FC2ブログ

1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

特集:ジープの系譜 ~ FCはファンクラブ・・・ではなく。 autocult '56 Willys FC-150 Pick-Up

ねこざかな様が「マッチボックスのジープの系譜」で連動下さっている「特集:ジープの系譜」、当方はそろそろネタが尽きて来ました・・・。今回はジープ派生車の中でも随一のお気に入り車種をご紹介したいと思います。

AutoCult_FC150_01.jpg

皆さんはジープFCをご存知でしょうか?FCはジープの公式ファンクラブ・・・の事ではなく、フォワード・コントロール(Foward Control)つまり運転席が前方にある、アメリカ流に言うとCOE(Cab Over Engine)、日本ではキャブオーバー型と称されるトラックの事です。当時の民生用ジープCJ-5の4輪駆動シャシーを基に、コンパクトなキャブオーバー型のトラックボディを構築したもので、市販バージョンとしてはショートホイールベースのFC150とロングホイールベースのFC170が存在しました。FC150が'56年、FC170が'57年に誕生、'65年まで生産されたようです。

AutoCult_FC150_02.jpg

AutoCult_FC150_03.jpg
↑ジープのシャシーをベースにキャブオーバーのボディを構築するというユニークな発想から誕生したジープFC。独特のな佇まいが個性的ですが、同時に優れた実用性を備えていました。

ジープの4輪駆動シャシーをベースにキャブオーバートラックの車体を搭載するという発想は、当時としては非常にユニークな物だったのではないかと思われます。その多用途性から軍用、公官庁向け、消防車等の他、民生向けも農業用など幅広く活用されました。全体としてのカタチはキャブオーバー型のトラックながら地上高が高く、リアボディは短く、スペアタイヤも特異な位置に装着されています。何より民生ジープのアイデンティティである7本スリットグリルの独特な顔が、半ば強引に丸っこいトラックボディに張り付いている姿が愛らしく(笑)、当方はジープの派生車の中でも最も好きな1台であります。

AutoCult_FC150_04.jpg

AutoCult_FC150_05.jpg
↑クラシカルな丸っこいキャブオーバーボディにジープのアイデンティティである7本スリットグリルの顔。なんとも愛嬌のあるカタチをしています。

9年間でおよそ3万台が生産されたというジープFCシリーズですが、1/43のモデルって果たしてあるのかしらん・・・と思っていた矢先、お世話になっているショップさんの予約製品欄に愛らしいFCの姿が!!・・・。その後今年の春にめでたく発売となりました。それは超絶変態的ラインナップ(最大級の賛辞です/笑)を誇るオートカルトのレジン製完成品で、同ブランドの中ではむしろ一般的な車種と言えるかも知れません。車種的には非常に嬉しい一方で価格も当方的には超絶高く、これを購入したために春のワンダーランドマーケットは金欠で諦めざるを得ませんでした。。。(そういえば今日は夏のワンダーですが、当方は今回も金欠・不参加です・・・)

AutoCult_FC150_06.jpg

AutoCult_FC150_07.jpg

↑レジン完成品でありながら足回りなども別パーツで立体的に再現。精密でありながら無機質な冷たさが感じられないのは作風か?実車のキャラクターゆえか!?

レジン製のボディはブルーメタリックとホワイトの2トーンカラーで、コーディネートされたスチールホイールやジープ顔が良い感じです。ウインドウ類の平滑性やフィッティングも良いですし、レジン製モデルとしては珍しく、ドライブシャフトやデフなどシャシー部も別パーツで立体的に再現されています。実車のほのぼのしたキャラのお陰もあるのかも知れませんが、精密モデルにありがちな無機質で冷たい感じがしないのも好ましいです。価格に見合うだけの価値がある製品と思います。・・・さて、このジープFCの1/43モデル、最新のレジン完成品以外にも、有名老舗ブランドがリアルタイムに近い形で発売していたミニカーが存在します。次回そちらをご紹介して、ちょっと長くなり過ぎたジープの系譜特集を終えたいと思います。
スポンサーサイト



特集:ジープの系譜 ~ 勝手連返し!? Mebeyoys JEEP WILLYS CARABINIERI

ここの所、大きな地震や豪雨など自然災害が立て続けに発生しています。追い討ちを掛けるような猛暑で現地の復興は大変な苦労をされているとも聞き及んでおります。遠隔の地に住み、自身の生活もある当方に出来る事は限られていますが、1日も早い復興と皆様のご健康をお祈りしております。

Mebe_Jeep_Willys_01.jpg

・・・と言う事で、何とはなしにブログの更新を2週間ほどサボっていたのですが、ねこざかな様が「マッチボックスのジープの系譜」企画で連動して下さっています。マッチボックス製MBジープの金型改修による流転の様など、グッドコンディションの貴重なモデルで楽しく解説されていますので、是非合わせてご覧下さい。そのねこざかな様の7月21日のアップはCJ-5をベースとしたロングホイールベース版のCJ-6(!)マッチボックスも随分とマニアックな車種を製品化したものだと驚かされます。後述しますが、折り良くロングホイールベースジープの1/43モデルが入手出来たので、今回はねこざかな様への勝手連返しであります。(エイッ!)

Mebe_Jeep_Willys_03.jpg

Mebe_Jeep_Willys_04.jpg
↑長いホイールベースと短いリアオーバーハングが独特の佇まいを見せるCJ-6/M170系列。民生用のCJ-6はアメリカ本国ではあまりポピュラーな存在ではなかったようです。

民生用ジープには、TJ型、JC型、JL型のラングラーに設定されたアンリミテッド以前から、ワゴンやピックアップなどの派生モデルを除く標準仕様のオープンボディにもロングホイールベース版が存在しています。CJ5(ホイールベース:前期型2,057mm,後期型2,121mm)をベースとしたCJ6(同、前期型2,565mm,後期型2,629mm)、CJ-7(2,370mm)をベースとしたCJ-8(2,629mm)がそれで、CJ6は前期型が'55年~'71年、後期型が'72~'81年、CJ-8は'81年~'86年までの間生産されたようです。CJ6に先立つ'53年には、軍用バージョンのM170が誕生、アンビュランスなど用途に応じてショートホイールベースのM38A1を補完していたようです。

Mebe_Jeep_Willys_05.jpg

Mebe_Jeep_Willys_06.jpg
↑往年のメーベトイ製ジープ・ウイリス、カラビニエリ仕様。まさかロングホイールベースジープの1/43モデルが存在したとは・・・。勉強不足でした。。。

ジープもアメリカ車の偉大なレジェンドの1台と捉えている当方、以前からミニカーの蒐集を行っていたのですが、甚だ勉強不足な事にロングホイールベースのCJ-6やCJ-8系列の1/43モデルは存在していると思っていませんでした。・・・ところが昨日所用で東京に出た折に老舗ミニカーショップさんに詣でると、なんとロングホイールベースJEEPのモデルがあるではありませんか!往年のイタリア・メーベトイ製、品番A95”JEEP WILLYS”がそれで、イタリアのミニカーらしくカラビニエリ(イタリア国家憲兵)仕様となっています。CJ-5をベースとしたCJ-6かなと思ったのですが、フロントウインドーが2分割な点や、右フロントフェンダーの円形の窪み(フューエルリッドは左リアにあるし何だろう?)からすると軍用バージョンのM170かと思われます。

Mebe_Jeep_Willys_07.jpg
↑ポリスティルのCJ-5とメーベのM170のツーショット。奇しくも往年のイタリア系ブランドの1/43ミニカーでCJ-5系のショート&ロングが揃いました(喜)。

Mebe_Jeep_Willys_08.jpg
↑床板にはmebetoysの表記と共に、マテルのマークが刻印されています。車種名はJEEP WILLYS、品番はA95となっています。

床板にマテルのシンボルマークも刻印されているので、メーベがマテル傘下にあった時代の製品と思われ、ランプ類は全て色差しのシンプルな造りながら、ロングホイールベースジープの独特なプロポーションを良く捉えているように思います。カラビニエリ仕様のためか右フロントフェンダーにアンテナ(ちょっと後傾しているのがイキな感じです/笑)、幌製のルーフの上にパトライト(ちょと無理があるのでは?)が装備されています。幌を外せば民生用のCJ-6風に見えるかな~とも思うのですが、破損が怖くて外す事はしていません。いずれにしても貴重なロングホイールベースの1/43ジープモデル。ネット検索するとなんと民生仕様っぽいバリエーションも存在するではありませんか・・・(汗)。こうしてまた、新たな蒐集目標が1台増えたのでありました。。。

Mebe_Jeep_Willys_02.jpg

特集:ジープの系譜 ~ 独自架装ボディ? GAMDA WILLYS ESTATE POLICE

ジープの系譜、今回は少しレアなモデルをご紹介。コンディションが良くないのはご容赦下さい。。。

Gamda_Willys_Police_01.jpg

お送りしている特集ジープの系譜、お友達のねこざかな様マッチボックスのジープの系譜を辿る連動企画をスタートしてくださいました。グッドコンディションのマッチボックス製ジープたち、是非合わせてご覧下さい。当方が今回ご紹介するのは、ジープのエステートによる警察車両・・・なのですが、前々回ご紹介したイクソのステーションワゴンとはボディ後半の形状が異なっています。思うに、これは前回ご紹介したピックアップ、というかその派生モデルであるキャブシャシーに独自のリアボディ架装したものではないかと推察します。キャブシャシーであればそれこそトラックと同じですから、様々なバリエーションが存在しても不思議はありません。

Gamda_Willys_Police_03.jpg

Gamda_Willys_Police_04.jpg
↑ご覧の通りワゴンボディですが、通常のウイリス・ステーションワゴンとはボディ後半のスタイルや窓割りが異なります。これはピックアップ系統のロングホイルベースのキャブシャシーに独自のリアボディを架装したものと思われます。

さて、そんなレアな存在をミニカー化したのは、クラグスタン・デトロイトシニア/ガムダクール・サブラシリーズで60年代のアメリカ車をたくさん製品化してくれている、当方にとっては最重要ブランドの1つであるイスラエルのガムダ製品。前述のシリーズをリリースする以前の古い時代のラインアップからの1台です。元々英国Jordan & Lewden Ltd.(ジョーダン&ルーデン社?)のRiver Series(リバーシリーズ)の金型を使用してミニカー製造に着手したガムダ社が、その後独自に金型を起して製品化した内の1台と思われます。シンプルな構成ながらロングホイールベース系ジープの特徴をしっかり捉えていると思います。

Gamda_Willys_Police_05.jpg

Gamda_Willys_Police_06.jpg
↑モデルは当方にとって最重要ブランドの1つ、ガムダ社の初期製品。当方が以前からご紹介しているクラグスタン・デトロイトシニア/ガムダクール・サブラシリーズより古い時代のモデルです。

商品名はシンプルに"WILLYS"となっており、仕様としてはイスラエルの警察車両でしょうか?本来はルーフの前端にサイレンのスピーカーが装着されているのですが、残念ながら当方の所有する個体は折損しています。当方未入手ですが、ガムダにはルーフにスピーカーの付かないパネルバン仕様、更にはピックアップトラックもラインアップされていたようです。ボディは前半分が各車共通と思われ、ルーフからボディ後半部を差し替える事で仕様違いを造り分けていたようです。モデルを見ると床板も前後で分割されています。

Gamda_Army_Ambulance_01.jpg

Gamda_Army_Ambulance_02.jpg
↑当方が唯一所有しているガムダ最初期製品。イギリスのジョーダン&ルーデン社のリバーシリーズの金型を使用した製品群の1台です。文献によると商品名はアーミー・アンビュランス。トラック系モデルらしく荷台違いや軍用・民生用など多くのバリエーションが存在します。

Gamda_Army_Ambulance_03.jpg

Gamda_Army_Ambulance_04.jpg
↑内装もオミットされた素朴なモデルですが、軍用車ながらなんとも言えない愛らしさの感じられる造形です。当方が入手出来るのはこの様なコンディションのモデルで精一杯。箱付きミント品は雲の上の存在です・・・。

せっかくなので当方が唯一所有しているガムダの最初期製品、リバーシリーズの金型を使用したアーミー・アンビュランスを合わせてご紹介しておきます。もはや当方には車種の特定も出来ないくらい素朴な仕上がりですが、トイカーとしてこれはこれで非常に魅力的に感じられます。こんなコンディションでも海外オクでは結構な高額で、それも今や当方が入手したお値段では入手出来なくなって来ています。よりコンディションの良い個体も機会があれば入手したいですが、箱付きミントコンディションなんて夢のまた夢といった感じなのであります。。。

Gamda_Willys_Police_07.jpg

Gamda_Willys_Police_02.jpg

1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
月別アーカイブ
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07