1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

Chrysler E-Body, Dodge Challenger & Plymouth Cuda

本当は45周年記事に続けて'69~'70マスタングをご紹介しようと思っていたのですが、長らく待ち続けた新製品がようやく発売になったので急遽予定変更。クライスラーのEボディ・スペシャリティ、ダッジ・チャレンジャー、プリマス・クーダをご紹介したいと思います。


E_body_01


↑ロードチャンプスの'70AARクーダとミニチャンプスの'70ダッジ・チャレンジャーR/T。もっとサイケな書体のフォントを持っていれば良かったのですが・・・。


海外のネットオークション等では少し前から出回っていたミニチャンプスのダッジ・チャレンジャーが漸く日本でも発売されました。高価なホワイトメタルやレジン製品を別にすれば、'70チャレンジャーのR/Tは1/43モデルがなかったので、この製品化はとても嬉しいニュースでした。(いや~それにしても当初の発売予定から長い事待たされましたが・・・。)また、以前'67シェルビーGTの製品化をご紹介したグッドスマイルレーシングがチャレンジャー、クーダの製品化も企画しているようでこちらも楽しみです。


ダッジ・チャレンジャー/プリマス・バラクーダ,クーダはマスタング/クーガー、カマロ/ファイアバード、AMCジャベリン等に対抗するポニーカーとしてクライスラーが送り出したクルマ達でした。クーダの方は'64年、マスタングとほぼ時期を同じくして初代モデルが誕生していますが、ライバルのマスタングがコンパクトカーであるファルコンをベースにしながらも独自のボディを持っていたのに対し、プリマス・バリアントのクーペボディバリエーションという成り立ちでした。'68型で2世代目へ移行し、今回ご紹介する'70年型~は3世代目にあたります。一方のチャレンジャーは'70年が初登場の年。折悪くオイルショックの洗礼を受け、また排ガス対策で自慢のヘミエンジンを失う等の不運に見舞われ、両車共に僅か4年で消滅しました。その後ダッジチャレンジャーの方は '08年型として復活したのはご存知の通りです。


共にEボディと呼ばれる兄弟車のような存在で、ライバル達と同等の4.8m前後の全長に対して全幅が1.9mと広い特異なプロポーションを持っています。一見キャビン周り等は共通のように見えますが、実際はホイールベース等も異なり、単純な兄弟車では有りません。ヘミエンジンを搭載したR/TやT/A等ホットバージョンも色々と存在し、派手なカラーリングや独特なワルな雰囲気もあり、マスタングやカマロとはまた異なる魅力を放っています。バニシングポイントなど映画での活躍が強烈に印象に残っている方も多いのではないでしょうか?次回最新製品のミニチャンプス製の'70チャレンジャーR/Tから何台かミニカーをご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

Comments

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10