1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

今年はカボチャは・・・品切れです。。。 ~NEO '68 FORD F100

今夜辺り、渋谷は大変な事になっていたのでしょうか・・・・。

Halloween_2016_01.jpg

・・・という事でハロウィンであります。当ブログでは毎年この時期になると、ハロウィーンといえばジャック・オー・ランタン→ジャック・オー・ランタンといえばパンプキン→パンプキンといえばフォードF100・・・という図式から、'50年代のフォードF100をご紹介して来ました。年によっては1/64モデルに登場願ったりしてなんとか凌いで来たものの、とうとうネタが尽きてしまいました。。。1/43のフォードF100はヤトミンやホットホィールなど未入手のモデルがまだまだあるのですが、毎月のようにアメリカ車の新製品が発売されるようになった昨今では、自分の中で優先順位のあまり高くないこれらのモデルには中々予算が廻りません。いっそこの”恒例行事”自体止めてしまおうかとも思ったのですが、結構長く続けているので悩んだ挙句、苦し紛れに後輩モデルに登場願いました(汗)。

NEO_68_F100_01.jpg

NEO_68_F100_02.jpg
↑'67年からの世代のF100は、'50年代とは大きく異なる直線主体のボディデザイン。カボチャというイメージはないですね(汗)。

R_CHAMPS_56_F100_1.jpg

R_CHAMPS_56_F100_2.jpg
↑こちらは2013年のハロウィーンでご紹介したロードチャンプスの'56 F100。シンプル・素朴なモデルですが、それゆえの味わいがあります。存在感はNEOと並べても負けてない・・・かも???

今回トップの画像に登場しているグリーンのパンプキンは、ロードチャンプスの'56年型で2013年のハロウィーン記事にメインで登場させた個体。シンプル&素朴なミニカーですが、実車のキャラクターが良く捉えられていて結構お気に入りだったりします。対する後輩モデルは、NEOの'68年型でぐぐっとスタイリングが変わり、直線的で四角いボディとなっています。・・・まあ、かぼちゃというイメージではありませんが、新旧(旧旧!?)2台の共演というカタチにしましたので今年はこれでご容赦を・・・。今回の2台はコーポレートマークやロゴなどの一切ない個人ユース風のモデルですが、ピックアップトラックが自家用車としてごくフツーに使われているアメリカらしい姿と言えるのではないかと思います。

NEO_68_F100_03.jpg

NEO_68_F100_04.jpg
↑ロングホイールベースにフラットなスタイルサイドのカーゴパネル、スチールホイール+ハーフキャップ、やや尻上がりな車両姿勢など、働くクルマ然とした佇まいが良い雰囲気です。

今回ご紹介するF100は'67モデルイヤーから登場した世代で、先代モデルに対して大型化され、室内居住性や荷室広さが改善されています。この世代までフューエルタンクがキャビン下にあるためガソリン給油口がドアの直後にあります。モデルは米国の法規改正でサイドマーカーランプが設置された'68年型。F100では長い方の3,327mmのホイールベースで、フォードでは”スタイル・サイド”と呼ばれるフラットで実用的なカーゴサイドの姿がこれはこれで好ましい感じです。フルサイズピックアップは車高アップやローダウン、大径のホイール&タイヤでカスタムされた姿もサマになりますが、個人的にはこういうシンプルで実用一点張りな姿に惹かれます。

NEO_68_F100_05.jpg

NEO_68_F100_06.jpg
↑久々に引っ張り出したら、右側のサイドモールが浮いてました。。。この辺りの脆弱な感じが精密モデルの難点ですね・・・。

モデルはNEOのレジン製完成品。同ブランドでは比較的旧い製品かと思います。例によってボディサイドモールやウインドウモール、ワイパー等にエッチングパーツが奢られた精密なモデルです。鈍い赤のボディカラー、ステーの長いドアミラー、ホワイトのスチールキャップにハーフのメッキカバーといったディテールがベーシックな佇まいをみせていて好ましい仕上がりです。ピックアップやSUVは地上高が高いため、普通の目線でもサスペンションやデフなど下回りのパーツが良く見えるので、NEOの製品としては珍しくそれらシャシー関係のパーツが床板にモールドされています。地味な題材ですが手抜かりなく作りこまれた良い製品だと思います。

Halloween_2016_02.jpg

●ハロウィーン記事バックナンバー

Halloween_08.jpg ←2008年のカボチャはコチラ

Halloween_09.jpg ←2009年のカボチャはコチラ

Halloween_10.jpg ←2010年のカボチャはコチラ

Halloween_11.jpg ←2011年のカボチャはコチラ

Halloween_12.jpg ←2012年のカボチャはコチラ

Halloween_13.jpg ←2013年のカボチャはコチラ

Halloween_14.jpg ←2014年のカボチャはコチラ

Halloween_15.jpg ←2015年のカボチャはコチラ
スポンサーサイト

11月6日(日)はホビーフォーラム2016です。

HF2016_1.jpg
↑ここ数年は撮影をサボっているので古い画像で失礼します。雰囲気が伝われば・・・会場は大桟橋ホールで、非日常的な雰囲気が味わえる空間です。

・・・人間、歳をとると月日の経つのが本当に、いやと言うほど早くなります。。。今年もあっという間に10月の後半、2週間後の11月6日(日)は大桟橋ホールでホビーフォーラム2016が開催されます。モデルカークラブの作品展示、メーカーの製品展示、ショップさんを中心とした物品販売、会場限定品販売、オークション等々が複合したクルマ模型の一大イベントです。11月ホビーフォーラム、12月ワンダーランドマーケットと、神奈川県内でモデルカー関連のイベントが目白押し。今から楽しみですが、懐具合が甚だ心もとないです。。。

HF2016_4.jpg

●ホビーフォーラム2016
公式サイトはコチラ

開催: 日時2016年11月6日(日) AM10:00~PM4:30

場所: 横浜港大さん橋国際客船ターミナル内 大さん橋ホール
    〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
    アクセス情報はコチラ

入場料: 一般入場無料

開催概要:
・モデルクラブ作品展示
・メーカー、ショップ、個人による物品販売+一部製品展示
・会場オークション
・会場限定商品販売

                                    ・・・etc.

HF2016_2.jpg
↑作品展示はクルマ、バイク、建機など車輪のある乗り物中心なので、様々なジャンルの集う静岡ホビーショーとはまた一味違う密度の濃さが感じられます。作者の方に製作の苦労話やノウハウなどを伺うのも楽しいです。

会場は横浜港大さん橋国際客船ターミナル内の大桟橋ホール。ユニークな設計で非日常的な空間となっています。ここを訪れるだけでも楽しいのですが・・・開始時間の直後はデパートのバーゲン会場の様相を呈していて、そんな事を気にしている余裕はないのですよね(笑)。この会場を借り上げ、入場無料で開催下さっている関係者の皆様には本当に感謝です。

HF2016_3.jpg
↑物品販売は新しい物・旧い物、高い物・お値打ちな物と様々・・・こちらも楽しいです。(スタート時は必死/笑)

スクリーンを駆け抜けたクルマ達 ここまで来たら最新版も・・・ ~TAKARA TOMY FAB-1

先回、スクリーンを駆け抜けたクルマ達の番外編として'65~オリジナル版のサンダーバードからFAB1(ファブワン)=ペネロープ号をご紹介しました。ここまで来たら最新版もご紹介して、トイカーで歴代FAB1をコンプリートしたいと思います。

TAKARA_TOMY_FAB1_01.jpg

日本でもつい先頃1stシーズンの最終回が放送されましたが、オリジナルの50周年にあたる2015年、「サンダーバード」が復活しました。新版はCGと模型特撮のハイブリッドで製作され、オリジナルでは難しかった登場人物の敏捷な動きが、コレでもかってくらいに描写されています(笑)。放送前にネット上でメカデザイン等を見た時点では、(2004年の悪夢もあって/笑)正直大きな期待はしていませんでしたが、その後始まった放送を観るとこれが意外と面白い。登場人物の人格が全体的に軽めだな~とか、フッドとの対立の方が大きな比重を占めているストーリー展開、モジュール設計のため救助メカのデザインが没個性的だななど突込みどころもありましたが、オリジナルに対するリスペクトやオマージュがそこここに感じられ、それを見つけ出すのも結構楽しかったりします。

TAKARA_TOMY_FAB1_02.jpg

TAKARA_TOMY_FAB1_03.jpg
↑最新版のFAB1はオリジナルのイメージを生かしながら上手くリファインさせたイメージ。2代目で感じたような違和感は少ないです。

個人的な感想ですが、中でも22話はオリジナルに対するリスペクトを最も色濃くにじませているのではないかと思います。ストーリーは寝ているところを叩き起されたアランが、緊急事態でスコットと共に1号で出動するのですが・・・連れて行かれた先はペネロープの邸宅で、パーカーから自動車の運転の手ほどきを受ける事になります。そこへペネロープの大叔母が来訪し、更に2人組の押し込み強盗が絡んで大騒動に・・・という物でした。ここでアランの”教習車”としてFAB0(ファブゼロ)なるものが登場するのですが・・・それはFAB1以前に使用されていたクルマという設定で、外観はほぼ完全にオリジナル版のFAB1=我々のよく知るペネロープ号そのものでした。劇中ではこのFAB0と新鋭FAB1のちょっとお間抜けなカーチェイスや空中戦を演じます。更には大叔母の訪問目的である特殊装置”TEA”も、オリジナルサンダーバードを知る者にとってはニヤリとさせられる外観でありました。

TAKARA_TOMY_FAB1_04.jpg

TAKARA_TOMY_FAB1_05.jpg
オリジナル版とは異なり、RRエンブレムやスピリット・オブ・エクスタシーのオーナメントはありませんが、特徴的な5角形のラジエターグリルにはロールスロイスの風格と格調が漂います。・・・ひょっとしたらケンワースかも知れませんが(笑)。

ここでペネロープの元を訪ねて来る大叔母様のファーストネームはシルビア。サンダーバードファンの方ならピンと来ると思いますが、この名は(元)夫であるジェリー・アンダーソン氏と共同でオリジナルのサンダーバードシリーズを製作し、本国版でレディ・ペネロープの声優をも担当したシルビア・アンダーソンその人から来ています。そしてこの新版の英語音声ではシルビア大叔母の声も彼女が担当しているのです。元々この新シリーズの英語版では、唯一パーカーだけがオリジナルと同じデビット・グラハム氏が声優を担当しており、役柄は違えど50年の時を経て2人の共演が実現しました。ファンとしてはそれだけでも感動モノなのに、日本語版の吹き替えはオリジナル版でペネロープを演じた黒柳徹子さんが担当するという粋な計らい。こちらもオリジナル版から日本での放送を手掛けた東北新社・NHKならではと言えるのではないでしょうか。尚、大変残念な事に今年3月にシルビア・アンダーソンさんが他界されたとの事です。謹んでご冥福をお祈り致します。

TAKARA_TOMY_FAB1_06.jpg

TAKARA_TOMY_FAB1_07.jpg
↑基本的なフォルムなどは悪くないと思うのですが、エンジンフードやトランク部に樹脂のヒケが目立つのと、ピンク色の部分の無塗装樹脂特有の光の透ける感じがちょっぴり残念。やっぱり無塗装は厳しいかも知れませんね。

さて、新版のサンダーバードで活躍するFAB1は、オリジナル版のデザインを上手く昇華させたデザインで、フォルムを大きく変更し、車種まで明確に変わってしまった実写版に比べると納得しやすいカタチをしています。前2軸の6輪タイヤ、グラスキャノピーやピラーの形状、前傾したラジエターグリルとなだらかにスロープするリアエンドなどはオリジナルの文法を忠実にトレースしています。機能面ではオリジナル版に対し飛行能力と水中航行能力が追加され、よりスーパーなクルマとなっています。そのボディにはRRのエンブレムやスピリット・オブ・エクスタシーのオーナメントはありませんが、5角形にタテ格子の特徴的なラジエターグリルはいやでもロールスロイスを想起させます。(アメリカ車好きとしてはケンワースの可能性も捨て切れませんが・・・/笑)

TAKARA_TOMY_FAB1_10.jpg
↑奥が前回ご紹介したAMIEの1/43オリジナルFAB1、手前がタカラトミーの最新版FAB1モデルの成り立ちや仕上がり、価格は全く異なりますが、大きさはほぼ同じです。(画像の加減で手前のモデルが大きく見えますが実際はほぼ同じ大きさ)

モデルはタカラトミーのサウンドビークルシリーズとして1~4号と共に販売されている物。キャノピー部分を押すと翼が飛び出して簡易ながら飛行形態になる他、トランクリッドを押すごとにエンジン音が鳴ったり、ペネロープやパーカーが喋ったりします。探して買えば1000円でお釣りが来るぐらいのトイカーながら、中々面白い製品だと思います。今回ネットで実車(?)の寸法を調べようとしたのですが見つけられず・・・なので正確な縮尺は良く分かりませんが、並べてみると先回ご紹介したAMIEの1/43オリジナルFAB1とほぼ同じ。中々嬉しいサイズと言えそうです。

TAKARA_TOMY_FAB1_08.jpg

TAKARA_TOMY_FAB1_09.jpg
↑キャノピーの部分を押すと翼が飛び出し、簡易ながら飛行形態に変形します。実際はもっといろんな部分が動きますが・・・。

・・・と頑張っている新FAB1のトイカーですが、どうせ喋るなら車内にはペネロープとパーカーが乗っていてくれたほうが嬉しいですね。さらに樹脂製のエンジンフードやトランクリッド部分はシルバーで塗装してあるものの、裏面の補強部分がヒケてしまっているのは興醒めです。当方は職業柄樹脂成型には多少の知識があるのですが、こうしたヒケは樹脂材料の選定や成型条件の調整、金型の設計で多少なりとも改善が出来る筈。コストの面で厳しい制約もあるのでしょうが、もう少し頑張ってくれれば製品がより魅力的になりそうだなと思います。・・・ともあれ、最後は我らがペネロープ号=FAB1の3世代そろい踏みで番外編を締めくくりたいと思います。

TAKARA_TOMY_FAB1_11.jpg

やっぱりご本家もね・・・ スクリーン駆け抜けたクルマ達(番外編)~2065? FAB1 From Thanderbirds

先回、実写版サンダーバードのFAB-1をご紹介したのですが・・・そうなるとやっぱりご本家を紹介しておかないと(笑)。という事で今回は、アメリカ車ではないのでスクリーンを駆け抜けたクルマ達の番外編としてお送りしたいと思います。

AMIE_FAB1_01.jpg

先回も記しましたが、昭和41年製の当方は子供の頃に民放の再放送で”国際救助隊サンダーバード”を観、アオシマのプラモデルを組み立てて遊んで育った世代。そのインパクトは強烈に心に刻みつけられ、人格形成にも多大な影響を受けているのではないかと思います(笑)。特殊装備を駆使して世界中で発生する災害から人々を救うというコンセプトは、カッコ良いメカデザインや重量感満点のリアルな特撮、バリー・グレイの勇壮なサウンド・トラックと共に脳裏に焼き付いています。そしてその劇中、サンダーバード1号~5号や救助メカに劣らぬ大活躍を見せたのがスーパー・ロールスロイス、FAB1でありました。

AMIE_FAB1_03.jpg

AMIE_FAB1_04.jpg
↑歴代FAB1の中では唯一ロールスロイス社の承認を得ているオリジナル版。パルテノン神殿を模したと言われる独特な5角形のラジエターグリルの上には、スピリット・オブ・エクスタシーのオーナメントが鎮座しています。撮影用のプロップには実際にロールスロイス社が監修した物もあったと、何処かで読んだような気がします・・・。(不確かな記憶)

FAB1は諜報活動を主な任務とする国際救助隊ロンドン支部のエージェント、レディ・ペネロープ・クレイトン-ワードの愛車であり、諜報活動のための特殊装備として前後マシンガンや、追跡車撃退用の煙幕、オイル散布装置などボンドカー顔負けの装備を誇ります。水中翼を展開しての水上航行や雪上走行もこなすスーパーマシンで、劇中何度もパーカーとペネロープを危機から救いました。ロールスロイス製の特別車で前2軸、後1軸の6輪を持ち、全長6.4m、全幅2.44mと、往年のフルサイズ・アメリカ車も真っ青の大型車であります。前傾したラジエターグリルやホイールアーチ、グラスキャノピーとなだらかに下降するトランクリッドはスピード感に溢れつつも優雅さを兼ね備え、ロールスロイスの名に恥じない優れたデザインだと思います。

AMIE_FAB1_05.jpg

AMIE_FAB1_06.jpg
↑モデルはボディがダイキャスト製、キャノピーはしっかりしたインジェクション成型の物が使われています。レジン完成品のシャープさも良いのですが、こういう構成の方が見ていても手に取っても安心感があります。

モデルは国際貿易がAMIEブランドで展開している劇中車シリーズの1台。ずっとレジン製完成品と思っていたのですが、ダイキャスト製なのですね。当方が紹介している1/43の他、1/18のラージモデルも存在します。(こちらはおそらくレジン製)精密かつ美しい仕上がりで、やや黄色味に振れた上品なピンク色のボディカラーや、ふんだんに使われたクロームのパーツ類、運転席がセンターに配置された独特のコックピット、白いパイピングの施されたレザーシートなどの内装に至るまで忠実に再現されています。1/43のFAB1といえば数々のギミックを備えたディンキー製の名作ダイキャストモデルが有名ですが、プロポーション良好で美しい仕上がりのこのモデルも傑作と言って良いのではないかと思います。・・・ただ、唯一残念なのは、車両自体は素晴らしいのですが、乗車しているパーカーとペネロープ嬢が、「誰?」ってくらい似ていない事でしょうか。。。

AMIE_FAB1_07.jpg
↑フォード好きの当方が言うのもなんですが、やっぱりペネロープ嬢にはロールスロイスこそふさわしいです。ピンクのボディカラーにしても、オリジナルは落ち着きと気品に満ち溢れていますね。

さて、このスーパー・ロールスロイスの名称である”FAB”の意味は、ペネロープ嬢がかつて所属していた諜報組織=Federal Agent Bureauの略だとも、”素晴らしい”や”いかしてる”を意味する”Fabulous”の短縮版だとも言われています。(本国版の無線通信で「了解」といった意味合いで使われる”FAB”はFully Acknowledged Broadcastの略という説も・・・)彼女が所有する乗り物としては他に大型クルーザーのFAB2があり、現在NHKで放送されているリブート版の22話にはFAB0なる物も登場するのですが・・・。このFAB0については次回詳しく記したいと思います(番外編はまだ続くのか!?)

AMIE_FAB1_02.jpg
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10