1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

最近のクルマ・・・と、そのヒストリー。Ford GT Part1

最近のアメリカ車フォード編、そろそろネタが尽きて来ました。最後にFORO GTをご紹介したいと思います。”最近の”と言いつつ、その実は・・・。(小さい画像はクリックで少し拡大。)


Ford_gt_1


さて、最近のアメリカ車フォード編の最後を飾るのは'05フォードGTです。このクルマに関しては、以前マスタング、シェルビーコンセプトとの3台セットの記事でご紹介していますのでそちらを参照して頂くとして、今回はそれをダシにしてオリジナルのフォードGT40のヒストリーについて記してみようと思います。(おいおい。。。)


Ford_gt_ft1 Ford_gt_rr1


↑まあ、なんだかんだ言ってもやっぱり出来はスゴイです・・・。


ホモロゲーション獲得の為に市販バージョンが存在したとは言え、オリジナルのフォードGTは基本的にはレースを戦う為のマシンとして開発されたクルマでした。フォードがルマンをはじめとするプロトタイプカーレースに参戦したのは、欧州における知名度UPの為だったとも、はたまたマスタングを始めとする市販車のスポーティーイメージの高揚の為だったとも言われていますが、当時も一般的認知度の高かったルマン制覇はフォードの悲願であり、その取り組みも生半可なモノでなかった事だけは確かです。フォードGTのルマン初参戦は'64年、3台のMk-1によってでした。しかしこの年は全車リタイヤ。翌'65年はマシンの熟成にシェルビー・アメリカンの手を借り、6台エントリーという物量作戦で挑みましたがこの年も全車リタイヤ。第1期MkⅠ時代は散々な結果に終わっています。


フォードがルマンで初めて勝利の栄冠を手にしたのは'66年、マシンはマークⅡと呼ばれる排気量427cu.in.(7リッター)の怪物マシンに進化していました。外観はシンプルなマークⅠに対してリアカウルが高くなり、突き出た1対のエアインテーク等、より筋肉質で逞しいスタイルとなっていました。330P4や365P2/3を相手にこの年はフォードの圧勝。見事1-2-3フィニッシュを飾りましたが、ヘンリーフォードⅡ世直々の指示で編隊走行を行いながらチェッカーを受けた結果、走行距離の関係でトップを走り続けたカーNo.1とNo.2の順位が入れ替わってしまうというオチもありました。


Ford_gt_ft2 Ford_gt_rr2 Ford_gt_ft3 Ford_gt_rr3


↑今日的な目で見れば、プロポーションは余り正確ではないのですが、独特の”雰囲気”があるモデルです。黒いNo.2が最終的に1位になったシャシーNo.1046号車、ブルーのNo1が涙の2位、シャシーNo.1015です。つくづく3位のカーNo.5シャシーNo.1016も買っておくべきでした。。。


ミニカーはちょっと古いイタリアのバンモデル製。黒いボディのカーNo.2(シャシーNo.1046)が最終的にウイナーとなったクリス・エイモン/ブルース・マクラーレン車、No1(シャシーNo.1015)が編隊走行のとばっちりで2位に甘んじたケン・マイルズ/デニス・ハルム車です。筋肉質でいかつい実車よりもグラマラスでセクシー(!?)な仕上がりは、やはりイタリア製のミニカーならではと言えるでしょうか。リアのカウルが開き、簡単な表現ながらOHV-V8 7リッターエンジンが拝めるのも特徴的です。本当はカーNo.5(シャシーNo.1016)も入手して、3台編隊走行を再現したかったのですが・・・発売当時はお金が廻らなかったですね~。無理してでも買っておけば良かった・・・。やっぱり欲しいと思ったミニカーは、買っておかないと後悔しますね。。。


Ford_gt_3 Ford_gt_4


↑今の所、当方が'66年ルマンの1位~3位を通しで所有しているのは、京商のサークルKサンクス限定1/64 USAスポーツカーシリーズのみ。。。1/64というサイズや価格を考えれば非常に良い出来で、この3台をラインナップしているあたりは流石にツボを心得ている感じですね・・・。


同じ66年のルマン仕様はIXOからも発売済&続々発売予定です。今の所、カーNo.1とNo.2が発売済。当方手持ちのNo.2はデルプラド流れのコンビニアイテムで、てっきりIXO製の通常品と同じキャストだと思い込んでいたのですが、後から発売されたNo.1と比べたら全く別のキャストでした。3位入賞のカーNo.5も発売の予定なので、今回は後悔しないよう入手して、編隊走行シーンを再現したいと思っています。(ミニチャンプスもフォードGTを出すらしいのですが・・・。)


Ford_gt_ft4 Ford_gt_rr4 Ford_gt_ft5_2 Ford_gt_rr5_3


↑上のカーNo.2、デルプラド流れ品ですが、確かイクソ製だったような記憶が・・・しかし、下の通常版カーNo.1と全く別キャストでした。


・・・今回簡単にしか触れなかったのですが、2005年型の復活版は'64,'65年の2シーズン、良い所のないまま終わったMk-Ⅰに近いスタイルをしていました。実はこのMk-Ⅰ、後にドラマチックな活躍をする事になるのです。それがかの有名なガルフカラーのマシン。その事については次回に触れたいと思います。(・・・と、言う事で次回に続く。)

スポンサーサイト

Comments
 No title
イクソ製、、デキは素晴らしいですよねー、、

当方も、フジミの1/24のキット(例の模型店完成見本用)の組み立て用の資料として購入したぐらいですもの、、

しかし、Ford GT、、こんだけ揃うと壮観ですなぁー、、一台当たりの単価も凄いのに、、ほぇ~

ウチの押入れに、mpcの1/25のキットがあったと思います、、そのうちにでも、、

でわでわ、
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
フジミの1/24、当方もカーNo.2を組もうとしてデカール貼り後のクリア塗装に失敗して挫折した経験アリ。。。[E:shock]
しかし、ボディのプロポーションと言い、日本のキットにしては珍しい組み応え(笑)と言い素晴らしいキットですよね。

>>一台当たりの単価も凄いのに、、
・・・ちゃんと記録を取ってないのであいまいですが、バンの2台は買ったのが10年以上前だと思うので、減価償却済みかと・・・(意味不明/笑)。確か1台3千円台だったと思います。

デルプラド流れの黒はコンビニアイテムでオクで500円でした。京商の1/64と殆ど同じ値段でつ。。。IXO製だと思うのですが通常品のNo.1と型は全く別物です。初めて並べた時は驚きました。出来はどちらも良いですね。・・・ミニチャンプスもフォードGT Mk-2を発売するらしいのですが・・・何処までバリエーションを作るんでしょうか・・・。
 No title
やっぱフォードGTカッコイイですね~!
黒いのがデルプラドの奴ですか~。
出来映えはいいんだけど、やっぱ色はスカイブルーの奴の方が好きだなぁ……。
 No title
fziro様

いらっしゃいませ~。
ヘンリー・フォードⅡ世がフォード車の勝利を高らかに宣言する為に3台並んでのゴールインを指示し、結果として黒のカーNo.2が優勝した訳ですが、本当はブルーのカーNo.1がずっとトップを走り続けていたそうです。幻の1位ですね。

デルプラド版のモデル、ディテールはともかく、プロポーションはIXO通常版より雰囲気良いんじゃないかと・・・。これもIXO製だった気がするのですけど、何故金型が別物なのか謎です。
 No title
どもでつ♪

突然ですが、超時間差勝手連を発動いたしました、、

ご笑覧いただけると幸いでつ。。

でわでわ、、

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/13515273/
 No title
覆面える様

拝見してまいりました~。
勝手連有難うございます。m(_ _)m

いつもながら素晴らしいフィニッシュ。フジミのキット、当方はカーNo.2で挫折したので胸が痛いです(笑)。

最近イクソのカーNo.5が発売され、憧れのワン・ツー・スリーフィニッシュが1/43で再現出来るようになりました。いずれその様子もウプしたいと思います。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08