1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

一番のお気に入りはこれ。 ~ixo MODELS '63 CORVETTE COUPE

C2コルベット特集、’63クーペのトリを飾るのはこのモデルです。


Ixo_63_corvette_1


↑C2コルベットの1/43ミニカーとして当方が最も好きなのはイクソ製のこのモデル達。


お送りしておりますC2コルベット特集、12月はワンダーランドマーケットもあるし、クリスマスも何か考えないといけないし・・・。残っているモデルの台数と当方の更新ペースを考えるとこのまま年を越してしまいそうです。・・・とは言え、スプリットウインドーの’63クーペはそろそろネタ切れとなって来ました。最初に申し上げたように、C2に関してはコーギー等往年の絶版モデルは殆ど所有していません。近年の製品が主体ですが、今回はそうした最近の製品の中で個人的に最も気に入っているモデルをご紹介したいと思います。


Ixo_63_corvette_2


Ixo_63_corvette_3


↑全体のプロポーションは実車の忠実なスケールダウンというよりも”らしさ”が感じられるデフォルメが施されているように感じます


Ixo_63_corvette_4


Ixo_63_corvette_5


↑気に入っているので画像多め(笑)似たようなビューでスミマセン。。。


当方の最近の製品でのお気に入りはイクソ製。イクソと言うブランドは、車種によって出来の良し悪しに結構大きなバラツキがあると思うのですが、過去にご紹介したフォードGTチェッカーキャブ、(プレミアムXの)リビエラ、など、造形がツボにはまると得も言われぬ魅力を放つ事があります。このC2も曲面とシャープなエッジが織りなすグラマラスな実車の魅力をしっかりと捉えているように思います。ディテールもスーパーディテールになり過ぎずほどほど。個人的な好みで言えば、1/43スケールのディテールはこの位が丁度良いのではないかと言う気がします。


Ixo_63_corvette_6


Ixo_63_corvette_7


↑シルバーのこちらは国際貿易の特注モデル。日本のナンバープレートが装着されています。


Ixo_63_corvette_8


Ixo_63_corvette_9


↑シルバーってC2のクーペには結構極め付けなボディカラーだと思うのですが、日本でしか販売されないんでしょうか・・・?


ご紹介しているブルーメタリックのモデルが通常版として発売された最初のカラー、シルバーのモデルは箱に”KB”の文字が入る国際貿易さんの特注版。日本から発注された故かどうかは分かりませんが、日本のナンバープレートが装着されているのが面白いモデルです。当方は未入手ですが、通常版はその後ブラックのボディ/レッドのインテリアが発売になっている他、ヨーロッパでのパートワーク(分冊百科系)用と思われる物にゴールドメタやクロームメッキ(!)のバリエーションがあります。


Ixo_63_corvette_10


未入手のカラーバリエーションにも興味はあるのですが、当方はC2クーペにはシルバーとブルーメタリックが良く似合うと思っているのでバリエーションの深追いは止めておこうと思っています。大好きな車種とは言え、資金も買ったモデルを保管するスペースも限られていますから・・・。1/43の’63クーペは、この先スパークから製品が発売される予定になっています。果たして当方にとってイクソを超えるモデルとなるのかどうか・・・その発売を楽しみに待ちたいと思います。


スポンサーサイト

なかなか捨てたもんじゃない ~Road Champs '63 Corvette Coupe

ホビーフォーラムと当ブログの5周年も済みましたので通常モードに戻ります。6年目突入第1弾はC2コルベット特集の続き、当方のお気に入りブランドのミニカーをご紹介します。


Road_ch_63_corvette_1


↑こうやって改めて見てみると、そんなに悪くないんじゃないか思えて来ます。


・・・再び'63スプリットウインドー・クーペであります。ホント、1/43のC2コルベットと言うと’63クーペが多い。まあ、デザイン的に最もインパクトがあるし、登場初年のモデルを製品化するのは1/43スケールのミニカーの世界では常道ではあるのですが・・・。アメリカ車の場合はモデルイヤー毎に色々とデザイン変更も多く、その辺りの違いを比べるのも楽しかったりするので、何処か1社ぐらい他の年式のクーペを造ってくれたらな~と思ったりもします。個人的には最終年式、'67の427搭載モデル辺りが欲しい。


Road_ch_63_corvette_2


Road_ch_63_corvette_3


↑こちらは単品販売のモデル。渋めのダークブルーメタリックも中々良いです。


今回ご紹介のモデルは米国のロードチャンプズ製(製造はもちろん中国)。膨大なポリスカーのバリエーションと共に、数々のマッスルカーやポニーカー、ピックアップトラックやSUVなどを1/43で製造してくれた当ブログでは重要なブランドです。・・・ミニカーそのものの仕上がりは素朴なもので、1流ブランドの製品と比べるのは正直酷ではあるのですが、過去にご紹介したシボレーC3100アイスクリームトラック’59インパラなど、味わい深く傑作と呼びたくなってしまうようなモデルもあったりします。


Road_ch_63_corvette_4


Road_ch_63_corvette_5


↑こちらは"Then & Now"という新旧2台セットに含まれていた物。カラーリングはメーカー純正ではなく、カスタムした雰囲気になっています。


さて、今回のC2コルベットクーペは同ブランドのミニカーとして標準的な仕上がり。ですが改めて見てみると、プロポーションはなかなかに良い雰囲気です。ボディ各部のバッジ類が鮮やかなカラーでプリントされていたり、タイヤが細いホワイトリボンだったりと、らしいディテールで盛り上げているのはご当地ブランドらしい所と言えるかも知れません。(バリエーションによってはタイヤがレッドラインになっていたりする。)ドアが開閉するのも最近のディスプレイ用モデルとはちょっと異なる点でしょうか。ドアミラーが一体でキャスティングされているのですが、一体どういう型割りになっているんだろう・・・!?


Road_ch_63_97_corvette


↑同一車種の新旧モデルをセットにしたThen & Nowシリーズはこのようなウインドウボックスに収められています。・・・今となってはThen & Thenですね(笑)。


Road_ch_97_corvette_1


Road_ch_97_corvette_2


↑セットのもう1台は’97のC5クーペ。ミニチャンプスなどに比べると、ボディの抑揚がややオーバー気味に表現されている感じがします。リトラクタブル・ヘッドランプも今となっては懐かしい・・・。


ブルーのモデルの方は単品で販売されたモノ。対するちょっと派手目なシルバーのモデルの方は、”Then & Now"(あの頃と今)シリーズというC5コルベットクーペとの新旧2台セットで販売されたモノです。同ブランドのミニカーは単品売りでもカラーバリエーションが非常に多く、更に2台セットは単品とは異なる装いだったりしてなかなか興味深いものがあります。ややオモチャっぽい部分も有り、日本でこのブランドのミニカーを追いかけている方はそう多くないかとは思いますが、ならではの車種も多く、数が集まるとそれはそれでなかなか楽しい物です。


ミニカー・コラム・シフト Vol.15 ~Since 2007(笑) 1/43cu.in.開設5周年のごあいさつ

すみません、今回の内容はフツーの日記っぽいです。・・・ギリギリ今日に間に合った。。。(大汗)


5th_anniversary_1


↑ブログ開設5周年を祝して、当方の大好きなソリド製マスタングで赤・白・青のアメリカ国旗の色を・・・え?フランスっぽいですか?・・・まあ、ソリドはフランスのミニカーですし・・・(笑)。


●ブログ開設5周年御礼


「コツコツ集めた自分のミニカーコレクションをブログで公開してみよう。」ふと思い立ってこの1/43cu.in.を開設したのが5年前の今日、2007年11月11日でした。週イチペースの亀更新ではありますが(汗)・・・まあ、5年というのは一つの節目かなと思います。ブログを開設した事で遠隔地の同好の士と(時に海外の方とも)お知り合いになる事が出来、トイコレクションというホビーの幅が大きく拡がりました。ブログを始めて本当に良かった。今日まで続けて来られたのも、ひとえに親しくして下さるお仲間やコメントで遊びに来てくださる皆さん、また、この偏狭なブログをご覧下さっている方々に支えて頂いての事。この場を借りて厚く・熱くお礼申し上げます。


000_3


↑当ブログの第1回目で使用した画像。畳のへりを道路に見立てたカーチェイスごっこ・・・子供の頃に遊び倒したミニカー達は今も変わらぬ宝物です(笑)。


1/43cu.in.というブログ名はミニカーの代表的縮尺の1つである1/43スケールと、アメリカで自動車の排気量の表記として使われるcu.in.(キュービック・インチ;1立法インチ=16.387cc)を組み合わせたもので、1/43スケールのアメリカ車モデルカーをご紹介する事を意図して名付けました。子供の頃からクルマ好きでトミカやマッチボックスで遊んでいた当方、その頃「ブリット」や「バニシングIN60」などのカーチェイスシーンでアメリカ車の魅力を強烈に刷り込まれた事と、誕生日やクリスマスなど特別な日に両親に買ってもらった1/43ミニカーが大切な宝物であった事とが原点となって現在のコレクションを形成するに至りました。


●1/43スケールでアメリカ車をコレクションするという事


000_2_2


第2回目の記事に使用した画像。1/43スケールは程良い大きさでクルマのサイズ感を比べる楽しさがあります。


ブログを始めた頃はアメリカ車の1/43ダイキャスト・モデルは今日程多くはなく、名の通った一流ブランドのミニカーだけではなかなかコレクションの幅が広がりませんでした。そのため分不相応なホワイトメタル完成品やレジンキット、入手の難しいプラキット、果ては観光地の土産物売り場に置かれているようなトイカーまで~およそ1/43近辺のアメリカ車トイであれば蒐集対象として来ました。「愛しのトイカー」の括りでご紹介しているミニカー達は正統派コレクターの方であれば眉をひそめるような物かも知れません。しかし当方にとっては車種や年式の面でコレクションの穴を埋めてくれる、貴重な、愛すべき存在でありました。・・・モノを集めるというホビーにおいて、当人にとってその価値を決定する最も重要な要素は「いかにその対象物が好きか」「愛着が湧くか」という事であって、世間一般の評価や売れ行き、希少性や金銭的な価値ではないと当方は考えます。


5th_anniversary_2


↑日本では知名度の低いイスラエル製のガムダクール・サブラ。このブランドのミニカーも他では得難い60年代のアメリカ車をラインナップする、とても大切なコレクションです。今回は5周年と言う事で、特にお気に入りの数台をご紹介。ボロボロのシボレータクシーは子供の頃に両親に買ってもらった記念すべきサブラ第1号車。


アメリカ車を1/43モデルカーでアーカイブする事が目標の当ブログですが(半分冗談・半分本気/笑)、「正統派定番ブランドの枠外まで範囲を拡げれば1/43スケールでも意外に多くのアメリカ車をコレクションする事が出来る。」と言う事を一人でも多くの方に知って頂きたい・・・そんな思いもブログを始めた動機の一つでありました。この5年間で状況は大きく変化し、スパークやNEO、プレミアムXといったブランドから、素晴らしい1/43アメリカ車モデルが続々と発売されるようになりました。価格の高い物が多いのが難点ですが、長年集め続けて来た愛好家としては嬉しい限り。このブログを通じ、1人でも、2人でも、同好の方が増えれば・・・そう願っています。節目を迎えたとからと言って何か新しい事を始めるでもなく、襟元を正すでもなく、相も変わらずアメリカ車の1/43モデルカーを週イチペースでご紹介して行きたいと思います。今後共お付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。


 


2012年11月11日


Ponys41


ホビーフォーラム2012調査報告

金曜日にお知らせしました通り、今日はホビーフォーラム2012開催日。当方も顔を出してきました。以下、駆け足で雰囲気をお伝えしたいと思います。


2012_1


↑あいにくの曇り空でしたが、大型客船飛鳥Ⅱがお出迎え。


例年の通り訪れた横浜港 大さん橋国際客船ターミナル、今年はあいにくの曇り空で、絶好の模型日和(笑)とは行きませんでしたが、巨大な客船、飛鳥Ⅱがお出迎え。天候を跳ね返す華やかな雰囲気でありました。


2012_2


↑開場間もない午前10時過ぎ、外は人影まばらですが会場内は・・・。


会場である大さん橋ホールに到着。開場時間の午前10時を少し回ったばかりでしたが、開場には既にたくさんの人々が・・・寒い1日でしたが会場内は熱い!、熱い!!・・・暑い。。。(笑)


2012_3


先ずは何をおいてもフリーマーケットへGO!(死語)。メーカーのB級品アウトレットから有名ショップのセール、個人コレクターさんの放出品まで、人混みをかき分けながらチェック。


2012_4


一通りフリーマーケットをチェックした所でモデラーズクラブの作品展示へ。モデルカーズ誌を飾った有名プロモデラーさんの作品を遮るものなく間近で拝見する事が出来ました。


2012_5


今年は当方のアンテナに引っかかるような新製品の発表は残念ながら殆どありませんでした。・・・唯一これくらいかな!?


2012_6_2



縁あってお知り合いになった日産テクノ、日産工機モデラーズクラブ皆さんも作品を展示、久しぶりにお会いする事が出来ました。


2012_7


・・・で、今回の戦利品。LUXURY COLLECTIBLESのキャデラックSRXは定価の3分の1以下、最近国内に流通し始めたモーターマックスのコルベット・インディ、ジープ・リバティも安価なお値段より更にお安くゲット出来ました。価格や出来の違いはあれど、どれも1/43では貴重なモデル化。個々のモデルはいずれ詳しくご紹介したいと思います。


日曜日はホビーフォーラム開催です。

C2コルベット特集中ではありますが、神奈川県の模型関連イベントのお知らせです。


Photo


↑会場のある横浜港大さん橋国際客船ターミナル自体、非日常的な気分が楽しめる場所です。(昨年のホビーフォーラム2011開催時に撮影。)


来たる2012年11月11日は下記内容にてホビーフォーラム2012が開催されます。


今度の日曜は大さん橋ホールへGO!(死語)


2


↑昨年の作品展示の1部有名モデラーさんの作品をはじめ、ハイレベルなモデルが展示されます。


●ホビーフォーラム2012


開催場所;横浜大さん橋ホール http://www.osanbashi.com/


日時;2012年11月11日(日) AM10:00 ~ PM4:00


入場料; 一般入場無料


内容;


・メーカー,ショップ,個人によるフリーマーケット


・モデラーズクラブによる作品展示


・メーカー新製品展示


・ミニチュアモデルコンテスト


・会場限定モデル販売


・チャリティーオークション


・etc.


Banner6_2


↑単なる画像として貼り付けております(汗)。。。


http://www.hobbyforum.jp


こっちはビビッと来た!! ~MINICHAMPS '63 CORVETTE CONV.

今年のハロウィンも何とかしのいだので(笑)、C2コルベットの特集に戻ろうと思います。


Minichamps_c2_vette_conv_1


↑元々コンパクトなオープン2シーターとして誕生したコルベット。2世代目のC2にもコンバーチブルが設定されていました。


2世代目コルベットC2は登場時からクローズドボディのクーペが発表され、ボートテールの大胆なスタイリングが話題となりました。・・・ですが、C1のコンセプトを継承するオープンボディのコンバーチブルもしっかりラインナップされていて、やっぱりこちらもカッコ良いのですよね。大きくうねるフェンダーラインの抑揚が力感に溢れているので、ルーフがなくてもスタイリッシュでスポーティです。


Minichamps_c2_vette_conv_2


Minichamps_c2_vette_conv_3


↑レギュラーで発売されたのはこちらのブラックボディ+レッドインテリア。クーペボディに対して随分印象が良いように感じます。


コルベットはアメリカ車の中でも人気の高い車種の為、各世代共に1/43でのミニカー化には比較的恵まれているのですが、C2に関して言うと'63年型のクーペが圧倒的に多く、コンバーチブルのモデルは数える程しかありません。この辺りは長い間1/18や1/64が羨ましくなってしまう部分でありました。・・・が、最近になってミニチャンプスがやってくれました。


Minichamps_c2_vette_conv_4


Minichamps_c2_vette_conv_5


↑こちらのレッドボディ+ブラックインテリアはドイツのショップ(orデストリビューター?)Model Car Worldの特注品。中々派手で通常品より似合っているかも・・・。


前々回ご紹介したミニチャンプスのC2クーペは、期待が大きかっただけに実物を目にした時はちょっとピンと来ないと記したのですが、同時期に発売になったコンバーチブルの方は期待に応える出来(個人的主観評価/笑)。基本的なボディや各部ディテールも同じなのにクーペで気になった腰高感やボディサイドのターンアンダー(裾の絞り)不足も感じられず、ボディカラーゆえかエッジがシャープ過ぎるという事もなくとても良い印象です。

Minichamps_c2_vette_conv_6


↑C2のコンバーチブルは1/43でのモデル化が少ないので嬉しい存在です。


完全に推測でのお話しですが、ミニチャンプスのC2はコンバーチブルが先行で開発され、それをベースにクーペを造ったのではないかなと言う気がします。逆だったら、或いはクーペの印象ももう少し違った物になっていたのではないかな~と、そんな風に想像してしまいます。・・・年末にかけて色々とイベントもあるので、C2特集は年をまたいでしまいそうです。。。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11