1/43cu.in.

1/43キュービック・インチ アメリカ車を1/43モデルでアーカイブ

 

スクリーンを駆け抜けたクルマ達~ixo MODELS Checker Cab from

チェッカー・キャブと映画を絡めて語ろうと思ったら、やっぱりこの作品を避けて通る訳にはいきませんね。書きたい事がたくさんある反面、語る事が難しい作品でもありますが・・・まあ、当方なりに頑張ってやってみましょう。


Taxi_driver_1


↑映画のオープニングのイメージで・・・点灯したランプ類やNYの冬の風物詩、セントラルヒーティングのスチームはフォトレタッチで表現しました。


・・・と言う事で”タクシードライバー(原題;TAXI DRIVER)”であります。マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演、'76年のアメリカ作品です。共演はシビル・シェパード、ジョディ・フォスター、ハーベイ・カイテル、ピーター・ボイルなど。脚本のポール・シュレイダーは、スタンリー・キューブリック監督の映画”時計仕掛けのオレンジ”に触発されて上院議員を銃撃したアーサー・ブレマーという男の日記に着想を得て本作を書き上げたと言われています。そしてその”タクシードライバー”を観たジョン・ヒンクリーという男が当時のレーガン大統領を狙撃したという負の連鎖・・・映画というものの持つ影響力の大きさを思い知らされます。


主人公のトラビス・ビックルはベトナム戦争で負傷し海兵隊を栄誉除隊。心と体に傷を負い(劇中体を鍛えるシーンで背中に大きな傷痕があるのが見てとれる。)眠れぬ日々が続いていた。それを逆手に取ってタクシードライバーの職を見つけ夜の街を流し始めるが、タクシーのウインドゥスクリーンを通して見るニューヨークは麻薬や売春などの犯罪が渦巻き、瘴気と腐臭を放つが如き世界だった。知性もあり、そうした街を嫌悪する正義感も持ち合わせている(ように見える)彼だったが、友や恋人と呼べるような知人もなく孤独に苛まれ、状況を打開しようという焦燥感と、あがいてもどうにもならないという絶望感からその行動は次第に常軌を逸してゆき・・・



Taxi_driver_2_2


この映画も観る人によってその評価が大きく分かれる作品ではないでしょうか。本作を観るにあたっては、ベトナム戦争の爪跡や犯罪率の増加など映画製作当時のアメリカの世相を理解しておく必要もあると思います。当方の感想はどうかと言うと・・・正直言って未だはっきりとは答えを見つけられていません。もう何度も観ていますが、この作品が好きなのか嫌いなのか?トラビスに共感出来るのか出来ないのか?・・・とても難しいですね。誤解を恐れず自分の気持ちを正直に記すなら、トラビスに感情移入する事は出来なかった。当方も社交的な方ではないし変なトコが真面目だったりする(・・・と思う/笑)ので、彼の置かれた状況や結末に至る過程について共感出来る部分はあるにしろ、その思考や行動は自己中心的で破滅的であったように思います。


今日のアメリカを舞台にしたら、同じ様な映画を撮っても恐らくここまでのリアリティや差し迫った緊迫感は生まれないでしょう。当方の大好きな作品に90年代のシカゴを舞台にし、同じ様にタクシードライバーの孤独を描いた”シカゴ・ドライバー(原題;CHICAGO CAB)”という作品が有りますが、シリアスな社会ドラマとコメディタッチの作品と言う違いがあるにしろその結末は大きく異なっています。むしろ今日であれば日本を舞台にした方が余程リアリティがある・・・スコセッシやシュレイダーが極東の小さな島国の未来まで予見していたとは思えません。しかしベトナム戦争もなく治安も70年代のNYとは比べ物にならない日本で、トラビスのような人間が生まれる素地が何処かに潜んでいる・・・何か70年代のアメリカと似た閉塞感や頽廃的な空気のようなものが現在の日本で醸成されているのかもしれません。


Ixo_checker_yellow_cab_ft1 Ixo_checker_yellow_cab_rr1


↑当方の手持ちのミニカーでは最もチェッカーキャブのイメージを良く捉えていると思えるixoのモデル。見慣れた姿だけにゴツイバンパーも気になりません。


さて、映画の内容が重いだけにミニカーのご紹介が遅くなってしまいました。。。今回ご紹介するチェッカー・キャブはixo製。日本でも(途中まで)販売されたディアゴスティーニの書店系アイテム「世界のタクシーコレクション」の付属モデルではなく、それ以前にixoの通常品として販売された物です。特に年式等は記されていませんが、大型の衝撃吸収バンパーや無線アンテナが装備されているのでかなりモデル末期に近い頃の姿ではないかと思います。何だかんだ言っても流石と言うか、当方の手持ちのミニカーの中では実車のイメージに最も近いように思います。ボディカラーやチェッカー柄のストライプなどの印刷も美しく見応えのあるミニカーです。基本的に同じ金型で造られたミニカーが冊子とセットで”初回限定特別価格'¥890-で売り出された時には卒倒しそうになりましたが(笑)、それでもめげずにディアゴスティーニ版も買って較べてみると、細部のディテールは結構違っていました。この辺りは日を改めて別途ご紹介したいと思います。


Ixo_checker_yellow_cab_ft2 Ixo_checker_yellow_cab_rr2


●本文中に入れ込めなかったトリビアを幾つか・・・。


・劇中デ・ニーロが運転するタクシーは言うまでもなくチェッカー・キャブ。今回ご紹介するixo製ミニカーのようなバンパーが大型化された'74年以降のタイプですが、シーンによって車番が違っていたりするようです。コレが撮影時のミスであるとする説や、トラビスが自分のクルマを持たない雇われドライバーだからシフトによって乗るクルマが違うとする説等々、議論の的になっているようです。(極一部ネタ/笑)


・役作りにのめり込む事で有名なデニーロは撮影に先立って約1か月、1日12時間以上NYの街で実際にタクシードライバーを務めたとの事。ある時デニーロである事が客にばれ、失職したと勘違いされて同情されたという逸話があるそうです。


う~ん、この映画について語ろうなんてやっぱり無駄なあがきだったかな。。。とにかく観る側の受け取り方によって様々な解釈が可能な作品でなので、恐らく当方の考え方に共感出来ない方も多い事でしょう。しかし、勧善懲悪の単純な娯楽作品ではないこうした作品はそれで良いのではないかとも思います。色々な受け取り方、解釈が出来るという事は、その作品自体の持つ深みを示していると言えるのではないでしょうか?だからこそ名作として語り継がれ、観続けられているのだと思うのです。


参考資料; ソニーピクチャーズ エンタテイメント DVD「タクシードライバー」 & パッケージクレジット,洋泉社 映画秘宝 Vol.18 SEP.2000号,ディアゴスティーニ 世界のタクシーコレクション No.1 ニューヨーク,ニ玄社 別冊CG 自動車アーカイヴ 80年代のアメリカ車,ウェブサイトIMCDB Internet Movie Cars Database,当方のクルマ&映画無駄知識(笑)

スポンサーサイト

Comments
 No title
タクシードライバー…自分の中ではベトナム戦争を違う視点で捕えたという点で"静のタクシードライバー"動の"ランボー(1作目)"って感じで好きな話ですね。
沖縄に居た頃の車仲間に当時ベトナムに居た人が結構居て、その人達の話とか聞いてたら「トラヴィスやランボーの行動とかブルーサンダーのマーフィーのトラウマとかは現在でもリアルで起こってる事なんだな」と思った事がありますね…中には漫画"エリア88"のミッキーみたく全てを捨ててそのまま傭兵になったり、シリアルキラーになったりとか…。
そういう話聞いてたら自分的にはこの映画は傑作だと思いますわ。

デニーロの失職騒ぎ…都市伝説と思ったら事実とは…正に"事実は小説より奇なり"ですね。
 No title
桃色ジープ様

いらっしゃいませ~。

今回は難しいテーマでした。文章をまとめるのに凄く頭を悩ませました。。。歴史としては理解していても、当方はベトナム戦争を直に感じるような機会は有りませんでしたから中々実感が伴わなくて・・・。何だか体の良い読書感想文みたいになっちゃったかなと言う気もしますが。。。

>"静のタクシードライバー"動の"ランボー(1作目)"

それ、当方も賛成です。もちろんベトナム戦争のその後に絡んだ映画はたくさんありますが、1作目のランボーは後のシリーズ作品とは一線を画する物ですよね。2作目以降がド派手なので霞みがちですが、ストーリーの深さはやはり1作目が一番だと思います。

デ・ニーロの失職話はディアゴスティーニの世界のタクシーコレクションの冊子から拾いました。信憑性はどれ程の物かは分かりません。デニーロがNYでタクシーを転がしていたと言うのは本当の話のようなのですが・・・或いは都市伝説と言うのが本当の所かもしれませんね(笑)。
 No title
こんばんは。
タクシー・ドライバー、なんだか興味が沸いてきました。
近々、レンタルしてみようと思います。

分冊系の付録、特に初回版で激安の付録はレギュラー品との違いが顕著に出る気がします!
やっぱり、抜くトコは抜かないと実現できない低価格ですもんね。

デニーロの「役作り」、テレビでも話が挙がってましたし本当なのでしょうね、
実在のマフィアに似せるため髪を抜いたとか、このタクシードライバーについても、
俳優として何が出来るのか、限界まで突き詰めることを惜しまない、
すごい人物だと思います(・ ・;
 No title
HIROKI様

いらっしゃいませ~。
タクシードライバー、古い作品だし、DVDでも画像は余り綺麗じゃないし、前半は結構坦々としていますから頑張って是非最後まで観てみて下さい。HIROKIさんの心にどれだけ響くか分かりませんが、観て損はないのではないかと思います。

デ・ニーロ、凄い俳優ですよね。凄過ぎて、観ていて疲れちゃうような事もありますが・・・。個人的には”ミッドナイト・ラン”という映画でしょぼくれた中年の賞金稼ぎを演じていた彼が結構好きだったりします。他の映画と違って、何かこう、肩の力を抜いて楽しんで演じてる感じです。TVでも何度もやってるので観た事あるでしょうか?未見でしたらコチラもオススメします。

今回のミニカーと分冊百科版の初回限定特別価格版は次回じっくり比較の予定です。果たしてどうなりますか・・・お楽しみに!
 No title
お~、待ってました~!
私もトラビスには共感はできないんですが、
この映画自体は好きなんですよ~!
イロイロ考えさせられる部分があって、カルト化してますよね。

次回の比較も楽しみにしています!
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
タクシー特集、気が付いたら昨年末からずっとやってますね(笑)。ようやくこの映画まで辿り着きました。このネタを後回しにして一生懸命どうまとめるか考えていたと言うのが正直な所だったりします。(単に更新が遅いだけ/笑)ネタも尽きて来たし、他のネタも控えているので、タクシー特集はあと1~2回で終わりかな~と思っております。

この映画に関しては当方もFZIROさんと同じような感じです。映画はやっぱり好きなんだと思います。何度も観ていますしね・・・。本当に色々考えさせられる映画ですよね~。あのラストシーンにしても色々な解釈が出来そうな気がします。トラビスはあの1件の後ふっきれたのか、それともより深みに落ち込んだのか・・・それとも何も変わっていないのか?色々な後日譚が展開出来そうな気がしますよね。
 No title
絵が綺麗ですね…。
ちょうど こちら(南関東)は 季節はずれの雪になりました…。

あ…申し送れました。
AZと言います。
 No title
AZ様
はじめまして。
1/43のアメリカ車中心という偏狭なブログへようこそお越し下さいました。
コメント有難うございます。

貴方のブログはブログ村の方で存じ上げておりました。コメントでお邪魔した事はありませんが都度拝見させて頂いております。

>絵が綺麗・・・この言葉は貴方のブログにこそふさわしいです。当方は時としてついフォトレタッチで遊び過ぎてしまうので・・・ちょっと邪道の域かもしれません(笑)。

>南関東、意外とご近所さんかもです・・・当方もシャーベット状の路面にヒヤヒヤしながら勤め先から戻って来ました。近い内に貴方のブログへもお邪魔させて頂きます。よろしかったらこれに懲りず、また遊びにいらして下さい。よろしくお願い致します。
 No title
タクシードライバー、、アタシも大好きな映画です、、

この映画を見て、すっかりタクシー好きになってしまいました、、

で、イクソのモデル、、例の世界のタクシーと正規品、、比べてみても、違いの分からない男は、アタシでちた。。
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
タクシードライバー、やっぱりくたびれたチェッカーキャブが絵になってましたよね。普通のアメリカンフルサイズも良いですが(タクシードライバーにも出てきますが)あの映画にはやっぱりチェッカーこそが似合っていたような気がします。

これが最新のクラウン・ヴィックだったら・・・タクシードライバーじゃなくてタクシーNYですよね(笑)。クラウンビックが堂々主役を張る映画なんて後にも先にも無さそうなんで、当方はアチラも手を叩いて喜んで観ていましたが・・・。(ダイハード4.0も結構萌え/笑)

イクソの通常品と世界のタクシーコレクション版、並べると結構違う所があります。次回じっくりご紹介しますね。
 No title
え、、そなの、イクソのモデルの間違い探し、、ぜひお願いします、、

あと、アタシもタクシードライバーの記事、、大昔にアップしてまちた、、
すっかり忘れてて、久々に記事をメンテしときました(滝汗)

よろしくお願いしします。。

http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/3811588/
 No title
覆面える様

いらっしゃいませ~。
記事拝見して来ました~。えるさん家の記事、以前にも拝見した事があるのを想い出しました♪
改めて見ると、IXOの通常版はアンテナの位置や標識灯等、ホワイトリボンのタイヤ等、フランクリンに似ている所が多いですね。ディアゴスティーニ版はディテールが違っている部分があります。

当方の次回記事はえるさん家に勝手連させて頂こうかと思います。実はもう一つ面白い連動(?)が出来そうなんですよ(笑)。明日にはウプ出来ると良いのですが・・・・。お楽しみに!
 No title
http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/blog-entry-321.html

後出しチャッカリ勝手連張らせていただきました。
どうかよろしくお願いします。m(_ _)m
 No title
FZIRO様

いらっしゃいませ~。
勝手連有難うございます。m(_ _)m

力の入った記事、読み応えタップリでした。・・・タクシーカテの今後の展開楽しみにしておりますね~。当方は今回の特集で手持ちを殆ど吐き出しちゃったので、タクシーネタはしばしお休みカモ(笑)。ホントはウェリーのクラウンビクトリア改造でTAXI NYと行きたい所だったのですけれど、手が遅いので実現出来ませんでした。。。

次回、特集最後の記事は当方の大好きなあのブランドの予定なので、FZIROさんの別記事に勝手連返しさせて頂くかもしれません(笑)。

Body
1/43cu.in.検索タグ
過去記事の検索は以下のタグをご利用下さい。
プロフィール

Ponys41

Author:Ponys41
昭和41年丙午(ひのえうま)年生まれ

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ビジュアルリンク
















QRコード
QR
検索フォーム
FC2カウンター

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06