1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

祝50周年 '69~'70 MUSTANG特集 ~ダイヤペット、時々ナコラル。 NACORAL INTER-CARS '69 MUSTANG

ホビーフォーラムにブログの引っ越しと、色々あって'69~'70マスタングがすっかり滞っておりました。。。


NACORAL_69_MUSTANG_1.jpg

過去記事の再アップはまだ完了していませんが、引っ越しもようやく落ち着いて来ました。ブログ人のほうは本日でサービス終了との事・・・7年間お世話になって来たのでやっぱりちょっと淋しいですが・・・気を取り直して、今年がマスタング誕生50周年と言う事で始めた'69~'70マスタング特集を続けたいと思います。年内に終わらせたいと思っていましたが、この先ワンダーランドマーケットもあるし、クリスマスの恒例行事も考えねばなりません。ほぼ越年確定な感じになってしまいましたが・・・めげずに頑張りたいと思います(笑)。


NACORAL_69_MUSTANG_2.jpg

NACORAL_69_MUSTANG_3.jpg

↑エンジンフードにキャッチピンが装着されているものの、スタンダードなスポーツルーフの'69マスタング。ホットバージョンばかりでなく、こういう仕様のモデルもまた魅力的です。


これまでご紹介して来たように、この世代のマスタングの1/43モデルは圧倒的にボス仕様が多いのですが、本日ご紹介するのはスペインのナコラル製ダイキャストモデル。スポーツルーフのスタンダードなマスタングです。エンジンフードにバルジが無く、リアフェンダー上部のダミーインテークやクオーターピラーに丸いオーナメントが装着された姿は、ボスでもなくマッハ1でもないベーシックなスポーツルーフのクーペで、こうした仕様のミニカーというのも悪くはないものです。レジンやホワイトメタルのキットが登場するまでは、'69の1/43モデルとして貴重な存在でありました。


NACORAL_69_MUSTANG_4.jpg

NACORAL_69_MUSTANG_5.jpg

↑実車と同時代の旧いミニカーですが、プロポーションなどはなかなかのモノです。どうも製品化に際してamtの1/43プラキットを参考にしているようです。参照出来なかったエンジンルームは・・・想像の産物となっております(笑)。


当方が入手した個体は米澤玩具が輸入、自社の箱に詰めて販売した物で、ダイヤペット・インターと称していました。日本でインターネットが一般に普及し始めたのは'90年代の中盤以降、それ以前はミニカーに関する情報はミニカーショップで直接仕入れるか、雑誌・書籍に頼らざるを得ない状況でした。なので当方がこのミニカーを入手した時も、ダイヤペットの箱に入っているのにスペイン製、スケールも1/40ではなく1/43で不思議なモデルだなあと思った物でした。このモデル、床板にはインターカーと言うシリーズ名は刻印されているものの、ブランドの銘は何処にも記載されておらず、それがナコラル製と知ったのは随分後になってからです。


NACORAL_CORVETTE_6.jpg

↑当方はこれまでに、'69 AMX、'69マスタング、'69コルベットと”ダイヤペット・インター”物のナコラルを3台捕獲しています。他にもまだあるかも知れません。


床板やホイールまで金属製でずっしりと重く、プロポーションもなかなか優れています。以前同じ「ダイヤペット、時々ナコラル。」のコピーでご紹介したC3コルベットの時にも記したのですが、ナコラルのアメリカ車のラインアップやそのプロポーションはamtの1/43プラキットに良く似ています。この'69マスタングも双方にラインアップされており、全体的なプロポーションやエンジンフードにバルジが無く、リアフェンダーにダミーインテークを備えたスタンダードなスポーツルーフながら、エンジンフードにはキャッチピンが装着されているといった仕様が非常に良く似ています。どうも、ナコラルが米国車をラインナップに加える際に、amtのキットを参考にしたようです。・・・と言う事で、次回はそのamtの1/43キットをご紹介したいと思います。


スポンサーサイト

引っ越して来ました。よろしくお願い致します。

Hello_FC2.jpg
↑画像のミニカーはニューレイ製の1/43インターナショナル4200トラック。フォトレタッチでPony引越し便に仕立て、リアボディにご挨拶のメッセージを入れました(笑)。

●1/43cu.in.引っ越しのごあいさつ
OCNさんのブログ人で'97年に開設した1/43cu.in.(1/43キュービック・インチ)、この度ブログ人さんが11月末でサービスを停止するとの事で、新たにFC2さんのお世話になる事にしました。数日前から試験的に1部の内容を公開していましたが、正式に引っ越しする事を決意しましたので改めてご挨拶致します。

1/43cu.in.というブログ名は、ミニカーの標準スケールである1/43と、アメリカのエンジン排気量を示す単位のキュービック・インチ(立法インチ)を掛け合わせたもので、アメリカ車の1/43モデルをご紹介する事を意図して命名しました。文字通りの内容ですがミニカーを通じて実車の事やクルマが活躍する映画の事などなども語っております。

引っ越し先をFC2さんにさせて頂いた最大の理由は、ユーザータグを利用して1つの記事に複数のカテゴリを設定するのと同じ効果が得られるためで、実車メーカーや用途(タクシーやパトカー)ミニカーのブランド等々で過去記事を検索して頂けるようにしてあります。引っ越し前の記事は今の所、今年1年分+αしかリカバリー出来ていませんが、改行やリンクなどを確認しながら少しずつ公開して行きたいと思います。とりあえず暫定開業状態ですが、よろしくお願い致します。

2014年11月23日 Ponys41


移転検討中

開設以来ブログ人を使用して来ましたが、11月末でのサービス停止に伴い移転を検討中です。

GREENRiGHT_73_ELEANOR_1.jpg
↑画像はグリーンライト ’73Mustang バニシング in 60 ”エレナー”仕様

↓11月中はこちらへどうぞ。
1/43cu.in.(1/43キュービックインチ)アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ!

先週末は 日曜日はホビーフォーラム開催でした。(週末を過ぎたので表題変更)

2014


年々、1年が過ぎ行く速度が速くなり、今年もホビーフォーラムの季節になってしまいました。。。


●ホビーフォーラム2014 http://www.hobbyforum.jp/


開催場所;横浜大さん橋ホール http://www.osanbashi.com/


日時;2014年11月9日(日) AM10:00 ~ PM4:30


入場料; 一般入場無料


内容;


・メーカー,ショップ,個人によるフリーマーケット


・モデラーズクラブによる作品展示


・メーカー新製品展示


・ミニチュアモデルコンテスト


会場限定モデル販売


・etc.


会場のレンタルや運営を持ち出しで頑張って下さっている実行委員会の方々、協賛各社に感謝しつつ、モデラーズクラブの作品展示とメーカー新製品展示に刺激を受け、フリーマーケットで散財して来たいと思います(笑)。


Bnr480b


スクリーンを駆け抜けたクルマ達 1/43 元祖エレノア来たる!! ~ GREENLiGHT '73 CUSTOM MOVIE STAR MUSTANG

いや~~~、遂に発売になりました!!!


Greenright_73_eleanor_1


只今、マスタング50周年記念企画として'69~'70マスタングの特集をお送りしている最中ではありますが、先回のハロウィーン記事に続いて今回もお休みです。。。何故って、待ち焦がれたこのモデル、オリジナル版”バニシングin60(原題;Gone in 60 Secinds)”のエレノア、いえ、昔流に発音するならエレナーこと'73 マスタングがついに発売されたんですもの・・・。カークラッシュキング、H・Bハリッキーの製作したインディーズカーチェイスムービーの金字塔、その作品についてはいずれじっくり時間を割くことにして、先ずは発売されたばかりのグリーンライト製1/43モデルをご紹介したいと思います。


Greenright_73_eleanor_2


Greenright_73_eleanor_3


↑一見ノーマルな'73マスタングのスポーツルーフに見える劇中車のエレノア、マニア目線で見ると色々とユニークな部分が散見される個体です。年式や仕様に関しては今日でもファンの間で議論になっているようです。


'73年型マスタング・マッハ1と紹介される事の多いバニシングin60のエレナー、コアなファンの方は良くご存じだと思いますが、元祖エレナーは実は'73年生まれではありません。作品公開時の日本の劇場パンフレットには、映画の撮影開始が73年4月15日とあり、それに先立ちエレナーの改装(ドアビーム設置など主に安全面の強化)に1年を掛けたとあります。通説ではエレナーは'71をベースにラジエターグリルを交換して'73風に仕立てた物と言われています。(正確にはフロントフェンダーも交換されているようです)その事を裏付けるのはバンパーとフロントターン/パーキングランプ。本来'73マスタングは安全性向上の為バンパーが大型化されており、その結果'71~'72ではバンパーの下に配置されていた同ランプが、'73ではラジエターグリル、ヘッドランプの内側にタテに配されています。エレナーは'73グリルを装着していますが、バンパー形状やその下のターン/パーキングライト等が'71~'72は特色を示しています。


Greenright_73_eleanor_4


Greenright_73_eleanor_5


↑全体的なプロポーションなど、注文を付けたくなる部分もありますが、劇中車としてのディテールの再現度はかなり高いモデルです。元祖エレナーが1/43で入手出来るなんて本当に幸せ・・・。正規の価格で3千円台と言うのも、全般的に高騰してしまっている1/43ミニカーとしてはリーズナブルな物だと思います。


また、マッハ1と言えばと思い浮かぶのは2つのインテークが突き出たエンジンフードや派手なスポイラー類ですが、エレナーにはそのどちらも装備されていません。また、ボディサイドのストライプやフロントフェンダーやトランクリッド背面の見慣れた”Mach1”のロゴも見当たりません。素直に考えれば、エレナーはスタンダードなスポーツルーフのビッグ・マスタングと言う事になるかと思います。しかし、ボディサイド下部やエンジンフード、リア周りのブラックアウトは当時のフォードの純正カラースキムではなく、いわばHBハリッキーのオリジナルデザインと言えるかも知れません。エレナーがこのような出で立ちになった経緯は様々な説や憶測が流れていますが、当のハリッキー氏が亡くなった今となっては真相は分かりませんね・・・。この件に関しては個人的に思う所もあるのですが、その辺りは機会を改めて記してみたいと思います。


Greenright_73_eleanor_6


Greenright_73_eleanor_7


↑先に発売になった”60セカンズ”版の'67エレノア同様、劇中車モデルとしてパッケージも映画のイメージを大いに盛り上げていて素晴らしいです。


Greenright_73_eleanor_9


↑お約束のツーショット、2代目エレノアと初代エレナー。1/43でのこの並びも感動モノです。


さて、グリーンライトのモデルであります。同ブランドの2代目エレノアこと、'67シェルビー仕様がヤトミン製モデルのOEMだったので、初代エレナーもボンドカーコレクションのユニバーサルホビー製モデル辺りのグリルを替えて出て来るのでは?と思っていたのですが、そちらとは完全に別の金型でした。エンジンフードの先端が丸すぎるとか、ラジエターグリルの逆スラントがきつすぎるのでは?とか、色々ツッコミたくなる部分もあるにはありますが、1/43でこの仕様のモデルが発売された事が先ずは何より嬉しいです。エンジンフード、タイヤ&ホイールやカラーリングなど、劇中のエレナーの仕様が再現されているのはモチロン、驚くべきはその顔周りです。先に述べた'71と'73のミックスされた状態がしっかり再現されています。発売前の試作品の画像では本来の'73として正しいビッグ・バンパーが装着されているように見えたので、量産化の際に是正されたのではないかと思われます。劇中車エレナーの再現度はアーテルの1/18やジョニーライトニングの1/64と較べても最も正確と言えそうです。


Greenright_73_eleanor_8


・・・おっと、ちょっとアツくなり過ぎて文章が長くなってしまいました。。。


1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11