目ジャンクマンのカーチェイスシーンを使用し、ドラマ部分を撮り足して再構築したような映画です。特に後半は全くバニシングin60そのままという画期的なリサイクル作品なのですが、ブルックリンのカーチェイスシーンは10分以上と大幅に延長されていてそれだけでも見る価値があります。(・・・と、当方は思っています/笑)せっかく発売されたハリッキーのDVD-BOXは残念ながら絶版のようですがその気になってネット上を探せば動画も多少はヒットします。ここに敢えて動画を貼る事はしませんが、興味がおありでしたら是非探して観てみて下さい。


スポンサーサイト

レストア途上のジャンクプラキット ~amt 1/43 '68 Pontiac GTO

・・・と言う事で前回ご紹介したamt製1/43プラキット、レストアを開始した1台をご紹介したいと思います。(完成はしていませんが。。。)


Amt_custom_gto_01


Amt_custom_gto_02


今回ご紹介するamt 1/43プラキットは’68ポンティアックGTO、キット自体がカスタム仕様となっているモデルです。同じようなコンディションのキット3台と共に、国内のネットオークションで格安でお譲り頂いた物です。上の画像は入手したそのままの状態で撮影しましたが、恐らくは少年時代の前オーナーによって正しく組み立てられ、正しく遊びのお供となった後、ボロボロになって天寿を全うしようとしていた所を、当方の如き変なオジサンに落札され(笑)レストアと相成ったのでした。


Amt_custom_gto_03


キットはブラックのボディにベージュのインテリアというクールなセンスで塗装されていましたが、痛みが激しいため先ずは分解して塗装を剥離しました。このシリーズは接着不要のスナップキットなので、分解の手間が掛からないのは幸いでした。画像では簡単に未塗装状態に戻ったように見えるかも知れませんが、塗装後長い年月を経た塗膜はなかなかに頑固で、100円ショップで買った蓋付きタッパウェアーでプラモ用の薄め液に長時間漬け込み、時々ハケでこすったりしてようやくココまで来ました。作業の過程でかなりの量の脳細胞が失われたと推察されます(笑)。


Amt_custom_gto_04


古くなって劣化しているのか、ボディ各部は脆くなっていて取扱いに気を遣いました。やはり長い年月を経て色々と損傷している部分が見受けられました。


①オモチャ箱の中で他のキットと積み重なっていたのか、ルーフとエンジンフードにはゴムタイヤと触れていた為に溶けてしまった跡があります。どちらもプレスラインやウインドーモール等の微妙なモールディングに影響が及んでいてちょいと厄介です。


②フロントピラーは左右共に折れてしまっています。amtの1/43キットはピラーが細いので最も破損しやすい部分です。しっかり補修・補強してあげないといけません。


Amt_custom_gto_05


ウインドーパーツは小キズだらけでしたが、幸いヒビ割れはありませんでした。800番~2000番まで徐々に目の細かい耐水ペーパーに切り替えながら水研ぎし、コンパウンドで仕上げました。研磨後ひび割れ防止のためクレポリメイトを塗布しておきました。


Amt_custom_gto_06


他のモデルのタイヤと接していて溶けた部分は、先ず盛り上がった部分をカッターやノミで削り落とします。続いてプラ板にプラモ用の接着剤を塗って溶かした物を爪楊枝でこそげ取って盛り付けました。乾燥後にヤスリとペーパーで仕上げます。・・・が、ウインドーモール部等これ以上の微細な作業は1度サフェーサーを吹かないと・・・もはや当方の眼では見えましぇ~ん。。。


Amt_custom_gto_07


折れたフロントピラーは幸いにも欠損はしていなかったので、プラ用接着剤で慎重に位置を合わせ、裏にΦ0.3mmの真鍮線をあてがって瞬間接着剤でがっちり固めました。かなり丈夫な印象になりました。


Amt_custom_gto_08


Amt_custom_gto_09_2


分解・塗装剥離・損傷部を補修して仮組みしたGTO。カスタム仕様ではありますが全体的なプロポーション、実車の印象把握の素晴らしさには惚れ惚れします。カスタム仕様の為形状の異なる前後バンパーやテールランプ周りはなんとかしてオリジナル形状に改造、ドアハンドルや3角窓を追加してストック状態で仕上げて上げたいと考えていますが・・・亀の歩みなので果たしていつになりますやら。。。


ミニカー・コラム・シフトVo.13 レストア待ち(続け・・・)の1/43ジャンク・プラキット達 ~amt 1/43 PLASTIC KITS

気まぐれミニカー・コラム・シフト、Vol.13は1/43のプラキットをご紹介したいと思います。


Amt_143_01


近年1/43ミニカーにおいて、アメリカ車の製品化も昔とは比べ物にならない質&量となって来ました。普段はダイキャストを中心に1/43完成品のミニカーをご紹介している当ブログ。かつてはアメリカ車の”まっとうな”1/43完成品は非常に少なく、コレクションの幅を拡げるためにはプルバックモーター内蔵の安価なトイカー(これはこれでとても奥深い世界/笑)や、逆に高価なレジン、ホワイトメタルキットなどに頼らざるを得ませんでした。


Amt_143_02


↑amt製の1/43プラキット。このパッケージのモデルは日本でも比較的多く流通したのでご存じの方も多いのではないでしょうか?ここにはありませんが’69AMXも存在します。


そうした中で、そう数は多くないものの、車種的にとても良い所を突いている貴重なジャンルとして1/43スケールのプラキットがあります。最近でも童友社がシェルビーGT500やフォードGTを発売していましたし、モノグラムのシェルビーコブラ289やC2コルベットConv.も精密で非常に出来の良いキットでした。アメリカ車以外ならフランスのエレールが老舗と言って良いでしょう。レジンやホワイトメタルのキットに比べれば、ずっと安価に手に入れる事の出来たとても有難い存在でありました。


Amt_143_03


↑amt MATCHBOX時代のStreet Magicシリーズはバンパーやホイールのメッキが省かれています。一番上の初期箱は’68カマロですが、カスタム仕様で発売されストック仕様には組めません。


しかし、当方にとってこの分野で車種のチョイス、製品数共に群を抜いているのはご当地ブランドのamtではないかと思います。エンジンレスのスナップキット(接着剤不要キット)でパーツ構成はミニマムですが、ボディプロポーション、ディテールのシャープさは流石といった感じです。’69コルベット、カマロ、シェベル、トリノ、マスタング、AMXなどは日本でもそれなりに流通していたのでご存じの方も多いのではないでしょうか?


Amt_143_04


↑同社の1/25キットをそのまま縮小したような初期箱。箱絵も中々良い雰囲気でミニチュアのミニチュアみたい(笑)。小さい方の箱はクルマのキットのみ、ちょっと大きい箱は完成後のディスプレイ用に透明プラのケースが付属しています。


実はこのシリーズ、他にも色々と当方的にオイシイ車種が製品化されていたのです。そうしたキットは国内のショップやオークションでは殆ど出廻る事がなく、海外のオークションでも箱付き未組立の美品は結構競争率が高かったりします。なのでとうほうは組み立て済やジャンクコンディションの物も含め少しずつ買い集めています。今回はそんなレストア待ちのプラキットを何台かご紹介しようと思います。


Amt_68_firebird_01


Amt_68_firebird_02


先ずはGMから。’68ポンティアック・ファイアバードは海外ネットオクで4台まとめて入手した内の1台。プラ地肌に乱暴にハケ塗りで赤いボディカラーが塗装されています。幸いパーツの欠品やウインドーパーツのひび割れもなくレストア出来そうです。アーテルやコーギー、ガムダクールなどにダイキャストミニカーがありますが、プロポーションはこのキットの方がベターかと思います。


Amt_68_mustang_01


Amt_68_mustang_02


続いてフォードから・・・。同じ4台セットで落札した’68マスタング2+2。日本では’69のキットは比較的見掛けますが’68はレア。ボディのプロポーションはこちらも上々だと思います。キットにはノーマル仕様とカスタム仕様の2種類が存在しました。無塗装ボディにウインカーなどの色差しとデカール貼りが行われています。タイヤ&ホイールは欠品だったので手持ちの’69キットの物を仮に履かせました。このホイールは’68でもバッチリです。


Amt_69_cougar_01


Amt_69_cougar_02


続いては念願だった1台、上の2台とは別に海外オクで入手した’69マーキュリー・クーガー!!。初代クーガーもディンキーサンスターはじめ~'68は新旧色々とミニカー化されていますが、’69~’70は1/43モデルに恵まれず、当方が知っている限りではボンドカーコレクションのあのボコボコのモデルぐらいなので非常に貴重です。ボディサイドに弧を描いて下降するプレスラインが嬉しい1台。ホイールが黒く塗られてしまっており、リアウインドウには接着剤が盛大にはみ出しています。ペーパーを当てれば綺麗になるかどうか・・・。


Amt_custom_cuda_01


Amt_custom_cuda_02


最後はクライスラーから・・・。年式は特定できませんが2代目のクーダです。この世代のクーダも1/43ではモデル化に恵まれていない車種。amtのキットはカスタム仕様でフロント&リア周り、サイドウインドウの形がストックとは異なります。この個体は国内のネットオークションで入手したものでやはりハケでブルーに塗装されリアバンパーが欠品しています。


・・・と言う事でレストアを待つamtキットをご紹介しましたが、完成するのはいつになりますやら。。。実は亀の歩みながら既にレストアを始めたキットもありますので、途中経過ではありますが次回ご紹介してみたいと思います。


これはビックリ、祝!DVD発売(済); スクリーンを駆け抜けたクルマ達 ~激走!5000キロ

今回は久しぶりにお友達のFZIROさんへ勝手連です。


The_gumball_rally_01


かつてのジャンクマンの国内盤DVD同様、その知らせはまたしても情報誌やネットではなく会社の同好の士によってもたらされました・・・。


ある日職場の休み時間中―。


Ponys41「それにしてもこれだけ色々DVDが発売されているのに、なんで激走!5000キロの国内盤DVDは出ないのかね~。」


S氏「あれ?激走!5000キロのDVDって発売されてるでしょ?僕の友達はみんな買ってたよ・・・。」


Ponys41「え゛っ・・・(絶句)。」


・・・と言う事で、そうなんです。発売されていたんです。カーチェイスムービー・・・というか元祖非合法公道レースムービー(?)の傑作、 ”激走!5000キロ(原題;THE GUMBALL RALLY)”の国内盤DVDが・・・。と言ってもこのDVD、何処でも買えるという物ではありません。実はTUTAYAさんがDVDオンデマンドというシステムで限定販売している物なのです。どういうシステムかというと、顧客が注文してから製品を製造するといういわば受注生産で、大量生産されにくいカルト作やマイナー作品をDVD化しようという企画です。媒体はDVD-Rのようです。


The_gumball_rally_02


激走!5000キロと言えば子供の頃に劇場で観て大好きだった作品。長い間国内盤DVDが発売されなかったので当方も早速注文しました。受注後3~12日以内に届くと言う事でしたが、当方の場合注文から1週間程度で手元に来ました。画像はサイズが4:3のテレビサイズ、字幕はON/OFFが出来ないという仕様で、どうやらかつてのVHSソフトの内容をそのままDVD化したもののようです。画質もリマスターされたDVDのそれを期待する事は出来ませんが、中古のVHSが物凄いプレ値になっている本作、新品で買えるだけでも本当に有難いと言えそうです。


The_gumball_rally_03


↑この2台が並ぶとそれだけで嬉しくなってしまう当方であります(笑)。


作品のストーリーは至って単純。ガムボールの製造販売会社を経営するバーノン(マイケル・サラザン)がアメリカ大陸横断の非業合法レースを企画、昔からの悪友スミス(ティム・マッキンタイアー)をはじめクルマ好き、スピード好きの面々が集まりニューヨークからロサンゼルスまでの5000キロを文字通り大激走するというもの。そこに彼らの逮捕に執念を燃やすロスコー警部(ノーマン・バートン)が絡んでフリーウェイは大混乱に・・・。作品にはイタリア人レーサー役のラウル・ジュリアやカマロのスタントマンの相棒、ギブソン役のゲイリー・ビジーなど名の通った俳優も出演していますが、全体としは典型的な’70年代のB級カーチェイスムービーの趣です。非合法ストリートレースのお話ですが、全体のトーンはほのぼのしていてユーモアもあり楽しく観られる作品です。


Kyosho_cobra_427sc_01


Kyosho_cobra_427sc_02


↑京商のコブラ427S/Cは過去にもご紹介済ですが、”激走!5000キロ”のDVD発売を記念して再登場です。ブルーメタリック単色のボディカラーが嬉しい1台。ミニカーには特に年式の表記はありませんでしたが、映画の劇中車に合わせておきました。


主人公バーノンの愛車は’66年型のシエルビー・コブラ427, ライバルスミスのマシンはフェラーリ365GTSデイトナスパイダー。映画の製作当時でも希少車だったであろうと思われますが、今日では垂涎のヴィンテージカー2台が洪水調節用の水路で水飛沫を上げながら爆走してしまったりするのですから、それだけでも見る価値があります(笑)。撮影にはどちらもレプリカではない本物が使用され、激しいアクションによる損傷もあったとの事。(コブラは1部レプリカも使われたらしい・・・。)その他錚々たる名車や珍車が登場しますが、その辺りはお友達のFZIROさんのコチラの特集を是非合わせて御覧下さい。ジャガーEがスタート出来なかった理由など、色々興味深い情報満載です。


Detailcars_365_gts_01


Detailcars_365_gts_02


↑赤のデイトナスパイダーはディテールカーズ製。プロポーションは中々良いと思います。トレッドが広過ぎでタイヤが飛び出して見えるのがちょっと惜しい。。。映画の劇中車はワイヤーホイールではなく5本スポークのホイールを履いていました。


ご紹介しているミニカーは主役級の2台。シェルビーコブラは京商の427SCでかなり初期の物です。つい先頃も再生産されましたが、ブルーメタリック単色は初期ロットにしかなかったかも知れません。旧い製品ながら凝った作り込みがなされていますが、何よりこのブルー単色のボディカラーが当方にとっては重要な点でした(笑)。対するフェラーリ・デイトナ365GTSはディテール―カーズ製。デイトナというクルマも様々なメーカーから製品化されていますが、一般的な価格のダイキャストでは「これだ!」という決定版がなかなか見つからないように思います。そうした中ではこのディテールカーズ製はベルリネッタ、スパイダー共に良い線を行っているではないかと思います。このキャストは後にマテルブランドでも再生産もされました。


The_gumball_rally_04


・・・当ブログのサイドメニューにも掲示していますが、往年のカーチェイスムービーもかなりの部分がDVD化されました。ここまで来ると、後はマルホランドラン、フェラーリの鷹、爆走!キャノンボール(デイビッド・キャラダイン主演)、ノーマンズ・ランド、TV版リメークのバニシングポイント、辺りをDVD化して欲しくなります。皆さんがDVD化して欲しい作品はなんでしょうか?


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06