1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

更にその上へ~NOREV '06 Dodge Charger SRT8

前回に続きダッジ・チャージャーです。今回は伝統のグレード、R/Tよりもさらに高性能版となるSRT8をご紹介します。


Norev_charger_srt8_1_3


↑新旧2台の特別なチャージャー。生まれた目的は異なりますが、それぞれの時代でラインナップの頂点に立つクルマです。


先回ご紹介した現行モデルのチャージャーはR/Tで、Road and Track、つまり”街乗りとサーキット走行を両方こなすぜ”という意味の伝統あるスポーツグレードの名称です。そのR/Tでもエンジンは5.7リッターHEMI V8 368hp('09モデル)と十分な性能を備えていますが、更なる高性能バージョンとして登場したのがSRT8です。そのエンジンは6.1リッター425hpというハイパワー振り。外観もインテークバルジを備えたエンジンフードやリアスポイラー、20インチの大径ホイールでよりマッチョに武装されています。その後R/Tにデイトナバージョン等も登場していますが、現在においてはSRT8がチャージャーのラインナップの頂点に君臨しています。


Norev_charger_srt8_ft1_5 Norev_charger_srt8_rr1_9


ミニカーはR/T版と同じくノレブ製。バルジを備えたエンジンフードやサンルーフ、リアスポイラー等各部がR/Tと異なる仕様になっています。ボディカラーは当方の所有しているブラックメタリックの他、ダークブルーメタリックも存在するようです。R/Tより更に凄味を増したスタイリングで、スパルタンなイメージのカラーリングとも相まって迫力満点の仕上がりです。


Norev_charger_srt8_ft2_2 Norev_charger_srt8_rr2


さて、トップの画像で並べているのは往年のダッジ・チャージャー・デイトナ。NASCAR参戦を目的に製作されたスペシャルマシンで、同じ目的で製作されたチャージャー500を発展させたクルマです。ノーズコーンと呼ばれる独特なフロントマスクや高く聳え立ったリアスポイラー、ノーマルと異なるプレーンで空気抵抗の少ないルーフ形状等、徹底したエアロチューンが施されていました。残念ながら'69年シーズンはかのリチャード・ペティがフォードのトリノ・タラテガをドライブしていたためシリーズチャンピオンは獲得出来ませんでしたが、そのコンセプトは翌年のプリマス・ロードランナー・スーパーバードに受け継がれたのでした。


Norev_charger_srt8_2 Norev_charger_srt8_3


↑チャージャー・デイトナのミニカーはイーグルレース(ユニバーサル・ホビー)製。個人的にはデイトナよりノーマル・チャージャーの外観の方が好きなのですが、これはこれで歴史に残る偉大なる1台と言えそうです。

スポンサーサイト

Comments
 No title
お、、デイトナチャージャーに烈しく反応してしまいました、、

このモデル、同じ金型で、テスターからも組み立てキット仕様で出てますねー、、

やっぱ、いーなー、、スーパーバード、、
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
ユニバーサルのチャージャーデイトナ、色違いやレース仕様等たくさんバリエーションが出ていましたが、やっぱりテスターのキット(って言うか未組み立てミニカー/笑)って同じ金型ですよね。テスターは同じ1/43でニューレイやモーターマックスのミニカーもキット形式で発売しています。不思議なブランドですよね。

追伸;以前NYPDのポリスカーと共に紹介されていた映画、”重犯罪特捜班 ザ・セブンアップス”5/2発売予定で初DVD化らしいです。後程サイドバーに出しておきます。
 No title
やっぱデイトナ、カッチョイイですよね~!
キャラカー好きの当方としては、
コレはいずれミニカーを手に入れたい一台です。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
ユニバーサルホビーの1/43モデル、中々出来が良く価格はそこそこ安かったのですが最近は見掛ける機会が減っている気がします。例のボンドカーも一向に国内販売されないし・・・。

・・やっぱり皆さん、最新モデルより古のモパーマッスルの方がお好きみたいですね。やはりオリジナリティの高さの差でしょうか?チャージャーデイトナとプリマススーパーバード、強烈な個性を放っていますよね~。当方はプリマスの方は未入手なので、1/43でノーマル仕様&かのリチャード・ペティ仕様が欲しいですね~。カーNo.も43だし(笑)。
 No title
自分もテスターのキット持ってます。
8年位前、職場の近所の某量販店でワゴンに山積み(しかも半額)されていたものを10個程大人買い。
「これはノーマル、これはレース仕様に、これはスーパーバードに、これはリチャード・ペティ仕様に.....」と、想像を膨らませつつ未だノーマル以外実行されてません(笑)。

デイトナと云えば、ヘミが載ったバージョンの試乗インプレで(確かロード&トラックだったかな?)「シロウトが乗っても150マイル巡航が出来、更に高速域での安定性も比べる者が居ない驚異のマシン」と、ベタ誉めだったそうです。
当時と云えば、クロスプライのタイヤが一般的な時代、クライスラーの本気(口の悪い人は大人気無さ)が見える1台ですね。

そういえば、スパイスガールのプロモにも(何だったかな?)スーパーバードが出てたなー。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
テスターのキット10個!ホントにモパーがお好きなんですね~。そうなんですよね。スーパーバードの方は1/43でコレと言った物がないですからね~。改造すれば比較的楽に雰囲気が出そうですね。当方もそうやって買い込んだマスタングのミニカーがたくさん有ったりします。そのまんまになってるのも同じです(笑)。

こけおどしっぽくも見える空力パーツもレースの為に生まれた物なので効果があって、高速域の走行安定性に大きく寄与しているのでしょうね。英語版のウィキには空力パーツの開発にはNASAが関わったなんて書いてありましたがホントなんでしょうか?

追伸;ラストアメリカンヒーローのDVD届きました。なかなか良かったですよ~。ストーリーもですけど、No43のブルー/レッドの'72プリマス、ピューロレーターカラーのマーキュリー・サイクロン等のレースシーンが観られました。
 
同先代ダッジチャージャー、2006年に登場初期の340馬力タイプのR/Tで5速オートマ付きがゼロヨン13.69秒、強化型のデイトナ(350馬力)は13.6秒、ましてこの431馬力SRT-8に至っては...まさかまさかの11.66秒!!!!を記録した個体までがあったと言われ、まずR/Tで同時代(2006-2010年まで製造)のアウディS8/5.2LV10(450馬力)の13.6秒と対等にしてマセラティクアトロポルテ/4.2LV8(401馬力)の13.8-14.2秒よりも勝り、デイトナもまた然り、SRT-8の如きは6.2L/457馬力搭載のメルセデスC63AMGの12.1秒を凌ぎメルセデスE63AMG(6.2L/525馬力)と対等、BMW M5先代(507馬力)とも等しいと言う到底ohv2バルブらしからぬ高効率を示しており、アメ車の可能性を江湖に知らしめた一作であることには敬意を惜しみません!
何しろ同シリーズのベーシック版たる3.5L/250馬力V6搭載のSXTでさえもノーマル仕様でゼロヨンベスト値15.1秒を弾き出した個体があったと伝えられ、これは先代アウディA6 3.2(255馬力)の15.4秒、アルファロメオ159 V6(3.2L/260馬力)の15.8秒を凌ぐ「馬力荷重の割に驚異的」な数値であったことも付け加えましょう。
以上のようにアメリカ車の歴史に新紀元を築いたダッジチャージャー、2020年頃アルファロメオの大型セダン「アルフェッタ」と共通の骨格でモデルチェンジを実施する公算が大と言われておりますがどのように新たなエポックを創るか、目を離せないと思います。
 Re: タイトルなし
真鍋清様

コメント有難うございます。
最近のアメリカ車、エンジンのパフォーマンスのみならず、コルベット、キャデラックCTS、
マスタングやカマロがニュルのタイムアタックで、並み居る欧州製高額ハイパフォーマンスカー
を凌駕するのを見るにつけ、アメリカ車ファンとしては喜びを禁じ得ないですよね。
今年はチャレンジャーに4輪駆動モデルが登場すると言う事ですし、ますます目が離せません。

FCA体制となった後のクライスラー各車、フルサイズ系はどうなるのか期待と不安の入混じった
気持ちで見ています。デザインんなどは余り心配しないでも大丈夫かなと思いますが・・・
果たして大出力のV8パワーを受け止められるシャシーを作り上げる事出来るのか・・・
その辺りが成功の鍵ではないかなと言う気がします。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08