FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

アメリカ人が造ったスーパーカー。 ~Spark '92 Vector W8

今回ご紹介するのは、もしもアメリカ人がカウンタックを造ったら!?・・・という実例です(笑)。


Spark_vector_w8_1


↑強く絞り込まれたフロントノーズ、恐い目つきのフロントマスク、アクの強い造形は実にアメリカン。


・・・と言う事でべクターであります。当方がこのクルマの存在を知ったのは’79年、まだ中学生の頃でした。書店で手にしたカー・アンド・ドライバー誌の79年11月号に、ベクターW2なるSF映画から抜け出して来たような斬新な試作車が紹介されていたのでした。そのクルマはボートや自転車のデザインも手掛けるビークル・デザイン・フォースという会社の社長であるジェラルド・A・ウィガードがデザインし、クライスラー製(カー・アンド・ドライバー誌の記述のまま。他の資料によればシボレー製というのが正しいようです。)の5.7リッターOHVエンジンに、メルセデス用のボッシュ製フューエルインジェクションとギャレットエアリサーチ製のターボチャージャーをツインで装着してミッドシップに搭載。600hpのパワーで時速340km/h、世界最速のロードゴーイングカーを目指すという物でした。クルマ大好き少年だった当方は凄いな~と思いつつ、「このクルマ、ホントに量産化されるのかな~。」と訝しんだものでした・・・。


Car_and_driver_1


Car_and_driver_2_2


↑カー・アンド・ドライバー誌1979年11月号に掲載されたプロトタイプ、ベクターW2の記事。当時中学生の当方がリアルタイムに購入した物です。


その後スーパーカー世代でありながらスーパーカーよりもマッスルカーが好きな当方は、このクルマの事はすっかり忘れてしまっていたのですが・・・。その存在をリマインドしてくれたのはスパークから発売されたモデルカーでした。「そう言えばこんなクルマ、あったよな~。」と思い出して調べてみると、その後ウィガードはベクター・オートモティブを設立、W2の発展型であるW8を発表します。が、資金難から量産化はなかなか進まず、’89年から’93年までの間に僅か19台(2台の先行量産車+17台の市販車)のみが製造されるに留まったようです。その後ベクターカーズはデロリアンブルックリン同様、車両の品質問題、資金難、ウィガードの離脱等、この種のプロジェクトにありがちなゴタゴタの末に倒産。ウィガードは近年ヴェクターの商標権その他を取り戻してVector Motors Co.を設立し、新たなスーパーカーWX8を世に送り出す事に取り組んでいるのだそうです。W2の発表からW8の市販まででも10年以上、その後の苦難を考えると、この人の「世界最速の市販車」に掛ける情熱というか執念は凄まじい物がありますね。


Spark_vector_w8_2


Spark_vector_w8_3


↑W8のデザインは、基本的にはプロトタイプであるW2のそれを引き継いでいます。


さて、本題のベクターW8ですが、アルミハニカム材等をを多用したセミモノコックのシャシーにカーボンやケブラーの外被を被せ、シボレーのレ―ス用をベースとしたツインターボエンジンをミッドに横置き搭載。625bhpで最高速度は354km/hと発表されていたようです。スタイリングは楔そのものと言った直線的なウエッジシェイプ+前ヒンジで上方に開くドアと、これは明らかにランボルギーニの歴史的スーパーカー、カウンタックの影響が色濃く感じられます。・・・が、そこはアメリカンデザイン。イタリアの芸術的閃きとは明確に異なるバタ臭いアクの強さが・・・嫌いじゃないですよ~当方は(笑)。完成度云々は言うべきではないかも知れませんが、独特の存在感というか、”欧州製スーパーカーを蹴散らしてやろう”的な気概は感じられるように思います。


Spark_vector_w8_4


Spark_vector_w8_5


↑そのスタイリングは多分にあのランボルギーニ・カウンタックの影響を受けていると思われますが・・・1人のアメリカ人の主義・主張が強く入ると、かくも個性的なカタチになります。


モデルは前述の通りスパーク製のレジン完成品。この黄色のバリエーション以前に、ホワイトのボディでリトラクタブルライトが閉じた状態の物も発売されていました。どちらも発売時に凄く気になっていたのですが、その時には資金が廻らず買い漏らしていました。近年になって海外オクでこの個体を見つけ出し、何とか捕獲した次第。個性のカタマリみたいな実車のイメージをよく捉えていて、仕上がりも当方的には十二分と言う感じ。実車とその関係者は苦難を強いられたクルマですが、ミニカーを眺めていると何故だか笑みがこぼれてしまいます。「このクルマでヨーロッパの歴史あるスーパースポーツカーを打ち負かそうとしたのだな~」と・・・。アメリカ車好きの当方としては、その歴史の1部として手元に置いておきたい1台でありました。


スポンサーサイト



最新コメント
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03