1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

残念なお知らせです。。。スクリーンを駆け抜けたクルマ達~Live and Let Die

その残念な知らせは、驚きの知らせ と同じくお友達の覆面えるさんからもたらされました。広島地区でパイロット販売されていたアシェットコレクションズジャパン社のボンドカーコレクションがなんと発売中止になってしまったと言うのです。。。


Uh_corvorado_2


↑海外オクでチマチマ買い集めたボンドカー・コレクションのミニカー達。・・・日本語の冊子が読んでみたかった。。。


ボンドカーコレクションは007シリーズの冊子と、映画のシーンを再現したジオラマ風のケースに収められた1/43ミニカーからなる、書店系ミニカーアイテムでした。同社はフェラーリコレクションや日産名車コレクション等も地域限定先行販売の後に全国展開しており、このシリーズもその流れで全国展開される物と期待して待っていたのですが・・・残念ながら、そうなる事なく打ち切りとなってしまったのでした。。。既に広島地区のパイロット版で定期購読していたえるさん家にはア社から詫び状が届いたそうですが、具体的な理由は書かれていなかったとの事でした。。。・・・そう言えば、ねこざかなさんもこのシリーズを定期購読されていたのでしたよね。やっぱり詫び状が届いたのでしょうか?


Uh_corvorado_ft Uh_corvorado_rr


↑どう見てもキャデラックですが・・・ベースはコルベット!・・・ルーフの前半やドアウエストラインの抑揚にベース車の面影が感じられます。


・・・と言う事で、本日は”残念、、日本発売中止追悼勝手連”としてこのシリーズのミニカー、”007死ぬのは奴らだ(原題;Live and Let Die)”からダンハム・コルボラードをご紹介します。”死ぬのは奴らだ”は”女王陛下の007 ”、”ダイヤモンドは永遠に”での主役交代のドタバタ劇の後に、初めてロジャー・ムーアがボンドを演じた作品です。歴代ボンドの中でも随一のユルさ・・・もとい、ユーモアあふれるボンドで、最新のダニエル・クレイグのハード・シリアス路線とは対照的と言えそうです。(当方、個人的には緊張感あふれるスリルとサスペンス、そして英国流のユーモアとジョークの入り混じった古の007が好みであります。)また、本作はテーマ曲をポールマッカートニー&ウイングスが担当した事でも話題になりました。秘密兵器を満載した英国情報部のボンドカーは登場しませんでしたが、物語の主要な舞台にアメリカが含まれていた事で多数のアメリカ車が登場します。”ゴールドフィンガー”や”サンダーボール作戦”の頃はフォードが積極的に車両を提供していたようですが、本作ではGMが車両提供をしていたようで不自然なほどたくさんのシボレー・フルサイズが登場していました(笑)。


尚、"007死ぬのは奴らだ”の詳細についてはFZIROさんのコチラの記事を是非お読み下さい。


Uh_corvorado_1


↑プレミアムX(イクソ)製'76エルドラードConv.との比較。似ているようでプロポーションは全然違います。決してミニカーの出来が悪い訳ではありません(笑)。


ご紹介するモデルはユニバーサルホビー製のボンドカーコレクションから、ドアミラーに仕込んだ毒矢でボンドを狙う殺し屋が乗っていたカスタムカー、ダンハム・コルボラードです。今回この記事を書くにあたって色々調べて見るまで、てっきりキャデラックをベースとしたカスタムカーだとばかり思っていたのですが、これが驚いた事にコルベットベースなのです。手持ちの資料の中にこのクルマと良く似たスタイルのキャデラックベースカスタムカーがあったのでそう思い込んでいたのでした。(・・・危うく大ウソ書く所だった。。。)そう言われてよくよく見ると確かにルーフの前半にC3コルベットの面影が感じられます。・・・と、ここでお判りの方も居るかもしれませんが、車名は「コルベット(Corvette)」+「エルドラード(Eldorado)」=「コルボラード(Corvorado)」なのです。(名付け方のノリとしてはシルエイティなんかと近い/笑)・・・英語に近い発音は”コーボラード”かも知れませんね。


↓ネットで実車の画像のあるサイトを発見しましたのでリンクを貼っておきます。


http://www.madle.org/ecorvorado.htm


                Cady_custom1


↑当方が勘違いをするきっかけになった写真。アメリカン・カスタム・コーチワークス社のグランデュア・オペラ・クーペ、こちらはキャデラック・セビルをベースとしたカスタムカー。(カーグラフィック別冊、1979年の乗用車 外国車編より引用させて頂きました。)


ネット検索ではなかなか資料が発見できなくて詳しい事は良く判りません。ホイールベースの短さから、シャシーはコルベットをベースにしているのだろうと想像出来ますし、前述の通りルーフはコルベットのままのように見えます。その他のボディ各部がエルドラードのパーツを使っているのか、似たイメージにデザインされた別物なのかはよく判りませんが、コルベットのボディがFRPである事や、両車のサイズの違いからするとオリジナルボディのようにも思えますし、どことなく継ぎ接ぎ感があるのでエンジンフードやフェンダーはエルドラードなのかも知れません。クロームのラジエターグリルもエルドラドの物ではなく、キャデをベースにしたカスタムのそれに近いように見えます。


Jl_monaco_police_ft Jl_monaco_police_rr


さて、この映画からもう1台、劇中車仕様のミニカーをご紹介。この作品で初めて登場し、次作”黄金銃を持つ男”でもタイでひょっこり登場していたペッパー保安官のポリスカーです。こちらはジョニーライトニングの1/64、ハリウッド・オン・ホイールズからの1台。前述の通り、本作はGMが車両提供をしていたので劇中の実車は'72以降のフルサイズシボレーだったのですが、JLのミニカーはお手軽にブルースモビルと同じ'74ダッジモナコで済まされてしまいました。。。とは言えグリーンメタリックにグリーンのバイナルトップ、車体標記等の細かい印刷や色差しでなかなか良い雰囲気に仕上がっています。


・・・今回ご紹介したダンハム・コルボラード、このような何ともレアなクルマが007シリーズに登場していたと言うのはちょっとした驚きでした。当時話題作りのためだったのか、アメリカの黒人風俗をリアルに描き出すためだったのかは判りませんが、このような珍しいクルマがミニカーになるのもボンドカー・コレクションのような企画ならではだったのかも知れません。残念ながら前述のシリーズ発売中止で、日本ではミニカーまでもがレアな存在になってしまいました。。。暴落していたネットオークションの相場が再び暴騰しないと良いのですが・・・。

スポンサーサイト

Comments
 No title
どもども♪、、
発売中止追悼勝手連、、ありがとうございまーす(爆)

いやいや、ほんまショックでしたわぁー、、、007ってこんなに日本で人気がなかったのかと、、しばし絶句してしまいましたもの、、

>>暴落していたネットオークションの相場が再び暴騰・・・、、

そそ、速攻で復活して、悪徳輸入業者が、廃刊と気がつく前に、格安で大量に落札してやりましたぁ、、(おーほほほほほっっ)

で、このキャデって、カスタムカーだったのね、、
ケースいっぱいのこの白いエルドラードを見て、絶対寸法の関係で、勝手に寸詰まりにしたものだとばかり思い込んで、スルーしちゃったのよねー(滝汗)

と云うわけで、当方でも、ぼちぼちとアップしていきますねー、、でもでも、そんなわけで、冊子が英語版だったり、ドイツ語版だったりと、、

ドイツ語なんて、、訳わかんないよー、、
 No title
勝手連ありがとうございます。わずか5巻で廃刊とは・・・気が早い話ですわ(涙)

コルボラード、このミニカーだけは空前絶後でしょうね。
ストライプも決まってて、格好いいなあ。日本版が出なかったのが残念です。

JL、頂いたNEWミニとは一転して、ポリスカーは流用してしまったのですね。
脇役カーの悲哀でしょうか(でも、これはこれで萌える)
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
勝手連ご快諾、いつも有難うございます。
今日は週末なので夜更かし中です(笑)。

いや~ホントにショック。もう、100%全国展開されると信じていましたもの。。。こんな事なら広島版で当方も定期購読して戦車とリトルネリーをせしめておくべきでした(笑)。

・・・海外版、速攻で落札されましたか・・・流石です。当方もクラウンは落札しておけば良かったかな~。2000GTはしっかり入手しているのですが・・・。冊子の方はフランス語版も有るみたいですよ。

で、コルボラードですが、これは70年代アメリカにおけるシルエイティです。(大嘘)。コルベットをベースにエルドラードに仕立ててしまおうって、どう言う発想だったのでしょうね?

どれぐらいの数が造られてどの位現存しているのか・・・興味は尽きませんが情報はなかなかありません。特に日本語のサイトでは情報ほぼゼロ。当時の雑誌などには情報があるのかもしれません。
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
勝手連ご快諾、いつも有難うございます。

日本の景気が回復して、全国のおじさん(当方含む)のお小遣いが増えたら、是非全国版でこのシリーズを復活して欲しい物ですね。。。

コルボラード、調べてみるまでこんなレアカーだなんて知りませんでした。いや、良い勉強になりました・・・が、日本版の冊子が出ていたらもっといろいろと詳しく知る事が出来たのじゃないかと思うとやっぱり残念です。(当方このモデルはルース状態でミニカーのみ入手。)

JLのポリスカー、劇中車としての考証のいい加減さを除けば、ミニカーとしてはなかなか魅力的なモデルだと思いますよ。JLもコルボラードを作ってくれたら楽しいのですが(笑)
 No title
どもども、、

ということで、勝手連返し、発動いたしました(爆)

ご笑覧いただけると幸いでつ、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/14368989/

でわでわ、、
 No title
時間差勝手連、ありがとうございます~!

お~、こんな珍しいのまで出てたんですね~。
前にお話ししましたが『死ぬのは奴らだ』では
ワニ園カートも出てたから、このシリーズ、
何とも気が狂ってますよねぇ…。

そういう本領発揮のところまでも行かず、
安全パイの段階で中断してしまったんだから、
悲しいですよねぇ……。
 No title
覆面える様

またまたいらっしませ~。
追悼勝手連返し有難うございます。m(_ _)m
MS40クラウン、ケース付き入手おめでとうございます!これは当方も欲しい所ですね~。
ホイールキャップがイイ感じです。

その後アメリカ車も色々出たようですし、当方も改めてチェックしてみないと・・・。
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
超時間差勝手連、ご快諾有難うございます。
何せ当方は米車バカなので、アストンマーチンより先にコレとかマッハ1を手に入れてました(笑)。007の劇中車って事ももちろん嬉しいのですが、他でミニカーになっていない車種が1/43モデルになっているので有り難いのですが・・・。

ゴルフカートの1/43モデルって言うのもある意味物凄く貴重ですよね(笑)。このクルマも単なるキャデラックのカスタムカーだと思っていたのですが、今回念のために調べてみたらコルベットベースのレアカーだと言う事が判りました。

打ち切りは本当に残念です。。。ミニカーはネットオークションで手に入っても、日本語の冊子はないんですからね~。景気が良くなったら仕切り直しで再開して欲しいです。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10