1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

競走馬なマスタング!? ~Gamdakoor Sabra '66 Mustang HT

マスタング50周年で午年な2014年、今回もマスタングのモデルをご紹介したいと思います。


Gamda_mustang_green_1


久々に当方のお気に入りブランド、イスラエルのガムダクール製初代マスタングHTであります。ガムダクールのマスタングは、当ブログ開設初期に赤いボディの通常版をご紹介した後、ボディに派手なデカールを貼りつけたヒッピー仕様をご紹介しました。ラジエターグリルが横桟基調である事や、リアフェンダー、ホイールアーチの前のガーニッシュ形状などから初期ボディ最終年の’66年型である事が特定できます。


Gamda_mustang_green_2


Gamda_mustang_green_3


↑シンプル&素朴な造りのガムダクールサブラですが、初代マスタングのシャープでスリークなフォルムを結構良い感じに捉えていると思います。


Gamda_mustang_green_6_2


↑赤いボディのモデルはアルミ挽物のホイールが装着された一般的なクラグスタン・デトロイト・シニア/ガムダクール・サブラのモデル。グリーンのモデルは後期に樹脂一体のタイヤ&ホイールに変更になった物。後期のホイールもマスタングには似合っているような感じもします。


ガムダクールは当初から、アルミ挽物のホイールにやや硬めのゴム(或いはプラスチック?)のタイヤという組み合わせで、日本で一般的に見られるモデルも圧倒的にこのタイプが多いです。今回ご紹介するモデルはタイヤ&ホイールがプラの一体成型となった後期製品です。以前C2コルベットのハードトップでも後期製品をご紹介していますが、コルベットが装着していたのはホイール部まで黒色のタイプでした。マスタングに装着されているのは形状は同じですがホイール部分が印刷(?)によってクローム調に仕上がっています。


Gamda_mustang_green_4


Gamda_mustang_green_5


↑グリーンメタリックのボディカラーは実車のそれとはやや異なりますが、なかなか綺麗な色です。


Sabra_mustang_hippie_03


↑ガムダクールのミニカーは、元々アメリカのクラグスタン社がデトロイトシニアシリーズとしてガムダ社に発注して始まったシリーズ。赤いモデルの入ったケースがクラグスタンのカード。ガムダ社が独自販売を始めたサブラシリーズには、オレンジのモデルの入ったケースのようにカードが付属しないタイプもありました。


Gamda_mustang_green_7


↑白いインペリアル・コンバーチブルが入っているのが最も一般的なガムダクール・サブラのカード、グリーンのマスタングのケースのカードは何種類かある後期タイプ。ちょっぴりスピード感のあるデザインに変更されています。


タイヤ&ホイールが仕様変更されているのと同じように、同ブランド特有の積み重ねられる収納ケース、”スタッカブル・ポケット・ガレージのカードもグラフィックが変更されています。当方が所有しているケース付きの初期タイプは、米国のクラグスタン社が発注した最初期ロットで、デトロイト・シニアシリーズとして販売された物です。また、ヒッピー仕様はケース背面のカードがなく、車種や品番の入ったステッカーが貼られただけのタイプとなっていて、この辺りの変遷も興味深いものがあります。


Gamda_mustang_green_8


↑ラジエターグリルのポニーエンブレムが左右逆向きなのがお判り頂けるでしょうか?実車のエンブレムの向きは野生の馬である事の象徴(だった筈・・・)。とするならば、このモデルは競走馬と言う事になるでしょうか・・・。


さて、表題の件です。このガムダクール社のマスタング、過去記事にも記したのですがラジエターグリルのポニーエンブレムの向きが実車と逆になっています。曖昧な記憶ですがマスタングとはアメリカに生息する野生の馬の事なので、実車のポニーエンブレムの馬の走る向きは競走馬の走る向きと逆にしてあるという記事を過去に読んだ事があるような気がします。そういう意味ではガムダクールのポニーエンブレムは野生馬ではなく競走馬という事になるでしょうか。そんな事を考えるのも実車ファンとしては楽しいものです(笑)。

>
スポンサーサイト

”フォード・マスタングの原点!?” ~Automodello '62 Mustang Ⅰ Concept

グッドタイミングで海外手配したブツが到着。今回もマスタング50周年のお祝い記事です。


Automodello_mustang1_01


↑マスタングⅠのサイズは全長3971mm 全幅1549mm 全高1000mm ホイールベース2286mm。アメリカ車としてはコンパクトだった初代マスタングと比較しても、さらに小さいクルマである事がお分かり頂けると思います。


1962年10月7日、ニューヨーク州 ワトキンズグレン・サーキット。F1アメリカグランプリを舞台として、フォードは1台の試作車を披露しました。それが今回ご紹介する”マスタングⅠ”です。事実上、フォードとして初めて”マスタング”の名前を冠したしたこのクルマは、ミッドシップのコンパクトな2シータースポーツカーであり、その後登場した量産車のマスタングとは大きく異なる成り立ちを持っていました。


Automodello_mustang1_02


Automodello_mustang1_03


↑ミッドシップの小型スポーツカーであり、後年の量産車とは全く異なる姿をしたマスタングⅠ。その名前と走る馬のエンブレムが継承されました。


1960年、副社長兼フォード担当ジェネラルマネ―ジャーに就任したリー・アイアコッカは、戦後のベビーブーマー世代が70年代までに大きな購買層になると予測。そうした世代にアピールするため、「トータル・パフォーマンス」のスローガンと共にフォードのスポーツイメージを高める戦略を立てます。ロバート・マクナマラが推進していた低廉で実用的な小型車カーディナルの開発をキャンセルし、(P4タウナス12Mとして欧州マーケットにデビュー)よりスポーティーなイメージや若々しさをアピールする事を模索する中で開発が進められました。


Automodello_mustang1_04


Automodello_mustang1_05


↑日本では馴染みの薄いAutomodello製のモデル。プロポーション、ディテール、フィニッシュ共に美しい1台です。内外装がアイボリーホワイトとブルーメタリックでコーディネートされているのが素敵。


マスタングⅠの車両自体の開発は、のちにフォードGT開発の中核となるFAV(フォード・アドバンスド・ヴィークルズ)の協力の基に行われ、鋼管スペースフレームとアルミ板を組み合わせたセミモノコックシャシーに、件のタウナス12M用をベースとした1.5リッターV4エンジンをミッドに縦置き搭載。ボディはFRPによる一体成型で軽量化が図られました。結局ミッドシップのマスタングⅠは2シーターである事や、価格が高価になる事から量産化には至りませんでした。その後1964年4月17日、ファルコンのコンポーネンツを活用したFRのマスタングが2+2のスペシャリティーカーとして世に出る事となります。


Automodello_mustang1_06


↑セミモノコックのミッドシップレイアウト、開発がFAVで行われた事を考えると、このクルマはマスタングのご先祖様ではなく、フォードGTの原点と言えるかも知れません。


今回ご紹介するモデルは以前ご紹介したブルックリンSV1と同じAutomodelloと言うブランドの新製品。レジン製完成品で当方の入手した1/43の他に1/24スケールのモデルもあり、そちらにはワトキンズグレンでこのクルマをドライブした1人、ダン・ガーニーのサイン入り特製箱に納められたバージョンもあるようです。とても良い仕上がりで美しいモデルです。まさかこのクルマまで1/43で製品化されるとは思ってもみませんでした。日本に入荷するかどうか分からなかったので海外調達しましたが、マスタングの歴史の出発点として、入手出来て本当に嬉しい1台となりました。


Automodello_mustang1_07


↑ケースの台座にプリントされたマスタング50周年のロゴ。ファンとしてはこういう所も嬉しかったりします。

>

マスタング…ベースのステーション・ワゴン ~Intermeccanica Mustang Wagon

マスタング50周年で盛り上がる当ブログ、今回はちょっと変化球な1台です。


Matrix_mustang_wagon_1


本日ご紹介するのは’65年型マスタング・・・をベースにインターメカニカ社で製作されたステーションワゴンであります。サイドウインドウの形状からするとHTをベースに3ドアワゴンに仕立てた感じでしょうか。ステーションワゴンと言うよりは、ヨーロッパ流のシューティング・ブレーク的な佇まいですね。オリジナルの製作は1台だったようですが、画像検索すると色々なカラーの実車があるようです。その後同じ仕様で生産があったのか、レプリカとして製作されたクルマもあるようなので残念ながら当方はその事実を良く知りません。。。


Matrix_mustang_wagon_2


Matrix_mustang_wagon_3


↑イタリア(1965年当時)で製作されたマスタング・ワゴン。ベースはHTではないかと思います。


インターメカニカ社は現在はカナダに拠点があり、ポルシェ356やキューベルワーゲンのレプリカを製造しています。元々はイタリアで起業した会社で、チューニングパーツの製造から事業をスタートした後にレーシングカーを製作、更にディズニー映画ハービーの第1作目で憎まれ役のソーンダイクがレースでドライブした”アポロGT"や、バニシングin60で、洗車中まんまと盗まれた”イタリア”など自社オリジナルのクルマを製造していた時期もありました。


Matrix_mustang_wagon_4


Matrix_mustang_wagon_5


↑テールゲートの新設に伴い、リア中央に位置していたフューエルリッドは左リアフェンダーに移設されています。


モデルは最近ミニカーショップでもよく見掛けるようになったマトリックス製のレジン完成品です。ウェブサイト等を見るとオランダのブランドのようです。色々とアメリカ車も製品化してくれているのですが・・・正直当方にとってはかなり高額な商品です。個人的には諭吉様でお釣りが来ないモデルはおいそれとは手が出せません。。。このマスタングもお世話になっているショップさんのセールでかなりお安くして頂いてゲットした物。定価だったら買わなかったかも知れません・・・。


Matrix_mustang_wagon_6


↑先回に続き今回も、プライザーの1/43馬さん達に活躍してもらいました(笑)。


最近のレジン完成品の例に漏れず、エッチングパーツが多用された精密な仕上がりの製品です。このクルマのようなレアカーは、よっぽど人気がない限りはダイキャストのミニカーになる事はないでしょうから、最近のレジン製品流行りには感謝しなければいけないのでしょうね・・・。ただ、マスタングのワゴンは見慣れないというか、やっぱり2ドアワゴンは本場英国のクルマの方がサマになるかな・・・という気もします。


午年初めはやっぱりこれで・・・。PREMiUM-X, Spark Mustang Conv.

お正月気分もそろそろお終い。当ブログは今年も変わらずマイペースでお送りしたいと思います。本年も宜しくお願い致します。


2014


さあ、いよいよ午年。馬から連想されるクルマと言えば・・・それはもう、日本では圧倒的にフェラーリでありましょう。もちろんそれも良いのですけれど、当ブログはやっぱりアメリカの野生馬であります(笑)。今年4月17日に50周年を迎えるフォード・マスタング。それに因んだ新製品や限定品が発売される事も大いに期待したいものです。既に海外発注を掛けた最新製品もありますので、入手次第ご紹介したいと思います。


Prm_x_mustang_conv_1


Prm_x_mustang_conv_2


Prm_x_mustang_conv_3


Prm_x_mustang_conv_4


↑初代マスタングのコンバーチブルは各社競作で製品化に恵まれた車種となりました。プレミアムXはツートーンのインテリアやホワイトレターのタイヤなど華やかな印象です。


今年1回目は昨年発売された新製品の中から、記念すべき1stジェネレーションのコンバーチブル2台をご紹介したいと思います。1台目は昨年末ぎりぎりで日本にも入荷となったプレミアムXの'65コンバーチブル。イクソブランドのGT350プレミアムXで発売されたHTに続いてコンバーチブルを製品化、系列内でマスタングのボディタイプを全て網羅した事になります。一番新しい製品と言う事もあり、顔の印象はイクソ系の製品中では実車精悍なイメージを最も良く捉えているように思います。ライトブルーメタリックのボディとコーディネートされた2トーンのインテリア、スタイルドホイールにホワイトレターのタイヤとなかなか派手な出で立ちです。


Spark_mustang_conv_1


Spark_mustang_conv_2_2


Spark_mustang_conv_3


Spark_mustang_conv_4


↑スパークは’66年型を製品化。赤のボディに黒のインテリアという定番中の定番カラー。クロームガーニッシュの少ないシンプルな外観が好ましい感じです。インテリアのクロームやウッドトリムが良い雰囲気。フルチョイスシステムで多彩なオプションを誇ったマスタングゆえ、題材の切り取り方でそれぞれ持ち味が異なるのも楽しい所です。


2台目はスパーク製の’66年型・・・と言ってもラジエーターグリルがフォグランプ付きのタイプ、ホイールはスタイルドスチール、リアフェンダーのガーニッシュが装着されていないので、外観から’66年型である事を識別できる点はリアのガスキャップくらいでしょうか。丸型のメーターは’65ではオプションでしたが’66から標準になった物。水平に動くメーターも時代を感じさせて良いのですが、スポーティーなマスタングには丸型の方が似合っているように思います。定番のレッドボディにクローム装飾の少ない外観がシンプルで美しい仕上がりです。


20142


↑マスタングと馬たち。いつかこれをやってみたかったんですよね~。午年でマスタング50周年の今年こそふさわしいと思ったのでやってみました(笑)。


20143


↑プライザーは鉄道模型などのアクセサリーで各種スケールの人間や動物のフィギュアを製品化しています。この馬たちはOゲージサイズではなく、バッチリ1/43スケールの表記。ドイツらしいかっちりとしたリアルな造形です。


さて、今回は午年の新年1回目なので色々と馬を登場させてみました。冒頭を飾ったのは奥さんが買って来てくれたおみくじ付きの置物。おみくじは・・・大吉だったのですが、果たして大吉以外も入っていたのかしらん?後半登場はプライザー製の1/43の馬。サラブレッドだと思うのですが、馬ってこんなに大きいのでしょうか!?入手してからいつかはブログに登場させよう思っていたのですが、午年でマスタング50周年の今年こそふさわしいと思った次第。結構良いお値段だったので、今年は大いに活躍してもらうつもりであります(笑)。


20144


↑奥さんが買って来てくれたおみくじ付きの午。年始なので活用してみました。

>
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01