1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

'80s マッスル ~ auto world '85 Buick Grand National

さて、先週に引き続いてグリーンライトのワイスピシリーズをご紹介・・・ではありません(数日早いエイプリルフール/笑)。


Auto_world_85_buick_gn_1


ビュイック・グランナド・ショナルは第2世代のリーガルをベースに’82年に誕生した高性能バージョンで、そのネーミングはNASCARのウインストン・グランド・ナショナルシリーズに因んだもの。実際にビュイックはこのシリーズにエントリーし、かのリチャード・ペティもビュイックのマシンをドライブしていました。ファイアバードのトランザムもそうですが、有名レースのネーミングを車名に拝借するのはGMのお家芸のようです(笑)。同じGM内ではシボレー・モンテカルロSS、ポンティアック・グランプリ、オールズモビル442が兄弟車にあたりますが、他デビジョンのモデルがV8エンジンを設定していたのに対し、グランド・ナショナルは一貫してV6(+ターボチャージャー)に拘っていたのが特徴的です。


Auto_world_85_buick_gn_2_2


Auto_world_85_buick_gn_3_2


↑冒頭のグリーンライト云々は冗談ですが(笑)、ワイルド・スピードシリーズ第4作”MAX(原題;FAST & FURIOUS)”の冒頭、掴みのアクションでタンクローリーの下をくぐり抜けていましたね。劇中車はクレーガーのSOFT 8ホイールを履いており、その辺りのチョイスがニクいのです。


70年代に厳しい排ガス規制とオイルショックの洗礼を受け、ダウンサイジングの過程で旧来の魅力を失ってしまったアメリカ車でしたが、80年代に入ると少しづつ立ち直りを見せ始めたように思います。ビュイックのセンチュリー/リーガル系も’78年にモデルチェンジした時は小さくなったボディサイズをこなし切れていない感がありましたが、81年の改変で空力特性を改善すると同時によりスタイリッシュになり、サイズ縮小に対する苦し紛れの復古調、切り立ったリアウインドウも随分サマになったと感じたものでした。動力性能面でもターボチャージャーという新たな武器を得て、デビューイヤー'82の175hpから、最終年の'87では245hpへとパフォーマンスを向上させています。SS1/4マイルを13秒そこそこで駆け抜ける実力で、小さくなったとは言え、インターミディエートをベースとした高性能バージョンという立ち位置は'80年代のマッスルカーと言うにふさわしい物でした。


Auto_world_85_buick_gn_4_2


Auto_world_85_buick_gn_5_2


↑GMの上級ブランドであるビュイックとは思えない、どちらかと言えばクライスラー系的なワルな雰囲気の漂うアピアランス。・・・このギャップがまた良いのです(笑)。


モデルはオートワールドの1/43レジン完成品。同ブランドは日本では1/18, 1/64ダイキャストのシリーズで最近知られるようになったかと思いますが、アメリカでは1/64スロットレーシングカーがメイン商品のようです。当方は詳しい事は知らないのですが、アーテル・コレクティブルの1/18ダイキャストモデル、amt、MPC、ポーラーライツなどプラキットのブランドと共にRound2 LLCという会社が展開しているようです。元々アーテルのハイエンドシリーズだったハイウェイ61のブランド名はDIE-CAST PROMOTIONS / F.F.ERTL Ⅲ, INC.という別の会社が保有していますし、オリジナルのアーテルブランドはRC2(=トミー?)が保有しているようで、旧アーテル系モデルカーはバラバラに切り売りされて複雑な事になっているみたいですね・・・。


Auto_world_85_buick_gn_6_2


Auto_world_85_buick_gn_7_2


↑モデルはauto worldのレジン製完成品。ちょっぴり車高低めにデフォルメしてくれたら、更にカッコ良くなっていたかも知れません。・・・こう言う車種まで1/43でモデル化されるのは嬉しい事です。


・・・話をこのモデルに戻すと、最近1/43スケールではすっかり定番となった感のあるレジン完成品です。特別物凄い作り込みが成されているという訳ではありませんが、インテリアにはシートベルトなども表現されています。レジン完成品には珍しく、足回りなど床板のディテールがそれなりに再現されているのはアメリカ系のブランドらしいと言えるかも知れません。このモデルは日本にも正規で入って来るようなのですが、当方はそれを知る前に海外調達してしまいました・・・。このグランド・ナショナルやシボレー・モンテカルロSSなど、'80sマッスルも大好物なので1/43での製品化は本当に嬉しいのですが、やはりレジン完成品の高価な点は頭とお財布のイタイ所であります。。。


Auto_world_85_buick_gn_8


↑レジン完成品としては珍しく、燃タンなど床下廻りも作り込まれている事がお分かり頂けるでしょうか?(ひっくりかえして床下を撮るのはちょっとためらわれました・・・。)


スポンサーサイト

スクリーンを駆け抜けたクルマ達; グリーンライト ワイルド・スピードシリーズ第2弾

製品の発売からはやや時間が経っていますが、グリーンライトのワイルドスピードシリーズの第2陣をご紹介します。


The_fast_and_the_furious


俳優のポール・ウォーカー氏が交通事故で亡くなってから早くも4か月近くになろうとしています・・・。一時撮影がストップしていたワイルドスピード最新作は、彼の演じるブライアン・オコナーが裏稼業から足を洗うという形で製作が続行されるといった報道もなされていますね。グリーンライトから突如発売された1/43のワイルドスピード劇中車シリーズの第2弾は、くしくも彼の演じたブライアンがドライブしたクルマばかりとなりました。第1作目”ワイルドスピード(原題;The Fast and The Furious)”から'95三菱・エクリプスと'95トヨタ・スープラ、そして6作目”ワイルドスピード ユーロミッション(原題;Fast and Furious 6)”からフォード・エスコート・RS200の3台が発売となっています。


●'95三菱エクリプス


Gl_eclipse_1


Gl_eclipse_2


記念すべき第1作”ワイルドスピード(原題;The Fast and The Furious)”でブライアンが囮捜査官としてストリートレースの世界へ潜り込むために用意されたクルマ。作品冒頭のストリートレースシーンで、ブライアンがクルマの所有権を掛けてドミニク(ヴィン・ディーゼル)に勝負を挑みますが、僅差で敗れてしまいます。その後LAPDの追跡を逃れるために逃走中、ドミニクと対立するトランの縄張りに入り込んでしまい、マシンガンの掃射を受けてNOSに引火、哀れ吹き飛んでしまった1台ですね。


Gl_eclipse_3


ミニカーは派手なグラフィックやエアロパーツなどを再現した嬉しい仕上がり。室内に搭載されたNOSのボンベがレリーフ状の表現なのは価格を考えれば致し方ない所でしょうか。劇中車であることを前面に押し出したパッケージも嬉しいポイントです(笑)。


●'95トヨタ・スープラ


Gl_supra_1


Gl_supra_2


上記エクリプスがトラン一味に破壊されたため、代わりに「SS1/4マイルで10秒を切るクルマ」としてブライアンが持ち込んだのがボロボロの状態のスープラでした。彼らはこのクルマを修復・チューンアップしてNIRAのレースに投入しようとするのですが・・・。ラスト、ドミニクの'70チャージャーとの一騎打ちでもブライアンがドライブしました。北米仕様なのでグレードなどよく分からないのですが、ミニカーの表記は'95 Mk4となっています。セリカをロングノーズ化して直6エンジンを搭載した初代から数えて4代目に当たるため、こうした表記になっていると思われます。


Gl_supra_3


モデルの方はエクリプス同様、劇中車仕様を再現した嬉しい仕上がり。この内容でこの価格はやはり生産数を多く設定しているからなのでしょうか?1/43ミニカーの価格が高額になっている昨今、非常に有難い設定です。


●'74フォード・エスコート・RS200


Gl_escort_1


Gl_escort_2


6作目”ユーロ・ミッション(Fast and Furios 6)”でショウ一味の軍用マイクロチップ強奪作戦を阻止するため、チャージャー・デイトナやアンヴィル・マスタングと共にオークションで調達した1台。デビュー当時は欧州フォードで最少クラスのクルマだった初代エスコート、しかし高性能バージョンのRSはWRCのラリー選手権で大活躍しました。RS200は本来1~1.3リッタークラスのエスコートにピント用の2リッターエンジン(それって凄いの???)を押し込んだ羊の皮を被った狼系バージョン。大きく張り出したフェンダーがただならぬ雰囲気を醸し出す1台です。


Gl_escort_3


ミニカーの方はボディサイドのストライプなどにヨタリがあったりしますが、価格を考えれば、まあ、妥当な仕上がりでしょうか。この仕様の製品はミニチャンプスからも発売されるようですが、価格が高いので当方はスルーするつもり。米国車じゃないしこれで十分満足です。


   


★★★  グリーンライト、ワイルドスピード以外の劇中車を1/43で展開か!?  ★★★


取敢えず第2弾までは無事発売されたグリーンライトのワイルドスピードシリーズ、その後の展開はどうかしらんと海外ホビーショップのサイトなどを徘徊していた所、驚愕のニュースが・・・。1/18や1/64では劇中車を展開しているグリーンライトが、1/43でもワイスピ以外の劇中車の発売を計画しているようです。その第1弾は・・・なんと!!!”バニシングin60”及び”60セカンズ”の新旧エレノア!!!!!第2弾は”ブルース・ブラザース”のブルースモビルとシカゴ警察仕様ダッジモナコ!!”価格もワイスピシリーズ並みの低価格となるようです。


#86411 1:43 Hollywood Series 1 Gone in Sixty Seconds(2000) 1967 Ford Mustang  "Eleanor"


#86412 1:43 Hollywood Series 1 Gone in Sixty Seconds(1974) 1971 Ford Mustang Mach1 "Eleanor"


#86421 1:43 Hollywood Series 2 Blues Brothers (1980) 1974 Dodge Monaco "Bluesmobile"


#86422 1:43 Hollywood Series 2 Blues Brothers (1980) 1975 Dodge Monaco "Chicago Police"


※現状は予定品なので確実に発売されるとは限りません。素人記事なので間違いがあったらごめんなさい。。。


Yatming_eleanor_ft ←ヤトミン'67シェルビーGT500Eはコチラ


Bb6 ←コーギー ブルースモビルはコチラ


60セカンズ”の「エレノア」こと'67シェルビーGT500Eはヤトミンが、「ブルースモビル」とシカゴ警察のモナコはコーギーが1/43で製品化しており、当方も過去にこのブログで紹介済みですが、バニシングin60の「エレナー」は1/43は恐らく初の製品化。(1/18はアーテル、1/64はジョニーライトニングで製品化されています)今の所アナウンスされているだけのようで、実際に製品化されるかどうかは確実な事は言えないのですが、少なくともバニシング~の「エレナー」は是非とも製品化して頂きたい!!!新旧エレノアは1/18での製品化もアナウンスされており、こちらも楽しみに待ちたいです。グリーンライトさん、こうなったらブリットにバニシングポイント、ダーティ メリー・クレイジー ラリー等々、どんどん製品化しちゃって下さいませ!!!


   Gone_in_60_seconds


↑あのバニシングin60のエレナーが1/43で登場か!?・・・期待したいです!!!


より特別な1台 ~ Road Champs '69 Hurst Olds

お送りしてきたオールズモビル442特集、ラストは442のようで442でない!?特別な1台をご紹介したいと思います。


R_champs_hurst_olds_1


’60年代に入り、インターミディエートベースのマッスルカーというジャンルの人気を決定的にした1台は'64年にポンティアック・テンペスト/ルマンズにオプション設定されたGTOだと言われています。その後60年代後半にマッスルカーのパワー競争が過熱すると、フォード陣営のトリノ/マーキュリー・サイクロンは428や429cu.in.、クライスラー陣営のダッジ・コロネット・スーパービー/プリマスGTX、ロードランナーは426や440cu.in.など7リッター超の大排気量エンジンを搭載して勝負を挑んで来ます。・・・ところがこの当時GMはインターミディエートには400cu.in.(6.6L)以上のエンジンは搭載しないという自主規制があったため、そのままでは他社の後塵を拝する状況に立ち至りました。


R_champs_hurst_olds_2


R_champs_hurst_olds_3


'68年型ではシルバー&ブラックだったカラーリングは、'69ではホワイト&ゴールドに変更されました。'70年にGMのインターミディエート排気量自主規制が撤廃された事により、ハースト・オールズは1度消滅しますが、’72年以降、各世代のカトラス系をベースに設定された他、ポンティアック・グランプリにもハースト仕様が存在しました。


こうした状況に対し442を擁するオールズモビルが取った施策は、大排気量エンジン搭載車を自社製造の形ではなく、外部製作のチューニングカー(という形にして)販売するという物でした。オールズはシフターなどアフターマーケットのチューニングパーツで有名なハースト社をパートナーとして選び、カトラス及び442をベースに455cu.in.(7.5L)エンジンを搭載、ハースト・オールズとして’68年型から設定しました。’68年型が390hp、'69型はややデチューンしたものの380hpというハイパフォーマンスぶりを誇っていました。翌’70モデルイヤーには件のインターミディエート排気量自主規制が撤廃され、晴れてノーマルの442にも455エンジンが搭載されますが、その生い立ちにおいてハースト・オールズはより特別な存在と言えそうです。


R_champs_hurst_olds_4


R_champs_hurst_olds_5


↑ハースト・オールズはベース車両が442だけでなくカトラスも使用されたため、ハースト・オールズ=442という図式は成立しません。ロードチャンプスのモデルはプロポーションも良好で独特のカラーリングや細部ディテールまでしっかり再現されており、なかなか侮れない仕上がりです。


ミニカーは当ブログにおいては重要ブランドであるロードチャンプス製。その後多くのハースト製ハイパフォーマンスカーに採用されたホワイト&ゴールドのボディカラーを纏った’69ハースト・オールズです。・・・いや~もうね、こういう車種をラインナップに持っていたりするからロードチャンプスはやめられないんですよ。'69のハースト・オールズを1/43でモデル化してくれているのって、ロードチャンプスぐらいではないかと思います。その存在を知った時の当方の驚きと喜びと言ったらそりゃあもう・・・。同ブランドのミニカーの中では、'65シェベルと並んで入手難易度が高いモデルでしたが、数年前に海外ネットオークションにて念願かなって入手した次第。


R_champs_hurst_olds_6


R_champs_hurst_olds_7


↑'69のカトラス系は'70に比べてラジエターグリルが小さく、リアフェンダーの造形も控えめでクリーンなデザイン。しかしハースト・オールズは個性的なフードスクープやリアスポイラーで武装。独特のカラーリングと相まってマッスルカーらしい攻撃的なアピアランスです。'69ハーストと'70 442を並べた様は個人的には至福の眺め。ご満悦状態であります(笑)。


さて、ロードチャンプスのハースト・オールズ、レアと言うだけだったら当方もそれほど興奮しなかったのですが(笑)、これが同ブランドのモデルのなかでも屈指の仕上がりぶりなので嬉しくなってしまうのです。エンジンフードやドアが開閉し、そのチリの合いこそちょっぴり残念なものの、ボディ全体のプロポーションは上々、独特なボディカラーもプリントで美しく再現、時として細部の表現がいい加減な事もある同ブランドですが、メールボックス(郵便箱)型と称されるエンジンフードバルジ、リアに装着されたスポイラー、スタイルドホイールなど、ハースト・オールズとしてマストなディテールも抜かりなくモデル化しています。現在は生産されていないと思われるロードチャンプス、もしそのまま製造・販売を続けていたら、結構立派なモデルを作るブランドに成長していたかも知れないな~などと夢想してしまう1台です・・・。


R_champs_hurst_olds_8


↑このハースト・オールズが1/43でカタチになっていると言うのは本当に喜ばしい事です。


作ってなくてすみません。。。 ~Starter Kit '77 Oldsmobile 442

え~と、今回は未組立のレジンキットでのご紹介です。。。すみません。


Starter_77_oldsmobile_442_1


'73モデルイヤー、オールズモビル・カトラスはモデルチェンジして4世代目へとバトンタッチしました。4ドアセダン/ステーション・ワゴンとセミファストバック/ノッチバックの2種類のクーペをラインナップし、'73~'75年型までが丸型の2灯ヘッドランプ、'76~'77はヘッドランプを流行の角型4灯式とし、ボディもより直線的な物に改められました。改変を受けた’76年にはおよそ56万台が生産され、シボレーフルサイズを抜いて全米乗用車販売のNo.1となっています。今はブランド自体が消滅してしまったオールズモビル、そんな輝かしい時期もあったのです・・・。


Starter_77_oldsmobile_442_2


Starter_77_oldsmobile_442_3


↑この時代のインターミディエートと言えば、80年代以降のフルサイズとほぼ同じ位の大きさ。クーペボディは流石にスマートなプロポーションでした。


'68~'71年型では独立した車種となっていた442は、マッスルカーの黄金時代終焉を象徴するかのように、先代の最終年式である'72年型からカトラス系へのパッケージオプションへと戻ってしまいましたが、この世代のカトラスにも継続され3世代目となりました。しかし大排気量455cu.in.エンジン搭載は'76年型までと時代の波には抗えず、徐々に性能的に大人しくなって行きました。その後442の名前は90年代初頭まで残っていましたが、大きく流麗なボディに大排気量のV8エンジンと言う、アメリカンマッスルらしい組み合わせはこの3世代目までかなあと思います。


Starter_77_oldsmobile_442_7


↑ちゃんと作るとこういう姿になる筈なのですが・・・古いキットなのでデカールは死んじゃってるっぽいです。


モデルはかつて膨大なラインアップを誇ったスターターのレジンキット、NASCARシリーズの1台です。正確には”OLDSMOBILE FIRST NATIONAL CHAMPIONNE 1978”というのが商品名。'78年のNASCARシリーズに参戦していたマシンなのでしょうが、'78年にはカトラス系は大幅に小型化された5世代目へと移行していたので、前年までのボディのまま参戦していたと言う事でしょうか。この時代のNASCARマシンは、現在とは違ってボディそのものは量産車に近いカタチをしていたので、これをベースにホイールアーチ形状などを修正すれば、ほぼ量産型の442に見えるようになる・・・筈です。


Starter_77_oldsmobile_442_4


Starter_77_oldsmobile_442_5


↑この時代のNASCARマシンは量産車と近いカタチをしているので、手持ちのストックからそれっぽいタイヤ&ホイールを履かせて車高を調整すると、俄然量産車っぽくなります。


と言う事でこのレジンキットのボディ、4世代目カトラスの後期型クーペ、4分割のラジエターグリルからすると'77年型のようです。スラントしたノーズ形状は'76年型ではベーシックグレードのカトラスSと、それをベースに設定されたパッケージオプションの442だけに、そして'77年型では442だけに採用されていた物。アッパーグレードは垂直に切り立ったよりフォーマルな顔が用意されていました。ストックカーのお好きな方には申し訳ないですが、当方は密かにこのモデルを量産型に改造したいと目論んでいます。・・・とは言え毎度の事ながら、考えているだけでちっとも実現しないのですが。。。


Starter_77_oldsmobile_442_6


↑ちゃんと作ってあげないと・・・とは思っているのですが。。。


クーペ見参!! ~ TfC Model '70 Oldsmobie 442 Coupe

さて、今回は当方の大好きな442クーペのご紹介です。


Tfc_oldsmobile_442_1_2


・・・と言う事で、今回も’70年型の442、いよいよクーペボディのご紹介です。オールズ442は元々はF85/カトラスのパッケージオプションとして誕生しましたが、'68~'71年型の間は独立した車種として存在していました。パフォーマンス的にも、やはりこの時期が最も輝いていたと言えるのではないかと思います。442のボディバリエーションについて、当方は正直100%把握出来ていないのですが、ピラーレスとピラー+三角窓の付いたSクーペの2種のファストバッククーペとコンバーチブルが存在した他、画像検索ではノッチバックの2ドアHTがヒットします。('72年型のハースト仕様はコチラのボディを使用)また、70年には特注でワゴンボディ(!)が極僅かに製造されたようです。


Tfc_oldsmobile_442_2


Tfc_oldsmobile_442_3


↑う~~ん、カッコいい♪これぞアメリカン・マッスルという王道のスタイリングが素敵です。


コンバーチブルの記事でも記した通り、当方はこの世代の442はコンバーチブルよりもクーペの方がより好み。ファストバックのルーフラインは同時期のシボレー・シェベル、ポンティアックGTO、ビュイックGN/GNXと共通のイメージですが、オールズの重厚でちょっとコンサバなマスクとの組み合わせは、「これぞアメリカン・マッスル!!」といった魅力に溢れているように思います。この’70年型以降ではリアフェンダーのブリスター状の張り出もセクシーなアピールポイント(笑)。強力なライバルでもある兄弟車たちと較べても、当方はこの442が最も好きな1台なのであります。


Tfc_oldsmobile_442_4


↑GMインターミディエート・マッスル揃い踏み。奥からロードチャンプスの'69ポンティアックGTO, マッチボックスの'70シェベルSS, TfCの'70オールズ442。どれも皆魅力的ですが、当方は442がお気に入り。ビュイック版のGS/GSXは残念ながら1/43のモデルは存在しないものと思われます。4ドアのスカイラークがNEOから発売されています。


Tfc_oldsmobile_442_5


↑コチラは先回ご紹介したアーテルのコンバーチブルと・・・。個人的には442にはこのゴールドとブラックの2トーンが最も似合うと思います。ゴールドの色味はTfCの方が実車のイメージに近いような・・・。


モデルはTfC(Toys for Collector)というブランドから発売されたホワイトメタル完成品で、床板までホワイトメタル製でずっしりと重いモデルです。最新のレジン完成品のようなシャープさやハイディテールな仕上がりとは異なりますが、艶やかな塗装や金属メッキパーツの質感、そして手にした時の重さには独特の味わいがあります。プロポーションは実車の忠実なスケールダウンというよりは、マッスルカーとしての力強さを強調した仕上がり。・・・今にも後輪からもうもうと白煙を上げ、猛然と加速を始めそうな迫力満点の佇まいは、それはそれで非常に魅力的です。ボディーカラーもゴールドにブラックのストライプで、’70 442らしい当方の最も好きな組み合わせ。古い製品ですが今でもお気に入りの1台です。


Tfc_oldsmobile_442_6


Tfc_oldsmobile_442_7


↑モデルのプロポーションは、実車のマッチョイメージをやや強調したデフィルメが成されています。今にも後輪から白煙を巻き上げ、猛然と加速し始めそうな迫力があります。


TfCのオールズはこのクーペボディの442の外に、コンバーチブルとそれをベースにしたインディーペースカー仕様、更に442のベースとなるカトラスのクーペをラインナップしていたようです。ホワイトメタル完成品の常で高価なモデルの為、当方が所有しているのは残念ながらこのクーペの442のみです。実車がブランドごと消滅してしまっている為か、トロナード以外のこの時代のオールズは余り製品化に恵まれていないように思います。レイバンマスクのプリマスGTX/ロードランナー、マーキュリー・サイクロンと共に当方の最も好きな'70sマッスルである442、最新製品が発売されたら当方なぞは飛びついてしまうのですが・・・。


Tfc_oldsmobile_442_8


↑ローアングル、レンズテレ側で・・・。


Tfc_oldsmobile_442_9_2


↑こちらはやや高めのアングル、レンズワイド側で・・・。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03