1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

今日はチャージャー・・・ではなくチャレンジャー ~GOODSMILE RACING '70 Dodge Challenger R/T SE + Shelby Cobra 427SC

チャージャーをご紹介している最中ですが、ここの所嬉しい新製品が立て続けなのでちょっと割り込み企画です。


Gs_challenger_1


↑2色発売されたチャレンジャー、ストライプやエンジンフードなど、実車のバラエティーに倣ったバリエーション展開が嬉しい所。


かねてよりアナウンスされていたグッドスマイルレーシングのダッジ・チャレンジャー、シェルビー・コブラ427SCがいよいよ発売されました!!最初の製品である'67シェルビーGT500でその完成度の高さを見せつけられていただけに今回も大いに期待していましたが、ホビーフォーラム会場で目にした現物はネットや雑誌の写真より更に好印象でした。プロポーションも良好で樹脂製ボディーのシャープさはやはりダイキャストとは一味違うキレの良さを感じます。何よりチャレンジャー独特のツラ構え、彫りの深いラジエターグリル、内側のランプが外側より引っ込んで配されたデュアルヘッドランプ等、マスタングやカマロにガンくれてるみたいなワルな表情の再現がたまりません。ボディサイドのプレスラインはちょっぴりつまみ過ぎな気もしますが・・・。


Gs_challenger_ft1


Gs_challenger_rr1


Gs_challenger_ft2 Gs_challenger_rr2


↑プラムクレイジー(パープルメタ)はボディサイドを前後に走るストライプにエンジンフードはボディ同色の仕様。


グッドスマイルレーシングのチャレンジャーは登場初年の'70年型R/T、レザーシートなど豪華装備が奢られたSE仕様で製品化されました。SEの特徴の一つであるリアウインドゥが一回り小さいバイナルトップもしっかり再現されています。(・・・と言う事は密かに期待していた白一色仕様はこのままでは造れませんね。。。/笑)ボディカラーはどちらもクライスラーのハイインパクトカラーであるプラムクレイジーとパンサーピンクの2色。プラムクレイジーはラリーフードがボディ同色でボディサイドのプレスラインに沿って長いストライプが入ったタイプ、パンサーピンクの方はラリーフードがブラックアウトされ、ストライプはテールのバンブルビータイプと実車同様バラエティー豊かに作り分けられているのが嬉しい所。やっぱりアメリカ車のモデルはこういう所まで徹底的に拘らないとコアなファンは納得しないんじゃないかと思います。


Gs_challenger_ft3


Gs_challenger_rr3


Gs_challenger_ft4 Gs_challenger_rr4


↑パンサーピンクの方はバンブルビーストライプとブラックアウトされたエンジンフード。どちらもカッコ良いです。


さて、同時発売のシェルビー・コブラ427SCは・・・これまた素晴らしい仕上がり。コブラの1/43というと、プロポーションが良いとディテールが粗雑だったり、逆に造り込みは素晴らしいけどプロポーションが・・・だったりと高価なホワイトメタル製品を除くとなかなか決定版がない感じでしたが、この製品は両方を兼ね備えた数少ない製品と言えそうです。ホビーフォーラムの会場では289の製品化も検討しているとのお話も聞けました。シェルビーはいずれじっくりご紹介しようと思っていますので、今日の所はチラ見せでご勘弁を・・・。


Gs_cobra_427_sc_ft


Gs_cobra_427_sc_rr


↑コブラも素晴らしい出来。プロポーションの良さと、ディテールの繊細さを兼ね備えていると思います。


グッドスマイルの新製品、当方がお世話になっているショップではパープルのチャレンジャーが発売早々に完売したとの事。ネットではコブラの方も在庫切れになっているショップがちらほら・・・。不景気の折ミニカーの販売も今一つ元気がない中、1/43アメリカ車コレクターとしては嬉しい限り。やっぱり的確な車種選定と見応えのある仕上がりなら売れるモノは売れるという事ではないでしょうか。願わくば以前アナウンスされた'68コルベットや'71マスタング等、このシリーズが更に充実してくれる事を期待したい所であります。

スポンサーサイト

Comments
 No title
おおっっ、、、♪

426 HEMIに 敢えて シェイカー・フード オプション無し、、、最高でつねー、、
で、当然、ピストル・グリップ HURSTシフターでつよねー、、あと、グッド・イヤーのポリグラス・GTを組み合わせてとww

コブラの1/43は、京商とか各メーカーからそれなりのデキのモデルがありましたけど、、正確なカタチの1/43サイズのチャレンジャー、それも70年式は、すんごく嬉しいですよねー

後は、肩身の狭い1974年式も欲しいところですーww
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。

そうそう、'70年型チャレンジャーは1/43では決定打と言える製品がなかった
だけにとても嬉しいですね~。その昔高価なレジン完成品でなかなかの出来
のがあったのですが手が出ませんでした。

当方もチャレンジャーに関してはシェイカーフードよりラリーフードの方が
好きであります。このモデルはその辺りも含め、かなり拘って作っている感
が伝わってきて嬉しくなってしまいます。塗装も美しいですし、アメリカ車らしい
迫力と細密な仕上がりが両立としている数少ない例ではないかと思います。
SE仕様なのでこのままではバニシングポイント仕様が作れないのだけが残念(笑)。

コブラもプロポーション、作り込み兼備の稀有な逸品なので、ホント、この2台が
売れてシリーズが更に発展してくれる事を期待したいです。

>後は、肩身の狭い1974年式も欲しいところですーww
その辺りはマスタングⅡや3代目チャージャー、初代マグナム辺りと共に
NEOがやってくれないかな~と密かに期待してます・・・あのラインナップなんで(笑)。
 No title
こんばんは!

今日、ショップで現物を眺めてきましたがこれスンバらしいですね!!
樹脂ボディながら、きれいな塗装なので重厚な感じですし、
プロポーションもイメージ通り。
コブラのマッスル具合は半端じゃないカッコ良さがあります。
フロントスクリーンがこんなに薄くシャープに再現できたのは、
一番のグッジョブだと思います(笑)

先月はちょっと調子に乗っていろいろ買ってしまったので、
今月半ば以降残って入れば、欲しいですねぇ。
 No title
hiroki様

いらっしゃいませ~。
本当にコブラの方もカッコ良いですよね~。
ホビーフォーラムの会場でグッドスマイルの方から「289も企画中です。」
と言うお話を伺ったので、ナローボディーの登場も大いに期待したい所です。

>今月半ば以降残って入れば、欲しいですねぇ。

・・・無事入手される事をお祈り致します。当方のお世話になっている
ショップは紫のチャレンジャーも再入荷したみたいです。半月で日本市場から
消えて無くなる事はないと思いたいですが・・・。ショップの在庫状況に注意
していた方が良いかもですね。

無事入手されたら是非勝手連を!(笑)
 No title
ビミョーにアレとは仕様が違うとのことですが、
このまま白くしてくれても自分的にはオッケーです(笑)。

しかしこの悪趣味な2色もけっこう合うなぁヽ(´ー`)ノ
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
そうそう、リアウインドーが・・・
”あの仕様”にするのはミニチャンプスの方がピッタリなのですが、実車の
雰囲気はコッチの方が出てると思うんですよね・・・。信頼すべきスジからの
情報では、ミニチャンは劇中車仕様も検討しているとかいないとか・・・。
ブリットや007シリーズの実績もあるし、スタハチのトリノ(劇中車ズバリかは?)
も出すらしいので期待しても良いのかも・・・。

この頃のクライスラーのカラーリングとそのネーミングセンスは他の追従を
許しません。・・・何しろクレイジーなんて言葉を使っちゃうんですから(笑)。
 No title
1970年型プラムクレージーのダッジチャレンジャーRTの姿にフェロモンムンムン、背景では中島みゆきの「時代」が流れている―
なんてコンテンポラリーを地で行った図式だろうか!
ダッジチャレンジャーは現行モデルでは5.7R/Tと6.4SRT-8に魅惑されておりますが、ともに性能アップと裏腹にファンシーで神秘的なボディカラーがどんどん減り、Red Line3coatとBlackberry Pearl程度.....これでは何とも陰気でダッジの魅力も半減、実に惜しまれると思います。
それでもダッジはダッジでもチャージャーはRed Line3coatではうねりに富んだボディラインがバラ色に輝き、世界に唯一無二の路上の近代建築と化していると思います、そしてBillet Silverでもまた然り―なんたってあれだけの爆発的トルク/パワーを示すV8マシンが小生が所有するレクサスIS350(公称496万円/実際は510万円)よりも遥かに安く手に入ることそれ自体、理屈抜きに痛快に思えてなりません(無論並行輸入)。
ダッジと中島みゆきの各曲―小生にはどうにも連想率でつながって仕方がない、「時代を超えた、芯のある強さ」ではなかろうか。
ともあれ小生にとっては、2012年モデルイヤー半ばで投入予定のチャージャー/チャレンジャーのダッジ兄弟のElectric Blue metallic並びにSheriff Tanの新色が待ち遠しくてぶち切れそうになっているのが正直なところだ。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
クライスラーも提携先がダイムラーからフィアットに代わってしまったので
チャージャーやチャレンジャーの次期モデルがどうなるのかが気になる
所ですね。

先ごろアルファロメオベースでデビューしたダート(懐かしい名前!)を
見る限り、少なくともスタイリング的にはダッジらしさを維持している
ようには思いましたが・・・。

フィアットにはそれほど大きなプラットフォームがないので300をはじめとする
大型車の動向には要注目といった感じかも知れません。

旧いとは言え、メルセデスのシャシーに大排気量ヘミエンジンの組み合わせ
はある意味最強のコラボレーションと言えると思うので、次期モデルが
どのようなキャラクターになるか興味津々です。(・・・ちょっと心配。。。)
 No title
夜分お休み中の所失礼します。
小生、先週日曜に巣鴨のガリバーで1/64グリーンライト製ダッジチャレンジャーRT/2011年式を入手し、パソコン机上の棚に飾っています―同じくグリーンライト製ダッジチャージャーRTおよびビュイックGS350/1969年式と並べて。
グリーンライト製ダッジチャレンジャーはホワイトのモデルを購入しましたが、同車特有のウエストラインが高めの角型基調の2ドアボディを特徴豊かに再現し、グリーンライトならではの作風が伺えるかと思います。
小生自身、アメリカ車の中でゾッコンのクライスラー社製LYプラットフォーム採用の後輪駆動車のモデルをダッジチャージャー/ダッジチャレンジャーと集め、次には同じくグリーンライトに最新2012年式クライスラー300Cないしは同SRT-8を製品化してもらいたくてぶち切れそうになっているのが正直な所です!
ウェット路面でゼロヨン13.43sec!!!!=ドライ路面換算で12.9secをフルノーマルで記録する現行ダッジチャレンジャーR/T(370hp)こそ、「中産階級の手に届くマセラティグランツーリスモSの性能」だと確信して止まないものですが、Ponys41様にとっておきの情報をお知らせします―フィアットグループに加盟したクライスラー社は自社の後輪駆動プラットフォームをフィアットグループのアルファロメオからマセラティ!!に及ぶ大型高級車群に供与し、逆にフィアット/アルファロメオ設計の横置きFFの中小型車用プラットフォームをベースにダッジダートを皮切りにクライスラーの北米製コンパクト/インターミディエイトに応用する予定だそうです!
これによって米・欧いいとこ取りの類を見ない企業連合の誕生が楽しみですね。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
すっかりグリーンライトがお気に入りのご様子、確かに出来は素晴らしいですね。
最近、海外ではグリーンライト製の1/43ジープラングラーなどが出回って
いて当方もとても気になっています。何処かのOEMかも知れませんが
なかなか良い出来です。新型300は当方も是非ともミニカー化して欲しいです。
1/64はモデル化される可能性も高そうですよね。

クライスラー、フィアットとの提携は大丈夫なのかと心配していましたが、
真鍋さんの情報のような事ならアメリカ車らしさを失う事はなさそうですね。
先ごろ発表されたアルファロメオをベースとしたダートも、実に上手い事
ダッジに化けていましたし、流石は姉妹車造りには慣れているなあと
ヘンな感心をしてしまいました(笑)。

新型バイパーの登場もそろそろですし、今後クライスラーからは目が離せませんね。
 
お久しぶり!
小生も先日、都内巣鴨のガリバーでグリーンライト製1/64ダッジチャージャーR/TのCopperhead Pearl(秋の紅葉の色)色・2013/14年式モデルを入手し、パソコン机のマスコットになっております。
もともと「アメリカ車」というだけでどこか「本命から外れた」エイリアン視し、一歩身を引いて見ていた小生に心から「親近感と敬意」を抱かせてくれた功労者=ダッジチャージャー他クライスラー系LH/LX後輪駆動車シリーズ。
そんな「ワールドクラス新生アメ車」の始祖たる同車、今や8速ATがV8-HEMIに組み合わされるなど長足の進歩を遂げ、アメリカ車のリーダーの座をキャデラックATS/CTS/CT6と分けあっている姿は頼もしい限りです!
アルファロメオの新作ジュリアと共通のプラットフォームを用いた次期ダッジチャージャー/クライスラー300Cの姿を見たくてブチ切れんばかりの今日このごろです。
 Re: タイトルなし
真鍋清様

お久しぶりです。コメント有難うございます。

チャージャー&チャレンジャーはハイパワーエンジンを搭載して元気な所を見せてくれていますね。
フィアットとの提携も、最初は水と油のようで果たして上手くいくのかしらんと思いましたが、
ダートなど、提携後に誕生したクルマを見ていると案外上手くいくのかも知れませんね・・・。

仰る通り、300やチャージャー、チャレンジャー等、大型車をどう料理できるか気になります。
メルセデスベースの現行モデルとはかなり異なるテイストになるのではないでしょうか・・・。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09