FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

C1.5 !? ~Danbury Mint '62 Corvette

ワンダーランド・マーケットにクリスマス・・・色々あってC2コルベット特集はすっかり棚上げ。FZIROさんねこざかなさんへの勝手連返しもすっかり滞ってしまいました。。。今年最後はC2特集に戻・・・らずに、何故かC1コルベットで締めくくりたいと思います。


Danbury_62_corvette_1


↑それではC2コルベット特集に戻って・・・ん?何だかちょっと違うような・・・。


・・・と言う事でC2コルベット特集中のC1コルベット、あながち関連性がない訳ではありません。本日ご紹介するのはC1コルベットのラストイヤーにあたる’62年型。以前C1コルベットを特集した時に、当方のコレクションの穴になっていたタイプです。ご存知の方はピンとくるかも知れませんね・・・。ラジエターグリルなど細部を除けば’61からこのボディになったのですが、ボディ前半がC1、ボディ後半がC2に近いという、いわば世代を跨いだ折衷のスタイリングが最大の特徴となっています。


Danbury_62_corvette_2


Danbury_62_corvette_3


↑C1, C2折衷とも言えるスタイルですが、これはこれで魅力的に見えるから不思議。


Danbury_62_corvette_4


↑フロントは’60(ビテス製)に近く・・・


Danbury_62_corvette_5


↑・・・リアは’63(ミニチャンプス製)に近い造形となっています。


よくよく見ると、やはりボディ前半と後半で造形テイストが全く異なっていたりするのですが、全体として見るとこれはこれで魅力的なカタチに感じられるから不思議です。因みにアメリカの人気TVシリーズ”ルート66(原題;Route 66)”でトッドとバズの2人がドライブした象徴的存在のコルベットは、1st.シーズンが’61、2nd.シーズンが’62と、前半期はこのタイプが使われていました。(3rd. 4th.シーズンはC2コルベット。)


Danbury_62_corvette_6


Danbury_62_corvette_7


↑モデルはダンバリーミントの1/43でコールドキャスト製のようです。ホイール/タイヤも同一素材で回転しません。ガラスは透明に抜けていますが、ハンドメイド感溢れる仕上がりです。


モデルはダンバリーミントがコルベット50周年記念で発売した50台物の”50 Years of Corvette” シリーズ、つまり’53から50年間のモデルが1/43で全年式揃う!!という物凄い企画からの1台。どうやらレジンでなくコールドキャスト製らしいのですが、窓はクリアに抜けています。e-Bayで単品を海外発送して下さる出品者さんからこの年式のみを入手。仕上がりはハンドメイド感覚に溢れていてどちらかと言うと置物的な味わいですが、’61、’62のスタイリングは、コルベット・デザインの変遷を語る上では欠く事の出来ない重要なポイントなので入手出来た嬉しさは格別な物がありました。


Mattel_82_84_firebird_1


Mattel_82_84_firebird_2


↑’70~’80年代、ミニカー暗黒時代を感じさせるトイライクな仕上がりながら、プロポーションは中々良い感じです。何より1/43でのモデル化が貴重な1台。


さて、これだけではお二人への勝手連としては弱いので、先ずはFZIROさんのこちらの記事にイタリア製マテルホットホイール3rdファイアバードで勝手連返し。MADE IN ITALYで1/43ながら、箱には見慣れた”MATTEL"と"Hot Wheels"のロゴが・・・ホットホイール、1/43 、イタリア製というキーワードからは、往年のグラントロスなどメーベトイとの関連性を感じますが・・・ホットホイール関連の書籍でも1/43モデルはスルーされているので詳細は謎です。


Mattel_82_84_firebird_3


↑ウインドウボックスには御覧の通りお馴染みの"MATTEL" "Hot Wheels"のロゴが・・・。それにしても、このマークを見るとどうしてこうもワクワクしてしまうのだろう(笑)。


Mattel_82_84_firebird_4


↑床板はインパネやシートの形に凹んでいます。・・・つまり床板と内装が一体成型と言う事。3インチモデル以上に部品点数が削減されています。床板にもしっかりロゴが・・・。


シートやインパネが床板に一体成型されるなど、ミニカー暗黒時代を感じさせるミニマムな部品構成ながらプロポーションは上々、'82~’84までの最初期型をモデル化しており、3rd Fボディのシャープなラインを上手く捉えています。何よりナイトライダー関連以外では3rd.ファイアバードの1/43モデルは思いつかないので、なかなかにレアな製品化と言えそうです。


Kidoco_56_57_corvette_1


Kidoco_56_57_corvette_2


↑素朴ながらC1コルベットのイメージを良く捉えているKiDOKO製モデル。


Kidoco_56_57_corvette_3


↑エンジンフードを開いた姿はなかなか雰囲気があってカッコ良いです。


ねこざかなさんのこちらの記事へは当方の手持ちからとっておきのユルで勝手連返し。ネタはKiDOCOのC1コルベット、ヘッドランプが2灯の'56 or '57年型です。(このモデルはもちろん1/43ではなく3インチサイズ。)これが侮るなかれ、ユルとは言い難い良い雰囲気。ボディのプロポーションも上々ですし、カラーも実車に倣った赤・白ツートーンになっています。秀逸なのはエンジンフードを開くとダイキャストで一体成型されたV8エンジンを拝める点。エンジンルーム内は無塗装でボディの赤と程良いコントラストを見せています。


Kidoco_55_56_t_bird_1


Kidoco_55_56_t_bird_2


↑ユルさ度合いではコルベットに勝っているベビーサンダー。しっかりコンチネンタルキットを装着した姿をモデル化。


Kidoco_55_56_t_bird_3


↑・・・でもスペアタイヤはトランクリッドと共に持ち上がってしまいます。。。


この際なので、コルベットのライバルたるフォード・サンダーバードも(笑)・・・同じくKiDOCOの'55 or '56年型です。リアにはコンチネンタルキットが装着されています・・・が、スペアタイヤは何故かトランクリッドもろとも持ち上がってしまいます。ユルさという点ではサンダーバードの方が勝っている感じです(勝ちなのか!?)


来年早々のデトロイトショーではいよいよC7コルベットが発表されるようで今から楽しみです。今年も週イチのマイペース更新でお送りしてきた1/43cu.in.ですが、2012年の更新は今回が最後。今年も偏狭なブログにお付き合い下さった皆様、1年間有難うございました。来年もよろしくお願い申し上げます。それでは良いお年を!!


スポンサーサイト



1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12