FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

酉年納めはサンダーバード! 2017年入手品 ベストモデル ~NEO '70 Ford Thunderbird Two-Door Landau

さて、2017年も本当にあと僅かとなりました。

NEO_70_THUNDERBIRD_01.jpg

先回から続けてお送りする2017年入手品私的ベスト3モデル、今回はいよいよ第1位の発表です。・・・今年のベストモデルは酉年にふさわしく、'70年型フォード・サンダーバード 2ドア・ランドーに決定!!いやいや、長い歴史と数多くのモデルを誇るサンダーバードの中でも、当方が最も好きなのがこの70年型なのであります。1/43スケールでは永らくモデル化に恵まれず、プレミアムXの予定品になったりしながらいつしか立ち消えになったりしていたのですが、嬉しい事にNEOからレジン完成品での発売となりました。

NEO_70_THUNDERBIRD_03.jpg

NEO_70_THUNDERBIRD_04.jpg
↑いや~、歴代サンダーバードの中でも最も好きなのがこの'70年~'71年のモデル。遂に1/43で製品化!!ホントに嬉しいです。ネオさん有難うございます。

元々'55モデルイヤーに2シーターのコンパクトなスポーツカーとして誕生したサンダーバード。年を追うごとに大型化・高級化し、特にマスタングの誕生以降は高級パーソナルカー路線へと大きく舵を切る事になります。'67モデルイヤーに登場した5世代目ではラインナップに4ドアモデルも加わる事となり、その後期型として'70モデルイヤーに大幅なデザイン変更を受けたのが今回ご紹介する世代です。全長が優に5mを超える大型の2ドアパーソナルクーペ、中央部が大きく突き出たダイナミックな造形のエンジンフードやラジエターグリルは同時期のポンティアックを彷彿とさせますが、この時期ヘンリーフォードⅡ世がGMから引き抜いたバンキーことシーモン・E・ヌードセンが社長の地位に就いていた事も関係しているのかも知れません。

NEO_70_THUNDERBIRD_05.jpg

NEO_70_THUNDERBIRD_06.jpg
↑ボディのプロポーションやカラーのチョイス、美しいモデルで幸せです(笑)。NEOにしては珍しく、エッチングパーツが殆ど使われていませんが、しっとりと落ち着いた仕上がりになっているように思います。

モデルは前述の通りNEOのレジン製完成品。暗めのレッドメタリックにブラックのバイナルトップがこの時代の高級パーソナルカーらしさを盛り上げていて嬉しくなってしまいます。低く長く幅広いというこの時代のアメリカ車に付き物のフレーズがぴったり来るプロポーション、ダイナミックなボディラインをしっかり捉えています。NEOにしては珍しく、エッチングパーツは殆ど使われていませんが、却ってしっとりと落ち着いた上品な仕上がりとなっているようにも思います。すっかり高価になってしまったNEOですが、大好きな車種ゆえ、カラーバリエーションが増えたら欲しくなってしまうに違いありません・・・。

NEO_70_THUNDERBIRD_02.jpg

・・・という事で2017年入手品私的ベスト3、今回は1位と3位にNEO製品がランクイン。やはり車種や年式が当方のツボにはまったのが勝因かと思います。ホントはこのモデルを入手出来たので、酉年の内にサンダーバードの特集を組みたいと思っていたのですが・・・更新ペースがガタ落ちになった結果、ファイアバード特集で力尽きてしまった2017年でありました。まあ干支には関係なく来年の内にも特集を組めたらと思います。・・・という事で、2017年の更新は今回にて終了です。今年は色々な事がありましたし、反省すべき点も多々ありますが、ひとまずブログ開設10周年も迎えることが出来ました。当ブログを訪れて下さった皆様、本当に有難うございました。どうか良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト



クリスマス恒例 2017年入手品 私的ベスト3モデル 前編

当ブログのクリスマス恒例ネタ、今年も行きます。前編は3位と2位のモデルをご紹介。

2017_Christmas_01.jpg

ミニカーの世界にはクリスマスに因んだ製品が多々あり、当方も過去にそうしたモデルをご紹介した事があります。・・・ですがミニカーの価格も高騰している昨今、ブログのネタのためにそれらを購入する事はままならないし、そもそもの当ブログの趣旨とも合いません。なので数年前から、その年に入手したモデルの中から完全なる個人的主観で選ぶベストモデルをご紹介するようになりました。今年も同じパターンで行ってみたいと思います。前編の今回は3位と2位の発表です。

●第3位 NEO '70 PONTIAC GTO THE JUDGE

NEO_70_GTO_01.jpg

NEO_70_GTO_02.jpg
↑車種選定、プロポーション、フィニッシュ、全てにネオらしい良さが出ています。ウインドウ周りの品質も比較的安定しているように思います。

第3位はネオの'70ポンティアックGTO”ザ・ジャッジ”です。チョイスした車種の年式やトリムレベル、プロポーション&フィニッシュ共に素晴らしいと思います。アイボリーホワイトのボディカラーやストライプも実車の雰囲気を盛り上げていて非常に見応えのあるモデルです。ネオの製品も車種によってはプロポーションが微妙だったりしますが、このモデルは文句なし。難点は以前に比べて価格が高額になってしまった事。絞りに絞った車種しか買えなくなってしまいました。。。

●第2位 SOLIDO DE TOMASO MANGUSTA

Solido_Mangusta_01.jpg

Solido_Mangusta_02.jpg

Solido_Mangusta_03.jpg
↑かっちりとしたシャープなライン、優美かつセクシーな曲面、そして破綻のない各部開閉機構。往年のソリドらしい名作と思います。入手出来て良かった!!

第2位は往年のソリド製の名作、アメリカ系イタリアン、デ・トマソ マングスタです。このモデルは以前からずっと入手したいと思っていたのですが、ようやく念願が叶いました。美しい塗装や造りこまれたディテールも大切ですが、個人的にはミニカーの本質はそこではないと気付かせてくれる逸品だと思います。かっちりとしたシャープなラインとセクシーな曲面はミニチャンプス以上かも・・・。また旧い製品でありながら、エンジンカウルやドア開閉を破綻なくまとめている点も素晴らしいです。シャシーが分離できるコーギー製など、マングスタの1/43は傑作が多いです。

2017_Christmas_02.jpg


↑クリスマスの美しき名曲、”Have Yourself A Merry Little Christmas、今年はサム・スミスバージョンでどうぞ・・・。

・・・という事で2017年入手品 私的ベスト3モデル 前編、3位はネオのポンティアックGTO”ザ・ジャッジ”、2位はソリド製デ・トマソ マングスタに決定。ちなみに当ブログの画像ではマングスタの表記をイタリア語の”Mangusta”としましたが、ミニカーの表記はフランス語の”Mangouste”です。英語だと”Mongoose”=マングースとなりますが、流石にこれはピンと来ませんね・・・。と、言う事で次回は今年最後の更新、輝ける(!?)2017年入手品 私的ベストワンの発表です。

日曜日は今年最後のワンダーランドマーケット

クリスマスが近づいてくると、あのイベントの季節です・・・。

ワンダーランド170730_07
↑前回夏の当方の捕獲品。今回は何が見つけられるかな!?

明日は2017年最後となる第99回ワンダーランドマーケットが開催されます。日本最大規模のアンティークトイのノミの市、ティントーイ、ダイキャスト、プラキット、キャラクター・トイ、各種カタログ・書籍等々・・・旧い物、新しい物が広い会場に並ぶ様は壮観です。

●第99回ワンダーランドマーケット
・日時; 2017年12月17日(日) 10:00~16:00 (一部早目に撤収される出店者さんもいます)
・場所; 横浜産貿ホール
・入場料; 1,000円
・主催; 横浜元町サンセット さん


ワンダーランド170730_06
↑開場では数台の実車展示も行われます。今回はどんなクルマが展示されるのか・・・。

ワンダーランド170730_02
↑プラレールのジオラマも、何気に毎回用意されています。

新製品はもちろん、絶版品がこれだけ揃う機会はそうそうありません。お時間のある方は訪れてみてはいかがでしょうか・・・。

10年

色々あってご報告が遅くなりました・・・。

10th_ANNIVERSARY_01.jpg
↑当方が最も好きなアメリカ車マスタング。10年どころか50年以上に亘り、FRスペシャリティカーという基本からブレる事無く、1年と欠かさず連綿と造り続けられています。偉大です。

先月11月11日、2007年の立ち上げから丸10年が経過し、当ブログも11年目に入りました。毎年何周年というような記事をアップして来ましたが、10年というのは本当の意味で一区切りかなと思います。10年の間には悲喜交々色々な事がありました。先頃はブログを相互リンクさせて頂いていた方が他界されるという悲しい出来事があったばかり・・・。

10th_02.jpg
↑当方はもちろん他のスケールのモデルも好きですが、1/43に拘るのは程々の統一スケールの中で様々な車種の大きさの違いを実感出来るからです。・・・サムライが混じっているのは大きさの比較のためです(笑)。

10年続けられたのは、ひとえに相互リンクしていただいている方々、訪問して下さる皆様あっての事と思います。本当に有難うございます。また、近年の製品バリエーションの充実も、ネタ切れにならずに済んでいるという意味で有難い事だなと思います。10年前にはこのような状況は想像も出来ませんでした。基本筋(!?)の1/43モデルでアメリカ車をアーカイヴするという夢も、あながち不可能ではないような気もする今日この頃です。

10th_ANNIVERSARY_03.jpg
↑往年のソリド、ディンキー、コーギー、テクノ・・・etc.最新製品ばかりではなく、旧い製品にはまた違った魅力があります。当方の手元にも、まだまだ名品・珍品の数々があります。少しづつご紹介して行ければと思います。

ここの所、通常の更新が出来ていませんでしたが、徐々に元のペースに戻して行けたらと思います。改めて振り返ると、ブログ開始当初は月に10回以上も更新していたのですね(笑)。それが週2回になり、週1回になり、近頃は月に2~3回という体たらくであります・・・。ですが、この先無理に更新回数を増やそうとは考えていません。義務感が先に立って楽しくなくなったら続ける意味や価値がないと思うからです。そんないい加減ブログですが、変わらずお付き合い頂けたら幸いです。今後共よろしくお願い申し上げます。

Ponys41
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12