1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

待ってました! ~Premium-X '72 Buick Riviera

かねてから待ちわびていた製品の1つが遂に発売になりました。


Premium_x_72_riviera_1


↑どちらか1方を選べなくて、両方買ってしまいました。


本日ご紹介するのはプレミアムXのビュイック・リビエラ、ビル・ミッチェル肝煎りの大胆なボート―テールデザインを纏った3世代目のモデルです。3世代目のリビエラは'71モデルイヤーにデビューし、'73年型までは特徴的なボートテールデザインを維持していました。しかしアバンギャルド過ぎたスタイリングが保守的な購買層に敬遠されたのか販売は低迷。'74モデルイヤーにはごく普通のノッチバックルーフに改められ、その後鋭い逆スラントだったノーズも平凡な角4灯ヘッドランプに変更され際立っていた個性は大幅に薄められてしまいました。’77モデルイヤーに次世代モデルへとバトンタッチしています。


Premium_x_72_riviera_2


Premium_x_72_riviera_3


↑プロポーション、ディテール、カラーリング共に上々の仕上がり。個人的には1/43のディテールはこの位迄が心地良いように思います。


今回、プレミアムXでは過去にご紹介したヤトミンの’71とはモデルイヤーを変え、’72年型を製品化して来ました。外観的には横基調だったラジエターグリルが格子タイプになり、テールランプのパターンが変わった事、及びトランクリッドにあったルーバー(室内空調用の吸気口らしいです。)が無くなった事などが変更点でしょうか。基本的なボディシェルは変わっていないので、それ程大きなイメージの違いはありません。’71に比べるとほんの少しフォーマルな高級感の方向にシフトした感じでしょうか。翌'73年型もボートテールのスタイリングは維持しましたが、その尖り具合は若干弱まってややマイルドな印象となっていました。


Premium_x_72_riviera_4


Premium_x_72_riviera_5


↑グリーン系のメタリックにコーディネートされたバイナルトップとインテリア。'60~'70年代のアメリカらしさに溢れたカラーリングだと思います。


さて、ミニカーですが、これはなかなかの仕上がりぶりかと思います。ヤトミンの'71もプロポーションは素晴らしかったですが、こちらはプロポーションが良い上にクロームのモール類や細部の色差しが効いていて、実車の重厚感や優雅な雰囲気が良く再現されています。室内も細かく塗り分けられており、高級パーソナルクーペらしさが程良く出ているように思います。とにかく尖った実車のスタイリングがシャープに再現されているのが嬉しいモデルです。長年製品化に恵まれなかったリビエラが、こういうクオリティでモデル化されるのは本当に隔世の感があります。予定されているラインナップといい、プレミアムXの今後に展開には期待大です。


Premium_x_72_riviera_6


Premium_x_72_riviera_7


↑赤系のボディカラーは魅力的に撮るのが難しい(苦手。。。)ので、魅力が上手くお伝え出来ないかもしれませんが、個人的にはボートテールにはこの色が良く似合っていると思います。


最近は1/43ミニカーも随分と高価になり、カラーバリエーションを揃えるなんて事はなかなか出来ませんが、大好きな車種の出来の良いモデルともなると話は別。今回発売になったのは暗めのレッドメタリック(明るい所で見ないとソリッドに見える)にアイボリーホワイトのバイナルトップとインテリア、淡いグリーンメタリック(ゴールドに近い)にコーディネートされたグリーンのバイナルトップとインテリアの2種類。どちらも実車に設定されていたカラースキームで良い仕上がりです。個人的にはどちらか1つを選べなかったと言うのが正直な所。NEOなどに比べると比較的安価な事にも助けられました。・・・と、引き合いに出したNEOからは2世代目の最終年式である '70年型も発売され1部国内ショップには入荷済み。リビエラがここまで1/43モデルで揃うなんて・・・本当に以前では考えられなかった事です。


2


↑当ブログのリビエラ過去記事はコチラへどうぞ。 


NEOの'69はコチラ


スポンサーサイト

勝手連返しは番外編・・・海外ネットオークションの罠!? ~'67 MOTO GUZZI FALCONE 500

当方が珍しく2輪のハーレーをアップした所、ねこざかなさんが素晴らしいマッチボックスのバイクモデルで勝手連をして下さいました。当方の勝手連返しは当ブログでは番外編のイタリア製バイクです。


Police_bike_1_2


↑今回は番外編の1/24イタリアンバイク。エレクトラグライドと並べると・・・意外と大きい!!


・・・と言う事でねこざかなさんに勝手連返しをしようと思ったものの、困った事に当方はバイクのモデルって殆ど持っていないのです。先頃缶コーヒーのオマケだったヨシムラシリーズはスケールが1/42で1/43ミニカーと並べるのに好適なので頑張ってたくさん買ったのですが・・・今回ご紹介するのは1/43ではなくアメリカ車でもない番外編、海外ネットオークションで調達した1/24イタリアンバイク、モトグッチのファルコン500カラビニエリ(イタリア国家憲兵)仕様であります。


Deagostini_moto_guzzi_1


Deagostini_moto_guzzi_2


↑まあ、雑誌のオマケという性格上物凄く精密と言う訳ではありませんが、なかなか良い雰囲気にまとまっているのではないかと思います。


・・・当方がなぜ畑違いのモトグッチのミニカーをわざわざ海外調達したかと言うと、以前4回に渡ってご紹介した映画”ミニミニ大作戦(原題;The Italian Job)”の劇中に、金塊を輸送するフィアット武装輸送隊の一員として登場したからなのであります。ジュリアスーパーのポリスカーは入手済、ダッジWCシリーズはソリド等にそれらしいモデルがあるし、放水銃を備えた装甲車はグレイハウンド製ベースらしいことが分かり、こちらは良く似たモデルがタミヤの1/48プラキットにあったので、後はモトグッチとOM社製の金色の輸送車があれば、劇中のフィアット武装輸送隊が再現出来そうだと踏んでいたのでした。


Solido_dodge_wc51_1


Solido_dodge_wc51_2_2


↑映画ミニミニ大作戦のフィアット武装輸送隊に組み入れるべく、国内ネットオークションで入手したソリド製ダッジWC51の消防車仕様。箱無しを500円くらいで落札したと思います。


Tamiya_greyhound_1


↑同じく武装輸送隊に居た放水銃を備えた装甲車は、グレイハウンドがベースらしいのでタミヤの1/48プラキットでM8装甲車を入手。こういう車種なんで、多少のスケール違いは気にならないかと・・・。こちらも国内オクで当時最安の出品を落札しました。今の所全くの手つかず。。。


そんな中、海外オクを探索をしているとモトグッチ・カラビニエリ仕様のミニカーの出品が!!しかも、出品者の表記によると1/43と言う事になっているではないですか!!!・・・しかし、海外オクの出品者の方々はおおらかと言うかいい加減と言うか、スケール表記が間違っている事も多々あって、当方も過去に痛い思いをした事が幾度となくあります。このモデルも何となく「1/24なんじゃないのか?」とういう疑念が頭をよぎったのですが・・・価格も送料もそれほど高い物ではなかったので、イタリア人の出品者を信じて一か八か賭けてみたのでした・・・。


Deagostini_moto_guzzi_3


Deagostini_moto_guzzi_4


↑期待も儚く、見事な1/24スケールだったモトグッチ(笑)。前回のハーレーと異なり、通常の+ビスで固定されていたので台座から外せました。可倒式のスタンドで自立します。遠近法を駆使すれば、画像上はフィアット武装輸送隊に組み入れられるかも・・・!?


結果は惨敗。。。届いたモデルは見事に1/24スケールでした・・・しかも2台!(涙)。今回も出品者の方に悪意はなかったのでしょうが、ブリスターパックにシッカリと1/24と記してありました。またもや海外ネットオークションの罠にしてやられました。。。モデルは先回ご紹介したハーレーと同様のデアゴスティーニ製、但し、ヨーロッパで展開された何かしらのシリーズの1台です。バイクについては詳しくないのですが、前述の通り1/24スケールで、'67年型というと映画ミニミニ大作戦('69年製作)にも丁度良さげなカンジです。嗚呼、このモデルが本当に1/43サイズだったなら・・・。ドラえもんにスモールライトを借りたいところであります(笑)。


禁断の書店系アイテム!? 1/24 HARLEY DAVIDSON '70 ELECTRA GLIDE スクリーンを駆け抜けたクルマ達 ”Electra Glide IN BLUE

予備知識なしに、書店で禁断のアイテムを見つけてしまった・・・ような気がします。


Deagostini_electra_glide_1


↑デアゴスティーニのハーレーダビットソン・プレミアム コレクションの外箱、冊子、1/24モデル、そして映画「グライド・イン・ブルー」のDVD。


基本的には車輪が4つ以上ついた乗り物が大好きな当方(笑)。バイクについての興味や知識は少し薄いのですが、ハーレー、特に白バイとして映画やTVドラマで大活躍のエレクトラグライドともなると話は別。個人的にはアメリカを象徴するバイクとして子供の頃から脳裏に焼き付けられています。そんな当方が先頃書店に行った折に見つけてしまったのがデアゴスティーニ・ジャパンのハーレーダビッドソン・プレミアム コレクションシリーズ。縮尺は1/24でプラキットやラージスケールのミニカーと並べられるサイズ。今年の3月から販売されていたようですが全然気が付きませんでした。。。全10種で、全てを購読するとなんと映画イージーライダーでピーターフォンダとデニス・ホッパーが乗り回していた劇中車2台セットが貰えるそう・・・うむ~。。。


Deagostini_electra_glide_2


付属のケースは背面が”ハーレーダビットソン”のロゴ入りミラー、ベースが縞鋼板風のなかなかに凝った物。


エレクトラグライドはハーレーのバイクの中でも長寿を誇るモデル。当方は恥ずかしながらこの分冊本を買うまで知らなかったのですが、ハーレーで初めて12Vバッテリーとスターターモータを備えたモデルで、それが名前の由来ともなっているのですね。ミニカーは’70年型のエレクトラグライドで物凄く精密と言う訳ではありませんが、シート下のバッテリーケースやV型2気筒1207ccエンジン等主要部分はらしく再現されています。ちゃんとしたクリアケースに入っているのもコレクターとしては嬉しい点です。・・・ところがこのシリーズ、デアゴスティーニのサイトを調べても出て来ないのです。ネットで調べた中では神奈川県限定との噂も見られましたが・・・良くあるパイロット販売なのか・・・どうなんでしょうね。


Deagostini_electra_glide_3


Deagostini_electra_glide_4


↑バイクにしてこの重厚感。モデルはタンクやフレームがダイキャストらしいですが、樹脂部品が多くそれほど重くはありません。


さて、前述の通り数々の映画やドラマで活躍しているエレクトラグライドですが、当方にとって最も印象的な作品は1973年の”グライド・イン・ブルー(原題;Electra Glide IN BLUE)”でしょうか。子供の頃から筋金入りのアメ車バカ(笑)だった当方は、ハーレーやその他劇中に登場するクルマ目当てでTVで観ました。(ウチの親は子供がこういう作品を見る事をよく許容してくれたものです・・・)当時はスト―リーなどは殆ど理解出来ていなかったと思うのですが、その衝撃的なラストシーンはトラウマになるくらい強烈な印象を残しました。題名のグライド・イン・ブルーはこのラストシーンを象徴しているのだろうと思います。


Deagostini_electra_glide_5


Deagostini_electra_glide_6


↑不本意ながら、頭が三角形のドライバーが夏休みで何処かへ出掛けてしまったので(笑)、台座に固定したままで失礼します。。。


モニュメント・バレーで白バイ警官を務めるジョン。田舎町の平穏で退屈な日常・・・。しかしある老人の不審死をきっかけに殺人課刑事という夢の実現への第一歩を踏み出します。が、そこには彼の理想とはかけ離れた現実が。幻滅と挫折感から結局彼はまた元の白バイ警官に戻るのですが・・・。ロックバンド、シカゴの初期プロデューサーを務めたジェームズ・ウイリアム・ガルシオがメガホンを取り、ピーター・セテラやテリー・キャスらシカゴのメンバーもカメオ出演している本作。イージー・ライダーやバニシング・ポイントに代表されるアメリカン・ニューシネマに分類される作品です。モニュメントバレーの荒涼とした風景も印象的ですが、全般的には淡々とした流れなので、やはりあのラストシーンがなかったら当方の心の中には残らなかっただろうと思います。


夏休みなのでこのモデルを傍らに置いて、改めて作品を観てみようかなと思います。


アメリカの心臓を持つイタリア車達 ~ Mebetoys Iso Rivolta S4, Spark De Tomaso Pantera GTS

本日はお友達のねこざかなさんの戦利品からおすそ分けして頂いた一品をご紹介したいと思います。


Italian_cars


↑アメリカ製のエンジンを搭載したイタリア車2台。どちらもスタイリングはなかなかに魅力的です。


某日、同好の士ねこざかなさんから封筒が届きました。開いてみるとそこにはメーベトイのイソ・リヴォルタS4が・・・ねこさんが こちらのネットオークションでまとめて落札されたうちの1台を当方にお譲り下さったのでした。このモデルが当方の処にやってきた理由はそのエンジン部分にあります(笑)。V型エンジンの2つのヘッドカバーには、一方にISOの文字が、他方にはCHEVROLETの銘が刻印されています。そう、イソ・リヴォルタS4はアメリカ製の心臓を持つイタリアン・スポーツ・サルーンなのです。ねこざかな様、ご厚情有難うございます。


Mebetoys_iso_s4_01


↑エンジンの左側にはシボレー、右側にはISOの銘が刻まれています。


イソ・リヴォルタS4またの名をイソ・フィディアと言い、同社のスポーツカー、イソ・リボルタGTのホイールベースを延長して4ドアセダンボディを架装、エンジンはシボレー製327cu.in.(5358cc)を搭載していましたが、途中からフォード351cu.in.(5769cc)クリ―ヴランドユニットに変更されています。デザインはギア社に在籍していたジウジアーロ先生の手になる物で、1968年のデビューとは思えないクリーンかつモダーンな美しいセダンボディを構築しています。顧客リストには、ショー会場でその美しさに魅せられて衝動買いしたジョン・レノンも名を連ねていたのだとか・・・


Mebetoys_iso_s4_02


Mebetoys_iso_s4_03


当時カロッツェリア・ギア社に在籍していたジウジアーロ先生の作品。デビューイヤーが'68年とは思えないモダーンなデザインだと思います。



ミニカーは前述の通りイタリアのメーベトイ製。おもちゃとして正しい使い方をされた歴戦のボディはチップが目立ち、ステアリングはシャフト部分だけを残して欠損していますが、その他の部分は原型を保っています。幸いな事にウインドウパーツにひび割れは無かったので、1度分解してインテリアなどをクリーンアップ。クリアパーツは洗浄後にコンパウンドで磨いたら綺麗になりました。組み立て直すとちょっとだけシャッキリしたような・・・。欠損したステアリングを何か有り合わせの物に交換し、ボディを全塗装すればレストア出来そうですが・・・ボディもそこまで悪いコンディションではないので悩ましい所でありますね。


Mebetoys_iso_s4_04


Mebetoys_iso_s4_05


↑ミニカーは歴戦の傷も目に付くコンディションですが、ステアリング以外は全てのパーツが健在。エンジンフード、トランク、ドアなどが開閉するのは、今日のミニカーにはない魅力と言えそうです。


さて、スーパーカーブーム直撃世代である当方、アメリカ製の心臓を持つイタリア車と言うと真っ先に思い浮かべるのはデトマソ・パンテーラであります。フォードGT40でヨーロッパでのイメージアップに成功したフォードが、その地位を更に強固な物とするために新たなスポーツカーを企画した事が誕生の発端となっています。デトマソの創始者、アレッサンドロ・デトマソ氏とマスタングの産みの親であるリー・アイアコッカ氏は個人的に親交があったと言われており、パンテーラの誕生に大きな関わりを持っています。


Spark_pantera_gts_01


Spark_pantera_gts_02


↑半分くらいアメリカ車と言っていいような気がするデトマソ・パンテーラ。イエローとブラックのGTSは当方には一番”らしく”感じられるチョイス。


なのでこのイタリア製スーパースポーツカーもマスタング好きの当方には他人とは思えないのであります(笑)。アメリカでシェルビーのローカルイベントなどがあると、コブラやGT350などに交じってちゃっかりサーキットを爆走したりしていますし・・・。カロッツェリア・ギアのチーフデザイナー、トム・チャーダ氏の手になるデザインは、フェラーリやランボルギーニとは一線を画する個性を得ているように思います。量産性を重視したモノコック構造のボディにフォード製351cu.in.のクリーヴランドユニットを搭載しています。当時アメリカではフォード系ディーラーでサービスが受けられたとの事ですから、半分くらいはフォード車と言っても良いのかもしれませんね。


Spark_pantera_gts_03


Spark_pantera_gts_04


↑当方にとっての初スパークとなったこの1台は、ケース割れ、ワイパー折損の格安品。ワイパーは透明ビニール系接着剤で補修しました。。。


モデルはスパーク製の’72年型GTS。20年以上に渡るパンテーラの長いヒストリーの中には、より高性能なGT5や末期にあのガンディーニ氏が手を入れたモデル等もありますが、個人的には初期のGTS辺りが最も”らしさ”を感じさせてくれるように思います。中でもこのイエロー&ブラックのツートーンは個人的に最も好きなカラーリング。ケースがひび割れ、ワイパーが片方破損していた物を格安で入手した物ですが、これが当方にとって初のスパーク製モデルでした。やや車幅が広過ぎるように感じますが、実車のワイルドなイメージを良く再現していると思います。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08