1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

Matchbox '67 Pontiac GTO

ポンティアックGTO、続けて'67年型をご紹介したいと思います。


Matchbox_67_gto_ft1 Matchbox_67_gto_rr1


'67年型のポンティアックテンペスト/ルマンズ系は、一見前年とあまり変わっていないようですが細部のマイナーチェンジを行いスタイリングをブラッシュアップしています。GTOはサイドシルの部分にクロームのガーニッシュが取り付けられるなど、よりスポーティーかつマッチョな外観となっています。販売が好調だった事もあり、マッスルカーとしてのイメージアップに余念がなかったのではないかと思われます。映画トリプルXの劇中車に使用されたりしているので、GTOというとこの年式を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。このボディとしては最終年式にあたり、翌'68年には全く異なるスタイルの次世代モデルに生まれ変わっています。メカニズム面では、この年から搭載エンジンが従来の389cu.in.から400cu.in.に変更されていました。


Matchbox_67_gto_1


↑ボディサイドの比較。ガムダクールの'66はショルダー部など細部が実車とはやや異なるイメージです。全体的に'67の方が華やかでマッチョな雰囲気になっています。


Matchbox_67_gto_2


↑同じくフロント廻りの比較・・・ミニカーの造り込みも違うので判りにくいでしょうか。。。写真では殆ど判りませんが、'67のグリルはメッシュタイプになっています。


Matchbox_67_gto_3


↑リア周りの比較。一番変化が大きいのは後姿でしょうか・・・。


ミニカーはマッチボックス・コレクティブル、シリーズとしてはモデルオブイエスタイヤ―シリーズに属する製品です。今となっては古い製品となってしまいましたが、実車の持つダイナミックなフォルムの再現、ボディと同系色にコーディネートされたバイナルトップやレッドラインのタイヤ、細かく作り込まれた床板など見応えのある出来栄えです。購入当時はおサイフにもズッシリ堪えるお値段でしたが(笑)。。。後年、'71チャレンジャーや'53コルベット等同じシリーズのキャストと共に、床板をプラ製の簡略化した物に置き換え、価格を下げたバレット・ジャクソン(アメリカの有名なアンティークカーオークション)シリーズでも販売されており、こちらは次回ご紹介する予定です。

スポンサーサイト

Comments
 No title
お、、モンキーモービルのベース車でつね、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/5917691/

で、、今、気が付いたのですけど、ガムダクールのモデルの、ショルダーのキャラクターラインって、オーバーすぎるというか、ぜんぜん違いますねー、、

でもでも、、どちも好い感じです、、
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
モンキーモービル拝見して来ました。当方はやっぱりベースのノーマル版の方が気になってしまいました(笑)。モンキーモービルもタイヤ&ホイールで随分イメージが変わっていましたね。やっぱりクルマの模型にとってタイヤとホイールの出来は大事だなあと思います。・・・しかし、この世代のポンティアック、エンジンフードとトランクが同じ位長いですよね~。

・・・で、ガムダのボディサイドは仰るとおりでオリジナルデザインとなっております(笑)。・・・やっぱりクラウンHTをベースに前後をGTO風にカスタムしたのかも(爆)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08