1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

スクリーンを駆け抜けたクルマ達(番外編)~The Italian Job Vol.3

スクリーンを駆け抜けたクルマ達、アメリカ車の登場しない番外編、”ミニミニ大作戦(原題;The Italian Job)”3回目は愛すべきイタリアのフツーのクルマ達と人々のお話です。


The_italian_job_vol3


映画ミニミニ大作戦、ストーリーの骨子は上海の工場建設資金として中国政府からフィアットに届けられた400万ドルの金塊強奪作戦でした。チャーリー一味・・・と言うかアルプスで死んだベッカーマンの作戦は、トリノの交通管制センターに侵入、信号機のコントロールプログラムに細工して町を未曾有の交通マヒ状態に陥れ、その混乱に乗じてフィアット武装輸送隊を襲撃、博物館や教会、ショッピングアーケードや下水管等、一般道路を避けた逃走ルートを3台のミニクーパーで逃げる。と言う破天荒なものでした。


Ij1 Ij2


映画の見所はそれこそ多々あるのですが、当方が面白いなと思った事の1つは世紀の大作戦で大渋滞に巻き込まれたイタリアの人々の描写でした。・・・フィアット・チンクエチェントのキャンバスルーフに腰かけ余裕で新聞に目を通す男、良く見ると足でクラクションを踏みつけています。・・・対向車の美人をナンパしようとする男と、男に往復ビンタで応酬する女傑。・・・運転中なのにやおらワインを飲み始めるオジサン。・・・タバコ片手にギャンブルを始める修道院の少年達・・・などなど。その描写がイギリス人の目から見た誇張されたイタリア人像なのか、それともイタリア人が本来持ち合わせている気質なのかは当方にはよく判りませんが、渋滞なんて日常茶飯事、今に動き始めるさ。それよりこの時間を他の楽しみに振り向けようぜ。的なお気楽さは時間に追われる現代の日本人には何とも羨ましいものに感じられます。


Ij3 Ij4


・・・と言う事で、手持ちのミニカーから大渋滞に巻き込まれた一般車両っぽい物をピックアップしてご紹介します。必ずしも劇中車だから買ったものではありません。映画に登場していないクルマもあるかもしれませんが悪しからず・・・。


(以下画像は全てクリックでちょっとだけ拡大します。)


●フィアット500(マーキュリー&ビテス)


Mercury_fiat_500_l_ft Mercury_fiat_500_l_rr Vitesse_fiat_500_f_ft Vitesse_fiat_500_f_rr


今ではすっかり希少車になってしまったチンクエチェント、この映画のトリノの街には正に溢れ返っていました(笑)。当方の手持ちは古のマーキュリーとビテス製。マーキュリーのチンクはとにかく可愛い1台で、ちょっとなびいたリアエンド等、ディフォルメが良い味わいになっています。対するビテスは樹脂パーツを多用した細かい作り。色もなかなか良い感じです。


●フィアット600(オートピレン&プロゲットK)


Auto_pilen_seat_600_ft Auto_pilen_seat_600_rr Progetto_k_fiat_600d_ft Progetto_k_fiat_600d_rr


フィアット500同様溢れ返っていたのがセイチェント、チンクよりちょっぴり大きいボディとエンジン、紺のミニカーはスペインのピレン(・・・なので正確にはセアト600)、古いミニカーですがプロポーションは中々の物です。もう一台はご当地イタリアのプロゲットK、少しくすんだ感じの白いボディとハープキャップのホイール等、ベーシックな出で立ちが魅力です。


●フィアット600ムルティプラ(マーキュリー&ブルム)


Mercury_fiat_600_multipla_f Mercury_fiat_600_multipla_r Brumm_fiat_600_multipla_f Brumm_fiat_600_multipla_rr


フィアット600をベースにしたマルチパーパス・ミニミニバン。小さなボディに2+2+2という3列シートを押し込んでいます。イタリアではタクシー等にも重宝されたようで、運転手のフィギュアが付属したモデルもあります。当方の手持ちは例の日本での商標問題で、床板のマークを削りとられてしまった可愛そうなマーキュリー製と後年のブルム製。どちらも2トーンのボディカラーが可愛いです。


●フィアット850べルリーナ&クーペ(マーキュリー)


Mercury_fiat_850_ft Mercury_fiat_850_rr Mercury_fiat_abarth1000_ft Mercury_fiat_abarth1000_rr Mercury_fiat_850_coupe_ft Mercury_fiat_850_coupe_rr


更にちょっぴり大きなフィアット850、べルリーナとクーペ、スパイダーでは全く異なるスタイルをしていました。当方の手持ちはやはりご当地、古のマーキュリー製。ベルリーナはシルバーのノーマル版とアイボリーに赤いストライプのアバルト1000仕様、クーペはブルーメタリックのノーマル仕様。オレンジ色のスパイダーなんかも欲しい所ではありますが・・・。


●フィアット1500(エディルトーイ)



Edil_toys_fiat_1500_ft_2 Edil_toys_fiat_1500_rr Edil_toys_fiat_1500_1 Edil_toys_fiat_1500_2


当時のフィアットではちょっと高級?なかなか良いスタイルでお気に入りの1500は今は亡きイタリアのエディルトーイ製。ダイヤカットで輝くデュアルヘッドライト、エンジンフード、トランクに加えて4枚のドアが全て開閉可能と言う意欲作。樹脂の品質のせいか、パーツの変形や破損している個体も多いのが玉にキズではあります。


●アルファロメオ・ジュリェッタ(リオ)&ジュリエッタスプリント(バン)


Rio_alfa_giulietta_ft Rio_alfa_giulietta_rr Bang_alfa_giulietta_sprint_ Bang_giulietta_sprint_rr


アルファのジュリア以前のべルリーナの代表格であるジュリエッタ。クーペのスプリントも美しいですが、セダンもなかなか味があります。ミニカーはやはりイタリアのブランドであるリオ。シンプルながら渋い仕上がりでなかなか良い味わいが有ります。スプリントの方はバンモデル製。エッチングパーツなども多用した極めて美しい仕上がりのミニカーです。


●アルファロメオ・ジュリアTI(仏ディンキー)


Dinky_giulia_ti_ft Dinky_giulia_ti_rr


本家イタリア製を始め、ジュリアのミニカーは数あれど、個人的に最高傑作はこのフランスディンキー製ではないかな~と思います。古さを全く感じさせないプロポーション、渋いグレーメタリックのボディカラー、エンジンフード、トランクの開閉に加え、フロントドアの窓が上下します。お約束のジュエルヘッドライトやメタルのホイール等、らしいディテールも時代を感じさせてくれて嬉しくなってしまいます。


さて、ご紹介してきた愛すべきイタリアのフツーのクルマ達、最新の製品が全く無い事に気付かれたでしょうか?当方が大人の(?)コレクターとしてミニカーコレクションを始めたのはいつの頃からかハッキリしませんが、数が増え始めたのはやはり社会人になってからだと思います。特に社会人になりたての頃は、自分自身で働いた収入があり、会社の寮住まいで自由にできるお金も増えたので、ミニカーショップにせっせと通って国や年代を問わず好きなクルマのミニカーを買いまくっていたように思います。今回ご紹介したミニカー達の多くもその頃買い込んだ物。対象を絞り込んでいる今日ではおいそれと手が出せなくなってしまったモデルも多いな~と、何だか複雑な心境になってしまいました。。。

スポンサーサイト

Comments
 No title
この前にも書きましたが、あの渋滞のシーンもある意味見どころだとおもいますね。
ちょっとディフォルメされてますが、ある意味"ラテン系"の人達をうまい具合に表現してると思いますね。

ミニカー見てて思ったのが、チンクは"ルパン"の愛車で有名(つか、大塚康生の愛車だけど)ですが、その他に出てたフィアット1500見て大藪春彦の"蘇る金狼"の原作で、主人公の"朝倉哲也"が物語の終盤で、愛車にしていたスペシャルフィアットを思い出した(1500のボディに、チューンナップした1600Sのエンジン載せたモデル。地味なカラーにペイントした上、パッと見中古のブルーバード(時代から見ても410系に見える…ってコレって"スリーパーだね。)に見えるのも、朝倉の好み…の描写が作者の好みなのかなぁ…と思い出した。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
この作品の中で、ジープさんと同じ所に引っ掛かっていたと思うと何だか嬉しいです。ホント、この映画に出てくるイタリア人は愛すべき存在ですよね。エキストラの人達、いい仕事してます(笑)。

アルファのジュリア・スーパーなどと違って、フィアット1500と言うクルマは日本ではほとんど知名度が無いと思いますが、シボレーコルベアにも通じるデザインのボディはなかなかスタイリッシュなんじゃないかな~と思います。何気にエンジンフードが前ヒンジだったりして、ファミリーカーとしては使い勝手悪るそう・・・と、思いつつ、でもなかなかスポーティーだなあとも思ったりします。"蘇る金狼"の原作に、このクルマが出て来るとは知りませんでした。何とも渋い選択ですね。

エディルトーイは数台のミニカーをリリースして消え去ってしまったようなのですが、セダンの4枚ドア全オープン等、なかなか意欲的な製品を送り出していました。もっといろんなモデルを見てみたかったですね。
 No title
マーキュリー、フラデン、そしてエディル・・・う~ん、垂涎ですね!特に、チンクやムルティプラは人気なので、なかなか入手できません(涎)
 No title
おお♪

大塚センセーの話題が、、
ジープと軍用車大好きなはずなのに、なぜかフィアットが愛車なんですよねー、、

で、フィアット1500が良いなぁー、、4ドアオープンになぜか萌え萌えです、、
 No title
ねこざかな様

こちらにもいらっしゃいませ~。
古のチンクエチェントも色々ありますが、当方はマーキュリーのこれが一番好きなんです。上手く言えないのですけど、リアエンジンの感じが良く出ている感じしませんか?残念ながらリアのナンバープレート(紙シール)が欠品であります。。。

ミニミニ大作戦はあと1回、古モノもあと一ネタ用意してありますのでお楽しみに~。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
軍用車と言えばミニミニ大作戦にはフィアットやダッジWC56なんかも出てきますよね。あの辺も劇中車として押さえたいところです。

フィアット1500、当方も実車、このミニカー共々結構お気に入りであります。ドアオープンも2枚だけだとフツーだけど、4枚開くと「おお~。」って思いますよね(笑)。古のミニカーはこうした開閉機構等に知恵を絞っている感じも愛しいです。

この辺りから70年代頃の欧州車も捨て難い魅力が有るのですが・・・原資が(汗)。。。
 No title
FIAT600マルティプラ、イイですねぇ!
VWタイプ2の対抗馬って感じでしょうか?
日本じゃタイプ2ばっかもてはやされてるけど、
こっちもかなり魅力的ですね~。
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。

マルティプラ、何ともユニークなクルマですよね~。600ccで6人の人間を運ぼうというのですから、一人当たり100ccです(笑)。その昔、アバルトミュージアムで実車を見ましたが、ベースがフィアット600だけに物凄~く小さかったですよ。ライバルとしてはその昔のサンバーあたりも良いかもです(笑)。

かつて、東京パノラママンボボーイズのパラダイス山元さんが所有されていたとか・・・。あの方は元スバルのデザイナーだったそうですね。
 No title
パラダイス山元さんのムルティプラ…youtubeで"マンボスパイ2"で検索すれば、その勇姿が拝めますよ(何と右ハンドル!イギリス仕様?)。
確か、パラダイスさんは初代のレガシィワゴンとSVXの市販用のクリンナップを担当(ジウジアーロと一緒に仕事したそうです。)したそうです。

アルバム"マンボスパイ2"のジャケットのイラストもパラダイスさんじゃなかったかな?
あと、パラダイスさんの旧車イラストが凄くセンスが良くて好きですね。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
早速YouTubeを観てきました。60年代な雰囲気が中々素敵でした。
山元さんのムルティプラは中々渋い色なんですね~。あの方はウニモグの軌陸車もお持ちだったかと思いますが、ムルティプラ、今でも所有しているのでしょうかね~。

初代レガシーワゴン、SVX量産化、なかなか大きな仕事ですね。ミニカー、ピアッツァは買ったのですがSVXには手が廻りませんでした。。。(笑)デザイナーさんならスケッチ、イラストはお手の物だと思います。ジャケは観た事ないのでチェックしてみます。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08