FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

プチ特集ラストは・・・ Spark '70 Dadge Challenger T/A Trans-Am

成り行きでスタートしたチャレンジャー・プチ特集。プチだけに3回で終了であります・・・。

Spark_Challenger_TA_01.jpg

今回のチャレンジャー・プチ特集の発端となったのはプレミアムXから発売になった'70チャレンジャーT/Aのご紹介でした。その時記した通り、T/Aはクライスラーが兄弟車クーダのAARと共に白熱化し市販車の販売とも直結していたSCCAトランザムレース参戦を目的として開発したクルマでした。実際に'70年シーズン、チャレンジャーはオートダイナミクスから、クーダはAAR(オール・アメリカン・レーサーズ)からワークス体制での参戦となったのでした。ポニーカー市場への参入そのものが後手に回ったクライスラーは、トランザムレースにおけるダッジ・ダート、プリマス・バラクーダでの劣勢を挽回するべく万全の準備と莫大な資金を持って臨みましましたが、熟成の進んでいたマスタングやカマロに一歩及ばず、この年限りでビッグ3がワークス活動から手を引いた事もあって、残念ながら大きな戦跡を残せぬまま1年でサーキットを去る事となりました。

Spark_Challenger_TA_03.jpg

Spark_Challenger_TA_04.jpg
↑ポニーカー市場への本格参入、SCCAトランザムレースへの参戦共に後手に回ってしまったクライスラー。しかしチャレンジャー/クーダはホントにカッコ良いクルマです。ワークスマシンもサマになってます。

今回ご紹介するモデルはスパークから発売された'70チャレンジャーT/AのSCCAトランザムレース仕様で、ケース台座にはオートダイナミクスのエースドライバー、サム・ポージーの名前が記されています。ノーマル仕様に対して大きく張り出した前後フェンダーや、ホントにメーカーワークスのエアロ?と言いたくなるようなド派手フロントスポイラー、マグホイールに太いレーシングタイヤ、片側に集められたサイド出しのマフラー、室内に張り巡らされたロールバー・・・etc. 迫力満点でホントにカッコ良いです。ストライプやカーナンバーをはじめとする車体表記も鮮やかで、ロードカーとは一味違う魅力を再認識させられる仕上がりです。

Spark_Challenger_TA_05.jpg

Spark_Challenger_TA_06.jpg
↑'70チャレンジャーのロードバージョンをシェイカーフードのR/Tで、コンペティションバージョンをT/Aでリリースしたスパーク。この作り分けは少量生産に向くレジンならではと言えるかも知れませんね・・・。

最近のスパーク製品は排気系やデフなどシャシーのディテールも再現してくれているので、低いアングルで眺めても足回りがスカスカする事もなく見応えがあります。先にご紹介したプレミアムXのT/Aもダイキャストながら頑張ってR/Tとの違いを再現していましたが、流石にここまでノーマルと異なるワークス仕様の作り分けはダイキャストでは難しいでしょう。この辺りはレジン製ならではのアドバンテージがあるように思います。このモデルで一つ気になる点としてはルーフの処理があり、バイナルトップ風の革シボ表現がなされているのですが、レーシングマシンのルーフにビニールレザーを貼っていたとは思えないので、ここは一般的なつや消し塗装で良かったような気がします・・・。

Spark_Challenger_TA_07.jpg
↑プレミアムX製のロードバージョンT/Aとのツーショット。こんな事が1/43市販完成品で出来るなんて・・・10年前には及びも付きませんでした。

さて、スパークのポニーカー&Trans-Amレース仕様車はこのあと'70クーダが予定されています。クーダと言うと1/43では何故か4灯ヘッドライトの'71 が圧倒的に多く、オリジナルというべき'70はモデル化にあまり恵まれていませんでした。ロードバージョンもスパークのシャープな造形で製品化されるのが今から楽しみなのですが、濃紺のトランザムレーサーのAARクーダも本当に楽しみです。後はマーキュリークーガーとAMCジャベリン、その名もズバリのポンティアック・ファイアバード・トランザムが揃えば言う事無しなのですが・・・。とりあえずAARクーダが無事発売された暁には、Trans-Amレース特集なんかもやってみたいものです。

Spark_Challenger_TA_02.jpg
スポンサーサイト

プチ特集化!? ~spark '70 Dodge Challenger R/T 426 HEMI

計画していた訳ではないのですが、プチ特集に突入であります。

Spark_Challenger_01.jpg

Spark_Challenger_03.jpg

先回、何をご紹介するか迷った挙句、昨年末の入手品から苦し紛れにプレミアムXの'70ダッジ・チャレンジャーT/Aをご紹介したのですが、その後でふと、「そういえば、少し前にスパークからもチャレンジャー発売されていたな・・・」という事を思い出しました。更に「そうそう、スパークはあの仕様も製品化していたっけ・・・」という事で、期せずして先回・今回・次回でダッジ・チャレンジャープチ特集をお送りする事と相成りました。尚、チャレンジャーとチャージャーは1/43のモデルとしてはクライスラー系列でも圧倒的に製品が多いため、今回、当ブログのカテゴリーを細分化して一覧で見やすいようにしました。ご興味がありましたら過去記事も合わせてご覧頂ければと思います。

・ダッジ・チャレンジャーのカテゴリーソートはコチラ

・ダッジ・チャージャーのカテゴリーソートはコチラ

Spark_Challenger_05.jpg

Spark_Challenger_06.jpg

Spark_Challenger_07.jpg

Spark_Challenger_08.jpg

↑'70 チャレンジャーでも定番のR/T仕様ですが、スパークはシェイカーフード付きで他社製品と被らない仕様での製品化となりました。心憎い&嬉しいチョイスです。

言わずと知れたダッジ・チャレンジャー1st.世代、繰り返しになるのでクルマそのものの素人解説は割愛したいと思いますが(笑)、今回ご紹介するモデルに因んでシェイカーフードについて触れてみたいと思います。今回ご紹介するモデルのエンジンフードインテークは過去にご紹介してきた'70チャレンジャーや先回のT/Aと異なるカタチなのがお分かりいただけると思います。これはシェイカーフードと呼ばれるもので、インテークバルジはエアクリーナーに直結してエンジン側にマウントされ、エンジンフードとは独立した構造となっています。そのためアクセルを煽ったりしてエンジンが揺動すると、外見的にはエアインテーク部のみが振れて見える事からシェイカー、シェイカーフードと呼ばれます。いわば、エンジンの1部がフードから突き出ているような豪快な構造ですが、同様の仕様はクライスラーのみならずGMやフォードの量産車にも見られます。

Spark_Challenger_13.jpg
↑マスタングやカマロにガン飛ばしているような、迫力あるフロントマスクがカッコ良い。まさに挑む者!!レッドはシェイカーがガンメタ、オレンジはシェイカーがボディ同色でルーフが黒のバイナルトップ。レザー部は皮シボ表現もなされています。

さて、今回ご紹介するのはスパークから少し前に発売になった1/43 '70 ダッジ・チャレンジャーR/Tですが、嬉しい事にシェイカーフード仕様でモデル化されています。近年アメリカ車の1/43モデルも増え、チャレンジャーも各社競作となっている状況ですが、当方が知る限りシェイカーフード仕様での製品化は1/43では初ではないかと思います。レッドの単色仕様が先に発売になり、余り間を置かずにオレンジ/ブラックの2トーン仕様が発売されました。安い買い物ではないので当方もオレンジ/ブラック仕様の発売を知っていたら、或いはレッド単色は購入しなかったかも知れないのですが・・・。まあレッド単体はシェイカーがガンメタでホイールがスチール、オレンジはシェイカーがボディ同色でホイールがアルミと小技を効かせてあるので、シェイカーフードでの製品化に感謝しつつ両方持っておこうかなと思っています。

Spark_Challenger_09.jpg

Spark_Challenger_10.jpg

Spark_Challenger_11.jpg

Spark_Challenger_12.jpg
↑オレンジはストライプにアルミホイール、バイナルトップでかなり華やかなイメージ、レッドはシンプルなボディにスチールホイール、ベージュのインテリア、ワンポイントがガンメタのシェイカーフードでちょっと渋い雰囲気。なんとなくオーナーの好みまで見えて来そうな絶妙な造り分けです。

今回のスパーク製チャレンジャー、プロポーション的にはノーズやテールの薄さを強調した感じに仕上がっているように思います。ボディエッジのシャープさはレジン製ならではといえましょうか。この辺りはプラボディのグッドスマイル・レーシングのモデルにも共通した特徴です。改めて各ブランドのチャレンジャーモデルを眺めると、ボディのプロポーションや各部のディテールなど、それぞれ工夫を凝らしているのが楽しくもあり、興味深くもあります。近年はスケールモデルも実車の3次元スキャンをベースに、脚色を少なく製品化する事が多いとも聞きます。それはそれで非常にリアルになる事は間違いないのですが・・・、それだとどのブランドが造っても同じような仕上がりになってしまうのではないでしょうか?+αの脚色や誇張がスケールモデルカーの魅力として大切なんじゃないかな~と思う今日この頃です。

Spark_Challenger_14.jpg
↑左からグッドスマイル製'70 R/T SEで通常のエンジンフード、中央がスパーク製'70 R/T 426 HEMIシェイカーフード、最後がプレミアムX製'70 T/A エンジンフード固定タイプインテーク。各社それぞれ異なるタイプを製品化してくれていて嬉しくなります。

以下に、当方が知る限りで製品化された初代ダッジ・チャレンジャーの1/43モデルをリスト化しておきます。

●1st. ダッジ・チャレンジャー 1/43モデル(知っている範疇)リスト
・メーカー不明 '70 R/T レジン完成品 
 かなり旧い製品ですが仕上がりは良かったような・・・。高額だったので当方未入手。

・Match Box '71 Challenger R/T
 貴重な'71モデル、コレクティブル、スーパーキングス、バレットジャクソンなど製品展開あり。

・SMTS/BOSS MODELS '70 T/A
 ロードバジョンとTrans-Am仕様、ホワイトメタル製 キット/完成品あり 当方未入手。

・JOHNNY LIGHTNING '70 T/A
 JLが製品化した数少ない1/43モデルの1台。当時としては貴重なT/A仕様での製品化。

・MINICHAMPS '70 R/T
 リアスポイラーなし・スチールホイール仕様での製品化。

・GOODSMILLE RACING '70 R/T SE
 リアウインドウが小さいR/T SE仕様。樹脂ボディによる製品化。

・GREENLIGHT '70 R/T ”ワイルドスピード X2”劇中車仕様
 リアスポイラーなし・アルミ(or マグ)ホイール仕様。

・GREENLIGHT '70 R/T
 劇中車仕様ではないものの、ホワイトはバニシングポイント、イエローはTVシリーズ、NCIS ネイビー犯罪捜査班の劇中車を彷彿とさせる。リアスポイラーなし・スチールホイール仕様。

・PREMiUM-X '70 R/T
 ボディの金型はグリーンライトと同じと思われる。ウイングリアスポイラー・スチールホイール。

・PREMiUM-X '70 T/A
 R/Tから仕様変更、エンジンフードバルジ・リップタイプリアスポイラー・スチールホイール。

・Bos Models '70 T/A仕様
 レジン完成品 角型フードバルジ、リップタイプリアスポ、スチールホイール。当方未入手。

・SPARK '70 R/T
 今回ご紹介のモデル。シェイカーフード、リアスポイラーなし、スチール/アルミホイール。

・Spark '70 T/A 某仕様
 詳細は次回(・・・てバレバレ。。。)

いやあ、こうして見ると初代チャレンジャーの1/43モデルも増えたものです。R/T, T/A, ホイールやスポイラー、エンジンフードなど仕様がバラエティに富んでいるのも嬉しい所。この辺りはマニアックな車種ゆえかも知れません。


Spark_Challenger_02.jpg

Spark_Challenger_04.jpg

最近の入手品から ~ PREMiUM X '70 Dodge Challenger T/A

新年のご挨拶も済んで・・・さて、何をご紹介したものやら。

PremiumX_70TA_01.jpg

2018年の1/43cu.in.何か新たな特集を始めたいと思ったのですが、「・・・この特集はあのモデルが発売されたら始めよう」とか、「酉年じゃないし最初からサンダーバード特集は・・・」などと中々テーマが決まりません。・・・なので今回は昨年末にお世話になっているショップさんのセールで入手した最近の製品をご紹介したいと思います。モデルはプレミアムX製'70チャレンジャーT/Aです。

PremiumX_70TA_03.jpg

PremiumX_70TA_04.jpg
↑T/Aはトランザムレース参戦を睨んだ特別なモデル。兄弟車のAARクーダと同じ位置付けとなります。独特のエンジンフードスクープはT/Aやビッグブロックの1部だけに見られた物です。

マスタングが開拓したポニーカー市場へのクライスラーの回答が、プリマス・クーダとこのダッジ・チャレンジャー。その発売は共に'70モデルイヤーからで、ライバルのカマロ/ファイアバード、AMCジャベリンに対してやや後手に回った感がありましたが、その強烈な個性は独自の魅力を放ち、希少性やマニアックな人気という面ではマスタングやカマロ/ファイアバードを凌ぐといって良いのではないかと思います。今回ご紹介するT/Aは、当時白熱していたポニーカーによるトランザムレースのホモロゲーション獲得のために用意された特別なモデル・・・だったのですが、搭載された340+シックスパックエンジンはトランザムレースのレギュレーションには合致しておらず、実際にはこの仕様のままレースに使用される事はありませんでした。

PremiumX_70TA_05.jpg

PremiumX_70TA_06.jpg
↑一見すると従来のR/Tのお手軽なカラーバリエーションに見えるかも知れませんが・・・よく見ると色々と仕様変更されています。

モデルはプレミアムXブランドで発売された新製品で、従来製品のR/Tとは異なるT/A仕様で発売となりました。ノーマルのR/Tやシェイカーフードとは異なる形状のエンジンフードスクープやサイド出しのエキゾーストパイプ、リップタイプのリアスポイラーなど先行して発売されたR/Tとは異なるディテールがしっかり再現されています。SublimeのボディカラーにT/A専用のストライプもばっちり決まってカッコ良い仕上がりになっています。床板を共用している関係で、排気系は実はサイドとリアの4本出しになってしまっているのですが(笑)、リアのバランスパネルはちゃんとマフラーのない形状になっています。レジン製ならいざ知らず、ダイキャストでこの作り分けはかなり頑張っているのではないでしょうか?(ボディは別金型の可能性もありか!?)

PremiumX_70TA_07.jpg
↑'70チャレンジャーT/AとR/Tの並び。同一ブランドのモデルでこういう比較が出来るのって素晴らしいと思います。

GL_FF_70_CHALLENGER_00.jpg
↑当方の知る限り、この'70チャレンジャーの金型がお目見えしたのはグリーンライトのワイルドスピードX2劇中車仕様。リアスポイラーなし・アルミ(マグ?)ホイール仕様。

GL_70_Challenger_00.jpg
2番目は劇中車仕様ではない(事になっている)グリーンライトの通常版R/T、スポイラーなし・スチールホイール仕様。

PREMiUMX_Challenger_00.jpg
↑3番目はプレミアムXから登場したR/T、ウイングタイプのリアスポイラー付き・スチールホイール仕様。

PremiumX_70TA_05.jpg
↑そして今回のプレミアムX版T/A、別形状のエンジンフードスクープとリップタイプリアスポイラー、スチールホイール仕様。エンジンフードの形状自体が違うし、リアバランスパネルも違うので、或いはR/Tとは別金型かも!?

当方が知る限り、この'70チャレンジャーの1/43金型はグリーンライトのワイルドスピードX2劇中車仕様で登場し、続いてグリーンライトから劇中車と唄わない通常のR/T仕様で発売、その後プレミアムXのR/T仕様が登場したと記憶しています。ホイールやスポイラーの有無など、それぞれ微妙に仕様が異なっていましたが、今回はT/A仕様ということで前述の通り各部のディテールがかなり大幅に変わっています。お分かりの方はお分かりと思いますが、お手軽なカラーバリエーションではありません。好き者にとっては非常に嬉しい製品なのでありました。

PremiumX_70TA_02.jpg

戌年はじめは・・・やっぱりこれかな ~ixo '56 GREYHOWND SCENICRUISER

警察犬のシェパード&CHP・K9ユニットのクラウンビックと迷いましたが・・・新年早々ポリスカーは硬い感じがしたのでやっぱり無難にこちらで行ってみたいと思います。

Ixo_Scenicruiser_01.jpg

・・・という事であっという間に2018年戌年(いぬどし)となりました。ここの所新年最初は干支に因んだモデルでご挨拶しているので、今回は順当にグレイハウンドのシーニクルーザーで行ってみたいと思います。(毎年3が日を過ぎているのはご容赦下さい・・・)過去にも都度ご紹介していますが、グレイハウンド社とGMで共同開発されたシーニクルーザー、車体デザインは有名な工業デザイナー、レイモンド・ローウィーが手掛けたと言われてています。その印象的なスタイリングは今日的な目でみても、思わず乗りたくなってしまうような魅力に富んでいると思います。

Ixo_Scenicruiser_02.jpg

Ixo_Scenicruiser_03.jpg
↑ベタなネタですが、やっぱりコレが一番良いかな・・・。

モデルはイクソの通常品として日本でも流通した1/43スケールのモデルで、元々はヨーロッパで展開された書店系のアイテム用に起された金型を使用しています。件の書店系シリーズはいわゆる分冊百科の形をとって冊子と1/43のバスモデルがセットになって販売された物で、ヨーロッパを中心に北米やアジア、日本(いすゞBX40)を含む数多くのバスが1/43でモデル化された、それはそれで非常に興味深いシリーズです。日本でもヤフオクなど(いすゞのBXを除けば)それほど高くない金額で出回っていましたが、今回1部のモデルがイクソの通常品として販売になったので、日本でも正規ルートで流通したのは喜ばしい事と言えるのではないかと思います。

Ixo_Scenicruiser_04.jpg

Ixo_Scenicruiser_05.jpg
↑分冊百科で起した金型を活用し、良質な通常品を比較的安価に供給してもらえるなら・・・それはそれで嬉しい事かなと思います。

通常品での製品化にあたっては分冊百科とはカラーリングが変更されており、行き先表示がボストンになっています。対する分冊百科版は車体に”スーパーシーニクルーザー”の表記がありましたので、エンジン換装など更新修繕を受けた'61~'62年以降の姿かと思われます。ボディ自体のカラーリングの他、ホイールの塗り分けなども異なっています。それなりのお値段のモデルですが、通常の乗用車製品もレジン完成品を中心に価格が上昇している事を考えると、相対的にはリーズナブルと言って良いのではないかと思います。実車の存在感あるデザインと堂々たるサイズ、そして乗用車と統一縮尺で並べられる事が本当に嬉しい製品です。

Ixo_Scenicruiser_06.jpg
↑今回、イクソの通常版と分冊百科版ではこのように仕様が変更になっています。

・・・という事で、お正月3が日を過ぎての新年のご挨拶、まずは順当な車種でのスタートとなりました。今年もゆるゆると更新して行きたいと思いますので、どうか気長にお付き合い下さいませ。本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年1月 Ponys41

1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01