1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

2代目は控えめ!?GamdaKoor Sabra '66 Buick Riviera

'66モデルイヤーからの2世代目リビエラは、当方の大好きなこのブランドのミニカーでご紹介します。


I would like to introduce 2nd generation Buick Rivira by my favorite brand GamdaKoor Sabra's model car.


Gamdakoor_riviera_ft1 Gamdakoor_riviera_rr1


'66モデルイヤー、リビエラは2代目へとバトンタッチします。前回、前々回ご紹介した初代モデルは新たな時代を切り拓く斬新なスタイリングで登場しましたが、それに比べるとこの2代目はややマイルドで洗練されたスタイリングでまとめられています。伸びやかなプロポーションにはより一層磨きがかかり、コンシールドヘッドランプの立体的なフロントグリルなどとも相俟ってビュイックらしい優雅で上品な雰囲気を醸し出しています。インパクトのある初代を台数限定で販売して市場に確たる地位を築き、よりオーソドックスな2代目で量を稼ごうという戦略が当時のGMにあったのかもしれません。


In '66 model year, GM released 2nd generation Buick Riviera. 1st generation had innovative and individual styling but 2nd has more sophisticated and elegant styling. Dynamic form radiator grille and smooth styling was suitable for Buick's brand identity. I think GM tried to make high image by innovative 1st model, then tried to take mass sales volume by 2nd model.


Gamdakoor_riviera_ft3 Gamdakoor_riviera_rr3


  モデルは当方の大好きなブランドであるガムダクール、イスラエル製のミニカーです。当方の知る限りでは、2代目のリビエラを1/43近辺でダイキャスト化しているのはガムダクールぐらいではないかと思います。(実際の縮尺は例によって1/43より少し小さく、およそ1/45位です。)同社は60年代半ばにアメリカのクラグスタン社からのオファーによってアメリカ市場に進出したため、そのラインナップには殊に'66年型の車種が多いのです。当ブログでも過去にご紹介していますが、初代バラクーダチャージャー等、1/43近辺ではこのメーカーしか手掛けていないと思われる車種も多く、それが当方がこのブランドが好きな理由の一つでもあります。


The model cars made by GamdaKoor Sabra that is one of my favorite brand in Israel. I think this is a only one model car of 2nd Riviera in around 1/43 scale. Actual scale is smaller than 1/43, it is approximately 1/45 scale. GamdaKoor has started sales at US market in mid '60s by offer from Cragstan. So, the line-up had a lot of '66 model year cars. For example, there are '66 Dodge Charger and Plymouth Barracuda and also they are only one model cars in around 1/43 scale. That's why this brand is my favorite.


Gamdakoor_riviera_ft2 Gamdakoor_riviera_rr2


例によってシンプル極まりない部品構成ですが、ボディのプロポーションはご覧の通り中々の物。このリビエラはガムダクールの中でも伸びやかなプロポーションは屈指のモデルではないかと思います。(ボディ各部のシャープなエッジやバッジ類もレリーフでシャープに再現しています。かつてコチラの記事でご紹介した通り、ゴールドの個体は初期ロットとも言うべきクラグスタン・デトロイトシニア名義の製品。対するブルーの個体はその後ガムダクールが独自に立ち上げたサブラ名義の個体です。


The model cars are so simple but has beautiful proportion. Personally I think this Riviera is one of the best proportion model car in GamdaKoor Sabra series. The model car has sharp details around the emblems and body edge. As I introduced before, gold one is a older Cragstan Detroit Senior version, and blue one is a newer GamdaKoor Sabra version.


Gamdakoor_sabra_06_2 Gamdakoor_sabra_07


そして'71モデルイヤー、GMはあのファンタスティックなボートテールの第三世代リビエラをリリースする事になります・・・。


Then '71 model year, GM released "fantastic boat tail" 3rd generation Buick Riviera.

スポンサーサイト

Comments
 No title
おおっ♪
ゴールドは、アタシの作ったのと同じでつー、、
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/car/132944/857776/photo.aspx

やっぱ、米車にゴールド、、似合いますよねー、、
しかし、シャーシー裏面の違いの検証、実はアタシも、大好きでして、、
見つけては一人で悦に入っております。。
 No title
初代に比べるとシンプルな印象の2代目リビエラですが、コンシールドライト周辺・テール回りの処理はシンプルな中にも自己主張が感じられますね。しかも、この手の処理のやり方は普通だとイヤミな感じになるものですが、ソレを感じさせない所は流石。
初代や3代目のインパクトには叶わないまでも2代目も中々どうして個性を主張してますよね。

いつも思う事ながら、ガムダクール独特の伸びやかなラインの処理のやりかたはイイ味出してるなぁ…。
今はどちらかと云うとディテール至上主義みたいな所があるから余計にそう思う。
やっぱあの時代だから出来たのかも知れませんね。
金型技術の発展した現代であのラインで出すと、逆に酷評されそう(復刻版として出したら別だろうけど)。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
えるさんのリビエラ拝見して参りました。いつもながら美しい仕上がりですね~。
この記事は以前拝見していますけれど、主題のカスタム(!?)ワゴンの方が強く印象に残っていました。このプラキットも素晴らしいプロポーションですよね~。(・・・どうしてボートテールはキットがないのでしょうかね~?)

ゴールド、ホント米車には似合いますよね。特にこのリビエラとか、エルドラドとか、高級パーソナルカーにはバッチリの色だと思います。

ガムダクールのリビエラもやっぱりゴールドの方が見栄えが良いと思います。メタリック塗装は魅力3割アップって感じですね(笑)。・・・当方の手持ちのリビエラ、旧い筈のクラグスタン版の方がコンディションが良いです。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。
仰る通りこの2代目もスマートでツラ構えもなかなか魅力的なデザインなのですが、初代と3代目の印象が強いし、'66~'67あたりは兄弟とも言えるエルドラードやトロナードもデビューしてるから廻りは強敵揃いですよね。

・・・でも、リビエラは初代から一貫してビルミッチェル氏の意向が強く反映されているから、どの世代もそれぞれに個性的で魅力があると思います。やっぱりこの頃はGMがアメリカ車のデザインをリードしていましたよね。(多くの日本車や欧州車にも影響を与えていたし・・・。)

ガムダクール、日本での評価はお世辞にも高いとは言えないのですが、当方はこのプロポーションと車種選定の良さに強く惹かれてしまいます。ある意味、日本は当方にとっては恵まれた市場環境と言えるかもしれません(笑)。

・・・ガムダクールの金型、今はどうなっているんだろう?独特のケースも含めて復刻されたら・・・当方は喜んで買いますよ~(笑)。
 No title
控え目-といっても
そこは 60年代 フルサイズのアメリカン
大きいし うねってるし 光ってるし
…華が ありますね。

オイルショックまでは まだ もう少し
天井知らず の アメリカ ですものね。
“勢い” が あるんですねぇ…。
 No title
AZ様

いらっしゃいませ~。
仰る通り、比較する相手がボートテールの3代目(次回ご紹介予定)やFFのエルドラドやトロナードなどでは相手が悪いと言う物です(笑)。このクルマはこれで十分魅力的だと思います。

この辺りから'70年代初頭くらいのアメリカ車は立体的でダイナミックなフォルムが特徴的で、テールフィンにクロームモールディングの'50sとはまた違った魅力があると思います。どちらもそれぞれに魅力的ですよね。

なかなか'50sがご紹介出来ませんがその辺りもミニカーは持っているので、いつの日かご紹介したいと思っています。
どうか気長にお付き合い下さいませ。m(_ _)m
 No title
ビュイック・リビエラ1966年型はゴールドがいちばんよく似合うと思います。
何ならブルーだとせっかくのファストバックボディ(ビルミッチェル渾身の作)の伸びやかさが縮こまった印象となり、やはりアメ車は明色系のメタリックに限るのでしょうか。
同車の430cu.in(7030cc)V8ユニットはショートストロークで、回転上昇の速さを売り物にしており、0-400m=15.4secと当時の英国のアストンマーチンDB6やジェンセンC-V8/インターセプター(クライスラーV8搭載)と大差ない数値でアメリカンV8の一つの可能性を示唆していたものです。
この他次のボートテール・リビエラの455cu.inエンジンは250/270hp(ネット)でストックのままでも230-240km/hに届いたという情報がみられる他、エンジンを共有する姉妹車のフルサイズ=ビュイックエレクトラ455が250-260km/hをマークしたとの報告がネットから見受けられるほどで、同時期のメルセデス6.3やジェンセン・インターセプター、ジャガーXJ12(1973登場)もご用心という怪力で隠れたる逸品(正確には、ステアリングの応答性やブレーキなど一次安全性でメルセデスに譲っていたが)と言えるのではないでしょうか。
 No title
真鍋清様

いらっしゃいませ~。
リビエラに限らず、'60年代中盤以降のアメリカ車には渋めのメタリック
カラーが良く似合いますね。'66リビエラの場合、当方もこのガムダクール
のミニカーの印象のせいもあり、やはりゴールドが良く似合うと思います。
実車の画像検索などで見ると、色の名前は分かりませんが、ミントグリーン
というか、淡いブルーグリーンのメタリックも個性的で魅力的だと思いました。

アメリカンV8のOHV、一見ローテクなようでいて、実はチューニング次第
でいとも簡単に高出力を絞り出すから侮れないですよね。仰る通り、
ショートストロークだと意外に高回転まで回ると言う事ですし・・・
高精度で緻密なメカニズムで高出力を絞り出すのも技術の結晶では
ありますが、或る意味OHVで高出力を発揮させるのも凄い技術なの
かも知れませんね。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09