1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

エンジンフードが・・・~Road Champs '70 Plymouth AAR Cuda

前回のチャレンジャーT/Aと同じく、SCCA Trans-Amレース参戦を目的に開発された筈だったAARクーダをご紹介します。


R_champs_70_aar_cuda_ft1 R_champs_70_aar_cuda_rr1


↑独特のボディカラーやストライプを再現しているのにエンジンフードが・・・惜しいです。。。


AARクーダは前回ご紹介したダッジ・チャレンジャーのT/Aと同じく、クライスラーがSCCA トランザムレース参戦を目指して開発した特別なクーダでした。AARとはオール・アメリカン・レーサーズの略で、トランザムレースにおいてはクーダがこのAAR、チャレンジャーがオートダイナミクスに託されセミワークス的な体制で活躍しました。チャレンジャーT/Aの時にも記したように、340cu.in.のエンジンが使用できない事も有り、惜しくもシリーズチャンピオンを獲得する事は出来ず、社会情勢の変化等もあって'70年一杯でこの体制での活動を終了してしまったのでした。


市販バージョンのAARクーダは、成り立ち的にはチャレンジャーT/Aと良く似ており、派手なボディカラーや専用のストライプ、大きなスクープの突き出たFRP製のエンジンフード(画像のミニカーでは再現されていませんが。。。)等々が外観上の特徴です。エンジンも同様に340cu.in.6バレルのスモールブロックから290hpを絞り出しています。


R_champs_70_aar_cuda_ft2 R_champs_70_aar_cuda_rr2


↑このクーダ、左ドアのチリの合いが悪いです。当方の所有するミニカー全てがそうなので、個体差ではなく根本的な設計上の問題と思われます。。。


ミニカーは当ブログでは重要ブランドであるロードチャンプス製(ミニチャンプスとは全く関係ありません/笑)。基本的に先にご紹介したHEMI CUDAと同じボディです。・・・というのが問題でして、先に記したとおりAARの特徴的なエンジンフードが再現されていません。このロードチャンプスというブランド、凝る時は物凄くマニアックだったりする一方で手抜く時もなかなか大胆、'69ダッジ・スーパービーの塗装だけ変えてプリムス・ロードランナーとして売っていたのにはすっかり騙されました。(この珍品もいつの日か是非ご紹介したい!/笑)・・・とは言え造りは多少ユルいですが、派手なカラーリングやストライプを再現したミニカーはとりあえず雰囲気は満点。ディープリムのロードホイールや派手なホワイトレターのタイヤ等は先にご紹介したミニチャンプスのチャレンジャーよりそれっぽいかも・・・餅は餅屋じゃないですが、アメリカ車のミニカーはアメリカのブランドって事かもしれません(笑)・・・あくまで雰囲気ですが。。。

スポンサーサイト

Comments
 No title
生産台数は 3000台弱の貴重なモデル、、

340の乾いたエキゾーストがサイドマフラーから響いて、、
と、思ったら、リアのアンダーパネルになにやら四角い造形が、、(爆)

でも、この雰囲気、、仰るとおり、なかなかステキですねー、、ロードチャンプスってブランド、アタシも、青島文化教材社と同じくらい、お気に入りのブランドであります(違っ!
 No title
覆面える様

またまたいらっしゃいませ~。
おお、当方はエンジンフードばかりが気になってリアバランスパネルには気付いていませんでした~(笑)。本文に記したなんちゃってロードランナーや、'69マスタングBOSS302に70のカラーリングを施しちゃったヤツ(それもたくさんカラバリがある。。。)とか、ロードチャンプスに細かいツッコミは無用です(笑)。・・・でも、そのおおらかさ(と言うかいい加減さ)がアメリカ車らしい雰囲気を醸すから、何気に当方は好きだったりするのかもしれません。

>青島文化教材社と同じくらい
う~ん、それってなんかすごく感じ分かります。・・・でも、えるさんがUPしてた西部警察のマシンRS1とか見ると最近の青島は凄いですよね~。ロードチャンプスは残念ながら最近はミニカーを販売していないっぽいんですが、青島並みに精密仕上げで復活してくれないですかね~。・・・でも、そうすると独特の雰囲気が失われるかも!?
 No title
自分が持ってる資料によると、E/gは排気量305cu.in迄でそれ以下の排気量はボアアップで対応可…と、云う事でフォードやGMは289E/gのボアアップで対応。
対するクライスラーは340E/gの排気量ダウンで対応(詳しくは書いてなかったですが、
多分ストロークダウンでは?)してたそうです。

フォードやGMの排気量アップに対し、クライスラーの排気量ダウンでは、パワーの面で不利だったらしく、かなり苦戦してた様です。

歴史に「たら・れば」は禁句ですが、もしレギュレーションが305でなくポピュラーな350だったらまた違う結果になってて面白かったかもしれないですね。
 No title
桃色ジープ様

またまたいらっしゃいませ~。
>E/gは排気量305cu.in迄でそれ以下の排気量はボアアップで対応可

コレがはっきり判っていたならば、やっぱり340はイメージアップのための市販用スペシャルエンジンだったのかもしれませんね。翌年の'71マスタングには351cu.in.のBossが設定されていますが、これはBoss429と同じくNASCARホモロゲ用ですしね・・・。

当方の手持ち資料、A-Cars'93年8月号にチャレンジャーT/Aの記事が有るのですが、そこにはレースでは苦肉の策で318cu.in.をストロークダウンして使用したと記述されていました。本当にたらればになってしまいますが、この340cu.in.がTrans-Amで使われていたら果たしてどうなっていたんでしょうね・・・。見てみたいですね~。
 No title
あっ!申し訳無いです…318を340と書いてました。
俺ってドジ〜カッコ悪。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
当方のコメ↑はA-Cars記事の受け売りであります。。。(笑)
クライスラーの318cu.in.って実態をあまり良く知りません。(勉強不足。。。)
ちゃんと調べて勉強しておきます(笑)。
 No title
いや〜318が正解です。
318は確かにメジャーなE/gとは言えないですから資料探しも大変ですわ。

レースでは度々パワー不足を指摘されてた様なので、ストロークダウンしたE/gで他メーカーのE/gに対してパワー的に不利…と云う事を差し引いても、成績を見る限りでは、レーシングE/gのベースとしては他メーカーより劣っていたのではないでしょうか?

と、私は思ってたりします。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
やっぱりクライスラー系は大排気量のイメージが強いですよね。市販版の340cu.in.ですら特別な感じがしますし・・・。それでもTrans-Amシリーズ、戦うクルマというか、レーシングカーのアピアランスはやっぱりカッコ良かったですね~。マスタングやカマロも含めミニカーが欲しいです。

・・・V8エンジン、シェビーの350cu.in.と言い、日本人からするとどこがスモールブロック?って感じがしちゃいますよね(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08