1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

行ってきました第91回ワンダーランドマーケット

先回行けるかどうか微妙と言っていた当方ですが、やっぱり気になったので結局行ってきました・・・。

第91回ワンダーランド01

ここの所身の回りがバタバタしていてブログの更新もままならない当方ですが、行かないと後悔しそうな気がして結局出掛ける事にしました(笑)。訪れたワンダーランドマーケットの会場はいつもの通りオークションや実車展示などが行われ、今回も大勢の来場者で賑わっていました。

第91回ワンダーランド02

第91回ワンダーランド03
↑ワンダーランド・オークションには懐かしのシガレットケースも・・・。

懐かしのB級カーチェイスムービーの劇場公開ポスター等々、気になるブツも色々とあったのですが、今回はNEOの’69 FORD XL COUPE(B級品;ドアハンドルとワイパーが1個づつ脱落=ほぼ半額)とホットホイール Cool Classicsの'10シェルビーGT500スーパースネークの2台を捕獲して来ました。

第91回ワンダーランド04

第91回ワンダーランド05
↑今年も実車の展示が行われました。

本日はワンダーランドマーケットからキッドボックスさんの開店34周年アニバーサリーセールへとハシゴ。今月のお小遣いを大いに減らしての帰宅とあいなりました。。。次回のワンダーランドマーケットは夏、7月19日(日)の予定との事。何だかんだ言ってもきっとまた当方は出掛けるでありましょう・・・。

第91回ワンダーランド06
↑当方の今回の捕獲品はコチラ。その後キッドボックスさんの34周年アニバーサリーセールにハシゴしましたが、そちらも含め当方が購入したのは全てフォード車。・・・我ながら何ともはや。。。
スポンサーサイト

日曜日は第91回ワンダーランドマーケット!

さて、今年もいよいよワンダーランドマーケット開催です。

blog_import_546edd32529a3.jpg
↑画像は過去のワンダーランドマーケットで入手したモデルたちです。

日本最大級のアンティークトイ&ホビーのノミの市、2015年初となる第91回ワンダーランドマーケットがいよいよ明日開催されます。ティントーイ,ダイキャスト,プラモデル,キャラクターグッズ,カタログ,書籍・・・大きな会場にこれらのアイテムが一堂に会する様は壮観です。会場オークションなどイベントも例年通り開催予定のようです。

●第91回ワンダーランドマーケット
・日時; 2015年4月26日(日) 10:00~16:00
・場所; 横浜産貿ホール
・入場料; 1,000円
・主催; 横浜元町サンセット さん


blog_import_5470090c6bbfa.jpg
↑画像は過去のワンダーランドマーケットで撮影した出店の様子です。

様々な種類・コンディションのアンティークトーイを実際に見て・触れて、お気に入りの1台を見つけ出すチャンス。今回当方は調査に赴けるか否か微妙な情勢ですが、お時間のある方は出掛けてみてはいかがでしょうか?

クライスラー強化計画!? ~ロシアから来たポリスカー  '73 Dodge Coronet LAPD

このモデルは別の機会にご紹介しようと思っていたのですが、FZIRO様から頂いたコメントに関連して急遽登板です。

DeAGOSTINI_73_CORONET_01.jpg

ダッジコロネットの名称は、'49年にダッジ初の戦後型としてデビューした歴史ある物です。'59年型を最後に1時途絶えていましたが、'65年からインターミディエート(中型車)として復活。今回ご紹介するのは'71年型として登場した世代。'77年型から名称が変更され、先回ご紹介したフルサイズからモナコの名前を受け継ぎますが、翌'78年に生産終了となってしまいました。プリマス版の兄弟車であるサテライトと共に、ポリスカーとして多くの映画やドラマでもお馴染みの存在でありました。そうそう、我々の世代はトミカの外国車シリーズで慣れ親しんだものでしたね・・・。

DeAGOSTINI_73_CORONET_02.jpg

DeAGOSTINI_73_CORONET_03.jpg
↑映画やTVドラマでお馴染みダッジのインターミディエート、コロネットのポリスカー、しかも意外と製品の少ないLAPD(ロサンジェルス市警察)仕様なのが嬉しい1台です。

インターミディエートとはいってもそこは'70年代初頭のお話。全長5..26m(末期モナコでは5.545m)全幅1.975m、全高1.36mと堂々たるサイズを誇り、搭載エンジンもフルサイズと同等の440cu.in(7.2リッター)マグナムエンジンまでが用意されており、ポリス・インターセプターの多くにもマグナム440が搭載されていたであろうことは想像に難くありません。ポリスカーやタクシーのベースとなる4ドアセダンの他、ワゴンボディがありましたが、プリマス版のサテライトにあった2ドアHTはなく、実質的に同時期のチャージャーがそのポジションとなっていました。

DeAGOSTINI_73_CORONET_04.jpg

DeAGOSTINI_73_CORONET_05.jpg
↑このミニカーはディアゴスティーニの分冊百科、しかもロシアで発売されているシリーズからの1台です。とうほうは海外オークションでロシアの出品者様から入手。

さて、今回ご紹介するミニカーは、ディアゴスティーニがロシアで展開している分冊百科系のシリーズの1台で、何とも嬉しい事に映画でもお馴染みのLAPD(ロサンジェルス市警察)仕様です。ミニカー自体はイクソ系の物のようですが、他のシリーズでタクシー仕様が製作されている他、White Boxシリーズでノーマルのセダン仕様が日本でも発売される予定となっています。イクソ系のモデルはプレミアムXを含め比較的安価な価格設定を維持していますが、このように1つの金型を様々な仕様・ブランドで有効活用する事もその秘訣かも知れません。こうした施策はバリエーション、価格の面から見ればコレクターとして歓迎して良い部分ではないかと思います。

DeAGOSTINI_73_CORONET_06.jpg

DeAGOSTINI_73_CORONET_07.jpg
↑ミニカー自体はイクソ系のモデルのようです。他のシリーズでタクシーになっていた他、ノーマルセダン仕様はWhite Boxブランドで日本へも入荷する予定です。

かつてミニカーコレクターの情報源は直接ショップで仕入れるか、専門誌、同好の士からの口コミによるしかありませんでした。インターネットが普及した今日では、かつては知らなかったモデルが存在している事や、それらをネットショッピングで入手する事も出来るようになりましたが、このモデルもeBayでその存在を知った1台。はるばるロシアから届きました。送料を含めてもかなり安価な価格設定でした。少々時間が掛かりましたが無事到着。出品者様は分冊百科の冊子も同梱して下さいましたが、残念ながらロシア語のためサッパリ読めず。。。写真で雰囲気を楽しむのみであります・・・。

DeAGOSTINI_73_CORONET_08.jpg
↑ロシアの出品者様は分冊百科の冊子も送ってくれたのですが・・・残念ながらロシア語で全然読めません。。。写真を眺めて雰囲気を味わうのみです・・・。

クライスラ―強化計画!? ~ブルースモビルのベース車両 MINICHAMPS '74 Dodge Monaco

タイムリーな新製品発売により、ブルースモビルでスタートしたクライスラー強化計画。今回はブルースモビルのベースとなった'74ダッジ・モナコをご紹介したいと思います。

MINICHAMPS_74_Monaco_01.jpg

先回ブルースモビルのご紹介でも触れましたが、モナコはこの世代までが伝統的なフルサイズセダン。先代までは同じフルサイズラインに下級グレードのポラーラがが存在しましたが、’74年型でこのボディに移行した際にモナコ/カスタム/ブルーアムとなり、’75モデルイヤーから上級モデルがローヤル・モナコ、ローヤル・ブルーアムと改称されコンシールド式のヘッドランプでリンカーンなどと似た雰囲気の顔付きになっています。ベーシックなモナコはポリスカー、タクシーなどに活用された事は言うまでもありません。やがて時は流れ、払い下げられたポリスカーの1台がブルースモビルになるのですね(笑)。

MINICHAMPS_74_Monaco_02.jpg

MINICHAMPS_74_Monaco_03.jpg
↑旧き佳きアメリカンフルサイズとしてはダッジ最後の世代となった'74~ダッジモナコ。ブルースモビルとしてポピュラーな存在となった車種ですね。

MINICHAMPS_74_Monaco_04.jpg

MINICHAMPS_74_Monaco_05.jpg
↑大きさが大きさだけに伸びやかなフォルムですが、ボディ後方に向かって下降するボディサイドのプレスラインなど、意外と優雅なスタイリングだったりします。

この世代のモナコ系列は僅か4年間で製造終了し、ダッジ・フルサイズ伝統の名称はひとクラス下のインターミディエートだったコロネットを改称する形で継承されます。その後ダッジは各部の設計を刷新し、1周り小さく近代化された新フルサイズのダッジ・セントレジスをデビューさせますが、こちらも僅か3年で製造が打ち切られクライスラー系はフルサイズセダン不在の時代が長く続く事となるのでした・・・。

MINICHAMPS_74_Monaco_06.jpg

MINICHAMPS_74_Monaco_07.jpg
↑'74ダッジモナコはブルースモビルの”ご利益”もあってか、1/43でも数社が製品化する人気車種ですが、今の所ノーマルな市販セダン版を発売しているのはミニチャンプスだけと思われます。

MINICHAMPS_74_Monaco_08.jpg

MINICHAMPS_74_Monaco_09.jpg
↑ブルーメタリックは単色ボディ、グリーンメタリックの方は黒のバイナルトップと作り分けられているのも嬉しい点です。

アメリカン・フルサイズセダンはひとたび金型を起こせばポリスカーやファイアチーフカー、タクシーとしてバリエーションを作りやすいため、各年代で代表的な車種が製品化されています。そうした中でもこのダッジ・モナコは人気の高い車種で、1/43でもコーギー、ミニチャンプス、オートワールド、グリーンライトから発売されています。内コーギーとグリーンライトがブルースモビルを製品化しているのは先回ご紹介している通り。やっぱりモデル化人気の要因として大きいのではないかと思います。

MINICHAMPS_74_Monaco_10.jpg
↑この2台の他にゴールド/黒バイナルトップも発売されています。当方はブルー単色は比較的安価に入手出来ましたが、最近のミニチャンプスは価格が高めにシフトしているのがツライ所です・・・。

今回ご紹介するのはミニチャンプスの製品。やはりポリスカー、ファイヤーチーフ、タクシー等のバリエーションが展開されていますが、ノーマルのセダンを発売しているのは今の所ミニチャンプスだけです。何だかんだ言ってもやはりプロポーション・フィニッシュ共に安定感のある仕上がりです。先述の通りポリスカー等で製品化される事の多いフルサイズセダン、ノーマル仕様での製品化は意外と少ないので貴重な存在です。ミニチャンプスは或る時期、このモナコや'70チャレンジャー、'68チャージャー、'74フォード・トリノなどアメリカ車を製品化していた時期がありました。その車種選択は色々と劇中車を展開するつもりなのでは?と密かに期待したのですが、残念ながら今の所そのような動きはありません・・・。
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04