FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

クライスラー強化計画!? らしい1台 MATCHBOX '70 Plymouth Road Runner

当ブログ内のGM/フォードに対するクライスラー系車種の記事アップ数不均衡を是正する「クライスラー強化計画」、プリマスのインターミディエート・マッスルをどんどん行ってみたいと思います。

Matchbox_70_Road_Runner_1.jpg

プリマスのインターミディエート、ベルベディア/サテライト系列は'70年型でボディパネルの多くを変更する比較的規模の大きなスタイルチェンジを行いました。基本的なシルエットは大きく変わらないものの、そのボディはより直線的でボクシーなものになったように思います。廉価版マッスルたるロードランナーは、標準エンジンはそれまでと変わらず383cu.in.(6.3L)でしたが、ハイエンドは426cu.in.(7.0L) Hemiから'69年の途中で設定された440(7.2L)シックスパックへとスイッチしました。

Matchbox_70_Road_Runner_3.jpg

Matchbox_70_Road_Runner_4.jpg
↑'70年型では基本的なシルエットはそのままに、ボディ外板を変更してより直線的なスタイリングになりました。この世代も独特のカッコ良さがあると思います。

外観の最も分かりやすい変化点はフロントマスクですが、その独特な形状はボディを全面的に刷新して翌年登場する'71年型のいわゆる”レイバンマスク”の先駆けと見えなくもないですね。エンジンフードのスクープはこの年から開閉するタイプの物になりましたが、その方式も次世代モデルに引き継がれています。この世代としては最終年式にあたりますが、次世代へ橋渡しとして様々な模索が行われていたようにも思えます。

Matchbox_70_Road_Runner_5.jpg

Matchbox_70_Road_Runner_6.jpg
↑ミニカーはマッチボックスのイエスタイヤ―シリーズに含まれるアメリカン・マッスルカーの1台。古い製品ですが、床下廻りやインテリアの作り込み、シャープなホイールとホワイトレターのタイヤ等、なかなか見応えがあります。手に取るとずっしり重い事も魅力です

ミニカーは過去にも色々とご紹介しているマッチボックスのイエスタイヤ―シリーズに含まれるもの。古い製品ですが足回りなど多くの別パーツを使用して立体感豊かに再現されています。ややリアが持ち上がった車両姿勢はストック状態とは言えませんが、モパーマッスルは実車でもこうしたモディファイを受けた個体が多く見られますので、個人的にはらしい演出として好意的に受け止められる物です。

Matchbox_70_Road_Runner_2.jpg

当方はこのモデルを発売当時にリアルタイムで購入しましたが、仕上がりも良かった反面価格も当時の一般的な1/43モデルの倍くらいだったので、買い揃えるにはかなり根性が要りました(笑)。しかし、'70のGTX/ロードランナー系列は今日に至るも他にまっとうな1/43モデルが存在しないので貴重な存在と言えます。チャージャーやチャレンジャーも各社の製品が揃うようになったのは最近になってからの事ですが、ダッジのスーパービーも含め、この辺りのクルマもそろそろ最新製品で見てみたい所です。
スポンサーサイト



1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10