1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

NACORAL CHIQUI CARS もう1台のアメリカ車 '64 FORD GT

当方が入手したナコラル・チキカーズのもう1台のアメリカ車をご紹介します。

NACORAL_FORD_GT_01.jpg

先回、ナコラル・チキカーズのマスタングを再度ご紹介した際に、同シリーズにはもう1台アメリカ車がラインナップされている記したのですが、そのもう1台とは・・・同じフォードのレーシングカー、フォードGTであります。フォードGT(GT40)はルマン24時間レース等で大暴れした事もあり、リアルタイムに近い60年代にも1/43ミニカーで多くのブランドが製品化しています。思いつくだけでもディンキー(FORD GTとFORD 40RVの2種類)、ソリド、メーべ、ピレン(メーべ金型)、ガムダクールなどなど・・・これらに伍してスペインのナコラルもプラ製1/43モデル”CHIQUI CARS”シリーズでフォードGTを発売していたのでした。

NACORAL_FORD_GT_02.jpg

NACORAL_FORD_GT_03.jpg
↑このモデルは旧いプラ製品の悲しさで、ホイールに盛大な溶けが発生していました。そのままにしておくべきか悩みましたが、見栄えの良い物でもないので、えいままよとばかり解けてはみ出た部分をカッターナイフで切除しました。ベターなコンディションにはなりましたがもちろん完璧ではありません。同じような事を試される方は自己責任でお願い致します。

ナコラル・チキカーズ(?発音よく分からず)でモデル化されたのは、ルマンで優勝したマークⅡ、マークⅣ、晩年のマークⅠ等ではなくかなり初期のタイプのようです。'64年ルマンに初出場した姿とはフロントカウルの形状が大きく異なり、どちらかというとフロントカウルの形状は最初期のプロトタイプに近く、一方リアカウルはダックテール状のスポイラーが付加された姿となっています。カラーリングも何処かのレースに出場した仕様の再現という事ではなく、雰囲気重視のオリジナルデザインのようです。ストライプの色違い(青)や赤いボディのバリエーションも存在するようです。

NACORAL_FORD_GT_04.jpg

NACORAL_FORD_GT_05.jpg

NACORAL_FORD_GT_006.jpg
↑初期タイプのフロントカウル+ダックテールのリアカウルという姿はソリド製のモデルと同様でプロポーション等もどことなく似ています。ですが、別パーツのヘッドランプや開閉する運転席ドアはナコラルオリジナルの特徴です。

実はこの最初期風のフロントカウル+ダックテールのリアカウルという組み合わせはソリドの製品と同じ構成であり、ナコラルのモデルのプロポーションはどことなくソリドに似ていなくもない?感じもするのですが、ソリド製モデルがヘッドランプをデカールで表現するという大胆な手法を採っているのに対し、ナコラルはメッキした別パーツが嵌め込まれています。また、リアカウルが開閉してミッドに積まれたエンジンを拝めるのはソリド/ナコラル共通ですが、更にナコラルは何故かドライバー側だけドアが開くという芸当が追加されています。・・・ドア開閉はウエストラインから下だけで、ルーフに切れ込んだ独特の部位はボディ側に残ったままなのはご愛嬌ですが(笑)。

NACORAL_FORD_GT_007.jpg
↑入手した時点ではホイールに重症の溶けが発生し、左フロントは箱の内側に張り付いてしまっていました・・・。

このナコラルのフォードGT、前回のマスタングと同様に海外ネットオクで入手したのですが、ラインアップをイラストで紹介するミニカタログが同封された箱付きではありましたが、このシリーズの欠点であるホイールの溶けが盛大に発生していました。左前輪に至っては、溶けたホイールが紙箱の内側に張り付いてしまっているという有様。更に溶けたホイールはシャシーの内側にも張り付き、板バネによるサスペンション機構が死んでいました。マスタング同様に一度分解し、張り付いたタイヤとシャシーの間に細いマイナスドライバーをねじ込んで引き剥がし、イチかバチかホイールの解けた部分をカッターナイフで切除しました。・・・まあ溶けてはみ出した状態よりはまともなみばえになったかと・・・。この方法は必ずしも上手く行くとは限らないのでオススメはしません。試そうという方は自己責任にてお願い致します。旧いミニカーをオリジナルコンディションで維持するか、レストアをするか・・・悩ましい所であります・・・。

NACORAL_FORD_GT_008.jpg
↑ナコラル・チキカーズシリーズの2台のフォードの揃い踏み。なかなか良い眺めです。マスタングはややベージュがかった白、フォードGTはややグレーがかった白のボディです。

NACORAL_FORD_GT_09.jpg
↑マスタングとフォードGTで箱の大きさが異なります。車種に合わせて箱のサイズを調整していたのでしょうか?

    NACORAL_FORD_GT_10.jpg
↑フォードGTの箱にはミニカタログが同梱されていました。表と裏を別々にスキャンして1枚の画像にしました。実際は縦長の紙に1列にラインナップのイラストが並びます。フィット系の車種がセアトになっている辺りにお国柄が感じられます。
スポンサーサイト

ユニコーン捕獲への道 ~ Nacoral Chiqui Cars Ford Mustang 再び

いつまでもお正月気分ではいられないので、新しい記事をアップしておきましょう・・・。過去記事と共通の画像が多いのはご容赦下さいませ。。。

Chiqui_Cars_Mustang_13.jpg

昨年末にご紹介した当方のユニコーン(熱望していながら中々手に入らないミニカー)、ナコラル・チキカーズシリーズのフォードマスタング。海外のネットオクで入手したとお伝えしましたが、その道のりは平坦なものではなく、赤の個体、白の個体それぞれに異なる苦労がありました。長年想い続けようやく入手出来たモデル。苦労しただけにその喜びもひとしおでした。既にご紹介済みの2台ですが、今日はそのあたりを記してみたいと思います。

Chiqui_Cars_Mustang_07.jpg

Chiqui_Cars_Mustang_05.jpg

Chiqui_Cars_Mustang_06.jpg
↑赤い個体は旧い樹脂製モデルとしては上々のコンディション。・・・ですが、海外オクで当初は日本には発送してくれない設定でした。何度か出品者様に連絡を取り、譲って頂きました。

先ずは赤い方の個体。こちらは箱付きの美品でホイールに若干の溶けが生じている以外は中々のコンディションでした。即決出品で価格はそれなりに高かったのですが、出回る事自体が非常に珍しく購入を決意したのですが・・・そのシッピング先はEU圏オンリー。つまり日本には発送してくれない設定だったのです。こうなったら送料が高くなっても日本の代行サイトを利用しようかとも考えたのですが・・・残念ながらそちらでフォローされるのはアメリカ・イギリス・ドイツからの出品で、フランスから出品されていたこのモデルは検索しても現れず・・・。しかたなく海外オクの方で出品者様に直接交渉すること数回。こちらの熱意が通じなんとか譲って頂く事に成功したのです。柔軟な対応をして下さった出品者様には本当に感謝です。

Chiqui_Cars_Mustang_14.jpg

Chiqui_Cars_Mustang_15.jpg
↑白い個体は当初から日本へも発送してくれる設定でしたが、即決ではない出品。多少競り合った上で何とか落札。届いた時点ではこのようなコンディションでした。

Chiqui_Cars_Mustang_10.jpg

Chiqui_Cars_Mustang_11.jpg
↑コチラが整備後の状態。ミントとは言えませんがそこそこ見られるようなったかなと思います。汚れていましたが、クリアパーツにひび割れがなく、ホイールの溶けも奇跡と言ってよいくらい発生していないのが購入の決め手でした。

続いて白い方の個体。こちらはアメリカからの出品で日本にも発送してくれる設定だったのですが、出品時のコンディションは余り良いとは言えない物でした。こちらは即決ではなくオークションだったので若干の応札があったのですが、前述のようにコンディションが良くなかったため安価に落札する事が出来ました。・・・しかし届いたモデルのボディは汚れ、ストライプのステッカーはかすれて端の部分が剥がれて丸まってしまっていました。また右側のドアはボディの内側に入り込んでいました。先ずはモデルをそっと分解し、台所用の中性洗剤をたらした水&ティッシュペーパーで各部を徹底的にクリーンナップ。クリアパーツをコンパウンドで磨き、陥没していたドアを直し、残念ながら剥がれて丸まってしまった部分のストライプは切除しました。そして組みなおしたのがご覧の状態。ミントとは言えませんが、そこそこのコンディションにはなったかなと思います。

Chiqui_Cars_Mustang_01.jpg
↑旧いモデルはお金を積んだだけでは買えません。それゆえ入手出来た時の喜びもまた格別。精密ではありませんがマスタングらしさはしっかり捉えられています。時代の空気と共に楽しむべき物だと思います。

と、それぞれ異なる苦労の末に捕獲した2台のマスタング=2頭のユニコーン。無事手元に届いた時には本当に嬉しかった・・・。どの位嬉しかったかと言うと、その後しばらくは枕元のチェストに2台を置いて寝たくらい(笑)。50を過ぎたオッサンが何をやっているのかと呆れられそうですが、嬉しかったんだから仕方がない。日本では殆ど知名度のないモデルですが、当方にとっては本当に宝物です。・・・で、このナコラル・チキカーズにはもう一台アメリカ車がラインナップされていました。それが何かは・・・実はそちらのモデルも捕獲済みなので次回続けてご紹介したいと思います。

酉年はじめは・・・迷ってこっち! NEO '73 & Yat Ming '79 Pontiac Firebird Trans-Am,

お正月も三が日を過ぎたので、ゆるゆると2017年の1/43cu.in.をスタートしたいと思います。

2017酉_01
↑ポンティアックの火の鳥と、最近我が家でプチブームになっているポインコ兄弟で酉年気分を盛り上げてみました(笑)。

遅まきながら新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


午年(うまどし)の2014年から、新年最初の記事は干支にちなんだ車をご紹介している当ブログ。酉年(とりどし)の今年、鳥絡みのアメリカ車といえば真っ先に思い浮かぶのがポンティアックのファイアバード、そしてフォード好きの当方としてはサンダーバードも捨てがたい・・・ちょっと捻るならプリマスのスーパーバードと言う手もあるし・・・更に捻ればポンティアック・サンバードとか、クライスラーのイーグルとか(・・・ミニカーがない。。。)、鳥に因むアメリカ車は色々とあります。どれにするか迷いましたが、う~ん、ここはやっぱり一番分かりやすいクルマで行こうと思います。

NEO_73_TRANS_AM_01.jpg

NEO_73_TRANS_AM_02.jpg

NEO_73_TRANS_AM_03.jpg

NEO_73_TRANS_AM_04.jpg
↑NEOにしては珍しい、メジャー車種のメジャーグレードでの製品化(笑)。レジン完成品の美しいモデルです。

・・・と言う事でファイアバード、それもエンジンフードに大きく翼を広げたグラフィックが描かれたモデル2台をチョイス。1台目はNEOの'73年型、長寿を誇った2世代目ファイアバードの初期のボディであります。大雑把に言うと'70年のデビューから'73年までがこのボディ。'74年からはノーズがスラントして・・・(以下略)。ネオにしては珍しく、ド直球・ド定番なチョイスでのモデル化でした(笑)。プロポーション・ディテール共に上々で迫力満点の2代目初期のイメージを捉えています。この年代のファイアバードは1/43でのモデル化が意外と少ないので貴重な存在です。当方が入手したホワイトの他、オレンジ色のバリエーションもあってこちらも中々カッコ良いです。

YatMing_73_TRANS_AM_01.jpg

YatMing_73_TRANS_AM_02.jpg

YatMing_73_TRANS_AM_03.jpg

YatMing_73_TRANS_AM_04.jpg
↑ヤトミンの'79年型は安価な事もあってディテール&フィニッシュに多くは望めませんが、プロポーションはまずまず。この年式を1/43で製品化してくれたことに感謝です。今回ご紹介のシルバーは10周年記念限定車仕様。

2台目はヤトミンの'79年型トランザム、こちらは一転して2世代目ファイアバードでは最終型にあたるスタイルです。'79~'81年型がこのボディで、翌'82型で3世代目にバトンタッチしました。この辺りの年代も1/43では余りモデル化されていないので貴重な存在。前述のネオからするとかなりお手頃な価格設定のため、ディテール&フィニッシュはまあそれなりですが、プロポーションは良い感じではないかなと思います。今回ご紹介したシルバーはファイアバードの10周年記念限定車仕様です。他にブラックやマットブラックのバリエーションがあり、将来的にはゴールドやホワイトが追加になるかも?グリーンライトから映画”キル・ビル2(原題:Kill Bill Vol.2)”仕様が発売されており、当方未入手のため未確認ですが”60セカンズ”のエレノアの経験からするとYat-MingのOEMの可能性があります。

2017酉_02
↑有名なエンジンフードの火の鳥グラフィックも時代と共に変化している事が分かります。

2017酉_03
↑ポインコ弟とポインコ兄のノベルティストラップ。当家はdocomoユーザーではないのでネットオクで入手。。。



・・・鳥絡みのアメリカ車の中でも、ポンティアック・ファイアバードとフォード・サンダーバードは1/43でも比較的各年式が揃いやすい車種なので、今年の内に特集を組んでご紹介したいなと思っています。・・・と、なんとなく干支がらみ年初めを恒例化してしまったものの、該当する車種がない干支の年をどうするかはまだ全然考えていないのでした・・・。

申2016_S ←申年初めはコチラ

羊2015_S ←未年初めはコチラ

午2014_S ←午年初めはコチラ
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01