1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

実は75歳の大長老~LUXURY die-cast '09~'10 Chevrolet Suburban

・・・と言う事で今回もねこざかなさんと共同購入させて頂いたモデルをご紹介しましょう。



Luxdiecast_suburban_1_2


昨年、2009年は色々なクルマがその歴史の節目を迎え、当ブログでもマスタングの45周年ミニ、そしていすゞ・エルフの50周年について記しました。・・・が、今回ご紹介するシボレー・サバーバンは今年で何と75周年!上には上があるものです(笑)。初代モデルのデビューは1935年、どちらかと言うとミニバス的な性格だったようですが、トラック系のラダーフレームシャシーをベースに、3列のシートを並べて多人数乗車に対応するという基本的な成り立ちは変わる事なく今日まで受け継がれています。GMは今年サバーバンの75周年でダイヤモンドエディションなる限定車を発売、今回ご紹介するラグジュアリー・ダイキャストでもその仕様のミニカーを計画しているようです。


Luxdiecast_suburban_ft1 Luxdiecast_suburban_rr1


↑その長~いプロポーションを良く再現しているラグジュアリーダイキャストのサバーバン。ドアが開閉しますが、オープニングのチリも比較的良く合っています。


現行サバーバンは'07モデルイヤーのデビュー。以前Welly製のモデルでご紹介した先代まではベースとなるフルサイズピックアップ、シルバラードとフロントドア辺りまで基本的に同じデザインでしたが、現行モデルからピックアップとSUVでフロント廻りが大きく異なるデザインになりました。全長5648mm、全幅2010mm、全高1950mm、ホイールベース3302mm(軽自動車の全長より長い!)の堂々たる(時代錯誤的?)ボディに5.3または6.0リッターのV8エンジン。同じSUVでホイールベース2950mmのショート(!?)版のタホ、サバーバンと同じ3302mmホイールベースを持つSUT(スポーツ・ユーティリティー・トラック)のアバランチとどれも中々カッコ良いのですが、長~いボディのサバーバンは鷹揚でアメリカンな雰囲気という点では最も”らしい”モデルと言えるかもしれません。


Luxdiecast_suburban_ft2 Luxdiecast_suburban_rr2


↑当方の知っている限りでも他に白、黒、ゴールド等のカラーバリエーションもあるようです。


さて、ミニカーは先回ご紹介したオバマさんのリムジン、及び護衛車両仕様でご紹介したのと同じ新進ブランドのラグジュアリーダイキャスト製。大統領護衛車もなかなか凛々しい出で立ちでしたが、実はこのノーマル仕様が結構・・・いや、かなり嬉しい当方。この最新型が1/43モデルで手に入るとは思いませんでした。ミニカーの出来はそれなりに良い感じです。なによりこの巨体をちゃんとした1/43で再現しているので、(オバマさんのリムジンと比べなければ)それだけでかなりの迫力。最近アメリカ車も手の込んだデザインのヘッドランプを装備するようになりましたが、その辺りも抜かりなく再現されています。何故かラジエターグリルが実車のメッシュタイプと異なるのですが、大統領護衛車絡みなのか・・・この点は今一つ良く分かりません。


Rc_suburban_ft Rc_suburban_rr


↑ロードチャンプスの先々代はユルい作りですがおおらかなアメリカンの雰囲気は出ています。2トーンカラーが時代を感じさせます。


Welly_suburban_ft_2 Welly_suburban_rr


↑ウェリーの先代は以前ご紹介したいわゆるブランクミニカー。別売りのデカール等を使ってご当地ポリスカーを製作するためのミニカーです。スケールは1/43よりちょい小さ目。


'50sなど旧い年式のサバーバンは高価なホワイトメタル製品でモデル化されていますが、それらにはなかなか手が出ません。。。当方の手持ちは以前ご紹介したウェリー製の先代、ロードチャンプス製の先々代くらいでしょうか。ウェリー製は残念ながら1/43よりも少し小さ目、ロードチャンプス製はスケールは正確ですが出来はなかなかに素朴です(笑)。それでもこの大柄なSUVが3世代並ぶと迫力があってなかなか良いものです。こうしたフルサイズをはじめとするピックアップやSUVもアメリカンな魅力が溢れていて興味はつきません。大型トラックも迫力満点でカッコ良いし・・・こうして狭めた筈のコレクションの幅は、その中でまた拡がっちゃったりするんですよね~(笑)。



Luxdiecast_suburban_2


↑ウェリーの先代がちょっと小さいのが残念ですが、歴代が並ぶとやっぱりちょっと嬉しい(笑)。


・・・と言う事で当方にはなかなか嬉しい新進ブランドであるラグジュアリーダイキャストのミニカーですが、実はあと1車種入手しています。次回はそちらをご紹介したいと思います。

スポンサーサイト

Comments
 No title
あー、、これの先代、、、

アラスカのフェアバンクスに旅行したとき、現地で乗せてもらいました、、とにかく巨大なサイズでしたが、道路も広いし、ラクチンでした。。

モデルでも、まさにアメリカン、、魅力的で、良い感じですねー、、

エコカーなんて、大きらいだぁー(爆)
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
おお、サバーバンでアラスカとは羨ましいです。ロケーションにバッチリ似合いそうな感じですね。アラスカ鉄道も魅力的ではありますが、クルマの旅もまた良さそうですね~。

>モデルでも、まさにアメリカン、、魅力的で、良い感じですねー、、

ハイ、1/43でもなかなかの迫力であります。1/25や1/18だと物凄い事になりそうですよね(笑)。


当方も趣味的にはハイブリッド車には興味は余り興味ないのですけれど、サバーバンの兄弟車のキャデラック・エスカレードにはハイブリッドがあるらしいですよ。ラグジュアリーダイキャストもミニカー化しています。・・・クラウンビクトリアがハイブリッド化してポリスカーやタクシーで生き残ってくれたなら嬉しかったのですが・・・。パトカーは次世代モデルが発表されてしまいました。。。
 No title
で、でおくれたぁ・・・(ナニヲイマサラ)

サバーバン、先代はともかく、先々代のデザインとは隔世の感がありますね。
歴史あるクルマを並べて変遷に思いを馳せるのは、ミニカーならではの愉しみですね!
 No title
ねこざかな様

いらっしゃいませ~。
こうしてご紹介できるのもねこざかなさんに共同購入のお誘いを頂いたおかげです。有難うございました~。m(_ _)m

現行のサバーバンはスタイリングもかなり洗練されていると思います。なかなかカッコ良いのですが、先々代の朴訥な雰囲気もまた捨てがたいのですよね~。

今回ご紹介のミニカーの場合、ロードチャンプスの作風が実際以上に素朴感を高めている感がありますが(笑)・・・これでも当時はフォードやクライスラーよりは洗練されているイメージがありました。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08