1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

ステーションワゴンではなくスポーツワゴン~NOREV/Spark Dodge Magnum R/T

最近のアメリカ車クライスラー編、続いてはクライスラー300の兄弟車とも言えるダッジ・マグナムです。残念ながら”最近の”とは言えるものの”最新の”とは言えなっくなってしまったのですが・・・。


Magnum_1


↑古のマッチボックス・スーパーキングスのモナコ・ワゴンとノレブのマグナム。同じダッジのワゴンながらそのキャラクターは大きく異なります。(残念ながらモナコ・ファイヤーチーフは1/43よりちょっぴり小さ目。)


今回ご紹介するダッジマグナムは、基本コンポーネントをクライスラーの300と共有するダッジブランドのクルマです。クライスラー自身が'80年代に大ヒットさせたボイジャー/キャラバン等のミニバンの登場により、セダンベースのいわゆるステーションワゴンは急速に減少しほぼ絶滅してしまっていたのですが、'04年春、モデルイヤーとしては'05年型として久々のワゴンボディの新型車として登場したのでした。


Spark_magnum_ft1 Spark_magnum_rr1 Spark_magnum_ft2 Spark_magnum_rr2


↑個人的には実車のマッチョなイメージはノレブより雰囲気があるように思えるスパーク製。ただ床板はレジンキットの如くシンプルなんですよね・・・。


ただしそのキャラクターは往年の鷹揚なステーションワゴンとは異なり、クライスラー300と同じメルセデス譲りのシャシーにV8HEMIエンジンを搭載したスポーツワゴンとも言うべきもので、高性能バージョンのSRT8も存在しました。スタイリング的にも300譲りの高いウエストラインと低く抑揚のあるルーフラインにようるマッシブでアグレッシブなものでしたが、それもそのはず、ドア断面等はクライスラー300と共通で、輸出市場ではこのワゴンボディに300の顔を組み合わせて販売されており、日本でもクライスラー300ツーリングとして販売されているのをご存知の方も多いかと思います。


Magnum_20 Magnum_21


↑初代マグナムはこんな感じのクルマ。当時のダッジ・チャージャーのボディをベースにフロント廻りを中心としたスタイル変更で大きくイメージを変える事に成功していました。ワルな雰囲気が漂うのはクライスラーの伝統!?


さて、このマグナムというなかなかインパクトの有るネーミングは、実は近年初めて登場した物ではありません。'78年、ダッジ・チャージャーの上級車種として登場し、たった2年で消えてしまった2ドアクーペで使われたのが始まりです。かのH・Bハリッキー氏の映画”ジャンクマン”に登場した、仲間のサンダーバードと共に主人公を執拗に追い回す殺し屋の乗っていたクルマがそれです。チャージャー譲りのワルな雰囲気に満ちたスタイルで当方はなかなか好きなクルマなのですが、残念ながらミニカーは所有していません。(多分存在しないのではないかと思います。)・・・なので、映画からキャプチャーした画像でそのスタイリングをお見せしましょう。・・・因みに映画に登場した劇中車は'78年型でした。


Magnum_22 Magnum_23


↑クライスラー系の例に洩れず、ヒールとしてその散り際はなかなかのモノでありました。(合掌。)


さて、話を最近のマグナムに戻すと、実車の登場時にかなり話題になった為か、1/43ミニカーでもノレブ、スパーク、マイスト、モーターマックス等が製品化しています。当方は迷った挙句先ずスパーク製を購入し、その後結局ノレブも(特価で)入手してしまいました。どちらも素晴らしい出来なのですが、当方の個人的な好みでいうとルーフラインなどボディのプロポーションの雰囲気はスパーク、インテリアやシャシーを含めた全体の精度はノレブという感じでしょうか?マイスト、モーターマックスは日本では余り見かけないのと、スパーク・ノレブで満腹だったので入手していません。(その後ノレブから発売されたSRT8も未入手。)・・・そう言えば以前クラウンビクトリアのポリスカーをご紹介したファーストレスポンスからも大量のポリスカーバージョンが発売される予定になっています。


Norev_magnum_ft1 Norev_magnum_rr1  Norev_magnum_ft2 Norev_magnum_rr2


↑床下や各部のディテールの造り込みに優れるノレブ製品。プロポーションはスパーク製に一歩譲る?


サブプライム・ショック以前から経営が芳しくなく、ダイムラーとの縁も切れてしまったクライスラーは、リストラの一環として車種の整理を計画、残念ながらこのマグナムも'08MY一杯で生産終了となってしまったようです。'07年の販売台数は約30,000台。単純に12で割って月販2,500台ではアメリカのビジネスでは採算が合わなかったという事なのでしょう。

スポンサーサイト

Comments
 No title
お、マッチボックスに烈しく動揺(爆)

このモデル、後ろにいろいろと引っ張って、バリが多いですよねー、、でも、赤いのは初めて見ました、、

で、ダッジマグナム、、さすがにこのプラキットは見当たりませんよねー、

77とか78のロードランナーのキットは、ちゃんとmpcから出ているのにです、、

1/43で、78マグナムって存在するのでせうか、、
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
モナコのファイヤーチーフ、K-67のNo.が付いていますが、当方は逆に他のバリエーションを良く知らないです(笑)。箱に横浜伊勢佐木町にあったBIG BOYという模型店の値札が付いていて¥1,300-でした。(絶版品ではなく新品の売れ残りだったような記憶が有ります。)消防士さんのフィギュアが1体付属していますよ。複数持っていればリペイントしてクリーム色やライトグリーンメタあたりに木目パネルなんてカラーリングにしたいですね。

マグナム、カッコ良いんですけどね~。1/43ミニカーが有ったら是非とも入手してココでご紹介したい所です。NASCARに出ていた(らしい)ので、ひょっとしたらスターターのレジンキットが有ったりするかも???'71~の3代目チャージャーは間違いなく有りました。その他'76くらいのオールズ442等も有ったと思います。・・・買っておけば良かったです。。。
 No title
 マグナム、昔のチャージャーと関係のある車はマグナムXEでしたが、個人的にはあの丸目よりこちらの空力的で斬新なボディのほうがチャージャーを名乗っても良かったのでは……と思いますね(というか、チャージャーだけでなくクライスラー系マッスルカーは末路が悲惨ですね……)。ジャンクマンでは乗ってる人間の名前も「マグナム」、黒いTバードの暗殺者は「ブラックバード」で、あのビッグ3揃ったチェイスシーンはやっぱり素晴らしいものでした。
 
 No title
事実従事様

いらっしゃいませ~。
そうでした。古い方は正式にはマグナムXEですね。ご指摘有難うございます。m(=_=)m
チャージャーの方はジャガーみたいな顔でちょっと品が良くなっちゃってたでしょうか(笑)。当方もマグナムの顔の方が凄味が有って好きです。基本的に同じボディなのに良くあれだけ印象を変えられますよね。

ジャンクマンではエルドラドがFF故の意外な悪路走破性(!?)を披露していたのも興味深かったですが(笑)、個人的にはマグナムXEの存在感に参ってしまいました。低いアングルでグオ~っと迫ってくるのが迫力満点でした。・・・それと、マグナムと顔が良く似たダッジ・セントレジスのポリスカーもカッコ良かったですよね。
 No title
 >チャージャーの方はジャガーみたいな顔
 そうですよね。しかも後におなじボディシェルを使ったラクシュリーカーであるコルドバが登場するという……
 マグナムXEとセントレジスは、見る限りボディは違うようですけど顔はそのままですね。当時実際にパトカーとして多くが使用されていたそうですが、ネコのワールド・カー・ガイド『CHRYSLER』によると、品質が相当悪かったそうです。でもカッコイイ……

 マグナムは、他の二台と比べてもグッと低く広く見えるので、それがいいですよね。あの頃のエルドラドはちょっとずんぐりむっくりなので、余計そう見えます。

 
 No title
事実従事様

またまたいらっしゃいませ~。
当方の手元には枻文庫の”アメリカンポリスカー大図鑑”という文庫本があるのですが(←既にご存じかもしれませんがサイドバーのオススメ本に加えておきました。)ダッジ・セントレジス/クライスラー・ニューポート、初期には欠陥車騒ぎもあったそうです。品質が安定してからは一転してポリスオフィサーの評価も高まったそうですが、それでも'79~'81年の3年間しか造られなかったんですよね。(モッタイナイ。。。)

ワールドカーガイドのクライスラー、こんな車種まで取り上げられているんですか~。買ってみようかな・・・貴重な情報、有難うございました。m(_ _)m
 No title
マグナムにチャレンジャー、デーモンにダスターにチャージャー。
ハイパフォーマンスカーに理解を中々理解を示さない日本のお役所の神経を逆なでしそうなネーミング

ビビッドなカラーリングといい、ネーミングセンスといいモパー系はホント愉快だなぁ。

だから大好き!
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
チャージャーやチャレンジャーはまだしも、ダスター、デーモン、フューリー等、日本語に訳すととんでもない事に・・・(笑)
クルマの名前も、ボディーカラーも凄いけど、ボディーカラーの名前も凄いですよね(笑)。

今も昔もクライスラーのクルマはGM,フォードとはっきりした違いが有りますけど、サイケな花柄のバイナルトップなんて、世界中のどのメーカーもマネ出来ないとですよね…そういうのがカッコ良くきまっちゃうからスゴイです。

だから当方も大好きであります。
 No title
事実従事さんのコメントを裏付けるエピソードを。
20年ちょっと前、一緒にバカやってた友達がコルドバを購入(79年位のやつ)。

コンポを付けようとドアの内張を剥がしたたら.....
そこには英字新聞に包まれたガムとゴミ....

そしてドアには油性マジックで描かれた意味不明の落書き(サイコなイラスト)。

ワンオーナー車とはいえ、並行モノのコルドバ号は皆にシャレにならない笑いを提供してくれました。

ちなみにコルドバ号は道の真ん中で止まるトラブルを繰り返した挙げ句廃車と相成りました(ガソリンスタンドに入るとき、軽い段差で左のフロントアームがちぎれてくれました)。

いや~あの頃のアメ車の信頼性の無さは都市伝説かと思ったら事実でした(笑)。
流石に今ではそんな個体は淘汰されて、
マトモなやつ(経年劣化によるトラブル除く)が多いらしいけど......。

何気に70年代後半から80年代前のアメ車はトラウマ(シボレーのクロスファイヤーインジェクションとか)です。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
>コンポを付けようとドアの内張を剥がしたたら.....
そこには英字新聞に包まれたガムとゴミ....

>そしてドアには油性マジックで描かれた意味不明の落書き(サイコなイラスト)。

・・・なんだか同じようなハナシを私も友人から聞いた事があります。それは都市伝説でも何でもなく紛れもない事実なのだと思います。サイコなイラストはなんかコワイですね。。。。。

う~ん、あの頃と同じような状況になっちゃってる現在は大丈夫なんでしょうか?・・・。ジープさんやジープさんのお友達の方も古いアメリカ車には色々と苦労されているようですね・・・。思えばこの時代のクルマの不甲斐なさが、今日の日本での不当とも言えるアメリカ車の評価の低さにつながっているような気もします。
・・・80年代のクルマもやっぱりダメなのですか?デザインとかを見ると随分持ち直しているようにも見えますが・・・。

当方の所有していたマスタングも色々と当方に苦痛を、周囲には笑いを提供していました(自爆)やっぱり、旧いクルマは十分な資金力のある人しか維持できない物なんでしょうね。私のクルマの場合、造られた時はちゃんとしていたかも(!?)知れないのですが、後年アメリカで行われたレストアがいい加減だった模様です。。。車検に出したら大金がかかる事が判明し、そのままお別れと相成りました。。。今は最新型のマスタングが欲しいとうわ言を言っている始末であります。。。
 No title
あっ....80年代半ばからは全然Okです。
何気にあのやる気ナッシングモードだった頃の年式のモデルがトラウマなだけでその他の年式は全然Okです。

ただ、最近の状況を見ると昔のやる気ナッシングモードを繰り返さない様祈ってしまいます(信頼を取り戻すのに結構時間掛かりましたし.....)。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
そうですか~。当方も会社の同僚で3rdカマロ(もちろんV8)に乗ってた人がいて、調子も良く燃費も結構良かったと聞いていました。

>最近の状況を見ると昔のやる気ナッシングモードを繰り返さない様祈ってしまいます

ホントですよね。それ以前に会社が無くなっちゃわないと良いのですが・・・。余りに頑ななUAWとか、ちょっと日本人には理解出来ない所もあります。1度チャプター11を適用して、色んなしがらみを断ち切った方が良いのではないかという気もして来ちゃいますよね・・・。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10