1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

Franklin Mint '63 Corvette Stingray

C2コルベット特集、最初にご紹介するのはこのモデルです。


Franklin_mint_63_corvette_1


およそ60年に渡るコルベットの歴史の中で、2代目にあたるC2コルベットは'63モデルイヤーにデビューしました。初代C1コルベットはその初期にはなかなか商業ベースに乗れず、市販の継続が危ぶまれる場面もあったようです。C2へのモデルチェンジには10年の歳月を要した事になります。C1途中の’55年から搭載されたV8は徐々に大排気量/ハイパワー化され、C2末期の’66年には427cu.in.(7リッター)、'67には435hpに到達しています。こうしたハイパワーを受け止めるべく足回りも大幅に見直され、リアサスを車両進行方向に対して横向きに配置されたリーフとしたユニークな4輪独立サスペンションを採用。材質などは変わっていますが基本的な考え方は現状最新のC6にも受け継がれています。


Franklin_mint_63_corvette_2


Franklin_mint_63_corvette_3


↑一時期はダイキャストのC2コルベットと言うと、このモデル位しかない時期がありました。プロポーションや、ややリアが沈み込んだような佇まいはなかなか良い雰囲気です。


スタイリングキューは’59年に発表されたコンセプトカーのスティングレーであるとされていますが、基本的にオープンボディだった先代C1に対し、完全なクローズドボディのクーペが設定されたのも目新しい点でしょう。ダイナミックにうねる曲面とシャープなエッジが巧みに融合されたボディは力強さと美しさに溢れ、ファストバックのルーフが後方に行くに従い細く絞られてゆくボートテールのクーペのデザインは、個性的かつ完成度も非常に高いように思います。当方が実質的にリアルタイムで知っているコルベットはC3以降ですが、歴代コルベットでどの世代が好きかというとこのC2かなと思います。(どの世代もカッコ良いのですが・・・/笑)


Franklin_mint_63_corvette_4


各部開閉機構や作り込まれたエンジンルームなどが他にはない魅力です。


ミニカーはフランクリンミントの1/43モデル。登場初年度の’63年型、リアウインドーが左右分割タイプのいわゆるスプリットウインドーのモデルです。正直言って高額ながら出来の良し悪しにはバラツキのあったフランクリンミントの1/43モデルの中では、このコルベットはかなり良い出来だったのではないかと思います。シルバーのボディのプロポーションも上々ですが、エンジンフードやドアが開くのも(オートアート等1部の製品を除けば)最近のプロポーション重視のモデルとは一線を画する所でしょうか。エンジンも単体で組み込まれるなど、ハンドメイドの精密さを売りにしている同ブランドらしい仕上がりとなっています。その後色々と新製品が発売になりましたが、このモデルには独特の魅力があり今も色褪せていないように思います。


Franklin_mint_63_corvette_5


Franklin_mint_63_corvette_6



↑ネットショッピングやオークションがなかった当時、お世話になっていたショップさんが単品輸入してくれなかったら、このモデルは入手出来なかったと思います。


当方がこのモデルを入手したのは90年代の初頭ぐらいだったかと記憶していますが、当時入手出来た1/43のC2コルベットは、このモデルとモノグラムの'67コンバーチブルのプラキットぐらいではなかったかと思います。この頃フランクリンミントの1/43は通販のセット売りという形態がとられていて当方には手出しの出来ない高額商品だったのですが、お世話になっていたショップさんが単品輸入・販売して下さったお陰で、当方はこのコルベットやダッジ・チャージャーなどを入手する事が出来たのでした。当時はネットオークションなどもなく、個人で海外から商品を輸入すると言った事も一般的ではなかったので、珍しいモデルを入手する為にはミニカーショップに足繁く通うのが最良の方法でありました。古いミニカーを引っ張り出してその入手方法などを思い出すにつけ、今日とは隔世の感があるな~と、しみじみ思ってしまいました・・・。


スポンサーサイト

久しぶりに車種別特集! C2 コルベット

C2_corvette


↑画像はイクソ製の'63コルベット。もちろんこのモデルもご紹介します。


ここの所、最近入手したモデルを中心に色々な車種をパラパラとご紹介していましたが、久々に車種別特集をやろうかなと思います。車種はアメリカンスポーツの雄、シボレーコルベット。次世代C7の噂も色々と気になる昨今ですが、昨年の6月~7月にお送りした初代C1特集に続いて今回は2代目C2をご紹介しようと思います。


当方はC2に関してはコーギー等の往年のモデルは殆ど所有しておらず、比較的近年の製品中心のご紹介になるかと思います。歴代コルベットの中では1/43のモデルには余り恵まれていなかったC2ですが、ここに来てミニチャンプスやイクソから相次いで製品が発売され、むしろ歴代でも最も恵まれた世代になったように思います。なにぶん週イチの亀更新ゆえ、ちょっと長くなるかも知れませんが次回からご紹介して行きたいと思います。


小さな体躯にデカい顔 ~ FIRST RESPONSE '83 DODGE DIPLOMAT

今回はちょっと渋めの1台をご紹介します。


First_respose_diplomat_1


↑インターミディエートで全長5mそこそこですが、エラそうな顔をしています。


本日ご紹介するのはダッジ・ディプロマット、'77年に登場したクライスラーのインターミディエートセダンです。ダッジ・アスペン/プリムス・ヴォラーレのシャシーを延長して誕生し、同じMボディとしてはプリムス・グランフューリー、クライスラー・ルバロン、ニューヨーカー/フィフスアベニュー等が存在ました。小さくなったとは言え、全長5mを超えるRWDとして、ポリスカーとしても活躍。シボレー・カプリースやクラウン・ビクトリアと並び、映画やドラマでもお馴染みの存在でした。


First_respose_diplomat_2


First_respose_diplomat_3_2


↑小柄(当時の米国基準です/笑)ながらがっしりしたボディといかめしいツラ構えが独特の個性を醸し出しています。


オイルショック以降、デトロイトにダウンサイジングの嵐が吹き荒れていた頃のクルマであり、慣れない小さな寸法に苦心の跡がありありと見られるようなスタイリングです。切り立ったリアウインドー、短いリアオーバーハング。何とか豪華さを保とうと、仰々しいグリルやクロームのモールディングで精一杯飾り立てた結果、なんとも賑やかな外観となっています。大きなアメリカ車が好きな当方は、当時は好きになれないクルマでした。・・・が、今見るとこれはこれでイイ(笑)。小さいけれどがっしりした体躯、威張っているようなデカいツラは何となくブルドックを連想させます。


First_respose_diplomat_4


↑基本的に以前、映画「ユージュアル・サスペクツ」の劇中車としてご紹介したモーターマックスの金型を使用していますが、各部ディテールはブラッシュアップされています。画像は有りませんが、基本的には床板まで共通です。


ミニカーはポリスカーミニカーを得意とする・・・というか、ほぼポリスカー専門のファースト・レスポンスの製品。同ブランドの例に漏れず多種多様なポリスカーのバリエーションが展開されていますが、今回ご紹介するグリーンメタリックやブルーメタリックのノーマル仕様や、嬉しい事にイエローキャブ仕様も発売されています。似ているな~とは思っていたのですが、どうやら基本的には過去にご紹介したモーターマックス製の金型を使用しているようです。しかし、エンジンフード先端のペンタスターエンブレムがエッチング製になっていたり、タイヤ&ホイールが精度の高いものに交換されていたり、アンテナやドアミラーなどのディテールが追加されていたりと、そこここがグレードアップされています。


First_respose_diplomat_5


↑ホイール、ライトバー、アンテナ、ブッシュバー・・・アンダカバーカーや郡警察仕様などの単色ボディの個体を製作出来るよう、多数のパーツが付属しています。


さて、先程ノーマル仕様と書きましたが、そこはファーストレスポンス製品。ただのセダンで済む筈はありません(笑)。このミニカーには各種ライトバーやホイール、アンテナ、ノーズに装着するブッシュバーやスポットランプ等々、その筋のパーツがこれでもか!とばかりにテンコ盛りで付属しており、アンダーカバーカー、或いはアンマークドカーと呼ばれる、いわゆる覆面パトカーに仕立てる事が出来るようになっています。彼の地(米国)でもポリスカーモデルの世界では1/43がメジャーな存在のようなので、今後もこうしたポリスカーに使用された車種の製品化を期待したい所であります。


First_respose_diplomat_6


First_respose_diplomat_7


↑プロトタイプはファーストレスポンスのサイトによると'85という事になっています。その年代では上級モデルは顔付きが変わっていた筈。ベーシックグレードのこの顔(旧型のまま)はポリスカーのベースとしては好適なチョイスでしょう。(因みにオリジナルのモーターマックス版は'83と表記されていました。


三つ子の魂百まで?それとも妥協!? ~Motor Max FORD POLICE INTERCEPTOR CONCEPT

昨年の今日、当方はこの事実を掴んでいませんでした・・・。


Ford_police_interceptor_1


↑映画やドラマでも大活躍したクラウン・ビクトリアのポリスインターセプターは昨年製造が終了。今後フォードのフリートビジネスを担うのはトーラスベースのポリスインターセプターです。


旧き佳きアメリカンフルサイズの伝統を今に伝え続けた一台、我が愛しの”クラウン・ヴィック”は今からちょうど1年前、2011年9月16日ひっそりとその歴史に幕をおろし、(動画はコチラ)代わりにフォードのフリートユースの主力となろうとしているのが本日ご紹介するポリス・インターセプターです。米国フォードの乗用車ラインナップでは今や最大型車種に成り上がったトーラスをベースとし、今年に入ってからデリバリーを開始したようです。ハイパフォーマンスバージョンではトーラスSHO譲りのV6 3.5リッター直噴DOHC、エコブースト・ツインターボエンジンから365hpを絞り出しています。駆動方式は6速コラムATを介したAWD(全輪駆動)。古風なペリメーターフレームシャシーで、OHVではなくSOHC化されたV8エンジンである事ぐらいが目新しい点だったクラウン・ヴィックとは比較にならないハイテク振りです。


Ford_police_interceptor_2


Ford_police_interceptor_3


車名はベースのトーラスの名を冠さず、シンプルにポリスインターセプターと呼ばれます。他にエクスプローラーベースのSUVタイプが存在します。2010年にプレス発表され、2011年には各種ショーに出品。販売開始は2012年になってからのようです。


・・・しかし最初にこのポリスインターセプター・・・というか、ベースとなるトーラスを見た時は全然ピンと来なかったのです。低く、長く、幅広く、意外に優雅なボディラインのクラウン・ビクトリアに比べ、背が高く武骨でお世辞にもスマートとは言い難いプロポーション。DOHCツインターボでリッター100馬力越えのハイパワーとはいえ、エンジンがV8ではなく駆動方式がFRでない事も、コンサバな米車ファンの当方には受け入れ難い部分でした。余りにもクラウン・ビクトリアとは異なっている・・・。故に、正直言って余り好きにはなれないクルマだったのでした・・・。


Ford_police_interceptor_4


Ford_police_interceptor_5


↑最近の米国製セダンは車高が1500mmを超えている物が多くなっています。このクルマのベースであるトーラスも然り。これはこれでマッシヴでカッコ良いのですが、「低く・長く・幅広く」と言うアメリカン・フルサイズセダンのプロポーションは、過去の物となってしまったようです。


ところがここ最近、自分の中でこのトーラス/ポリスインターセプターがとても気になる存在になっています。きっかけは今回ご紹介するミニカーを入手した事でした。。。我ながら全く馬鹿だな~と思うのですが、ミニカーを掌に載せて眺めている内にそのマッシヴでソリッドなプロポーションが認識され、「・・・これはこれでカッコ良いのではないか!?」と思えるようになってしまったのです。これを子供の頃にブリットやバニシングin60等の映画でマスタングのカッコ良さをインプットされてしまったフォードファン魂の発露と見るべきか、或いは今ある物を受け入れるしかないという諦観と妥協の産物と捉えるかは判断に苦しむ所です。。。


Ford_police_interceptor_6


↑デリバリーが開始された新世代ポリスインターセプター、果たしてクラウン・ビクトリアが築いたマーケットシェアを守る事が出来るのでしょうか!!


ミニカーはモーターマックス製で、プロトタイプは2011年のデトロイトショー等で公開されたコンセプトカーバージョンです。トーラスとしては~'12モデルイヤーまでの初期型の顔付きをしています。米国での販売価格は10ドルそこそこの至って廉価なモデル。ですがボディのプロポーションも悪くありませんし、ディテールもテールランプは塗装で済まされてしまっているものの、ヘッドランプは複雑な形状のベゼルにクリアレンズと言う構成となっています。無塗装ですがインテリアやシャシーのディテールも結構頑張って再現しています。この新生ポリスインターセプター、クラウン・ビクトリアの後を継いで成功作となれるのか、推移を見守ってゆきたいと思います。


超自然なスポットランプ!?実は劇中車~ TSM '67 Chevrolet Impala Sport Sedan from SUPERNATURAL

今回のモデル、一見するとフツーのシボレー・フルサイズに見えますが・・・。


Tsm_67_impala_1


↑作品は未見なので何となくイメージで・・・久々にフォトレタッチでライトを光らせました。実際のミニカーは点灯しません。


本日ご紹介するのは’67年型のシボレーインパラ4ドア・スポート・セダンです。この世代のシボレーフルサイズは'65モデルイヤーにデビュー。それ以前の~'64年型のスクエアなデザインから、グラマラスな抑揚のあるスタイリングへと変化しました。トリムレベルによって車名が変わり、タクシーやポリスカーに使われるベーシックグレードのビスケインからベルエアを挟んで、上級モデルがインパラとなります。この世代から更に上級のカプリスが’65MYでオプション設定され、翌’66MYから標準設定車型になりました。ボディはこの4ドアスポートセダンの他、2/4ドアセダン、HTクーペ、コンバーチブル、ワゴンと多彩なバリエーションを誇りました。


Tsm_67_impala_2


Tsm_67_impala_3


↑この世代のシボレーフルサイズの1/43化は恐らく初なのではないかと思います。それも4ドアハードトップたるスポート・セダンとは・・・スーパーナチュラルに感謝であります。仕上がりは近年のレジン完成品らしくエッチングパーツ等を多用した精密な物です。


さて、この4ドア・スポート・セダン、セダンと謳ってはいますがセンターピラーレスなので実質的には4ドアハードトップという事になります。同じ4ドアHTでも、前年の’66年型まではリアピラーがもう少し立った角ばったルーフ形状だったのですが、この’67年型ではセミファストバックとも言うべき流れるようなルーフラインとなりました。そんな訳で個人的には’65~’66シボレーフルサイズはHTよりセダンが好きだったのですが、この’67以降は4ドアHTもなかなかカッコ良いな~と思います。もちろんHTボディなので、基本的にはタクシーやポリスカーに使用される事は無かっただろうと思われます。


Tsm_67_impala_4


Tsm_67_impala_5


↑ボディーカラーのせいもありますが、'67は歴代シボレーフルサイズの中でもクライスラー的なワルな雰囲気があるような気がします。劇中車として絶妙のチョイスなのではないでしょうか・・・未見ですが。。。


モデルはTSM(TRUE SCALE MINITURES)製のレジン完成品。同ブランドのモデルはロールスなどは日本にも入荷していますが、このモデルは恐らく正規には日本に入っていないのではないかと思います。この世代のシボレー・フルサイズは1/43モデルに恵まれておらず、当方の知る限りでは過去にはイスラエルのガムダクール・サブラシリーズにやや小さめ(1/45相当くらい)の2ドアHTクーペとセダンをベースにしたポリスカータクシーが存在したくらいではないかと思います。ボディのプロポーションはややテールが垂れ気味の感もありますが、'60sフルサイズらしい伸びやかさが良く再現されています。ヒップアップ気味の車両姿勢に社外品のアルミホイールもまあ、こんな仕様のクルマは良く見かけます。・・・が、フロントピラーに装備されたスポットランプは?・・・アンダーカバーカーのモデルなのか???。


Tsm_67_impala_6


↑従来、1/43近辺では唯一の存在であった(と思われる)ガムダクール・サブラのモデルと・・・。'66のスポート・セダンも製品化して欲しいと思うのは当方だけでしょうか?


・・・という事で、このモデル、パッケージ等には全く謳われていないのですが、どうやらTVシリーズの”スーパーナチュラル(原題;Supernatural)”で主人公達が乗っているクルマを再現したもののようなのです。スーパーナチュラルは母親を悪魔に殺されたサムとディーンのウインチェスター兄弟が全米各地を旅しながら悪魔や魔物と闘うというお話のようですが、当方は残念ながら未見です。ただ、このインパラの存在は知っていてちょっと気にはなっていたんですよね・・・。レジンとは言え、原型を作ったので、この先ノーマル仕様も発売になるかも知れません。せっかくなので’66年型のスポート・セダンも作って、紺色のボディに深リムのスチールホイール&ハーフキャップで、こっそりあの映画仕様も作ってくれないかな~。


UPS萌え!? 愛しのトイカー達 ~ DARON TOYS UPS PACKAGE TRUCK

今回は久しぶりに「愛しのトイカー達」ネタでいってみたいと思います。


Ups_package_truck_1


↑御覧のような紙箱に収まり、米国現地価格はおよそ12ドル也。


・・・最近、日本の女子の間には「佐川萌え」なる言葉があるそうで、ボーダー柄のシャツで荷物を届けてくれる宅配便のお兄さんの爽やかさに萌えるのだとか。それを言うなら当方はさしずめ「UPS萌え」。・・・いえ、、当方の場合は荷物をお届けしてくれる半ズボンの米国人のオジサンにではなく、荷物を運んでくれるトラック=パッケージカーに対してであります(笑)。


Ups_package_truck_2


Ups_package_truck_3


↑NYのイエローキャブと共にアメリカの風景の1部とも言えそうな”ビッグ・ブラウン”ことUPSのパッケージカーです。


United Parcel Service(ユナイテッド・パーセル・サービス)については過去に別のトイカーのご紹介でも触れていますが、米国を基盤とする貨物運輸会社です。宅配用のウオーク・イン・バンから輸送機に至るまで渋いブラウンにゴールドのストライプやロゴといったCI(コーポレート・アイデンティティ)で統一されています。中でもUPS専用ボディを纏ったP600, 800, 1000等と呼ばれるパッケージカーは米国でも馴染み深い存在として親しまれているようで、ビッグ・ブラウンなる愛称で呼ばれる事もあります。


Ups_package_truck_4


Ups_package_truck_5


↑プルバックモーター内蔵のプラボディトイカーながら、ボディの再現度はなかなかの物です。以前ご紹介した別モデルではオミットされていたルーフの形状もしっかり再現。



UPSオリジナルデザインのPシリーズパッケージカーは、フォードやインターナショナル等のトラックシャシーにグラマン・オルソン(現モーガン・オルソン)やユニオンシティ・ボディ・カンパニー(2005年ユーティリマスター社に吸収合併された)製のボディを載せたウオーク・イン・バン。(日本ではウオーク・スルー・バンと呼ばれますね。)現在ではモーガンオルソン製のごくノーマルな四角いボディのバンやダッジスプリンター等も使用しているUPSですが、個人的にはやはりこの丸っこいノーズのボディが一番のお気に入りです。


Ups_package_truck_6


↑以前ご紹介した別のパッケージカーとの比較。ホイールベースはほぼ同等で、幅と高さは少し小さ目です。購入した米国のショップの表記では1/43スケールとの事です。


Ups_package_truck_7


↑アメリカの風景の1部同士を並べてみました。


今回ご紹介するのはDARON TOYSなる会社名の入ったトイカーで、購入した米国のショップの表記によるとリアルトイ製で1/43(!)。スケール表記に関していい加減なショップではないので正しく1/43なのでありましょう。(そう信じる事にします。/笑)以前ご紹介のトイカーよりリアルな造形のボディは、やはりプラ成型の無塗装でロゴやストライプは紙シールでの再現。前回のモデルはフリクション動力で「ぐもも~」っとディーゼルらしい走りでしたが、今回のモデルはプルバックモーターで、走行音が静かかつ速過ぎるのがちょっぴり不満(笑)。リアがシングルタイヤだったりしますが、ライト類にも色差しがなされ、リアルな造形と正しき1/43スケール(多分)でお気に入りになりました。


Ups_package_truck_8


UPS vs FedEx再び(笑)。


・・・と、良い人ぶってトイカーの事を書いてますが、こんなセクシーなおねーさんが配達してくれるなら、ホントにUPS萌えになってしまうかも!?(笑)


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09