1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

'69~'70 マスタング特集; 締めはマテル・グラントロス '70 Boss 302

長々続けて来た'69~'70 マスタング特集、往年のモデルをご紹介してひとまず終了です。

GranToros_70_Boss302_01.jpg

SS(スーパースポーツ)、GS(グランドスポーツ)、トランザム、マッハ1、エリミネーター、R/T(ロード・アンド・トラック)、コブラジェット、マグナム440・・・etc. アメリカ車のスポーツバージョンや高性能エンジンに与えられた呼称は、ハッタリが効いていて実にカッコ良いものが多いですね(笑)。302と429、2台の特別なマスタングに与えられた「ボス」の名前も、何やら凄味や迫力といった物が感じられますが、これはボスマスタング開発時期にシーモン・E・ヌードセン副社長と共にGMからフォードに移籍した日系人デザイナー、ラリー・シノダがヌードセンの事を敬意を込めてこう呼んだ所から来ているのだと言われています。ヌードセン、シノダがフォードに在籍した期間は僅かであり、それがなかったらマスタングのコンペティショングレードのカタチや名称は、全く違った物になっていたかも知れないのです。

GranToros_70_Boss302_02.jpg

GranToros_70_Boss302_03.jpg
↑当方が所有するグリーンメタリックの個体の1台は、前オーナーが手を加えたと思われ、ラジエターグリルにスミ入れがなされ、ボディサイドのストライプは1度剥がして不要部分を切除してから貼り直してあるようです。また、どう処理したのか分かりませんが、ファストホイールのトレッドを詰めて、本来ボディからはみ出していたタイヤ&ホイールをツライチに調整してあります。これがまたカッコ良かったりします。センスの良いカスタマイズだと思います。

GranToros_70_Boss302_04.jpg

GranToros_70_Boss302_05.jpg
↑先週ご紹介した童友社の1/43プラキットはこのマテル・グラントロスのミニカーにボディのフォルムが良く似ています。その上、エンジンフードの黒塗り部分を別パーツ化してある点もよく似た処理となっています。

GranToros_70_Boss302_06.jpg
↑床板には”MATTEL”や”HOT WHEELS”と共に、”MEBETOYS”や”MADE IN ITALY”の文字が刻印されています。

・・・さて、先週のクイズ(?)の答え、童友社の1/43プラキットの参照元と思われるモデルは・・・マテルから発売されていたグラントロスシリーズのMUSTANG BOSS302であると当方は思っています。パッケージには見慣れたHotWheelsのロゴも確認出来ますが、ミニカー自体は当時マテルの傘下(?)にあったメーベトイの製造になるもので、床板にはメイド・イン・イタリーの刻印も見られます。エンジンフード、トランク、ドアが一通り開閉し、シートバックが倒れるのも昔のミニカーっぽいです(笑)。ボディカラーのバリエーションは当方の知り得る限りではグリーンメタリックとブルーメタリックの2種(更にインテリアの成型色にバリエーションがあるようです。)で、Boss 302の特徴的なストライプは透明フィルムに印刷した粘着式のステッカーによっています。尚、このモデルには旧ソビエト製のOEMまたはコピー製品も存在するようです。

GranToros_70_Boss302_07.jpg

GranToros_70_Boss302_08.jpg
↑淡いブルーメタリックの個体はグリーンメタリックに比べて見掛ける機会が少ないように思います。このモデルで問題なのはステッカーで再現されたストライプ。経年劣化で剥がれたり汚れたりしてしまう事が多いようです。

GranToros_70_Boss302_09.jpg
↑エンジンフード、トランク、ドアなどが一通り開閉し、シートバックが倒れたりするのは古い1/43では定番です。子供の頃はそういう部分に高級感を抱いたものでした・・・。

今日的な目で見れば、ボディのプロポーションは実車を正確にスケールダウンしたという感じではありませんし、ホイールも実車と異なる物を履いていたり、テールランプなど細部のディテールも大雑把だったりします。・・・ですがこのモデルにダイキャストミニカーとしての価値がないかと言うと、そんな事は断じてないと当方は思います。このボス302は何とも言えない独特の魅力や説得力に溢れたモデルです。実車とは異なるフォルムなのに'69~'70マスタングの持つダイナミックな躍動感やマッチョな迫力が非常に良く捉えられてように思います。粒子の細かい美しいメタリック塗装や、ステッカーによるストライプも雰囲気を大いに盛り上げています。大雑把なディテールも、却ってアメリカ車らしいおおらかさが感じられるような気も・・・(笑)。

GranToros_70_Boss302_10.jpg

GranToros_70_Boss302_11.jpg
↑当方が所有する2台目のグリーンメタリックの個体は、前オーナーによってサイドのストライプが剥がされ、緩くてすぐ半開きになるドアが閉じた状態で固定されています。前オーナーの嗜好により異なるカスタマイズがなされている事も絶版ミニカーの面白い部分かも!?

ミニカーの魅力って不思議なものです。実車を忠実にスケールダウンすれば、それが最高の”自動車模型”になるかと言うと、必ずしもそうとは言い切れないのではないでしょうか。近年はレーザースキャン等で実車を測定し、そこから3DのCADデータを作成、そのデータを基にダイレクトに金型切削を行うといった事が可能になっています。しかしそうした技術の無かった時代の旧いミニカーには、データに捉われない、原型師の感性による造形の魅力があるように思います。(そうしたセンスは、嬉しい事に現代のホットホイールにも引き継がれていますよね。)・・・ひょっとしたら、それはもはやスケールモデルではなく、アートの領域にある存在と言えるのかも知れません。

GranToros_70_Boss302_12.jpg
↑このミニカーは本当に不思議な魅力を持っています。それは原型を創り出した原型師の感性がダイレクトに反映されているゆえかも知れません。
スポンサーサイト

'69~'70 マスタング特集; 1/43 プラキットの'70マスタング ”童友社 ボスムスタング”

本日はちょっと珍しいプラキットをご紹介したいと思います。・・・プラキットと言うよりは、懐かしさを込めて”プラモデル”と呼びたい一品であります(笑)。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_1.jpg

先回も記しましたが、Boss302はマスタングそのもののイメージアップ・販売増を目的としたコンペティションベースであると同時に、スモールブロックによるハイパフォーマンスバージョンという意味でマスタング本来のポニーカー的な魅力をも持ち合わせているように思えます。(同じスポーツバージョンでも、マッハ1には428CJなど大排気量エンジンが用意されていた)この特別なマスタングは当時も今も様々な縮尺・マテリアルでモデル化されていますが、今回ご紹介するのは日本製、しかも実車とリアルタイムに近いタイミングで販売されたと思われる製品です。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_4.jpg
↑箱の大きさはタテ13.3cm、ヨコ23cm、高さ3.6cm程の小さい物。ちょっとパースが怪しいですが、ボックスアートはなかなかカッコ良いのではないでしょうか。D・Y・Sの3文字を人型にあしらった童友社のマークが懐かしい感じです。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_2.jpg

DYS_70_BOSS_MUSTANG_3.jpg
↑未組立でのご紹介で申し訳ありません。2個あるから1方を組んでしまっても良いような気もしますが・・・何分旧い物なので組むなら中途半端は許されないような気がして(汗)。。。ボディのプロポーションは日本製の旧いプラモデル、それも珍しい1/43スケールのキットにしては上々ではないかと思えます。が、そこにはある秘密が隠されているような気が・・・。

それは古(いにしえ)のプラモデルで、童友社が製品化していた物です。縮尺は珍しい&嬉しい事に1/43!”MAGIC MOTOR CAR SERIES(マジックモーターカーシリーズ)”と謳われており、同社パテントのマジックモーター(今でいう所のプルバックモーターのようなもの)を装備、小さいながらエンジンフード開閉機構をも備えていました。箱の側面の記載によると、ボス・ムスタングの他に初代セリカ1600GT、S30フェアレディZ、ポルシェ912がラインナップされていたようです。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_5.jpg
↑マジックモーター装備・エンジンフード開閉、Boss302特有のストライプもデカールでしっかり再現。箱の中は全面に渡る仕切りでパーツがきちんと整理されています。小さいながら、いわゆる駄菓子屋系キットとは一線を画する存在だったのかも知れません。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_6.jpg
↑レッドのモールディングの方はボディの袋も未開封のコンディション。こちらはグリルやホイールのモールドされたランナーがメッキされており、イエローの方は同じランナーがグレー色でモールドされています。クリアパーツのブルーの濃さも異なっており、製造時期によるバリエーションと思われます。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_7.jpg
↑箱にはしっかり1/43のスケール表記が♪ ”●車を後にこするだけでつっ走ります。”とあります。シリーズには少なくとも4車種がラインアップされていた模様です。

当方はこのキットを子供の頃に1度だけ組み立てた事があります。その当時は「小さいけどエンジンフードも開いて凄くカッコいいプラモデルだなあ」と、思った記憶があります。今日の目で見ても、プロポーションやディテール等々、小さいサイズのプラモデルとしてはなかなか頑張っているように見えます。子供の目には非常に精巧なモデルと写ったのではないでしょうか。・・・ですがこのキット、ボディのプロポーションや各部のディテール、エンジンフードのブラックアウト部が別パーツになっている構成等々、某ダイキャストミニカーに非常に良く似ているのです。

DYS_70_BOSS_MUSTANG_8.jpg
↑先にご紹介したamtの'69マスタングのキットと・・・この世代は、奇しくも'69、'70が共にプラキットでも揃う事となりました。

そのミニカーが何なのか・・・既にお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが、次回このプラキットの参照元になったと思われるダイキャストミニカーをご紹介して、年越しになってしまった''69~'70マスタング特集を締めくくりたいと思います。

'69~'70 マスタング特集; MATCHBOX '70 Ford Mustang Boss302

さて'70マスタングのご紹介、今回からBoss302であります。

Matchbox_70_Boss302_1.jpg

先回までご紹介して来たBoss429は、NASCARでトリノやサイクロンに搭載するための429cu.inエンジンのホモロゲーション取得=エンジンの年間量産規定数500基以上をクリアするための、マスタングとしてはある意味突然変異的なモデルでした。対するBoss302はマスタング自身がSCCA Trans-Amレースで強力なライバルに対抗するために誕生したグレード。トランザムレースのレギュレーション上限に近い302キュービックインチ=5リッターエンジン(ウインザーブロックにGT40と同じクリーブランドのシリンダーヘッドを組み合わせたもの)を搭載、市販バージョンの最大出力は290HPと発表されていましたが、実際は350HP前後であったと言われています。

Matchbox_70_Boss302_2.jpg

Matchbox_70_Boss302_3.jpg
↑前後の大型スポイラーやストライプなど、アメリカンスペシャリティらしい派手なアピアランスが特徴的なBoss302、しかしそれらは決してコケおどしではなく、コンペティションベースの高いポテンシャルを秘めていました。

レースでの活躍がダイレクトに量産車の販売台数に直結するという性格上、量産バージョンの商品力にも意が払われ、M/Tのみの設定や強化サスペンション、クーラーの設定なしなどスパルタンなスペックを訴求すると共に、大型の前後スポイラー、リアウインドールーバー等々を装備、特徴的なストライプは量産車とレーシングマシンで同じイメージで統一するなど、429と較べると、外観のアピアランスも華やかな物となっていたのが特徴的です。コンペティションベースとしての性格を帯びていたため、スポーツグレードとして設定されたマッハ1と較べてもより特別なマスタングというイメージがあります。

Matchbox_70_Boss302_4.jpg

Matchbox_70_Boss302_5.jpg
↑ベースとなる金型は前回、前々回のBoss429と同一かと思われますが、シャシー周りなどディテールが簡素化され、同時に安価になったマッチボックスのBoss302。

ミニカーは基本的に先回のマテル製・前々回のマッチボックス製Boss429と同一金型ベースと思われます。429の特徴である巨大なエンジンフードスクープを廃し、代わりに302独特のストライプやエンジンフード・トランクリッドのブラックアウトなどが再現されています。ホワイトとレッドの2台は先の429のようなイエスタイヤ―シリーズの一環としてではなく、 '65コンバーチブル'67ファストバックと共にマスタング40周年シリーズとして、なんとブリスターパック入りで発売されました。ブルーメタリックの個体はそれとは別のシリーズで、紙の台紙+塩ビ製の折り畳みケース入りで発売された物です。

Matchbox_70_Boss302_6.jpg

Matchbox_70_Boss302_7.jpg
↑こちらのブルーの個体は上のホワイト、レッドとは別シリーズとして発売された物。ホワイトとブルーのボディーカラーは往年のシリーズの復刻版、スーパーキングスシリーズでも発売されています。

発売にあたっては低価格化の為か、細部の作り込まれたBoss429に対して部品の簡略化が図られ、サスペンションや排気系のディテールは床板一体のシンプルな構造に改められました。429と較べてしまうとやや物足りなさを感じてしまいますが、裏返して見なければまあ、それほど気にはなりません。基本が同じ金型で価格は1/4程度だったので、余り贅沢を言うのは可哀そうかも知れませんね(笑)。一方でタイヤはホワイトレターが印刷でキレイに入っており、この点に関してはBoss429よりもマッチョな雰囲気が盛り上がって嬉しい感じです。何にしても大好きな車種が1/43で、しかも価格的には安価に入手出来た事は嬉しい事でありました・・・。

Matchbox_70_Boss302_08.jpg
↑カラーバリエーションを揃えた結果ではありますが、アメリカ国旗と同じトリコロールカラーとなりました。

'69~'70 マスタング特集; HOTWHEEL CLASSICS '70 Boss429

'69~'70 マスタング特集、今回も'70 Boss429、今回はもう、実車の記述はナシです(笑)。

HW_70_Boss429_01.jpg

往年のスペクトラフレーム風の塗装、シャシーまで金属製でずっしりとした仕上がり、これまた昔風のパッケージグラフィック・・・。ホットホイールのクラシックシリーズが好評を博したのは2000年代の初頭だったでしょうか?マテルはレギュラーサイズの成功を他のスケールでも・・・と考えたのか、数車種のマッスルカー/ポニーカーを1/43スケールで"HOTWHEELS American Classics"シリーズとしてリリースしました。このシリーズに今回ご紹介する'70 Boss429が含まれていたのですが、ご覧いただければ一目瞭然、金型は先回ご紹介したマッチボックス・コレクティブルと同一の物です。

HW_70_Boss429_02.jpg

HW_70_Boss429_03.jpg
↑真面目なマッチボックスブランドの金型も、ホットホイールのマジックに掛かるとこのような仕上がりに・・・。

過去記事からの転載ですが、ラインナップは当方が知る限りは以下の6車種で、内'66シェルビーGT350と'71プリマスGTXはマテルのホットホイールコレクティブル、その他の車種はマッチボックスのコレクティブルとしてそれぞれ一般的な塗装仕上げで発売された物の仕様変えです。モデルはボディにクロームメッキを施した上からカラークリアを吹いたと思われ、ホットホイールのスペクトラフレーム的なテイストです。パッケージはこれまたマテルがその昔発売していた1/43モデル、ホットホイール・グラントロス風の背の高い紙製の台座と透明プラ製のカバーという体裁で、まあ、それらを知る世代にとっては郷愁を誘う物となっていたと言えましょうか・・・。

●Hot Wheels American Classics (1/43 Scale) 車種リスト
・#1 1970 Chevelle SS454 (MB)
・#2 1971 Cuda 440 (MB)
・#3 1970 Mustang Boss 429 (MB)
・#4 1968 Camaro SS (MB)
・#5 1966 Shelby GT 350 (HW)
・#6 1971 Plymouth GTX (HW)
(カッコ内;MB=元マッチボックス金型、HW=ホットホイール金型)


HW_70_Boss429_04.jpg

HW_70_Boss429_05.jpg
↑429特有のエンジンフードスクープがオミットされているのは残念な点。これはマッチボックス版でフードバルジの無いBoss302を製品化した際に金型改修したからかも知れません・・・。

ただ、当時1/43のアメリカ車と言うのはポピュラーな存在ではありませんでしたし、HW的なノリはリアル志向の強い1/43コレクターの嗜好には合っていなかったように思います。その上このシリーズはかなり高額だったので、(少なくとも日本では)あまり売れなかったようです。最終的にはミニカーショップの店頭でも特売の棚に置かれて投げ売り状態、ネットオークションでもしかりで、何を隠そう当方も定価で買ったモデルは1台もありません。概ね500円~1000円/台の範疇でゲット出来ました(♪)。

HW_70_Boss429_06.jpg
↑アメリカン・クラシックスのパッケージは、往年のホットホイール・グラントロスシリーズのイメージでまとめられているのだと思います(グラントロスのミニカーは、当時マテルの傘下にあったメーベトイ製)

・・・海外のオークション等では日本に入っていないカラーバリエーションも見掛けますが、他の車種が追加発売された気配は見られません。世界的に見てもあまり成功しなかった言う事かも知れませんが、ではこのシリーズに魅力がないかというと、当方はそんな事はないと思います。流用元のキャストはどれも良い雰囲気ですし、独特の仕上げもシリーズを通してみると独特の味わいがあって個人的にはアリだなと思います。このBoss429は何故かエンジンフードのスクープがオミットされているのが残念ですが・・・。

HW_70_Boss429_08.jpg
↑全体がクロームメッキという仕様は他のブランドでも見られますが、たまには同じ金型をベースに、こうしたバリエーションがあっても面白いと思うのですが・・・。
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728 02