1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

特集 'Late '40s & '50s; 進化か堕落か!? Yat Ming '58 Studebaker Golden Hawk

Late '40s & '50s特集、今回もビッグ3以外のメーカーのクルマをご紹介します。


Yat_ming_golden_hawk_1


↑スチュードベーカーの2ドアHTクーペであるゴールデンホーク。盛り上がったエンジンフードと大きなラジエターグリルは賛否の分かれる部分でしょうか。


ゴールデンホークはスチュードベーカーが'56~’58年に販売していた2ドアハードトップクーペです。ルーツを辿るとレイモンド・ローウィのスタジオでデザインされた’53~チャンピオン/コマンダーシリーズのクーペに端を発していますが、パワーアップのためのエンジン大型化に伴い、大きく盛り上がったエンジンフードとクロームのラジエターグリルが追加されています。


Yat_ming_golden_hawk_2


Yat_ming_golden_hawk_3


↑ミニカーはヤトミンの安価な製品ですが、全体的な仕上がりはなかなかの物ではないかと思います。ミニカーに対してこういう言い方は余りしたくないのですが、コストパフォーマンスの高いモデルだと思います。


リア周りもより大きなテールフィンとツートーンペイントに対応したクロームモールディングが追加され、全体的に豪華できらびやかなデザインとなっています。この変化がシンプル&モダーンで美しいフォルムのチャンピオンコマンダークーペに対して進化したと見るか、堕落したと見るかは判断の難しい所かも知れません。”ゴールデンホーク”としては’58年までの存続でしたが、少しずつデザイン変更を繰り返しながら、シルバーホーク・ホークGTホークシリーズとして’64年まで生産が継続されました。


Yat_ming_golden_hawk_5


Yat_ming_golden_hawk_6


↑物凄く好きと言う訳ではないけれど何故か気になるクルマ、歴史的に意義深くコレクションに加えたいクルマってありますよね。そういう時、安価で出来の良い製品があるととても助かります。どんどんハイディテール化し、多品種・少量生産へと進化、同時に高額化に拍車のかかる昨今のミニカーですが、こうした製品の意義も見直されて良いのではないかと思います。


ミニカーはヤトミンのロード・シグネチャーシリーズの1台。在庫が見つかれば国内でも1,000~1,500円位で入手可能な製品ですが、このシリーズの中では比較的新しいためか、初期の製品と比べると各部の仕上がりが向上しています。ボディのプロポーションも良いですし、プラ製はめ込み式のメッキモール類やバンパーもぶっきらぼうな感じはありません。シンプルなパーツ構成ですが、シート形状などインテリアの再現もそれなりにしっかりしています。


Yat_ming_golden_hawk_4


↑少し前にご紹介した同じヤトミン製のフォードF1との比較。ホワイトウォールタイヤの表現に進歩が見られます。


そして大幅に印象が良くなったのがタイヤ。ホワイトウォール部を別パーツにしているのはそれ以前の製品と同様ですが、太さや断面形状が適切でなかなか良い感じです。ゴールドとホワイトのツートーンカラーも実車に設定のあった色で良い雰囲気。実車のイメージに合ったボディカラーと足元をキリリと引き締めるタイヤ&ホイール、この2点がミニカーの印象の良し悪しに与える影響は大きいものがある・・・と当方は思います。安価なミニカーでも頑張ればこの位にはなるのですよね・・・。車種選定も含め、’71リビエラと共にヤトミンの1/43では個人的にヒットな1台となりました。


Yat_ming_golden_hawk_7


↑後継ともいうべきアヴァンティとのツーショット。スチュードベーカーは有名な工業デザイナー、レイモンド・ローウィとの結びつきが深いメーカーでした。


スポンサーサイト

特集 'Late '40s & '50s; イギリス生まれのアメリカ育ち ~Sun Star '59 NASH METROPOLITAN

さて、今回はビッグ3以外のクルマをご紹介してみたいと思います。


Sun_star_metropolitan_01


↑タイトルはミニカーの表記に従いましたが、’59年には既にナッシュ/ハドソンのブランド名は外され、単にメトロポリタンと呼ばれていたのではないかと思います。


'Late '40s & '50特集は’50年代後半に突入。年々大きくなるボディ、大排気量・ハイパワー化するエンジン、豪華な装備、そして天高く聳えるテールフィンにきらびやかなクロームモール、コンチネンタルタイヤ・・・・えっ?何か変ですか?・・・クルマが大きいようには見えない??・・・と言う事で(笑)、特集後半の第1回目は変化球。愛すべきスモールカー、ナッシュ・メトロポリタンをご紹介したいと思います。


Sun_star_metropolitan_02_2


Sun_star_metropolitan_03_2


↑50年代後半らしいクロームメッキにテールフィン、コンチネンタルキット・・・えっ、何か違いますか?(笑)


ナッシュメトロポリタンはオースチンのコンポーネンツを使用してイギリスで製造された小型車で、当時はまだそうしたセグメントは有りませんでしたが、アメリカで販売された事実上初のサブコンパクトカーとなりました。シリーズ1がオースチンA40のOHV 1.2リッターエンジン、シリーズ2が同OHV 1.2リッターB型ユニット、シリーズ3は排気量アップされたA50のOHV1.5リッター、シリーズ4が圧縮比を上げてパワーアップしたA55用のOHV1.5リッターエンジンを搭載。’54年から驚く事に’61年まで生産され、’62年まで販売されました。尚、’54年当時ナッシュはハドソンを買収してAMCとなっており、当初メトロポリタンはナッシュとハドソンの両ブランドで販売されましたが、’57年には統一されて単にメトロポリタンとして販売されていたようです。


Sun_star_metropolitan_04


Sun_star_metropolitan_05


↑コンパクトなボディ、深いフェンダーに隠され奥に引っ込んだタイヤ。その上に当時のアメリカ車らしいディテールを精一杯盛り込んでいます。どことなく遊園地の乗り物か、ペダルカーのような可愛らしさの感じられるデザインです。


ボディサイズは全長3,797mm, 全幅1,560mm, 全高1,420mmなので、可愛らしいスタイリングから想像するよりは大きい感じです。…とは言え、より長く、より幅広くと巨大化していた当時のアメリカ車の中では、やはり異例といえるコンパクトなクルマでした。クロームのラジエターグリルやオーバーライダー付きのバンパー、ボディサイドに走るクロームモール、コンチネンタルキット等々、当時のアメリカ車のディテールを精一杯盛り込んだデザインは、眺めていると何だか微笑ましくなります。


Sun_star_metropolitan_06


Sun_star_metropolitan_07


↑ミニカーは旧ビテス時代に発売になったキャスト。なかなか良い雰囲気です。’59年型~のシリーズ4には三角窓がある事になっているのですが、実車の画像検索ではあったりなかったりで今一つはっきりしません。


ミニカーは旧ビテス時代に発売された製品で、当方が所有しているのはサンスターブランドで後年販売された物。実車同様、ハードトップとコンバーチブル(オープン状態とトップアップ状態)のバリエーションがあったようです。赤と白のツートーンカラーも美しく、塗装の見切り位置に入るクロームモールはプラ製の別パーツが嵌め込まれています。深く被ったフェンダーから覗くホイールはアッパーカラーの赤でコーディネートされていてなかなか可愛い感じ。特売で安価に購入した物ですが、雰囲気も良く満足度の高い1台でした。


Sun_star_metropolitan_08


↑同じ’59年に製造された乗用車としては、恐らく最大級の1台であるキャデラック(スパーク)と。AMCには先見の明があったのかそれとも・・・。


特集 'Late '40s & '50s; ヘミエンジン搭載の高性能マシーン。 ~MOTOR MAX '55 CHRYSLER C300

ハーレー祭りも一段落。 'Late '40s & '50s特集に戻ってクライスラーで’50年代前半から後半へ折り返しです。


Motor_max_c300_01


今回のご紹介はクライスラー300、その記念すべき初年度モデルです。シリンダーヘッドが半球形(ヘミ・スフフェリカル)のいわゆるヘミエンジンを搭載した高性能版仕様で、NASCARで活躍した事でも知られています。300というネーミングはこの初代モデルに関しては、そのエンジン出力が300bhpである事に由来しています。その後世代を追うごとにアルファベットが付番され、’65年の300Lまで続いた事から300レターシリーズと呼ばれています。以降の年代の300シリーズはノンレターシリーズと呼ばれているようですが、’99年には300Mとして復活(?)しています。


Motor_max_c300_02


Motor_max_c300_03


↑印刷で表現されたクロームモール類やホワイトウォールタイヤ、2トーンに塗り分けられたインテリアなどなかなか頑張っています。


’50年代も中盤に差し掛かると、クルマのプロポーションにも変化が現れて来ます。’50年代前半では背が高くコロンと丸っこい愛嬌のあるスタイリングのクルマが多かったのですが、中盤に差し掛かると徐々に車高が低くなり、長く低いその後に続くアメリカ車らしいプロポーションに近付いてゆきます。300を含むクライスラーのフルサイズも流麗なプロポーションでクライスラー系特有のアクの強さもあまり感じられず、私見ですが優雅とさえ言えそうなスタイリングにまとまっているように思います。


Motor_max_c300_04


↑プラスチックのハードケースと紙のスリーブという構成もコレクティブルなミニカーらしい物。


ミニカーはモーターマックス製ですが、最近日本市場にも出回った廉価なモデル群とは別シリーズの製品です。DREAM CAR COLLECTIONという大人のコレクター向けのちょっとハイグレードな1/43シリーズで、当方はこのクライスラー300Cの外に’64 1/2マスタングのコンバーチブルやサリーンSR等を入手しています。ハイグレードと言ってもモーターマックスの通常製品に比べての話で、プラ製の台座と透明カバー、紙スリーブに収まっているので一応の体裁は整っているものの、価格も安く仕上がりもそこそこの感じです。ラインナップ中に他ブランドにはないアメリカ車が含まれており、個人的には何気に興味深いシリーズだったりします。


Motor_max_c300_05


Motor_max_c300_06


↑ベースがクライスラーのフルサイズと言う事もありますが、伸びやかで美しいデザインです。


このクライスラー300は前述の通り初代モデルの’55年型で、普及価格帯の1/43モデルとしては貴重な存在と言えるのではないかと思います。プロポーション、ディテール共にそこそこの仕上がりですが、ホワイトウォールタイヤやブラックとベージュの2トーンのインパネ等、頑張る所は頑張っていて雰囲気は悪くありません。ボディカラーは単品では当方の入手したブラックの他、ソリッドのレッドがあり、キャンピングトレーラーとセットになった物でホワイトのモデルもあったようです。


さて、お送りしている 'Late '40s & '50s特集、次回からはテールフィン華やかなりし’50年代後半に突入です。


Motor_max_c300_07


↑過去ご紹介済のアーテル製’57とツーショット。個性的なクルマの多いクライスラーにあって、初期の300は比較的シンプルなデザインではないかと思います。


愛しのトイカー達; 続・缶コ~ヒ~な日々。~UCC HARLEY-DAVIDSON 110thアニバーサリーコレクションPREMIUM

'Late '40s & '50s特集のクライスラーへの移行前に、コチラをご紹介しておきましょう。


Ucc_harley_davidson_20


またまた1日1本!!(笑)。前回キャンペーンの”BLAK無糖The Deep”の在庫がようやく掃けたと思ったら、今度はUCC BLACK 無糖 PLATINUM AROMAを飲み続ける事に・・・。お目当てはモチロン、オマケでついてくるHARLEY DAVIDSON 110th アニバーサリーコレクションPREMIUMであります。


300mlのBLACK 無糖 PLATINUM AROMA1本に、1/45スケールのハーレーダビッドソンのモデルが1台ついてきます。コーヒーが前回より小さく、単価が安いので助かりました。嗚呼、ユーシーシー上島珈琲(株)様、今回も素晴らしい企画を有難うございました。既に多くの方がブログ等で紹介されていますが、今回のバリエーションも全8車種。内4車種は前回との色違い、残り4台が新車種となっています。


●車種紹介(小さい画像はクリックで少し大きくなります。)


Ucc_harley_davidson_21 Ucc_harley_davidson_22_2


1のLow Riderは新車種。前回含まれていなかったのが不思議なくらいの定番車種ですね。スタイルは前回のスタージスに似ていてシートの形状などが異なる感じです。


Ucc_harley_davidson_37


↑第1弾のNo.1スタージスと第2弾Low Riderの比較。


Ucc_harley_davidson_23 Ucc_harley_davidson_24


2のFat Boy Loも新車種。前回のFat Boyをローライドにしてあり、シート形状などが異なります。赤と黒を主体としたカラーリングがクラシカルな雰囲気で素敵な1台。


Ucc_harley_davidson_38


↑第1弾のNo.2 Fat Boy と第2弾の Fat Boy Lo の比較。


Ucc_harley_davidson_25 Ucc_harley_davidson_26

3のNight Rodも新車種。前回のV-Rodと同じ水冷エンジンを搭載したシリーズです。ランプ周りなどV-Rodよりアクの強いデザインに感じられます。


Ucc_harley_davidson_39


↑第1弾のNo.3 V Rod と第2弾の Night Rod の比較


Ucc_harley_davidson_27 Ucc_harley_davidson_28


4のUltra Classic Electra Glideは定番中の定番。こちらは前回と同一車種の色替えバージョン。前回の白に対し黒の車体はよりパーソナルな雰囲気に感じられます。


Ucc_harley_davidson_29 Ucc_harley_davidson_30_2


5のDyna Wide Glideも前回と同一車種の色替え。なんだかんだ言っても、ハーレーに黒はやっぱり似合います。


Ucc_harley_davidson_31 Ucc_harley_davidson_32


6のXL1200もやはり色替えのみの車種。明るめのブルーメタリックでより軽快なイメージになっています。


Ucc_harley_davidson_33 Ucc_harley_davidson_34


7のSoftail Standardは新車種。前回のナイト・トレインのハンドルを変更し、ブラックアウトされたいたエンジン廻りのパーツをクロームに戻した感じでしょうか。渋めのシルバーボディでカッコ良い1台です。


Ucc_harley_davidson_40


↑第1弾のNo.7 Night Train と第2弾の Softail Standard の比較。


Ucc_harley_davidson_35 Ucc_harley_davidson_36


8のHeritage Softailは色替えのみの車種。前回のレッドメタ、今回のブルーメタ共に、クラシカルなスタイルとマッチして魅力的な仕上がりです。


・・・と言う事で貴重な1/45スケールのハーレー・ダビッドソンはなんとかコンプリート。缶コーヒーな日々はひとまず終了となりそうです(笑)。


特集 'Late '40s & '50s; ~ ROAD CHAMPS '54 Chevrolet C3100 Panel Van

今回の 'Late '40s & '50s特集はGMの働くクルマをご紹介します。


Rc_54_chevy_3100_van_1


↑過去にご紹介済のアイスクリーム移動販売車と・・・アイス販売車は’53、ペプシは’54という事で、フロントマスクやフロントウインドシールドが作り分けられています。


かつてアイスクリームトラックでご紹介した事のあるシボレー3100は、GMの戦後型(第2次世界大戦)設計のピックアップとして’47年に登場。この世代は’55年の半ばまで製造されて、カメオなどと呼ばれる次世代モデルへと交代しました。フォードのFシリーズやクライスラーのRAMと共にアメリカを代表するフルサイズピックアップトラック、C/Kシリーズのご先祖様と言って良いでしょう。


Rc_54_chevy_3100_van_2


Rc_54_chevy_3100_van_3


↑今回のモデルはパネルバンタイプ。観音開きのテールゲートは開閉可能です。


今回ご紹介するのはフロントウインドシールドが1枚物の曲面ガラスとなった'54型で、このボディは’54年と’55年の前半の僅か1年半しか生産されなかった事になります。積載量0.5t~1t、ホイールベースにバリエーションがあるのはフォードのFシリーズ等と同様です。後年のモデルでは後輪駆動がCシリーズ、4輪駆動がKシリーズとなりました。


Rc_54_chevy_3100_van_4


Rc_54_chevy_3100_van_5


↑カラーリングはペプシ仕様となっています。王冠と組み合わせたロゴタイプは'50年代に使用されていた物のようです。


ミニカーは前述のアイスクリームトラックと同じロードチャンプス製。ロードチャンプスの3100は他に通常のピックアップやそれをベースにしたレッカー車などがあり、今回のパネルバンを含め多数のカラーバリエーションが存在しました。この車種に限らず、ロードチャンプスはカラーバリエーションが非常に多いブランドなので全てをフォーローするのは至難の技だと思います。・・・まあ、日本でそれを目指そうという人は居ないかもしれませんが・・・(笑)。


Rc_54_chevy_3100_van_6


↑どこまで部品が共通なのかは難しいですが、商用車ラインアップにはCOE(キャブオーバーエンジン)タイプのモデルまで存在します。


モデルの仕上がりはこのブランドらしい素朴な物ですが、やはり’50年代前半のクルマのキャラクターには合っている感じで、全体としての味わいは悪くないと思います。王冠をかたどった古いタイプのペプシロゴも良い雰囲気。ネット検索した限りでは、’50年代はこのロゴが使われていた事で間違いはないようです。当方が入手したのはブリスターパックの安価な仕様ですが、プラケースにペプシの販売機と共にセットされた「クラシック・シーン」仕様も存在します。


・・・50年代前半のクルマたちも、手持ちのネタが尽きて来ました。次回クライスラー系を1車種フォローした後は、絢爛たるテールフィンの’50年代後半に突入します。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06